二度はない キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

放送予定

●【日本放送】

●【日本初放送】KNTV(2020/1/21から)火曜日20:50から2話連続放送 字幕

【韓国放送期間】2019年 11月2日〜2月29日(予定) 毎週土曜日 9:05〜11:05 120分(1回あたり30分/ 4回連続放送)文化放送週末特別企画ドラマはこのドラマを最後に廃止される。

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

二度はない

두 번은 없다

2019年放送 MBC 全72回(※36話)

視聴率

平均視聴率 % 시청률 最低視聴率第回% 最高視聴率第回%

MBC 두 번은 없다

あらすじ

バクハ(パク・セワン)は愛する人と結婚、子供を身ごもり幸せの絶頂にいた。だが、そんな中夫が火災に巻き込まれ亡くなってしまう。事件は自殺として処理されたうえ、会社の資金を横領していた疑惑がかけられるが、夫が自殺するはずがないと考えたバクハは真実を明かすためソウルに上京、夫の勤務先であるクソンホテルへ押しかけるが、相手にされず追い返されてしまう。ホテルの戦略本部長のへジュン(クァク・ドンヨン)はそんなバクハを見かけ金目当てと勘違いする。その帰り道に産気づいたバクハは長期宿泊者たちが滞在する“楽園荘”の人々に助けられ、そのまま楽園荘で出産。バクハの事情を知った楽園荘のCEO、マンレ(ユン・ヨジョン)は彼女にしばらく楽園荘に滞在するよう勧める。こうしてバクハはワケありの住人たちが暮らす楽園荘で生活することに。その後、バクハを偶然見かけたヘジュンは彼女に突っかかり、2人は最悪の再会を果たす。

一方、へジュンの祖父でクソンホテル会長のワンサム(ハン・ジ二)は、楽園荘の長期宿泊者でクソンホテルのゴルフ場で働くウンジ(イェ・ジウォン)が気になっていた。そしてウンジと同じく楽園荘に長期滞在中のプンギ(オ・ジホ)はある理由からクソンホテル会長の妻であるインスク(ファン・ヨンヒ)に近づくが…。

相関図

あらすじ・相関図 出典:KNTV 二度はない

キャスト

主要人物

パク・セワン  :クム・パクハ(23歳)-楽園荘4号室、ヨルムのお母さん、ト・ドヒの実行秘書

クァク・ドンヨン  :ナ・ヘジュン(30歳)クソンホテル会長の孫、クソンホテル経営本部長

ユン・ヨジョン  :ポク・マンレ(74歳)-楽園荘のCEOでこちらの名付け親、ゴボクの初恋

オ・ジホ  :カム・プンギ(45歳)-楽園荘5号室、クソンホテルゴルフクラブティーチングプロ、ロット

イェ・ジウォン  :パン・ウンジ(45歳)-楽園荘6号室、クソンホテルゴルフ場のキャディー、ゴールドミスコリア

パク・アイン  :ナ・へリ(32歳)-クソンホテル会長の孫娘、クソンホテルのマーケティング本部長、ウジェの恋人、ナ・ヘジュンのいとこ

ソ・ウォンソク :キム・ウジェ(33歳)-楽園荘3号室ジュヒョン  :チェゴボク(75歳)駅-楽園イン1号室こちら、マクリェの初恋、ミステリーな人物、プロゴルフ選手 ナ・ヘリの恋人

 

楽園荘周辺人物

チュ・ヒョン  :チェ・ゴボク(75歳)-楽園荘1号室、マクレの初恋、ミステリーな人物

チョン・ソギョン  :チョン・マノ(52歳)-楽園荘2号室、元のクソンホテルベーカリーシェフ

コ・スヒ :ヤン・グミ(43歳)-楽園荘2号室、マノの妻、元のクソンホテルのエステティシャン

 

クソンホテル

ハン・ジニ  :○○(72歳)-クソンホテル創業者であり会長、ウンジを片思い

パク・ジュングム  :○○(57歳)-クソンホテル長男の嫁であり総括クリエイター、未亡人、ヘリの母

ファン・ヨウンフイ  :オ・インスク(55歳)-クソンホテル次男の嫁でありギャラリー館長、未亡人、ヘジュンの母

 

画像出典:http://www.imbc.com/

スタッフ /脚本:ク・ヒョンスク  演出:チェ・ウォンソク

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


受賞
2019年 MBC演技大賞、毎日/週末ドラマ部門女性最優秀演技賞 イェ・ジウォン
2019年 MBC演技大賞、毎日/週末ドラマ部門女性優秀演技賞 パク・セワン

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー