二十五、二十一 キャスト・相関図 全話あらすじと感想 視聴率

2022年



放送予定 

【日本放送】 

●NETFLIX 放送後同日配信

【韓国放送期間】 2022年12月12日~4月3日 午後9時10分~

二十五、二十一

스물다섯 스물하나

2022年放送 tvN土日 全16話+スペシャル1部作

視聴率

平均視聴率 9.63% 시청률 最低視聴率第1回6.4% 最高視聴率第16回11.5%

二十五、二十一

出典:http://program.tving.com/

あらすじ

1998年を背景に、夢を奪われた若者たちの迷いと成長を描いたドラマだ。22歳と18歳の時、初めてお互いの名前を呼んだ2人が、25歳と21歳になって愛し合い、成長していく姿を描く。恋と友情の間で彷徨い、悩みを分かち合う5人の若者たちのケミ(ケミストリー、相手との相性)が純粋だった青春時代の記憶を呼び起こす。

相関図

出典:http://program.tving.com/

キャスト

ヒドの周辺人物たち


出典:tvN

キム・テリ ナ·ヒド役

●18歳/現在.41歳
●テヤン高フェンシング部/フェンシング国家代表選手

ナ·ヒドの遺書(19歳)

今日は1999年12月30日、明日になれば地球が滅びるというばかげたことを信じているわけがない。 19歳は、それほどナイーブな年ではない。もう知識がある年齢だ。それでも念のため書く。 生きてみると、人生は万が一のことでも、花火のように打ち上げられる。 だから保険整頓しておいた方がいいだろう。 地球が滅亡した後、生き残った人類がこの遺書を発見することもありうるので、私が悟った人生の真理を3つ残す。

人生は一発きりだ。 そのため、一発ですっと行くこともある。 悪いことは一度に起こる。 世の中は結局一人で生きるものだ。 3人とも直接経験で体得した真理だ。 もちろん経験で覚えたくなかった。 ふぅ…。とにかく細かい説明に入る。 もちろん、地球が滅びるというばかげた話を信じているわけではない。

[第1章] 人生は一発だ。 そのため、一発ですっと行くこともある。
「私の人生の一発は、私が神童だったということだ。 刀を持って8年ぶりに国家代表になった。 (もちろんしばらくできない時があったが省略する)とにかくそれがフェンシング神童の序幕だった。 そして翌年の夏、コ·ユリムと共にアジア大会決勝戦に進出した。 フェンシング神童の没落だった。 どうして没落なのかって? オリンピックメダリストのコ·ユリムを破ったが、明らかに没落だ。 判定の是非があり、私は記者会見場で覇気溢れる騒ぎを起こした。そうやって4千万アンチを従えることになった。 人生一発でぶっ飛ぶ瞬間だった。 考え直しても頭に来るよ。 判定も試合の一部だって! その判定がコ·ユリムの味方ならいいし、 私の味方ならダメなの? なんで私がライジングスターコ·ユリムの行く手を阻むの? 地球が滅びてはいけない。せめてオリンピックが開かれるまでは。 「私は証明する」4千万人のアンチたちにまともに見せてやるだろう。 ユリムを堂々と下して金メダルを取る姿を…。 金メダルの永遠な主役がいるとしたら、それは私だ。

[第2章] 世の中は結局、一人で生きるものだ。
あの事件以来、母からも受けられずに育った関心が、4千万から一気に寄せられた。 それも熱烈に。 ああ、母も関心を与えてくれた。 とても縁起の悪いやり方で。 実は驚きもしない。 父が亡くなった日にもニュースを流しに行った人だから。 空っぽの葬式場で、私一人、父の傍に立っていた。 父が可哀想でたくさん泣いた。 それ以来フェンシングに打ち込んできた。右腕がより長くなり、右足がより太くなるように。 刀の先に集中する時は母を憎まなくてもいいから。 そう、世の中は結局一人で生きるものだ。 応援、激励、慰労… 。お母さんもしてくれないのに、 誰もしてくれないよ。

[第3章] 悪いことは一度に起こる。
コ・ユリムに憧れたことがあった。 あの子と一緒に運動したくて、テヤン高に転校までした。 それが最初の悪いことだった。そして、未だに考えてみると、血圧が上がるアジア大会の決勝戦。 それが二度目の悪いことだった。 3つ目の悪いことは、あれほど憎くてたまらないはずのコ・ユリムが、なんとなくかわいそうになり始めたことだ。 その子が私にだけ悪く、私以外すべての人に優しいということを悟った時、そして決定的に…はぁ… いや、この話はやめよう。 コ·ユリム、私は死ぬまであなたを忘れられない。 君は私に起きた一番悪い事であり、一番… 手におえない仕事だ。

それでもテヤン高校に来て良かったことは、私の尊敬するヤン·チャンミ選手をコーチの先生にできたことだ。 もちろん、ヤン・チャンミの「ヤン」が ヤンアチの「ヤン」だとは思わなかったけど。チ·スンワンとムン·ジウンにも会った。 2人とも各自のやり方で、狂った子たちだったから良かった。 その子たちが私を応援している。 そして、ペク·イジンにも会ったね。 フルハウス11冊を密かに貸していた本レンタル店のアルバイトであり、毎朝新聞を入れてくれる新聞配達人。そして今は… 私のインタビューの一言に命をかけたドジな新人記者。 お前は刀を上げる人だから敵が多いようだ。 でも、時にはペンが刀より強い。 信じてみろよとそう言った。 その言葉が慰めになったことがあった。 うーん.. そういえばママにはなくても私はそれなりの応援、激励、慰めを受けていたね..。

[第2章]は… 考え直してみる必要がある。 勝手にしてください。 今ペク·イジンからメッセージが来た。 私がさっき送ったメールの正書法を指摘する。「たまに刀の代わりにペンを持ってみるのはどう?」だって… 。ムカつく。地球が滅びるのに、それぐらいの正書法を間違ったら外に出ないか。

あ、もう一度言いますけど。地球が滅亡するなんてうわごとを信じているのではない。遺書は終わり。


出典:tvN

シン·ジェギョン役
● 44歳
●UBS9時のニュース メインアンカー&ヒドの母

シン·ジェギョンの遺書(45歳)

先週、韓国放送局の教養番組で終末論について扱った。 視聴率38%。 人々は世の中が終わることを望んでいるのだろうか。 それとも、世の中が終わるのではないかと不安なのだろうか。 いや、少なくともここでは、人を使わないで私のことを書こう。これはニュースじゃなくて遺書だから。

私は何を望み、20世紀の端で16世紀の人の予言などを意識するのか。 「とんでもないことが起きるのを、あまりにも多く見ながら生きてきた。 毎日刻々、そのすべてのことを人々に伝えるのが私の仕事だった。 もし地球が滅亡すれば、それをニュースで伝えられるだろうか。 少しの間だけ速報でも伝えることができれば、私が滅亡を迎えるところはヒドの隣ではなく、また放送局だろう。 ヒドの父を見送る時のように、私は最後の瞬間までヒドを傷つけるだろう。

ヒドが早く大きくなることを願った。 ヒドにとって私は母親である前にいつもジャーナリストだった。 フェンシング選手だから悲しくても、痛くても試合に出るように、私はアンカーだから悲しくても、痛くてもニュースを伝えなければならないということを、1日でも早く理解してもらいたかった。 ところがヒドは私を理解したとしても許さない。いつも状況はヒドと私の仲をこのようにする。 私を憎悪するヒドを理解する。私を憎悪するチャンミも理解する。 ヒドのコーチとしてチャンミに会った。 チャンミは私のキャリアでは初めてだった。 彼女とのプロセスはすべて初恋のようにわくわくし,痛みを味わった。そして学んだ。 誰かと親しくならないようにしたほうがいい。 特に取材源と友情を築くのはやめよう。 私は彼女の弱点を全国民に押しつけられる人物だ。必要であればしなければならない人間だ。

誰かには裏切り、誰かには傷つける私の職業をとがめない。 私が失った分、世の中が少しよくなることを願うばかりだ。 ただ、厚かましくも許されたい。 たまには理解してもらいたい。 私の大切な人たちから。

預言者の言葉を信じない。ただ、滅亡という名分に期待の気持ちを伝えたかった。私の本心はニュースに出ないから。


出典:tvN

ヤン·チャンミ役
● 44歳
●テヤン高フェンシング部コーチ

ヤン·チャンミの遺書(45歳)

さっき午後の練習時間にヒドに、「明日は地球が滅びるというが、今日は何をするのか」と聞いた。 ヒドは「地球が滅亡するというたわごとなどは信じない」と話した。 「滅びるかもしれないよ、可愛い子。 一寸先も保障できないのが人生だぞ。 だから私も遺書を書いてみる。 ところで遺書には何を書けばいいかな?」

このごろはなかなか楽しかった。 ヒドが転校してきてからチームの雰囲気も変わり、元気が出る。 互いに勝とうとあせっている。 昔のことを思い出してよかった。私も、お前たちと同じくらい熾烈な瞬間があったんだ。 運動で始まり、運動で終わった、そのうんざりする日々だ。 うぅ…吐いた。 でも五輪でメダルも取って注目も受けて、大統領とご飯も食べて… 。多くの栄光に浴した。人々は引退した選手たちを不憫に思う。 人生の全盛期をすべて享受してしまって、これから輝くことのないお古だと思うから。

生意気な視線だろう。 人生の全盛期を私ほどまぶしく享受したこともない者が…。私はいつも現在を生きる。 あの時の私も、今の私も、現在を生きる。 私は今穏やかに流れる、私の人生が好きだ。 運動選手ではなく、完全な私として生きることができる、この時間が好きだ。 すごくいいね~。 うん~!

子供の世話をする保護者らを見ながら、結婚のことを諦めたような気がする。 コーチ生活をしていると、父兄たちは本当にうるさい。 いや、誰かが上手くやれって言ったのかな? 自分たちが先に勝手によくしてくれたのに、国家代表を選ばなかったため、私を国家代表コーチの座から引きずり下ろした。 なんと···。 それをニュースにして、 騒がせたのがなんとシン·ジェギョンだよ。 私はあの子と友情があると思っていた。 犬のような記者たち。その後マスコミから非難を浴びた。 ところでそのシン·ジェギョンがヒドの親として現れたじゃない。 すごい方になっていて、敬語になるところだったじゃん。

私はヒドを思うと、ちょっと心が痛む。 シン·ジェギョンがヒドにどう接しているかは、火を見るよりも明らかだ。 選手生活、それも国家代表というのは、どれだけ大変なことか分かった。 私がもっと頑張ればいいんだよ。 ナヒも、クロヒョウの子みたいなのが 可愛いじゃん。 お前、私のせいでフェンシングを始めたんだよ。 考えてみると、地球が滅亡するようなことではない。 子供はまだ十分に恵まれていない。そのつらい生活に当然の補償を受けなければならないということだ。

そして、滅亡できない理由がもう一つ。 先週、超高速インターネットを設置した。 名前だよ、ADSL!!!!!!!!!!!!!!!!! もう事務室でもスタークラフトができるという意味だよ。 ふふ…。

だから地球滅亡とようなことは言うな。私がゲームしないと。

イジンの周辺人物たち


出典:tvN

ナム・ジュヒョク ペク·イジン役

● 22歳
●コミックレンタル店アルバイト/UBSスポーツ記者

ペク·イジンの遺書(23歳)

明日は地球が滅亡すると切実に信じている弟が強要して使う。 人々は信じたいものを信じるというが、弟は地球が滅びることを望んでいるのか。 そういうこともあるかもしれない。 家はめちゃくちゃになり、家族はばらばらになった。裕福でかわいかった末っ子は、一瞬にして見知らぬ親戚の家の屋根裏部屋になった。

人生が続くより地球が滅びてしまう方が、漠然とましだと思うだろう。

IMFは、予想より厳しく我が家を焦土化させた。 母は浦項へ、父は群山へ身を隠した。 借金がなくなるか心配で離婚もした。 愛し合っている二人は最近ハドゥリカムで涙の再会をしている。 軍隊に行って6ヶ月ほど経った頃、国家は私に除隊を命じた。 「今は国ではなく、あなたの家庭を守れ」と。 家族を養うんだって。家族は、国家が私に与えた責任だった。

夢は贅沢だった。 どんな会社でも面接を受け、結局、私を受け入れてくれたのは放送局だった。 面接の時、シン·ジェギョンアンカーが私に聞いた。 「夢は何ですか」と。 隣にいた面接生たちが答えた。 「正直な記者になりたいです」と。 「アンカーを目指しています」と私は、ただそう答えた。 うちの家族がもう一度集まって暮らすのが夢です。 記者は、「痛みに共感できなければならず、私がその資質を持っているから選ばれた」と後でシン·ジェギョン先輩が話してくれた。 「君がサンイル建設の長男なんだって? 軍隊は父親が外してくれたのか」23歳で放送局の記者になったら先輩たちが皮肉って聞いた。 生計維持困難による医師除隊だと説明すると、「没落した若旦那だな」と言った。 何となくその言葉が気に入った。時々「坊っちゃん」の瞬間と「没落」の瞬間が交差した。

最近の先輩は私を「狂人」と呼んでいる。 私は先輩に言われたら何でもして、何でもできた。 潜伏取材をする時は化粧品のセールスマンになり、警護員になった。 また、アジア大会が開かれると、急いでスポーツ記者になった。 私はスポーツについて何も知らなかったが、今ではフェンシングの解説もできる。家に積もった借金より、悲しみに沈んだ家族より、IMFより、 先輩が怖かった。

除隊後に会った人の中で一番印象的な人は断然、ナ·ヒドだ。 時代も家庭もあの子の夢を踏みにじったが、すっかり見事に反抗した。 もちろん反抗の方法はあきれたが.. 。何ものも私の夢を邪魔することはできないと言う、あの子からたくさん学んだ。 全国民が彼女を罵倒した日、私はその子も被害者だと思った。怪我した心を慰めたかった。 あの子が出会った世の中はみんなこんなもんだったんだろう。 シン·ジェギョン先輩がヒドの母親であることは後で分かった。 その後、私はヒドのビハインドシーンを一番近くで見守る人になった。 その礼儀のない石頭が理解できた。 あの子の礼儀正しくない話術が理解できるようになった.

そして欲が出てきた。 見る目のないところでヒドが流した汗と負傷、寂しさなどを世間に知ってほしかった。 「フェンシングでは相手との距離維持が最も重要だ」と話した。 記者も同じだ。 取材源との距離維持が重要だ。 その子と私は近かったが, 近くては近かった。ヒドと私の間の距離はいくつが正解だろうか。 まだ新入りなのでよくわからない。 今この街が間違いなら、それは私がまだ新入りなので。 日が暮れようとしている。隣で一緒に遺書を書いている私の弟は、本当に真剣に見える。 何て書くんだろうか。 地球が滅びなければ遺書を読んでみるというべきだ。

それより、私の弟よ。地球が滅亡するより、人生が続く方がずっといいんだよ。 私が必ず君に見せてあげる。 人生そのものがどれほど輝いていて美しいか。一緒に生きよう、約束しよう。 今ヒドからメールが来た。 また、正書法を間違えた。

寂しいけど、なんて、これは本当に我慢できない。行って顔を見て問いたださないと。


出典:tvN

ペク·イヒョン役
● 16歳
●在園中

ペク·イヒョンの遺書(17歳)

スピノザも今日になれば、リンゴの木を植えるというのんきなことは言えないだろう。 彼は本当に滅亡を経験したことがない。 この瞬間、私はそれより優れている。 私は地球の滅亡を目撃する最初の人類になるのだから。

今日何をするかは十分悩んだし、両親はとても遠くにいて会えないので、兄さんに会いに来た。 明日、地球が滅亡するにもかかわらず、家族を探すのが人間という存在の弱さだ。 いや、傲慢だった。 それこそ人間という存在の偉大さだ。 17年の人生を総合してみると、良い人生だったと評価したい。 それは私の人生に対する態度から来る。 金持ちの家に生まれたが、両親の教えどおり謙遜に暮らした。 IMFにより住宅維持が厳しくなったが、このような過程も人間であるからこそ享受できる逆境だ。

書いてみたら感じることだが、私の文章の実力がぐっと伸びたようだ。 このすべてのことは、DJ完勝のワンスン姉貴のおかげだ。推薦してくれた本を読んだら、人生について少しはわかるような気がする。私の完璧な理想型だ。あ、今有名になったDJ完勝の海賊放送について言えば、私はこの放送をリスナー5人の時代から聞いた。 今になって、ワンスン姉のことが好きな若造たちは滑稽だ。 今はリスナー500人を超える。私の眼目に敬意を表する。

遺書を長く書きたくない。記録とは、すなわち歪曲である。 歪曲された私を残したくない。滅亡がもう少し近づいた。私はどこへ行くのか。 行くっていうのは… 何か。

ユリム


出典:tvN

宇宙少女ボナ コ・ユリム役

● 18歳
●テヤン高フェンシング部/フェンシング国家代表

コ・ユリムの遺書(19歳)

地球が滅びるかどうかは分からないが、年末だ。 年の暮れはなんとなく、気分が温かくなる。クリスマスツリーもきれいだし、照明もキラキラと光り、街から出てくるキャロルも聞くのにぴったりだ。 だから遺書を借りて、私が愛する人に気持ちを伝えたい。 でも本当に滅亡するかもしれないから、 みんなが生きている時に、 明日読んであげないと。

ご両親に。
お母さん、お父さん。ユリムです。 お母さんは今頃、軽食屋を閉めて皿洗いをしているでしょうし、お父さんは高速道路の上にいるでしょうね。 夜の運転に気をつけていますか。 考えてみたら、地球が滅亡したら 絶対にダメだと思う。 私が両親を贅沢させるって 言ったじゃないですか。 まださせてあげられなかった贅沢が たくさん残ってるからダメだ。 ママは毎日留守宅させてすまない。でも、私は両親と一緒にいながら幸せではなかったことがありません。 苦労は私がもっと苦労させたんだよ。 パンクしたフェンシング手袋とジャケットと… 。その針もあまり入らないのを お母さんがいつも縫ってくれたじゃないですか。 苦労させてごめんなさい。 たくさんの運動の中で、お金がかかる運動をして。それもごめんなさい。 私は両親がとても誇らしく、心から尊敬しています。 あ、もちろん好きなのはニンジンだよ!

チウンに。
私は一生運動部として生きていたから、学校は体育館だったの。 残りの空間はいつも不思議に馴染みがなかった。 違う人生を生きる、他の子どもたちの別の空間。 私は異邦人だった。 それなのに廊下で、売店で、教室でしきりにニガが出てきた。 君は私に体育館の中と外の境界を消してくれた人で、学校がどんなに面白い所なのか教えてくれた人だ。 そして君が連れて行ってくれた世界が、私は本当に涙ぐましいほど好きだった。 いつも私に別世界を見せてくれるチウン、あなたに会ったのは本当に奇跡だよ。 長い間、一緒にいようね。

最後にヒドへ。
あなたが最初私の学校に転校してきたとき、私が冷淡な態度をとって傷ついたでしょう? ごめんね。君は私の人生で最初の恐怖だったんだ。 多分君が転校してきた瞬間、私は予感した。 君が怖くなることがもう一度起きるということを。 それで最善をつくして君が嫌った。 やっぱり予感は的中したし、アジア大会以後マスコミは二人をくっつけようとした。 ライバルだと呼んで悪縁だと呼んで、勝手に私たちをもてあそんだの。

でもヒドだよ。 どうして私たちが悪縁でいられるのか。 私はあなたに勝とうと努力して、あなたは私に勝とうと努力して、私たちは果てしなく強くなった。 どんな試合でも、一番最後の試合に立っているのは君と私だった。 そのたびに、我々の決勝戦は、自分の誇りであり、君への尊敬であり、自分への信頼だった。 君と私は刃先を向け合っていたけど、私にはすべての瞬間が私たちだった。 オリンピックまであと1年半だよ、ヒド。 「全世界が我々の試合を見守るようにしよう」 その時もフェンシングの最後の試合は、我々2人のものなので…」。 マスコミが私たちをもてあそんだように、その時は私たちがマスコミをもてあそぼう。 相変わらず仲が良くないふりをしてみようか。 それとも愛してると言うか? 何であれ、考えただけでも楽しい。 もちろん、金メダルは私が取る! ヒヒ。

でもヒド、これはお前にだけ打ち明ける話だけど。私、最近フェンシングが上手くできない。 なんでダメなのかよくわからなくて、 もっと疲れてるみたいだ。これもまた過ぎ去るだろうか。心からそうしてほしい。

ジウン


出典:tvN

チェ・ヒョヌク ムン·ジウン役

● 18歳
● テヤン高
●インフルエンサー

ムン·ジウンの遺書(19歳)
神様、お聞きになっていらっしゃいますか。 急に19年ぶりに初めて歌って、 ごめんなさい。 明日地球を滅亡させる計画だと聞きました。 わかりましたが、少しだけ遅らせていただけませんか。 私がまだ時間がもっと必要なんです。まだ、サイワールドやツーメムナムにはなれませんでした。

これは本当に私が今年、最も頑張った部分なんです。 このまま死んだら、どんぐりに生まれ変わりそうなんです。 いくらか買ったんだけど、私が… いや、実際トメムナムの選定基準があまりにも顔の方にだけ偏っていて、私のような本当のファッションリーダー達が損をしているんですよ。 来る21世紀は個性とスタイルの時代じゃないですか。 神様は神様だから知っていてください。 でも服は何を着ますか? なんかプラダ着そう。 羨ましいですね。私もルイ·ヴィトンの財布を買おうとお金を貯めて、そのままビデオカメラを買ったんです。 それが私の芸術世界により役立つと思います。 分からないじゃないですか。 私もツヘヴンみたいな、 素晴らしいMVを撮ることができるのか。

ふぅ…、ビデオカメラを買って一ヶ月も経ってないのに、滅亡だなんて。 滅びることを知っていたら、分割払いで暮らすのに… 。へえ、承知しました。あえて滅亡させたら、 胸がすっきりするなら···。 そうですね。 まあ、いい人生だったと思います。 私と同時代にジャウリム、マイケル·ジャクソン、 チャン·グクヨンが住んでいました。 祝福でした。 インスピレーションをもらいました。 ありがとうございました。私のアーティストたち。

私のそばには生まれた時から、スンワンがいました。 両親より私のことをもっとよく知っている愛する友達で、私の永遠なスキャンダル相手。 あの子はいつも私をもっと良い人にしてくれました。 今までありがとう、愛する私の友達。 そしてヒドに会って、 イ·ジンさんにも会いましたね。

最も重要なのは、ユリムに会いました。本当に滅亡しなければいけませんか? 私はまだユリムに告白もできてません。 地球滅亡より告白してふられるのが10倍は怖いです。 ユリムのような国家代表スーパースターが、 私を好きになる可能性はありますか? でも、本当に地球が滅びるかもしれないから、明日は告白しようと思います。振られたら… 。その時は約束通り滅ぼさなければなりません。 OK? 滅亡するほうが恥ずかしいよりはましだからです。

でもフラれて滅亡もしなければ… どうすればいいですか?

スンワン


出典:tvN

イ・ジュミョン チ·スンワン役

● 18歳
● テヤン高
●全校1位で学級委員長、しかし胸の中は反抗心でいっぱいのジャンヌ·ダルク

チ·スンワンの遺書(19歳)
海賊放送のリスナーの皆さん、こんにちは。 DJワンスンです。 今日は1999年12月30日、インターネットウィンアンプ放送で、皆さんと一緒にしてからちょうど500日目になる日です。 しかし、それより重要なニュース、予言者によると、明日地球が滅亡するそうです。 あのバカな人たちの言葉を信じて、今日は私の遺書で放送を始めてみます。

この時代について考える。 社会について考える。社会が個人の生活に与える影響について考える。 政府と政策まではいかなくても、19歳の私に学校が、教師が、私の生活に及ぼす影響について考える。 夜間自律学習と銘打って行われる、強制打率学習と、権威を暴力という形で濫用する教師たちと、個々人の多様性を尊重できず一律な人を送り出す工場とも同じ学校のシステムについて考える。 機会として与えられた機会ではない機会と、選択という意味で与えられた選択ではない選択について考える。

私はこの放送を通じて数多くの問題に質問を投げかけ、リスナーの皆さんは共感して応えてくれた。 「学校は社会の縮小版」と言った。 希望がない。 このような社会なら滅びてもいいようだ。 間抜けな予言者たちの予言を応援する。 ここは、閉じてもいい世界だ。

12月30日、海賊放送初の曲です。メタリカのMaster of puppets。

 

出典:tvN

スタッフ /脚本:クォン・ドウン、演出:チョン・ジヒョン
作成:え

話数ごとのあらすじと感想

 

daisySSさん
二十五、二十一 1話・2話 あらすじと感想
二十五、二十一 3話・4話 あらすじと感想
二十五、二十一 5話・6話 あらすじと感想
二十五、二十一 7話・8話 あらすじと感想
二十五、二十一 9話・10話 あらすじと感想
二十五、二十一 11話・12話 あらすじと感想
二十五、二十一 13話・14話 あらすじと感想
二十五、二十一 15話・16話(最終回) あらすじと感想

作品感想

●最高の青春ドラマ、、、意地を張り過ぎて伝えられなかった本心、、、過去の初恋を振りかえると淡い記憶がよみがえる。青春に対する浪漫やノスタルジアが感じられる素敵なドラマ!

1998年に出会ったナ・ヒド(キム・テリ)とペク・イジン(ナム・ジュヒョク)の初恋を描くのと同時に、友情と愛の間で戸惑うときめきと悩みを共にする5人の若者たちの成長期を描いた作品とも言えます。

1話が放送された直後から、話題を呼び、、、社会現象まで引き起こしそうな勢いで注目を浴びるこのドラマは、青春ドラマが好きな方には是非おすすめしたいドラマです。どの役を演じてもピッタリ!と絶賛されるキム・テリは31歳の年齢で高校生役のヒドを演じ、話題になりました。

裕福な家庭で育ち、名門大学に通う主人公のペク・イジン役をナム・ジュヒョクが演じています。IMF事態を機に父が経営する会社が倒産し、大学も辞め父の借金の返済から自分の生活費まで稼ぐことになったペク・イジン。一方、IMF事態迎え、資金不足から所属していた高校のフェンシング部が廃部となったナ・ヒド。

このドラマは通貨危機を迎え経済的に厳しい状況に強いられた1998年を舞台に、その後高校生から大学生になったナ・ヒドと、放送局の記者から特派員に選ばれるペク・イジンの恋と成長をメインに描いています。

現在と1998年、その後2001年、2009年と時間が流れる、、、このドラマのストーリーの始まりは、ナ・イドの中学生の娘が偶然母の古い日記を見つけたことから始まり、ナ・ヒドとペク・イジンの物語を紐解く内容となっています。

ナム・ジュヒョクは次世代ライジングスターとして現在最も注目を浴びる20代俳優の一人。優しいけど好青年のルックスで演技力まで兼ね備え、ヒロインのナ・ヒドを演じるキム・テリとの相性(ケミストリー)まで完璧。

IMF(韓国が通貨危機を経験しIMFからの資金支援の書を締結した事件を意味し、韓国ではIMF時代や事態などと呼ばれる)事態が発生したことで、実際に多くの会社が倒産するなど経済的な危機を迎えた当時の韓国社会を反映したストーリーの展開がノスタルジックに描かれています。日本のバブル全盛期の後の時代をイメージすると、よりドラマが描こうとする世界観への理解を深めることができると思いました。

フェンシングの目標に向かって一生懸命に頑張るナ・ヒドの姿や、厳しい現実の中でも目標や夢を実現するために懸命になるペク・イジンの姿も素敵でした。このドラマは、言葉では表現できない独特の色を持っているため、単純に初恋が幸せなエンディングを迎えたか否かといった観点だけで、ドラマを視聴してしまうとドラマが伝えようとする大切なメッセージを見逃してしまう恐れがあります。

15話及び第16話を見て、ドラマの流れに半信半疑しました。エンディングに関しても、、、あれでよかったの?と思いましたが、不思議にもドラマ全体のイメージが強く残り、結論は青春ドラマらしい青春ドラマだったという感想!

刺激的な内容も大げさなハプニングもなく、比較的に静かで地味な展開に見えるようなストーリーの内容ですが、登場するキャラクター像が素晴らしくて、それだけでドラマにハマること間違いなし!これまでのナム・ジュヒョクも素敵でしたが、このドラマを通じて見せる表情や声のトーン等、さらに素敵なナム・ジュヒョクを発見することになります!






【放送情報】


【花様年華~君といた季節~】

●BSフジ 全22話(2022/5/30から)月~金曜日9時から 字幕

花様年華~君といた季節~ キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率


【タッチ~恋のメイクアップレッスン】

●BS12 トゥエルビ 全16話(2022/6/6から)月~金曜日5:30から 字幕

タッチ~恋のメイクアップレッスン キャスト 全話感想とあらすじ 相関図 視聴率


【ペントハウスシーズン3】

● WOWOWプライム 全14話(2022/6/6から)月曜日深夜26時から4話連続放送

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率



【夕食、一緒に食べませんか?】

●フジテレビ(2022/6/6から)月曜日深夜26:40頃から 字幕

夕食、一緒に食べませんか? キャスト・相関図 視聴率 全話あらすじと感想


【赤い靴】

●BSフジ 全74話(2022/6/7から)月~金曜日10時から 字幕

赤い靴 (韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと視聴率


【王女の男】

●サンテレビ (2022/6/8~) 月~金曜日13:00~13:56

王女の男 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (外部リンク・姉妹サイト)


【恋愛革命】

●BS日テレ 全24話 (2022/6/9から)(木)毎週木曜 23:00~23:30放送

恋愛革命 キャスト・あらすじと感想


【人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~】

●テレビ東京 全65話(2022/6/10から)月~金曜日8:15から~9時11分 吹替[二] +字幕

人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ボイス4】

●WOWOWプライム 全14話(2022/6/14から) 字幕

ボイス4 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP