九尾狐伝 11話・12話 あらすじと感想

九尾狐伝 (クミホ伝)


九尾狐伝 구미호뎐 The Tale of a Gumiho 2020年放送 tvN 全16話

【韓国放送期間】2020年 10月7日から 12月3日

第11話視聴率4.863%

daisySSさん

第11話あらすじ

イムギ(螭龍)を捜し出した、イ・ヨン(イ・ドンウク)。。。ヨンよりも長い時間を生き続け、龍になれなかったことを話すと、ナム・ジア(チョ・ボア)をはじめ、彼女の両親とイ・ラン(キム・ボム)の命を助けたいなら、イ・ヨン(イ・ドンウク)の身体を渡すよう求めます。

しかし、大切な存在を自分の力で必ず守ると語るイ・ヨンの言葉に、「今すぐに死にたい!」と語る132人を一斉に自殺させるイムギ(螭龍)は、、、自分が持った力を見せつけます。その頃、両親を拉致したのが放送局の社長だと知ったナム・ジアは、両親を助けるために、イ・ヨンを殺すよう求めます。しかし、ジアは両親を諦めることも、ヨンを死なせるつもりもない、強い意志を見せます。そんな彼女の姿を切なく見つめるイ・ヨン。

父から虐待を受けていて少年を助けたイ・ラン(キム・ボム)は、少年の父を放送局の社長宅に届けます。イ・ランが少年を助けた理由は、自分が飼っていた犬の生まれ変わりが少年だったから。社長宅で人の魂を持つホオズキがどのようにつくられるのかを知ったイ・ラン。社長が持っていた花の種を人間に飲ませると、人間の身体と魂を吸い込むとホオズキの花として変わります。イ・ランに、イムギ(螭龍)のためにはイ・ヨンの身体が必要だと、自分と交わした契約を守るよう伝える社長。悩んでいたイ・ランは社長と手を結ぶことを決意します。彼から薬の入った瓶を渡されたイ・ラン。

一方、生きた人間が入ることが禁じられている奪衣婆 /タルウィパ(キム・ジョンナン) の領域にナム・ジアと共に現れたイ・ヨン。奪衣婆の姿にめげることなく、両親がどこにいるのかを教えて欲しいとお願いします。しかし、何も語ろうとしない奪衣婆に、再び同じ状況に置かれても過去と同じ選択をすると強い意思を伝えるイ・ヨンの言葉に、「ホオズキ、そこに彼女の両親がいる」と伝えます。

イ・ランの連絡を受け現れたイ・ヨンに社長から渡された薬を入れた飲み物を出します。自分の存在が彼に取ってどんな意味を持つのかを聞く弟に、イ・ヨンは答えることなく、出された飲み物を飲むとそのまま気を失います。その光景を監視カメラでみていた社長は、イ・ヨンの身体を奪うチャンスがきたと、イムギ(螭龍)に連絡をします。

その頃、インターンとして働くイムギ(螭龍)の歓迎会が開かれている最中、連絡を受けたイムギ(螭龍)がその場を離れようとすると、ジアにとめられて歓迎会から外れることができない。待ってもイムギ(螭龍)が姿を現さないことから、焦りを見せる社長。兄を連れてきたことから契約が成立したことを認めるよう求めるイ・ヨン。なかなか契約が成立したことを認めない社長がやっと認めた瞬間、イ・ランがイ・ヨンに姿を変え、イ・ヨンがイ・ランに姿を変えます。成立した契約を自ら破棄することができないことから、弟の姿に化けたイ・ヨンがイ・ランのふりをして、弟を助けることに成功します。

ホオズキになっていた両親を助け出したイ・ヨン、、、自宅に戻ったジアは両親が戻ってきたことに喜びます。そんな家族の姿を見つめるイ・ヨン。

第11話感想

キム・ボムが演じるイ・ラン!!兄を裏切ることになるのかハラハラする展開でしたが、結局は兄と協力して問題を解決しました。今後、イ・ランがもっと活躍することになりそうです。韓国版「花より男子」のF4の一人を演じたのがキム・ボムですが、このドラマで演じる役にもピッタリで、最終話までどのような演技を見せてくれるのか楽しみです。このドラマではイムギ(螭龍)を演じるイ・テリに関しても、悪役にも拘わらず、すごく魅力的な演技を見せ悪役とは思えないです。

ナム・ジアとの結婚を望むイムギ(螭龍)が、今話ではイ・ランとイ・ヨンの計略に気づくと、怒りを見せるというよりは、そっと彼女の手にキス!このキスに何か秘密が隠れているのでしょうか。今話をみて気になったのが、なぜイムギ(螭龍)が復活した後に、ナム・ジアと結婚を望むのでしょうか。まだ具体的に描かれていませんが、イムギ(螭龍)のストーリーが隠されていそうです。

今話でも逆転の展開が描かれ、全く飽きることなく楽しめる展開が続きます。全16話のドラマなので、最終話まで残りわずかとなったのが、悲しいです。「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」もすごく楽しく観たファンタジードラマの一つでしたが、このドラマが持つ魅力が全く劣れないです。

第12話視聴率5.318%

daisySSさん

第12話あらすじ

ナム・ジア(チョ・ボア)の両親は、幼かった娘が成人になったことを驚きながらも、家族として過ごす時間を楽しみます。ツンデレなイ・ラン(キム・ボム)までも円満な解決したことに笑顔を見せます。一方、イムギ(螭龍)は計画が失敗したことを知ると、放送局の社長と連絡を取ります。恐怖心から逃げる社長。。。

その夜、ナム・ジアの夢に再び現れたイムギ(螭龍)は、「君が僕で、僕が君。僕たちは結ばれるべき運命だから」と意味深げな発言をし、ジアを不安にさせます。一方、夢を通じてイムギ(螭龍)が伝えたメッセージを知ったイ・ヨン(イ・ドンウク)は、イムギ(螭龍)を倒すために方法を模索し始めます。

担当する怪談専門番組のピョ・ジェファンとキム・セロムはイムギ(螭龍)の弱点を調べるように伝えられる中、二人の前に現れたイムギ(螭龍)。馬の血がイムギ(螭龍)にとっては弱点となると伝えた後で、イムギ(螭龍)の催眠術にかかった二人、、、向かった先はビルの屋上。

イムギ(螭龍)はク・シンジュ(ファン・ヒ)の前にも、キ・ユリの前にも現れて二人にも催眠術を掛けます。キ・ユリの様子がおかしいと知ったイ・ランは、突如彼女から攻撃を受け、、、我に戻ったキ・ユリは自分がイ・ランを刃物で刺したことを気づくと驚き。

ク・シンジュの処置で一命を取り止めたものの、このままではイ・ランは命を落とすことになることから、人間の魂が宿るホオズキをイ・ランに与えるしかない状況。イ・ヨンがホオズキを弟に与えさせるのが、イムギ(螭龍)の目的だと気づいたヨンは、自分のやり方でイムギ(螭龍)を倒して弟を助け出すと決めると、逃げた放送局の社長を見つけ出します。イムギ(螭龍)を眠らせる方法を社長から聞き出すイ・ヨン。彼を呼び戻した同じ方法で彼を眠らせることができると聞くと、計画を実行。

一方、部下ピョ・ジェファンとキム・セロムの命が自分の手元にあることを理由に、ナム・ジアとのデートを求めるイムギ(螭龍)。仕方なくデートに応じたナム・ジアにイムギ(螭龍)は自分の過去を話します。「あなたも過去は人間だったの?」と驚くナム・ジア。

デートの後、二人は出会う運命だったと語るイムギ(螭龍)の前に、イ・ランが現れ、ナム・ジアは自分の恋人だと語ると、放送局の社長から伝えられた通り、水の側で馬の血とナム・ジアの血、神の力であるイ・ヨンの力を使い、イムギ(螭龍)を葬ろうとします。

すべての条件がそろったはずが、微笑みを浮かべて「本体は僕の体の中ではない・・・」と語るとナム・ジアを見つめるイムギ(螭龍)。ナム・ジアが苦しんでいる姿に気づいたイ・ヨンは、心配そうに彼女を見つめ。。。体が熱いと語ったナム・ジアの顔に蛇の皮が現れ、叫ぶイ・ヨン。

第12話感想

本物のイムギ(螭龍)がナム・ジアの体の中にいた??前世のアウムの体の中にイムギ(螭龍)がいた時と同じ状況になったのでしょうか。もしかして悲しいエンディングを意味する??

今話、少し理解できない部分がありました。ナム・ジアの体の中に眠っていた本体のイムギ(螭龍)が目覚めたような展開でしたが、それならこれまで登場したイ・テリが演じたイムギ(螭龍)は分身なのでしょうか。イムギ(螭龍)が自分の過去を語ったシーンでは詳しい内容が描かれることなく、ク・シンジュ(ファン・ヒ)に催眠術を掛けた時も、言葉を濁られました。予想外の展開になることを意味しているようですが、今後クライマックスに掛けて何が起きるのでしょう。ハラハラする展開が始まりそうです。悲しいエンディングではなく、幸せな結末を迎えられることを願いたいです。

イ・ランの命が再び危険な状況に置かれました。ホオズキを使うと助けられるイ・ランですが、山神の九尾狐(クミホ)であるイ・ヨンがルールを守らず、使ってはいけないホオズキを使うことは許されていない状況から、ヨンは果たしてどんな計画を持って弟を助けることになるのでしょうか。興味津々の展開が続きます。

両親が戻ってきたことを普通の恋人のようにデートを楽しむヨンとジア、、、しかし、人間としてジアと共に人生を歩んで死を迎えたいヨンは、叶わない望みにガッカリ。そんな彼を励ますように指輪をプレゼントするジアに微笑むヨンの姿がキュートでカッコよかったです。

イムギ(螭龍)をよみがえらせるために必要だったのは、生贄の人間、血、神の力ということでしたが、ここでいう神は山神だった九尾狐のことでした。動物で置き換えると、蛇と狐の戦いとなりますが、果たして狐、九尾狐は繰り返された運命を変えて、愛する人と結ばれることになるのか、見逃せない展開が待っている!!

九尾狐伝 13話・14話 あらすじと感想

九尾狐伝 (2020) 全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



【放送情報】

【庭のある家】

●【日本初放送】WOWOWプライム 全8話(2024/4/15-24) 字幕

庭のある家(韓国ドラマ) あらすじと感想 キャスト・相関図

【チェオクの剣】 

●BS11 全14話(2024/4/15から)月~金曜日14:29から 字幕

チェオクの剣 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 外部リンク

【女神降臨】

●BSJapanext(2024/4/17から)月~金曜日19時から 字幕

女神降臨 キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ

【今日のウェブトゥーン】

●WOWOWプライム 全16話(2024/4/21から)日曜日深夜26:15から4話連続放送

今日のウェブトゥーン あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【むやみに切なく】

●BSJapanext 全20話(2024/4/28から)日曜日18時から3話連続放送 字幕

むやみに切なく 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP