一度行ってきました 25話26話と27話28話 あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

一度行ってきました  한번 다녀왔습니다 Once Again  【韓国放送】2020年 3月28日から 全100話

第25回視聴率 22.1% 第26回視聴率 26.6%

hg@さらんさん

第25話と第26話 あらすじ

オクブンがナヒの家で見つけた同居契約書には「離婚」の文字が。ショックのあまり倒れて病院に担ぎ込まれる。駆けつけたガヒとジュンソンによって、ドクターズのカキコミを知り二重のショックを受けるナヒたちだった。

ヨンダルは結婚は我慢しながら暮らすものだと諭すが、「苦しくて寂しくて不幸なのに、いつまで我慢すればいいの」と言うナヒに言葉が出ない。

ダヒによってナヒとギュジンの離婚がオクブンに知れたと知り、ジェソクはユンジョンに二人の離婚を明かす。ユンジョンは結婚に最後まで反対すればよかったと、ギュジンに対して荒く憤る。

家に帰って来たオクブンは、横になったまま誰とも口を利かず何も口にしようとしない。周囲の心配にもなんの反応もしない。ヨンダルは改めて兄妹たちに事情を聞くが、やりきれない気持ちでいっぱいだ。

ギュジンとナヒは事態の収拾に追われる。院長からこっぴどく叱られ、責任をとり辞職すると話すが、後任もいないのに無責任だと言われる。同僚たちはナヒが悪いと噂し合うのに、ギュジンはいい加減なことを言うなと怒る。

市場でもヨンダル家の不幸は噂の的だ。普段は人のいい商店街の人たちもここぞとばかり、悪口を囁き合う。チョヨンの耳にも噂が届き、ヨンダルとオクブンのことを思いやる。

オクブンは誰が何をしても食べようとしない。様子を見に来たナヒが顔を出すと、激しい怒りを露わにする。夜中に突然泣き出すのをヨンダルは優しく受け止める。が、翌朝その姿を消していた。

兄妹たち皆がオクブンを手分けして探す中、ヨンダルは店を開ける。しかし、その胸中は複雑だ。オクジャが店を手伝うが、オクブンが心配で仕事が手につかない。

ジュンソンが警察に届けようとする頃、オクブンはようやく帰ってくる。先日ナヒと出かけた江華島に行って来たとヨンダルにだけ話す。この前はあんなに楽しかったのに…と。

ヨンダルはギュジンに何とかやり直せないかと尋ねてみるが、徒労に終わる。虚しい気持ちで歩いているとチョヨンと偶然会い、一人カラオケに誘われストレスを発散させる。カラオケの後、一緒に酒を飲んで気持ちが慰められる。

ナヒは一日中オクブンを探し回り、江華島まで行ったが会えずじまい。オクブンが帰宅したと聞いてマンションに帰るが、ヨンダルに店に呼び出され…。

第25話と第26話の感想

ナヒだけが救いだっただけにオクブンのショックは相当なもので、無表情になってしまうのも無理ないことだと思います。何日も寝込んだあげく家出までしてしまいます。数日前はあんなに楽しかった江華島に行って、思えばナヒがあの時何か言おうとしていたと気づいたのでした。

よりによって、テレビ番組に出たために世間の人たちからも一斉に背を向けられてしまったナヒとギュジン。特にナヒは気が強いところを見せていただけに反発も大きく、ネットの反応はひどくて落ち込みます。実際にこのような状況に陥った芸能人が自殺してしまう事態も時々聞きます。最近は日本でもSNSで何かあると非難する人も多くなってきて、他人事ではない気がしています。

ヨンダルもオクブンのことばかり心配していましたが、自分でも知らずにだいぶ参っていたようでした。それに気づいたチョヨンのナイスアシストで、心が慰められてよかったですね。いつ、二人が兄妹だと気づくかと楽しみになります。



第27回視聴率 25.1% 第28回視聴率 30.2%

hg@さらんさん

第27話と第28話 あらすじ

ヨンダルはナヒに有無を言わさず家に帰って来るように告げる。ギュジンは急に実家に帰ることになったナヒの荷造りを手伝う。ギュジンとナヒは、これからはいい同僚でいようと握手して別れる。

ヨンダル家の前に立ったナヒは、意を決して家に入る。オクブンはナヒを勝手に家に帰らせたヨンダルに怒るが、いっそ本人に怒りをぶつけろと言われる。

ダヒは否応なしにナヒと一緒の部屋に。無理やり笑顔を作り、ベッドや本棚を譲ったりと窮屈な思いをする。

ヨンダルは週末の恒例行事、家中の掃除を全員参加で実行する。終わるやいなやカクテギを作りを始めるオクブン。その後は全員で銭湯に行くことに。慣れない労働で疲れたナヒだが、休むことも許されず。

つらそうなナヒを見るのもつらいガヒだが、罰と考えてしばらく耐えるしかないと力づける。オクブンと打ち解けられるように、何かとナヒを気遣う。

ソヨンは塾での成績が上がり、ヒョンギョンに家族での外食をねだる。ジュンソンは突然入った仕事で肝心のソジンの入園面接に遅れる。しかもチンピラ姿で印象最悪、食事を中止にされる。

ソヨンはむしろ普通の父親じゃなくていいと、逆にジュンソンを慰める。ヒョンギョンに対し、ママはいつも最善を尽くせばいいと言うけど、パパが頑張っているのは見えないのかと非難する。

学校で苦労していても親を気遣って言わない様子のジフン。ヒョシンはアイスをくれたりバイクに乗せてくれたり、ジフンを喜ばせる。

久しぶりに店に出るオクブンのため、オクジャは商店街の女たちに離婚の話はしないように頼むが失言ばかり。チョヨンたちの大歓迎で少し元気になるオクブン。

オクブンはユンジョンと通りで鉢合わせし、売り言葉に買い言葉の大喧嘩になる。喧嘩はエスカレートし、髪の掴み合いに発展する。

ナヒは道端で髪を掴み合ったオクブンも悪かったと正論を言い、ギュジンは離婚は二人でしたことでその原因はユンジョンにもあると責める。二人の母は子供たちにあきれ果てて…。

第27話と第28話の感想

すでに離婚してはいたものの、突然別れることになったナヒとギュジン。ナヒは家族の中で揉まれ気持ちは休まりませんが、ギュジンは不意に一人になったために複雑な気分になっているようです。二人もつらいでしょうが、母親たちのつらさをおもんばかるにはまだまだなのですね。

ジュンソンは家族で食事できることをものすごく楽しみにしていたのですが、仕事のために結局遅れてヒョンギョンを怒らせてしまいました。ソヨンはとてもがっかりしたのですけど、ジュンソンを逆に慰めてあげたのを見て、すごく大人でいい子なんだなぁと感激しました。大人たちの方が逆に子供みたいです。

家族で銭湯に行く習慣があるなんて、韓国ならではかも知れません。韓国の家庭ではふつうはシャワーだけでしかなく、浴槽に浸かりたいときは銭湯に行くことになります。チムチルバンが有名ですが、チムチルバンと銭湯との違いは岩盤浴があるかないか。しかも、チムチルバンは24時間営業ですが、普通の銭湯は朝開いて夜は8時くらいには閉まってしまいます。

一度行ってきました 29話30話と31話32話 あらすじと感想

一度行ってきました キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ





9月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】
★dTVなら月額500円(税抜)で大人気韓流・華流作品が見放題★
「ドラマステージ<tvN>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公募で選ばれた脚本を実力派監督×人気俳優がドラマ化!10編のオムニバスシリーズ
「ドラマスペシャル<KBS>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「雲が描いた月明り」のジニョン出演「僕らが季節なら」他、8作品をオムニバスでお届け
★韓国ドラマ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー