一度行ってきました 97話98話と99話100話(最終回) あらすじと感想

一度行ってきました



一度行ってきました  한번 다녀왔습니다 Once Again  【韓国放送】2020年 3月28日から 全100話

第97回視聴率 29.6% 第98回視聴率 33.5%

hg@さらんさん

第97話と第98話 あらすじ

ヨンダル夫妻が仕事から帰ると、久しぶりに家の中がガランとしている。幸せを掴んだ娘たちに刺激を受けたせいか、自称ロマンチックなヨンダルはオクブンをエイっと抱き上げる。そこにやって来たジュンソン一家に見られて、慌てたヨンダルはその手からオクブンを落としてしまう。

ジェソクとダヒは新婚部屋の準備を終え、やっと結婚する実感を得て幸せいっぱい。ジェソクは小規模結婚式の招待客の選定に悩み、ギュジンはナヒのつわりで気が気でなく、相変わらず兄弟の会話はかみ合わない。ギュジンは突然吐き気を感じ、つわりに似た症状を発症する。

広報動画のおかげで商店街は息を吹き返し、むしろ客足が増えててんてこ舞い。嬉しい悲鳴を上げている。ヨンダルの店も行列ができて忙しく、売上げも上々でヨンダルは監督を高く評価する。

チョヨンは監督との嬉し恥ずかし初デートに出掛ける。帰りに偶然ヨンダル夫妻に遭遇する。ヨンダルはいい人がいたら付き合ってほしいと言ってたのに、いざとなると監督のスペックを調査する。監督はチョヨンと真剣に付き合いたいとヨンダルに許可を求める。

ダヒとジェソクの結婚式当日。ジェソクも緊張が隠せないが、父親代わりのギュジンは感慨無量だ。1人きりの弟のために司会に歌に大奮闘する。ダヒとジェソクは招待客の前で結婚の誓いを読み上げ、ヨンダルは2人に心温まる祝福の言葉を贈る。

式の後、ヨンダル家では結婚祝賀会が賑やかに和やかに。チョヨンは結婚するならあんな式にしたいという言葉に過反応するヨンダル。ガヒはヒョシンとの関係をソヨンに見抜かれて小遣いをせびられる。ヒョシンは翌日の練習のために早く帰ることになり、チョヨンとソヨンの機転でガヒとの2人きりの時間を持つ。

ユンジョンを送った後、気づくと不思議に症状が止んでいたギュジン。帰る道すがら久しぶりのドライブを楽しんでいると、ナヒが急に腹痛を訴える。深刻そうなナヒにギュジンは慌ててハンドルを切るが…。

第97話と第98話の感想

ギュジンのつわり様の症状は一体なんでしょう。妊娠初期の女性と同様に、男性にもつわりの症状が起こることがあるそうで、それを「クーバード(クヴァード)症候群」と呼ぶようです。

世界の一部の民族の中には、妊婦の夫が特定の食べ物を食べてはいけなかったり、産後しばらく狩りなどに出ないなど、妊娠・出産・産後に様々な決まりに従い、生活や儀式を行う「擬娩」という風習があるんですって。こうした風習をクーバード(クーヴァード)と呼ぶことにちなんだ病名だそうです。

つわりの妻を見てどうにかしてあげたいという思いがこうした症状を引き起こしたとも考えられるようですが、実際に検査すると何も出ないことがほとんど。妻が出産を迎えるとこうした症状も解消されるんだとか。妻を深く愛してるからと聞こえはいいですが、自分もつらいのに夫までそんな状態になったら、いったい誰を頼ったらいいんでしょうね。

豆知識:『クーバード(クヴァード)(Couvade)は、フランス語で「鳥が卵を抱くこと」の意味』

第99回視聴率 33.6% 第100回視聴率 34.8%

hg@さらんさん

第99話と第100話(最終回) あらすじ

式を終えたジェソクとダヒは車で国内一周の旅へ。結婚式当日に雨が降ったり、ごはんを焦がしたり…。これからも思った通りに行かなくても、失望することなく暮らしていこうと。

ナヒをギュジンは慌てて産婦人科へ連れて行く。腹痛は特に心配なく、実は双子を身ごもっていたと判明。ナヒは先のことが心配だが、ギュジンは自分に任せてと大喜びする。オクブンはナヒに神様がご褒美をくれたと喜ぶ。

数年後。ナヒ夫婦の双子たちはついに保育園デビュー。心配でたまらないギュジンは2人の様子を見に行った帰り、小さな事故を起こして怪我をする。驚いたナヒが飛んできて言い合いになるが、今はどんなに喧嘩をしても一日の終わりに手を取り合い、お互いの言動や行動で傷ついたことを反省しあう時間を作っている。

ジェソク夫婦は2年の同居期間を終え、晴れて独立。ダヒは現在ジェソク達の病院で児童カウンセラーとして勤め、出勤前には2人でユンジョンを訪ねるのが日課だ。

オクブンはコーヒーバリスタに興味を持ち、今日も講座の後ユンジョンのカフェに寄り、出来栄えを確めてもらう。ユンジョンは病気の完治判定を受けて一安心。今や2人はお互いを頼り合うよい関係に。

ジュンソンの会社は順調で人材を増やして発展中。ガヒの会社もまた今や社員を何人も雇うほどに成長。ヒョシンはオリンピックで銀メダルを取り、取材などに忙しく連絡が取れないことが気がかりだ。ジフンは相変わらずガヒに優しくて、いつも元気づけてくれる。

商品撮影で来たスタジオにモデルとしてサプライズ参加しに来たヒョシン。ダヒは驚きと喜びでいっぱいだ。撮影終わりにガヒを待ち伏せしたヒョシンは、社員の前に公式に恋人認定する。

チョヨンは結婚にこだわらず監督と付き合っているようで、オクジャは肉屋の女将になって店を盛り立てるが、怪我をしてダンス大会に出場できなくなり、オクブンとヨンダルが代りに出ることに。

オクブンはステージに上がって思う。子供を木の枝に例えれば、枝が多いほど風の止む日はないようだけど、それでも嵐の後には花が咲き、雨の後にはまた陽がさすもの。だから、懸命に毎日を生きれば、幸せは自分たちにきっとやって来る。子供たちよ、その愛を守りなさい。愛とは結局、配慮と尊重だ。親たちよ、自分の人生を生きよ。自分が幸せならば、人生もまた美しいものなのだ、と。

第99話と第100話(最終回)の感想

私がこのドラマのベストシーンを選ぶとすれば、1つ目は、40年も生き別れていたヨンダルとチョヨンの再会。お互いに捨てた捨てられたと思って来たけれど、でも信じたい気持ち。それが実った時の感激はひとしおでした。2つ目はソジンが言葉を発した時です。私も娘を持つ親として、その時は図らずも涙腺爆発してしまったことが思い出されます。

毎回涙あり、笑いあり、楽しくてあっという間でした。4人の子供たち全部が離婚や破婚で家に帰ってきて、母であるオクブンは大変傷つきましたよね。一見あり得ない話のように思えますが、離婚率の高い韓国結婚事情ゆえに現実味がなくもないのかも。しかし、今やっと子供たちがお互いをより理解し合い、それぞれ幸せをつかんだのもオクブンの深く大きな愛ゆえだったなぁとしみじみ思います。

総じて、夫婦の在り方、家族の在り方について考えさせられるドラマでありました。100話の長丁場でしたが、稚拙な文にもかかわらず続けて読んでくださった読者様に心から感謝いたします。ありがとうございました。

一度行ってきました キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ





【放送情報】


【リセット~運命をさかのぼる1年~】

●BS12 トゥエルビ 全16話(2022/5/26から)月~金曜日深夜27:30から

リセット~運命をさかのぼる1年~(韓国ドラマ) キャスト・相関図 全話感想と視聴率


【花様年華~君といた季節~】

●BSフジ 全22話(2022/5/30から)月~金曜日9時から 字幕

花様年華~君といた季節~ キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率


【タッチ~恋のメイクアップレッスン】

●BS12 トゥエルビ 全16話(2022/6/6から)月~金曜日5:30から 字幕

タッチ~恋のメイクアップレッスン キャスト 全話感想とあらすじ 相関図 視聴率


【ペントハウスシーズン3】

● WOWOWプライム 全14話(2022/6/6から)月曜日深夜26時から4話連続放送

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率



【夕食、一緒に食べませんか?】

●フジテレビ(2022/6/6から)月曜日深夜26:40頃から 字幕

夕食、一緒に食べませんか? キャスト・相関図 視聴率 全話あらすじと感想


【赤い靴】

●BSフジ 全74話(2022/6/7から)月~金曜日10時から 字幕

赤い靴 (韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと視聴率


【王女の男】

●サンテレビ (2022/6/8~) 月~金曜日13:00~13:56

王女の男 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (外部リンク・姉妹サイト)


【恋愛革命】

●BS日テレ 全24話 (2022/6/9から)(木)毎週木曜 23:00~23:30放送

恋愛革命 キャスト・あらすじと感想


【人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~】

●テレビ東京 全65話(2022/6/10から)月~金曜日8:15から~9時11分 吹替[二] +字幕

人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ボイス4】

●WOWOWプライム 全14話(2022/6/14から) 字幕

ボイス4 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP