一度行ってきました 33話34話と35話36話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

一度行ってきました 33話34話と35話36話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


一度行ってきました  한번 다녀왔습니다 Once Again  【韓国放送】2020年 3月28日から 全100話

第33回視聴率 21.8% 第34回視聴率 26.3%

hg@さらんさん

第33話と第34話 あらすじ

ダヒはジェソクの見合い相手の前でジェソクをオッパと呼び、上手に芝居をして見せる。そんなダヒにぼうっとなるジェソク。お礼にとダヒの希望でソウルタワーに行き、二人で鍵をかける。夜景をバックに写真を取ってあげながら、ダヒがきれいに見えて混乱するジェソク。

ゴミ清掃車の前でチョヨンに大胆に公開告白したチス。チスは改めてチョヨンに交際を申し込むが、イケメンが好きだと断られる。一方、オクジャは恋敵がよりによってチョヨンであることに混乱する。市場は二人の噂で持ちきりだ。

オクブンと3姉妹はすし店で女子会をする。若い男性のグループに声を掛けられ、オクブンが振り返ると相手はびっくり!店を出た後も仲良くはしゃぎながら歩く。

楽し気なオクブン母子を見かけたユンジョンは、口ではうるさがりながらもうらやましく思う。後日ダヒとたまたま薬局で出会い、二日酔いに良い料理を一緒に食べる。息子たちに失望しているユンジョンは、ダヒの心遣いを嬉しく思う。

ジュンソンは仕事がうまく行ったから家族で食事をしようと、ヒョンギョンに持ち掛ける。楽しい時を過ごし、帰り際にヒョンギョンにもう一度やり直したいと伝える。が、ヒョンギョンからきっぱり断られる。



ギュジンはジョンロクにナヒを贔屓してるようで残念だと伝える。病院内の会議でジョンロクの意見と真っ向からぶつかり、ギュジンの意図をナヒが弁明する始末。

チスは皮のライダースーツに身を包みバイクに乗って来て、チョヨンにバラの花束を毎日届ける。口では迷惑なようなことを言いながら、まんざらでもない様子のチョヨン。ヨンダルはチョヨンにチスの人柄を保障する。

後輩のギヨンからダヒを紹介してほしいと言われたジェソク。思わず、ダヒには結婚する彼氏がいると言ってしまう。

ギュジンはジョンロクと一緒に酒を飲み、ナヒを好きだというジョンロクに戸惑う。そんな時、ボヨンからシフが悪くなったと連絡を受けたギュジン。ナヒの前だというのに、ボヨンはギュジンに寄りかかって…。

第33話と第34話の感想

ジェソクとダヒが行ったのは南山公園にあるソウルタワー。ソウルのシンボル的存在です。外から上がる階段も含めて、ドラマのロケ地として非常に有名なところです。夜は夜景が美しく、カップルたちがたくさん訪れます。カップルがずっと一緒にいられるように願いを込めて鍵をかけます。鍵は売店でも売っています。

チスはチョヨンに若いイケメンが好きと言われて困りますが、ヒョシンを見てこれだ!と思いつきます。バイクでバラの花を毎日持って来て、真剣なのですがちょっと笑えます。

ユンジョンはダヒの温かさに癒されます。けど、ジェソクの偽の彼女と知ったら、猛烈に起こりそうですよね。二人が食堂で食べていたのは「ソンジクッ」と言われる牛の血凝りのスープです。他にも二日酔いと言えば、「コンナムルクッ(豆もやしのスープ)」や「プゴククッ(干しダラのスープ)」などが有名です。「プゴククッ(干しダラのスープ)」は朝7時からやっている専門店もあります。

第35回視聴率 27.4% 第36回視聴率 31.1%

hg@さらんさん

第35話と第36話 あらすじ

ナヒはシフの診察の際、ギュジンがボヨンの工房を訪ねたことを知る。ジョンロクからギュジンのことに対して冷静だと言われるが、本当はどこか面白くない。ボヨンの態度も気に障る。

ジェソクはダヒへの気持ちをはっきり確認。頭を冷やそうと、一晩中掃除しまくる。「気の迷い」と結論付け、会わなければ忘れるはずと友達と遊ぶことにする。

ジフンはいじめに抵抗して、相手を投げ飛ばしたことを喜び勇んでヒョシンに報告する。しかし、ガヒに柔道を習っていることを知られてしまい、続けたいと必死に頼み込む。そこまで言うならと許したガヒは、ジフンが父親と過ごすべきだったかと悩む。が、ジフンはガヒと一緒の今がいいと答える。

チョヨンをバイクに乗せて来たり、ダンス練習の合間にも特別扱いするチス。そんな二人を見て冷静でいられないオクジャは、意を決してチョヨンと酒を飲み、チスをもてあそぶなと熱くなる。

ジェソクは遊んでも酒を飲んでも、ダヒの幻覚まで見る始末。気分が悪くなり帰る途中、本物のダヒに会う。ギクシャクした会話をした別れ際、自転車からとっさにダヒを守った瞬間、自分の感情に観念する。

今日から本格撮影開始で気合が入っているジュンソンたちは朝から賑やかだ。しかし、ジョンボンが足を怪我をしてしまい、ジュンソンはヒョシンに白羽の矢を立てる。

ユンジョンは酔ったふりをしてギュジンを呼び出し、二人は仲直りする。帰り道、オクブンに会ったギュジンは声を掛けて謝るが、気まずいまま別れる。

ヨンダルは氷川(ヨンチョン)時代の幼馴染と何十年ぶりかに会う。その際、妹が世話になっていた家人の消息を得て探し回る。見つからず途方に暮れて、妹に会いに寺に向かう。僧侶は訪ねてきていたチョヨンとの茶にヨンダルを誘うが、ヨンダルは遠慮してしまう。

ジョンロクは一人飯が嫌だとナヒを夕食に誘う。ナヒは自分ばかり誘わず、女性と食事するように勧めると、ジョンロクは今まさにそうしていると告白する。そこにギュジンとボヨンが通りかかり…。

第35話と第36話の感想

ナヒとギュジン、二人とも離婚してすぐだというのに、異性の接近があるなんて羨ましいですね。だけど、二人ともどうも相手のことが気になる様子。離婚直後の再婚について調べてみたのですが、韓国では離婚する時は届け出てもすぐには受理されず、1ヶ月後確定します。これは再考期間として、勢いで届を出してしまう場合を考慮しています。日本の法律では聞いたことない気がします。

逆に再婚の場合。昔は女性には6ヶ月の再婚禁止期間があったそうですが、2005年に撤廃されました。これにより、例え離婚成立の翌日でも再婚できるそうです。これはもちろん離婚後に生まれた子供が誰の子供かわからなくなるからでしたが、今は道を歩く犬だって(一般の人誰だっての意)気楽にDNA鑑定できる時代ですからね。

一度行ってきました 37話38話と39話40話 あらすじと感想

一度行ってきました キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ

「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー