ロースクール (韓国ドラマ) 7話・8話 あらすじと感想

ロースクール



ロースクール 로스쿨 2021年放送 JTBC水木 全16話

第7話視聴率4.505%

daisySSさん

第7話あらすじ

姿を消しているカン・ダンは2016年、コ・ヒョンス(ジョン・ウォンジュン)議員の選挙キャンプに関する内部告発をしていた。告発のためカン・ダンが協力を求めたのが当時検事だったヤン・ジョンフン(キム・ミョンミン)でした。告発事件を解決するためコ・ヒョンス議員は友人のソ・ビョンジュ(アン・ネサン)を通じて、ヤン・ジョンフンに圧力を加えていた。

2020年現在、双子の姉カン・ダンが残した手紙を持ってヤン・ジョンフン教授のオフィスを訪れたカン・ソルA(リュ・ヘヨン)、電話から姉の声を確認すると、奪うように電話にこたえます。しかし、電話は切れてしまい、かかってきた番号に連絡をするも、通じない。姉に関して問うカン・ソルAに沈黙するヤン・ジョンフン教授は、4年前に姿を消したカン・ソルの行方を追い始めます。

一方、ソ・ジホ(イ・ダウィット)から彼の父の死に関して聞かされたハン・ジュンフィ(キム・ボム)は、渡された資料を確認すると表情が固くなります。玩具メーカーを経営していたソ・ジホの父は、オモチャから有害物質が発見されたとのことで、検察の調査を受けることになる。しかし、その内容がニュースに流れ、自殺を選択。ソ・ジホがソ・ビョンジュを盗撮したり、記録を集めたりしてきた理由は、父の事件を記者に提供したのがソ・ビョンジュだと疑ったからでした。

ソ・ジホから受け取った資料を確認していたハン・ジュンフィは、被疑事実公表罪を犯し、検察の情報を流したのが伯父ではなく、検事のジン・ヒョンウだったことに気づきます。ヤン・ジョンフン教授事件の公判でも姿と見せたチェ・ジュンヒョク記者とジン・ヒョンウとの関係を探るために、記者にコンタクトを取るハン・ジュンフィ。

起訴されているヤン・ジョンフン教授の第2回公判日を迎え、カン・ソルA(リュ・ヘヨン)、ハン・ジュンフィ(キム・ボム)とソ・ジホ(イ・ダウィット)が証言台に立ちます。ソ・ビョンジュ教授が殺害された時刻のアリバイを証明することができないヤン・ジョンフン教授。殺害された時刻、ヤン・ジョンフンは一人自分のオフィスで休んでいたため、彼のアリバイを証明することができない。。。

一方、証言台に立ったソ・ジホ(イ・ダウィット)の父が死亡した事件に関して明かされ、ソ・ジホにソ・ビョンジュを殺害する動機があること、事件当日は父の命日だったため、復讐を考えていたソ・ジホがソ・ビョンジュのオフィスを訪ねました。

しかし、麻薬によってまともな会話も交わすことのできないソ・ビョンジュの姿に、元医師だったユ・スンジェ(ヒョヌ)に連絡を取り、対応方法を探ろうとする。ソ・ジホの証言で、殺人の動機がある人物がいるにも拘わらず、検察側の調査に穴があったことから、ヤン・ジョンフンにとって有利な状況へと流れる。

その後、裁判室のドアが開き、ユ・スンジェ(ヒョヌ)が入場する。。。

第7話感想

ヤン・ジョンフンの裁判の流れがジン・ヒョンウ検事に不利な状況へと進みました。

ソ・ジホ(イ・ダウィット)に隠されていた家族の痛みがあり、彼がロースクールに入学した理由を把握することができました。ひき逃げ事件を犯したことへの罪悪感から麻薬に手を染めたソ・ビョンジュ、、、彼が父を自殺に追いやったと誤解していたソ・ジホでしたが、今話をみてジン・ヒョンウ検事が様々な事件に関わっている悪党のイメージが強くなってきました。イ・マンホも全く予想外のところで、登場を続けたため、今後のストーリーの展開に必要な人物のようです。

今話を視聴して気になった点をいくつかあげたいと思います。まずは4年前に家を出たカン・ダンは、第1話から登場する政治家コ・ヒョンス議員を告発した過去を持ちますが、告発を撤回したようです。その後、彼女が姿を消した特別な理由が隠されているようなので、彼女の登場が楽しみです。政治家コ・ヒョンスが提案した法案は、元はカン・ダンのアイディアだったようで、カン・ソルAとは全く違うイメージで登場することになりそうですね。

もう一点は、チョン・イェスル(コ・ユンジョン)の恋人であるコ・ヨンチャンの存在。二人でロースクールへの入学準備を進めていたものの、コ・ヨンチャンはロースクールに不合格。その後、チョン・イェスルに暴力(デート暴力)を振るう様子が何度も登場しました。コ・ヨンチャンは政治家コ・ヒョンスの息子だったことが明らかになりました。彼がチョン・イェスルに暴力を振るっていることはハン・ジュンフィとカン・ソルAにバレてしまったので、今後何が起きるのか気になります。

一人でオフィスにいたアリバイのないヤン・ジョンフン、、、しかし、彼はその時一人ではなかった!クローゼットの中にユ・スンジェ(ヒョヌ)が隠れていました。彼はなぜヤン・ジョンフンのオフィスに侵入したのでしょう。クローゼットに誰かがいるということに気づいた様子のヤン・ジョンフンですが、果たしてユ・スンジェ(ヒョヌ)は彼に見つかったのでしょうか。クローゼットから聞こえてくる音は、恐らくソ・ジホからの電話だったようで、これでヤン・ジョンフンのアリバイが証明できる??

推定無罪と被疑事実公表罪といった用語などが登場し、法廷ドラマとしてリアル感は落ちるけど、面白い展開は続きます。

第8話視聴率5.388%

daisySSさん

第8話あらすじ

死亡したソ・ビョンジュ(アン・ネサン)の死因が自殺の可能性があるかを問う質問に対して、ヤン・ジョンフン(キム・ミョンミン)は、他殺を自殺として判断することは間違いだと語り、、、イ・マンホが証言台に立たされます。性犯罪を犯した受刑者は、出所後も電子足輪を付けられ24時間監視される身、ヤン・ジョンフンが自分をソ・ビョンジュ殺害の容疑者としてあげたことは不当だと語ります。

事件が起きた当日、ロースクールの授業のため電子足輪を付けていたヤン・ジョンフン、殺人事件が起きた時間、放電が原因で電子足輪が作動していなかったことから、ヤン・ジョンフンのアリバイを証明することができない。ヤン・ジョンフンが犯人でないことを明かすためには、彼が自分のオフィスにいたことを証明することができる目撃者が必要。ロースクールの受付にノートパソコンを届けた人物がいたことを知ると、監視カメラの映像を確認します。結婚指輪を確認したヤン・ジョンフンは、ロースクールの学)生ユ・スンジェ(ヒョヌ)を疑い、、、キム・ウンスク(イ・ジョンウン)教授も見せられた映像からユ・スンジェだと気づきますが、沈黙。

ヤン・ジョンフンはアリバイを証明できないまま第2回公判は終了。ジン・ヒョンウ検事は殺人事件を目撃した目撃者がいると、第3回公判で証人として証言台立つ予定だと発表し、目撃者が誰なのか話題を呼ぶ。

ジン・ヒョンウ検事のせいで父が自殺を図ったと知ったソ・ジホ(イ・ダウィット)は、父を死に追いやった検事への復讐を果たそうとしますが、ハン・ジュンフィ(キム・ボム)は確実に罪を償わせるためには慎重に動くべきだとアドバイス。ジン・ヒョンウ検事から事件に関する情報を入手した記者とコンタクトを取ると、被疑事実公表罪でジン検事を告訴する準備をしていることを明かし、記者に証人として証言台に立つよう圧力をかけます

第3回公判が開かれ、ヤン・ジョンフンがソ・ビョンジュ(アン・ネサン)に麻薬が入ったコーヒーを飲ませたと語る目撃者は、チョン・イェスル(コ・ユンジョン)。チョン・イェスルを証言台に立たせたのは恋人のコ・ヨンチャンでした。何としてもヤン・ジョンフンに殺人の濡れ衣を着せるため、彼女に嘘の証言を強要します。

証言台でヤン・ジョンフンの犯行だと語ったチョン・イェスル(コ・ユンジョン)は緊張のあまり涙を見せ、、、「やはり、できません。法律を学ぶ者としてのできません」と語ると、隠し撮りされた動画を理由に嘘の証言をするよう要求されたことを明かし、ヤン・ジョンフンに謝罪します。

第3回公判が終わり、チョン・イェスル(コ・ユンジョン)を待つコ・ヨンチャン、、、彼女に暴力を振るうと、隠し撮りした動画を公開すると語り脅します。チョン・イェスルは彼が持っている携帯電話を奪おうとした時、足を滑られ転んだ際に頭をぶつけたコ・ヨンチャンは意識を失い。焦ったチョン・イェスルがカン・ソルAに連絡をしようとした時、現れたヤン・ジョンフンが彼女の携帯電話を取り上げます。

第8話感想

次に何が起きるの??と思わせたエンディング。

嘘の目撃者を立て法廷の証言台に立たせてまでも、ヤン・ジョンフンに殺人の罪を着せるためにありとあらゆる手を尽くす検事のジン・ヒョンウ。。。今話の最初に政治家のコ・ヒョンス議員とジン・ヒョンウ検事がサウナ室で交わす会話から、ジン・ヒョンウの目的が分かりました。

ボストン行きの飛行機のチケットを買った理由も政治家のコ・ヒョンス議員と関係があったようで、法律を逆手に取って悪事を繰り返す政治家の裏の顔を暴いていく内容へと変わっていくようです。コ・ヒョンス議員の息子が恋人のチョン・イェスルに暴力を振るうコ・ヨンチャンですが、倒れて意識を失った彼に何が起きるのか、ハラハラするエンディングでした。

ロースクールで起きた殺人事件から始まったストーリーですが、法廷ドラマとしても楽しめる内容でした。第3回公判では嘘の証言を強いられたチョン・イェスルが証言をする場面がハイライト!コ・ヨンチャンが、彼女の部屋に設置した隠しカメラを通じて得た不法の動画を利用し恋人を脅しますが、法律を学ぶ学生としての良心が働き、検事ジン・ヒョンウの計画は失敗に終わりました。

イ・マンホが4年前に姿を消したカン・ダンを探していることを知ったヤン・ジョンフンは、彼に取り引きを持ち掛けるようです。その内容は詳しく描かれませんでしたが、殺人事件の真犯人を探すヤン・ジョンフンの推理は続く、キム・ミョンミンの演技力の高さが光った一話でした。落ち着いた口調で淡々と語るセリフは、ドラマが終わった後も強い印象を残しました。カン・ダンから再び連絡を受けたヤン・ジョンフンは、、、ついにベールに隠れていた人物カン・ダンが登場する!

ドラマの後半部の展開が楽しみです。

ロースクール (韓国ドラマ) 9話・10話 あらすじと感想

ロースクール (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率





【放送情報】


【リセット~運命をさかのぼる1年~】

●BS12 トゥエルビ 全16話(2022/5/26から)月~金曜日深夜27:30から

リセット~運命をさかのぼる1年~(韓国ドラマ) キャスト・相関図 全話感想と視聴率


【花様年華~君といた季節~】

●BSフジ 全22話(2022/5/30から)月~金曜日9時から 字幕

花様年華~君といた季節~ キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率


【タッチ~恋のメイクアップレッスン】

●BS12 トゥエルビ 全16話(2022/6/6から)月~金曜日5:30から 字幕

タッチ~恋のメイクアップレッスン キャスト 全話感想とあらすじ 相関図 視聴率


【ペントハウスシーズン3】

● WOWOWプライム 全14話(2022/6/6から)月曜日深夜26時から4話連続放送

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率



【夕食、一緒に食べませんか?】

●フジテレビ(2022/6/6から)月曜日深夜26:40頃から 字幕

夕食、一緒に食べませんか? キャスト・相関図 視聴率 全話あらすじと感想


【赤い靴】

●BSフジ 全74話(2022/6/7から)月~金曜日10時から 字幕

赤い靴 (韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと視聴率


【王女の男】

●サンテレビ (2022/6/8~) 月~金曜日13:00~13:56

王女の男 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (外部リンク・姉妹サイト)


【恋愛革命】

●BS日テレ 全24話 (2022/6/9から)(木)毎週木曜 23:00~23:30放送

恋愛革命 キャスト・あらすじと感想


【人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~】

●テレビ東京 全65話(2022/6/10から)月~金曜日8:15から~9時11分 吹替[二] +字幕

人生最高の贈り物 ~ようこそ、サムグァンハウスへ~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ボイス4】

●WOWOWプライム 全14話(2022/6/14から) 字幕

ボイス4 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP