ロースクール (韓国ドラマ) 1話・2話 あらすじと感想

ロースクール



ロースクール 로스쿨 2021年放送 JTBC水木 全16話

第1話視聴率5.113%

daisySSさん

第1話あらすじ

2020年10月現在、ロースクールの学生達が集まり模擬裁判の授業が行われている。教授のソ・ビョンジュ(アン・ネサン)は休廷を言い渡し、、、授業が再開されないことからチョン・イェスル(コ・ユンジョン)が担当教授を訪れると、ソ・ビョンジュが死亡しているのを発見します。

ロースクールで起きた死亡事件、元検事出身の教授ヤン・ジョンフン(キム・ミョンミン)が事件現場を訪れると、ソ・ビョンジュ教授が自殺ではない可能性を提示、、、殺人事件として警察が捜査を始めることになる。

2020年3月、ヤン・ジョンフン(キム・ミョンミン)の授業を受ける学生達は、教授から質問を投げられると、答えを述べる授業方式に苦難。韓国大学のロースクールトップの成績を誇る学生、ハン・ジュンフィ(キム・ボム)はヤン・ジョンフンの質問に対して流暢に答えを返す一方、特別枠でロースクールに入学したカン・ソルA(リュ・ヘヨン)は、秀才たちに囲まれ自分に自信がなくヤン・ジョンフンの授業中、満足のいく答えを出せない。

2017年、元検事長だったソ・ビョンジュ(アン・ネサン)は、ワイロを受け取った罪で起訴されるものの、無罪となり、韓国大学のロースクールの教授となります。2017年、ソ・ビョンジュ(アン・ネサン)が起訴された事件を担当した検事がヤン・ジョンフン(キム・ミョンミン)でした。罪があると確信するもソ・ビョンジュ無実を渡された裁判の後、検事を辞職しロースクールで教授となったヤン・ジョンフン。

2020年10月現在、ソ・ビョンジュ(アン・ネサン)が死亡した事件を刑事が捜査することになり、「ソ・ヒョンジュ教授を殺害する動機がある人物に心あたりはありますか?」と問う刑事の質問に、「僕です」と答えるヤン・ジョンフン。

2020年3月、性犯罪者のイ・マンホが出所すると、韓国大学のロースクールの授業に現れると、担当教授キム・ウンスク(イ・ジョンウン)教授の表情が暗くなり、授業を邪魔するイ・マンホ。キム・ウンスク教授は2008年、控訴したイ・マンホ事件を担当した裁判官、、、お酒の飲みすぎで犯した事件に関する記憶がないという理由が認められ、減刑となります。授業を荒らすイ・マンホに強く衝撃を受け、倒れたキム・ウンスク教授が病院に運ばれる。

出所後、ヤン・ジョンフン(キム・ミョンミン)を訪れたイ・マンホ。イ・マンホ事件を目撃した目撃者がひき逃げ事故にあい、まだ犯人が断定されていない状況、、、ひき逃げ事件を担当したヤン・ジョンフンはイ・マンホがひき逃げした犯人を目撃していたことに気づいている。しかし、酔っぱらっていて記憶がないと語るイ・マンホは、口を割らない。

2020年10月現在、死亡したソ・ビョンジュが麻薬を服用していたとの記事が流れ、事件を捜査中の刑事がロースクールの授業に現れます。現場で発見された足跡で容疑者を断定することができると語り、授業を受けている学生たちを緊張させます。ヤン・ジョンフンは、授業の邪魔になると刑事を追い出したはずが、戻ってきた刑事は「あなたを殺人容疑で逮捕します」と語り、ヤン・ジョンフン教授を逮捕。

第1話感想

キム・ミョンミンが主演の2021年、最新作!

放送前からこのドラマを注目した理由は、ロースクールに通う学生たちが主人公の成長ドラマだと思ったからでした。第1話が始まって10分程でロースクールの教授が死亡する事件が起き、予想していた内容とは全く違うジャンルのドラマということに気づきました。

第1話を視聴した感想としては、2020年10月の現在、2020年3月の過去、2008年に起きた出来事をクロスさせる展開が続いたので、慌ただしくドラマを視聴した感じです。それぞれの出来事がつながっているようで、集中してみないと殺人事件を解決するパズルを見落としてそうで、焦りました。登場する人物の間に存在する接点や、まだ明らかになっていない繋がりがありそうで、興味を引く内容でした。

ただ、ロースクールのキャンパスライフを中心に描く内容ではなく、事件を解決していくミステリードラマのようなので、好き嫌いが明確に分かれるドラマになると思います。個人的には捜査・サスペンス・ミステリードラマが好きなので、面白く見ることができました。第4話までのストーリーの流れが、ドラマのその後を左右する場合があるので、どんな風にストーリーが流れるのか楽しみです。

起きた殺人事件の容疑者として逮捕されたヤン・ジョンフン(キム・ミョンミン)、、、事件現場には複数の足跡が残されていたはずが、警察が何故ヤン・ジョンフンを容疑者として逮捕することになったのか、気になるエンディングでした。

2008年、性犯罪を起こして裁判を受けるイ・マンホが登場し、裁判官はキム・ウンスク(イ・ジョンウン)、ヤン・ジョンフンが担当したひき逃げ事件を被害者が、イ・マンホの犯行を目撃していたこと、イ・マンホはひき逃げ事件を起こした犯人の車のナンバーを知っている様子で、過去の事件が新たに起きた殺人事件とどのような関連を持つのか、本格的真犯人を探ることになるようです。

これまで放送されたミステリ作品と差別化された、見どころポイントがあることを期待したいです!

第2話視聴率4.112%

daisySSさん

第2話あらすじ

2010年10月、高校生だったカン・ソルA(リュ・ヘヨン)は姉をいじめていた相手に暴力を振るってしまい、、、相手は検事長の娘だったことから不利な状況に置かれる事件で、カン・ソルA側に立ち、彼女を助ける。

2020年10月現在、ソ・ビョンジュ(アン・ネサン)殺害事件の容疑で、遺体が発見された場所で見つかった足跡の持ち主、ハン・ジュンフィ(キム・ボム)、カン・ソルB(イ・スギョン)、ソ・ジホ(イ・ダウィット)とチョン・イェスル(コ・ユンジョン)が調査を受けますが、事件への関与を否定。

ヤン・ジョンフン(キム・ミョンミン)が逮捕された理由は、足跡に加え、現場で発見されたマグカップで彼の指紋が発見されたことと、死亡したソ・ビョンジュがヤン・ジョンフンの髪の毛を握っていたからでした。ヤン・ジョンフンが使用していたパソコンと彼が履いていた靴が消え、事件が起きる前日、ヤン・ジョンフンはボストン行きの飛行機チケットを片道で予約していたことから、容疑者となります。

逮捕されたヤン・ジョンフンは調査に非協力的で全く口を開こうとしない。無理やりヤン・ジョンフンの携帯電話のロックを解除しようとする刑事を阻止すると、「同意なく携帯電話から得た情報は証拠として無効です」と語り、事件に関して何も語らない。逮捕されてもロースクールの試験を気にする余裕を見せ、心配して駆け付けた同僚のキム・ウンスク(イ・ジョンウン)教授に試験問題は既に準備されていることを伝えます。

それまで口を閉ざしていたヤン・ジョンフンがついに持っていた携帯電話を刑事に提出。彼の携帯電話に転送されていた映像を確認した刑事は、ジュレドンで起きたひき逃げ事件の犯人が死亡したソ・ビョンジュ(アン・ネサン)だったことを確認します。2008年、イ・マンホの犯した性犯罪を目撃した少年、、、そのことに気づいたイ・マンホが彼のあとを追い、必死に逃げていた少年が車に跳ねられ死亡。

イ・マンホはひき逃げ事件を犯したのがソ・ビョンジュだと知ると、ひき逃げ事件を沈黙する代わりに、検察がイ・マンホに対して控訴しない、約束を交わしていた。ひき逃げ事件の証拠となる映像をヤン・ジョンフンに転送したのはソ・ビョンジュ。彼が犯人である映像を確認したヤン・ジョンフンは、自首することを勧めます。

ヤン・ジョンフンが準備した試験問題を利用して予定していた通りに、ロースクールに通う学生たちが試験を受けることになります。提出された問題は過去、ソ・ビョンジュが教授になった経緯に関して非難する内容が掲示板にはられていたものと同じ状況、、、それぞれ課題に出された問題の解答を提出し、ヤン・ジョンフンは、その内容を拘置所で確認します。

事件を担当した検事ジン・ヒョンウによって行われた現場検証で、事件のあった日の真相を明かすヤン・ジョンフン、、、ソ・ビョンジュはコカイン中毒だったこと、薬が入ったコーヒーのマグカップにヤン・ジョンフンの指紋があったのは、彼がそのコーヒーを捨てたから。その後、低血糖症状を見せたため、急いで砂糖が入ったコーヒーを彼に飲ませていた。階段でメガネの鼻パットが落ちているのを拾ったヤン・ジョンフン。ヤン・ジョンフンは犯人ではなかった。

ロースクールでは学生達の間でヤン・ジョンフンが真犯人なのか否か、議論が上がり。現場検証中、ヤン・ジョンフンは、「君だったのか、ハン・ジュンフィ・・・」と意味深げな発言をする。

第2話感想

一話に現在の進行状況と過去2010年と2008年の出来事が登場するため、第1話に続き混乱させられました。起きた出来事を年代順に一度整理をしてドラマの視聴を続ける必要があると感じました。

ソ・ビョンジュの殺人事件の犯人として逮捕されたヤン・ジョンフン、、、しかし、今話では彼が検事だった時、未解決として残った唯一の事件の真相が明かされました。児童を相手にした驚愕な事件の犯人イ・マンホが減刑となった理由は、ひき逃げ事件を起こしたソ・ビョンジュが犯人と取り引きをしたからでした。イ・マンホは目撃者が跳ねられ死亡した犯人の運転する車のナンバーを目撃していました。

今話、新たに明らかになったことは死亡したソ・ビョンジュとハン・ジュンフィ(キム・ボム)の関係。ハン・ジュンフィはソ・ビョンジュの伯父でした。幼い頃両親を亡くし、叔父に育てられたハン・ジュンフィ取って、彼は父のような存在だったようです。政治家からワイロを受け取った事件以降は、二人の関係に亀裂が入ることになる。ハン・ジュンフィがロースクールに入ったのは、検事になるため、、、法を悪用した伯父への怒りがあらわれているようです。

今話のエンディングは、ソ・ビョンジュの眼鏡を取り替えたハン・ジュンフィの姿を、階段からソ・ビョンジュを突き落としたように見え、今後殺人事件の容疑者としてハン・ジュンフィが疑われることになるようです。

これまで登場したキャラクターの中に真犯人がいるのでしょうか。ヤン・ジョンフンが容疑者として逮捕される前、カン・ソルBとソ・ジホの行動が怪しかったことから、現時点では全員が容疑者。カン・ソルAとカン・ソルBが登場する理由は、同姓同名の二人が同じクラスに在学しているからと、二人の育った環境が違うことから区分をするために付けられたあだ名のようなものでした。全く違うジャンルのドラマですが、「また?!オ・ヘヨン」を思い出しました。

ロースクール (韓国ドラマ) 3話・4話 あらすじと感想

ロースクール (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【放送情報】



【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP