不屈の婿 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●DATV(2018/4/16から)毎日早朝4時から 字幕
●DATV(2017/10/30から)集中再放送月~金曜日17:30から 字幕
●チバテレ(2017/4/3から)集中再放送月~木曜日22時から(毎月第4木曜日は休止) 字幕
原題:不屈のチャ女史

不屈の婿 불굴의 차여사 全111話
2015年放送 MBC
平均視聴率 8.63% 시청률
不屈の婿 DVD-BOX1
あらすじ

長男の嫁として一家を切り盛りするミラン(キム・ボヨン)。ある日、仕事に出かける夫ダルス(オ・グァンロク)の様子がおかしいことに気づいたミランは、 1人でこっそりとペルーへ旅立とうとするダルスを間一髪で捕まえる。会社を解雇された現実から逃げたかったという話を聞いたミランは怒りが収まらず、 その足でダルスの勤めていた会社へ乗り込む。社長であるジソク(パク・ユンジェ)に解雇の撤回を訴えるも、「暴行罪で訴える」と逆に言い放たれ、怒りは増すばかり。

そんな中、長女のウンジ(イ・ガリョン)に恋人がいることが発覚! しかも相手は夫を解雇したジソクだった! それを知った両親はもちろん大反対! ! ジソクは何とか認めてもらえるよう、まずはウンジの祖父を説得することに。ジソクの誠意ある態度にウンジの祖父は、ジソクの祖母と今後の対策を考えるため面会する。 しかしそこに現れたのは昔の恋人だった。すると祖父は急に交際を反対し始め、ジソクは頭を抱えてしまう…。果たしてジソクは無事に婿になることができるのか! ?

キャスト

パク・ユンジェ キム・ジソク ウンジの恋人、ダルスの元勤務先の社長
キム・ボヨン チャ・ミラン オ家長男の嫁
イ・ガリョン オ・ウンジ ミラン夫婦の長女、会計士 ジソクの恋人

オ・グァンノク オ・ダルス ミランの夫 長男 会社を解雇
シン・ミンス オ・ギフン ミラン夫婦の息子 会社を首に
ハ・ヨンジュ イ・ユニ ミランの兄の病院の歯科医

キム・ビヌ アン・ハヨン(ジェシカ) ジソクの元婚約者、AJグローバル理事
キム・ヨンゴン オ・ドンパル ダルスの父
ミン・ジア オ・ミンジ ミラン夫婦の次女、アクセサリー露天商
ユン・ダフン オ・ダルグ ダルスの弟、カーセンター運営
キム・スヒョン ジョンスク ダルグの妻
ナ・スルギ オ・ヘジン ダルグ夫婦の娘、ガールズグループ練習生
イ・ユンミ オ・ダルジャ ダルスの妹
キム・セミン カン・サンチョル ダルジャの夫
チュ・アラ カン・スジョン ダルジャ夫婦の娘

スタッフ /[演出]オ・ヒョンチャン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
minitipta0406さんの感想より


このドラマの見所は、何といっても俳優陣の演技力の高さにあると言っても過言ではないとおもいます。

ドラマの内容的にも、シリアスあり、コメディ-ありで色々な年齢層の方が楽しめる内容になっているのではないでしょうか?

個人的には、オ家の嫁ミラン役であるキム・ボヨン、その兄のチャ・ジンギュ役であるチェ・ジョンウ、主人公キム・ジソクの祖母イム・オクプン役のチョン・ヨンスクの演技が観ていて引き込まれます。

まず、キム・ボヨンはこの作中では、オ家に嫁いだ昔ながらの嫁。義父の言うことは絶対であり、何もそこまで…とドラマを観ながら思わず呟いてしまうほどの、さすが儒教を大切にする国だな、という完璧なようだ「嫁」を演じています。しかし、最近観た「ショッピング王ルイ」では、一人息子を持つ母親役で、旦那さんに強く、またコミカルで全く違う表情をみせてくれます。

その兄役のチェ・ジョンウも作中では、歯科医ではあるが偉ぶらず、幼なじみの女性にやりこめられているような男性役です。妹にも、幼なじみにも、女性に優しい自由な雰囲気を出しています。

けれども、「青い海の伝説」では、主人公の父親役で信じていた再婚相手に毎日少しずつ毒を盛られて、失明してしまい、最後は命まで奪われてしまう財閥会長を見事に演じていました。

また、チェ・ジョンウが出演している作品は、私見ではありますが、内容的に面白い作品が多いように思います。

最後にイム・オクプン役のチョン・ヨンスクは何といっても『品』があります。この作品は111話と長いものですが、登場する度に彼女の眼鏡や洋服、靴から持ち物まで、とてもバランスがとれていて、しかも俳優さんの良いところを引き出しているようなファッションに目を惹かれます。勿論、演技もお上手ですが、将来こんな歳の取り方をしたいと、思わせてくれる女優です。

不屈の婿は、色々な見方のできるドラマだと思いますが、韓国の人達の考え方も教えてくれる作品になっていると思います。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー