レバレッジ:詐欺操作団 1話・2話 あらすじと感想

【PR】
チャンネルがありすぎてどのチャンネルを契約していいか分からないそんな時は是非参考に!
韓ドラ オススメ有料チャンネル ベスト10

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

レバレッジ:詐欺操作団 레버리지:사기조작단  2019年放送 TV朝鮮 全16話

第1話視聴率1.320%

第1話あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさん

第1話感想

イ・ドンゴン主演の最新作は、ケイパードラマ!

エリート保険調査官のイ・テジュン(イ・ドンゴン)が白血病の息子を助けるため、犯罪を犯す??受けられる治療は開発された新薬を使うことのみ、、、しかし、新薬は臨床試験を終えていない。主治医から渡された怪しい一枚の名刺を持って訪れた場所で、探していた新薬を見つけたことで、違法と知りながら、新薬に関する情報を盗むため、製薬会社ミレバイオに侵入する計画を立てることになります。

新薬を開発したと語る謎の男性は、共同研究を提案したミレバイオに薬の権利を奪われたと語り、新薬の情報を取り戻すため、イ・テジュンにデータを要求。データを渡すと息子の治療薬が手に入ることから会社に辞表を提出、天才ハッカーチョン・ウィソン(ヨ・フェヒョン)と身体能力抜群の泥棒コ・ナビョル(キム・セロン)を誘い、ミレバイオから情報を盗み出すためのチームを結成します。

侵入するタイミングは、ミレバイオのセキュリティチーム責任者が不在の短い時間。第1話の後半は、ミレバイオに侵入に成功した二人がデータにアクセスするために移動。計画通りに進んでいたはずが、邪魔が入り、チョン・ウィソンとコ・ナビョルが建物から脱出できない状況に置かれます。脱出するために必要なワイヤが切られ、警察が出動。

ダウンロードしたデータを開発者に転送したイ・テジュン(イ・ドンゴン)は、「送られたファイルにデータはなかった。契約を破った責任はあなたにある。」と語り姿を消します。でも、データを確認した男の表情は満足そうだったので、イ・テジュンが騙されてしまったような雰囲気。。。。

何かがおかしいと気づいたイ・テジュンが、荷物用のエレベーターを移動するよう連絡を取ると、急いでミレバイオに向かいます。一方、セキュリティ担当者のロイ・リュ(キム・グォン)も知らない番号からメッセージを受信すると急いでミレバイオに向かいます。

指定したエレベーターの前まで到着したイ・テジュン。しかし、同時にエレベーターから爆発音が鳴り、、、チョン・ウィソンとコ・ナビョルの身に何が起きたのでしょうか。

このドラマは米国人気ドラマ「Leverage」をリメイクした作品で、悪党からお金を騙し取る詐欺団の話で、スマートなエリート保険調査官が詐欺操作団のリーダーとなり、詐欺を働く内容のケイパー物。ケイパー物として代表的な作品は、ハリウッド映画の「オーシャンズイレブン」があります。

1話はイ・テジュンの保険調査官としての能力を発揮するエピソードと、息子の命を助けるためにデータを盗むエピソードを中心に展開し、第1話からハラハラする内容となりました。

韓国で米国ドラマがリメイクされることも多くなってきましたが、原作並みに面白かった作品もあったので、個人的にはこのドラマも「当たり」のドラマとなることを期待します。

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話視聴率1.594%

第2話あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさん

第2話感想

保険調査官として数々の実績を残していたイ・テジュン(イ・ドンゴン)でも、息子の命がかかわったことになると判断が鈍る。。。新薬を開発、製薬会社に横取りされたと語っていた男の正体は詐欺師。イ・テジュン(イ・ドンゴン)を利用し、新薬の情報を得たことを知ったイ・テジュンは、逆に彼を騙してデータを取り戻す計画。

そのためには女優出身の詐欺師ファン・スギョン(チョン・へビン)の力を借りることになります。彼女もコ・ナビョル(キム・セロン)やチョン・ウィソン(ヨ・フェヒョン)のように、イ・テジュンによって逮捕された過去を持つ人物。危険を事前に察知したコ・ナビョルとチョン・ウィソンは自力で脱出し、4人は新薬のデータを取り戻すための詐欺を計画します。

完璧な計画を設計するのはイ・テジュンで、彼の指示でそれぞれのメンバーが動きます。メンバーたちはそれぞれ違う能力を持ち、個性まで溢れる。もう一人、全く予想外の人物がメンバーとして加わりました。セキュリティ担当者のロイ・リュ(キム・グォン)は、多額の賠償金を要求されたうえ解雇されます。事件が起きた時、送られたメッセージが気になるロイ・リュは、意図的にはめられたことに気づきます。彼の目標は奪われた新薬を探すこと。同じ目標に向かって一緒に動くことになり、レバレッジの5人組が力を合わすことになりました。

2話は5人のメンバーが加わり、初めての詐欺を働くエピソード中心に描かれました。イ・テジュンの息子が打った新薬は、定期的に打ち続けないと病気を悪化させてしまうことから、急いで薬を手に入れたイ・テジュンが病院に向かいましたが、間に合わなかった!イ・テジュンの判断を唯一鈍らせたのは息子のことだったのに、テジュンの息子が死んでしまいました。

イ・テジュンに詐欺を働きかけた人物とは別に、その計画をすべて知っていた謎の組織(カルテル)が存在することが今話で分かりました。検事総長、政治家、イ・テジュンが働いていたサムファ保険会社代表ヤン・チョルスも、新薬を使った詐欺のことを始めから知っていました。もう一人、「所長」と呼ばれるすべてをコントール、計画、監視までする謎の男の存在。大きな力の組織はこの「所長」を中心に動いているようです。

ロイ・リュをキム・グォンが演じています。「サイコメトリーあいつ(原題)」では検事役、このドラマでは軍人出身役なのでとてもいかついイメージに変身。ギャップのありそうで、楽しみのキャラクターになりそうです。

レバレッジ:詐欺操作団 3話・4話 あらすじと感想

 

レバレッジ:詐欺操作団 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー