ロボットじゃない 3話・4話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ロボットじゃない~君に夢中!~ 로봇이 아니야 全16話

 

第3話あらすじ

ミンギュは1カ月間AJI3のディープラーニングを行い、生活スタイルや人間関係の情報をインプットして自分専用のロボットを完成させようと計画する。青年実業家支援の決定権がミンギュにあると知ったジアは、再びロボットのふりをして豪邸での生活を開始。食事もできず、自由にトイレにも行けないジアは苦労するが、ミンギュはジアの前でたびたび笑顔を見せるようになっていく。そんな中、ミンギュの初恋の女性イェ・リエルが帰国して…。

https://knda.tv/kntv/

bluepepperさん

第3話感想

またもや笑いから入ります。人間がいるはずのないトイレから水を流す音がしたとたん、びくっとして、伸縮警棒をシャキーン! 必死に目を見開くユ・スンホの演技に吹き出しちゃいました。

事前に放送されたインタビュー、「大変だったシーンは?」に対してユ・スンホがあげていたのが、バスルームで石鹸を踏んで転ぶシーン。スロー映像を撮影するのに、カメラが動きについてこられるよう、実際にスローモーションで演技したんだそうです。「ワイヤーに吊られた状態で、転ぶシーンをスローで演じるのが、ばかみたいで・・・」とスンホ君が話していたシーンが、この第3話で見られます。

まずトイレに入ったジアが石鹸を落として・・・「あ!もしかするとこの石鹸で転ぶのか?!」と思ってから、なかなか転ばず・・・キム議長(スンホ君)が話しながら何度もその石鹸をまたいで歩くので、ハラハラしてしまいました。石鹸、ドキドキです。

そして今回もまた、食べ物が美味しそうです。巨大ロブスターと、あわび、タコ入りの「王様トッポッキ」はゴージャスそのもの!不味いはずないですよね。「賞味期限前日だから」とキム議長がポイポイ捨てた韓牛をジアと博士チームが拾ってきて、自動回転焼き機(ホイール再利用?!)で焼いていたのも美味しそうでした。よだれが出ます。

アインシュタインやマリリン・モンローの顔がたくさんプリントされたキム議長のパジャマも気になります(あんなのどこに売ってるんでしょうか?買いたいです)

最後はアナフィラキシーショック、呼吸停止寸前のキム議長にジアが注射する直前のシーン。あんなに注射器振りかぶって、いったいどこに刺しちゃうのー?!と息をのむシーンで「次回へ」です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第4話あらすじ

アレルギー症状に苦しむミンギュに薬を注射したジア。ミンギュはAJI3が自分の命を救ってくれたことを知って感激し、ますます心を開くように。人間アレルギーのためリエルとの結婚について悩むミンギュは、AJI3に恋愛相談をするが…。一方、ベッキュンはジアとミンギュの親しげな様子を見てジェラシーを感じる。そんな中、ジンベはユチョルから妹のジアにそっくりなロボットAJI3の映像を見せられて驚き、ベッキュンの研究所を訪れて…。

https://knda.tv/kntv/

bluepepperさん

第4話感想

結局、3本も刺しちゃってましたね、注射器。でも、キム議長が無事で何よりでした。

スビンちゃんがロボット「アジ3」を演じるほとんどのシーンが、ロングストレートヘアのかつらと、コーラルピンクのミニワンピース。かつらの髪は静電気ですぐにふくらむし、撮影は冬だったので、ワンピース1枚では寒すぎて大変だったようです。

スビンちゃんは「10枚も使い捨てカイロを服の下に貼っていた」そうですがワンピース姿はとてもスリムで、どう見ても下にカイロをたくさん貼っているようには見えません。でも、かつらの方は確かに、ところどころでふくらんでいて、苦労がうかがえます。

そしてジアの親友でカフェの店主ソネ役のイ・ミンジさん、どこかで見た顔だけど思い出せない・・・と思っていたら「応答せよ1988」でした。ドクソンの友人、おブスのマギーです。あのドラマではギャグのようなブス顔だったのに、このドラマではファッショナブルで、モードな美人さん。あまりにも違っていて、ほんとに?と何度も見返してしまいました。

今回のグルメは全長5cmぐらいの生きたカニがうじゃうじゃ。動いている大量の小ガニは気持ち悪いですが、揚げたり炒めたりして殻ごとカリカリ食べるのは、これまた美味しそうです。

体を這いまわるカニをくっつけたまま言い争ったり、プールに入るのに、妙にシンクロナイズドスイミングっぽかったり、このドラマ、とにかくクスっと笑えるシーンには事欠きません。でも今回、私がいちばん気に入ったのは傘が透明になるシーン。

その昔、ジア発案の「透明になったり、不透明になったりする傘」を元彼博士(オム・ギジュン)が実際に作った、というシーンなのですが、透明になった時の傘は、どう見てもビニール傘。「ただのビニール傘じゃん!」と突っ込みながら見る、これぞ韓国ドラマのだいご味だと思います。

【豆情報】キム議長の家のテレビに映っていたのは「W-君と僕の世界-」の主人公2人のキスシーンでした。

ロボットじゃない 5話・6話 あらすじと感想

ロボットじゃない~君に夢中!~ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー