リンク:ふたりのシンパシー 15話・16話(最終回) あらすじと感想

リンク:ふたりのシンパシー



リンク:ふたりのシンパシー (リンク:食べて愛しなさい、しびれるように)

링크:먹고 사랑하라, 죽이게   Link: Eat, Love, Kill  2022年放送 tvN 月火 全16話

neroさん

第15話視聴率1.610%

第15話あらすじ

ドンナムの妻ドンスクから、もしかすると夫がゲヨンを殺したかもしれないと聞かされたノ・ダヒョン(ムン・ガヨン)。慌ててレストランへ向かうダヒョンでしたが、ウン・ゲフン(ヨ・ジング)の姿はなく。その瞬間、ゲフンの感情がリンクし、胸が締め付けられるダヒョン…。

以前にも同じような感覚を覚えたダヒョンは、ゲフンの身に何かあったのではと心配します。「会いたい」というゲフンの言葉に、思わず走り出すダヒョン。ゲフンからドンナムの話を聞いたダヒョンは、憤りを隠せません。そして、あの時こうしていればと後悔の念に駆られる2人。「結局俺は俺自身を許せない。俺たち、別れよう」ゲフンから別れを切り出されたダヒョンは、そうしようと言ってゲフンにキスをします。

翌朝、連絡もなしに無断欠勤したアン・ジョンホ(キム・チャンヒョン)を心配するソ・ヨンファン(ユ・ソンジュ)。ファン・ミンジョ(イ・ボムソリ)のおかげで辞表を撤回することになったチ・ウォンタク(ソン・ドクホ)は、ミンジョと一緒に改めて真犯人の捜査を行うことに。そんななか、居酒屋の前の通りでジングンと会っていた男を知っていると話すヨンファン。

これまでゲフンがリンクを通して本当に自分の感情を感じ取っていたと知ったダヒョンは、彼が少しでも幸せを感じれるように、精一杯笑って幸せな気持ちになるよう努めます。その後、空っぽになったレストランを見て、寂しい気持ちになるダヒョン。ゲフンが前に言っていたゲームセンターへ行ったり、屋台でうどんを食べてゲフンに想いを馳せるダヒョン。そんなダヒョンの前に、またしてもイ・ヨンフン(ソ・ドンガプ)が現れます。

屋台に魚を届けに来たヨンフンは、配達のついでだと言ってダヒョンに車に乗るよう声をかけます。しかし、大丈夫だとそれを断るダヒョン。実はダヒョンは、ヨンフンが事件の真犯人だと気付いていました。なんとかヨンフンに悟られないよう、路地に逃げ込むダヒョン。母ボクヒに迎えに来て欲しいと頼むダヒョンでしたが、その瞬間、背後に不審な気配を察知。ダヒョンが振り返るとそこには、ヨンフンが立っていました。

同じ頃、ダヒョンの感情を感じ取ったゲフンは、慌てて店を飛び出します。同じく、突然切れてしまった電話を不審に思い、ダヒョンを探して通りに出るボクヒとチュンオク。

商店に逃げ込んだダヒョンは、棚の後ろに身を隠します。すると、緊急事態を察した店の主人が、ダヒョンの代わりに警察に通報しようとしますが、そこへヨンフンが。店主を殴り倒し、店の中を捜索するヨンフン。すぐにダヒョンを見つけると、ヨンフンはニヤリと不気味な笑みを浮かべます。

一方、ゲフンからダヒョンが危ないと聞いたウォンタクは、ミンジョと一緒に出動。正確な位置がわからないまま、ゲフンは地面に落ちたダヒョンの携帯を発見します。その後、店の奥でダヒョンにナイフを振りかざすヨンフンを見つけたゲフン。激しい攻防の末、ゲフンはその場に倒れこみます。ゲフンが動かなくなった隙を狙って、ふたたびダヒョンの方へ歩み寄ったヨンフンは、ダヒョンの脇腹にナイフを突き刺します。しばらくして、到着した警察によって連行されるヨンフン。

薄れゆく意識のなか、ダヒョンはゲヨンが最後に言った言葉を思い出します。もし上手く逃げ切ることができなければ、代わりに兄ゲフンに伝えて欲しいと言っていたゲヨン。「お兄ちゃんのせいじゃない、だから泣かないで」18年越しにゲヨンからの伝言を聞いたゲフンは、溢れ出す涙を止めることができません。

第15話感想

ついに明らかになった、リンクの真相!

ダヒョンとゲフンがリンクするようになった背景には、やはり妹ゲヨンの存在がありました。18年前、地下室に閉じ込められたダヒョンとゲヨン。いなくなった自分を心配して胸を痛めるゲフンの気持ちを感じ取ったゲヨンは、ダヒョンに伝言を頼んでいたのです。

何があってもゲヨンの言葉をゲフンに伝えると約束したダヒョン。これによって、ゲフンとダヒョンがリンクするようになったようです。それにしても、なぜ18年の時を経てリンク現象が始まったのか。。

今話の最後で、ゲヨンの伝言を聞いて涙を流すゲフンがなんとも切なく、胸が締め付けられました。何度も言いますが、本当にヨ・ジングの演技が凄い!そして、最後にヨ・ジングの前に現れたゲヨン役の女の子の演技もよかったです。

次回予告では、やっと再会を果たしたゲフンと家族の姿が登場。恐らくゲフンが再会した家族とは、妹ゲヨンと父親だと思われます。そして2人はどちらも、この世を去ってしまったと予想。次回も涙涙の展開となりそうな予感がします。

中盤に多少の中だるみを感じたものの、後半の盛り上がりが非常に興味深いです。とくに次々と明らかになっていく18年前の真相から、目が離せません。それにしても、ゲフンの置かれた境遇が不憫すぎて…。最後はハッピーエンドで終わって欲しいです。ヨンフンに刺されて病院へ運ばれたダヒョンの容態も気になりますね。

第16話視聴率2.228%

第16話(最終回)あらすじ

駆けつけた警察に連行されるイ・ヨンフン。その後、連絡の取れないジョンホを心配したヨンファンは、ヨンフンの自宅を捜索します。すると倉庫の中で見つかったのは、血だらけで倒れるジョンホの姿。慌てて駆け寄ったヨンファンは、ジョンホが気を失っていただけだと知り、ほっと安堵します。

一方、病院へ運ばれたダヒョンは、幸い命に別状はないといわれます。手術室の前で心配そうに佇むゲフンに近寄り、大丈夫だと声をかけるボクヒ。

しばらくして、ボクヒとチュンオクに囲まれるなか、そっと目を開けるダヒョン。しかし、その隣にゲフンの姿はなく…。ダヒョンがゲフンに妹ゲヨンの伝言を伝えて以降、2人の間のリンク現象はすっかり途絶えてしまいました。母親のもとへ向かったゲフンは、ゲヨンと父チョルホがすでに死亡している可能性が高いと伝えます。そして、チファ洞で見つかった父の財布を手渡すゲフン。

ダヒョンが退院してもなお、ゲフンからの連絡はないまま。空っぽになったレストランへ行き、ゲフンと過ごした日々を振り返るダヒョン。そんななか、突然降り出した雨を見てダヒョンが雨宿りをしていると、そこへ傘を差したゲフンが現れます。「久しぶりだな」と言ってダヒョンに傘を差し出すゲフン。そんなゲフンを見て、「本物のウン・ゲフンなの?」とダヒョン。1か月もの間なんの連絡もなかったゲフンに戸惑うダヒョンでしたが、ゲフンはやっと決心がついたと言い、ダヒョンに告白します。

改めて交際をスタートさせた2人。これまでリンク現象によってダヒョンの感情をいち早く察知したゲフンでしたが、実際の恋愛はそう簡単ではなく。鈍感なゲフンに思わずため息をつくダヒョン。チファ洞に戻ったゲフンは、ふたたびレストランの開業に向けて準備を開始。

刑務所に収容されたヨンフンでしたが、最後まで18年前の事件に関しては否認をつづけます。そんなヨンフンのもとへ行き、ゲヨンとチョルホの遺体がどこにあるのかと尋ねるジョンホ。自分を殺すこともできたのに生かしたことに最後の望みをかけるジョンホでしたが、ヨンフンは答えようとしません。何度目かの面会で、ついに口を開いたヨンフン。「…俺たちが昔一緒に遊んだ場所を覚えているか?」

すぐにそれが2人の遺体を埋めた場所だと察するジョンホ。自分の故郷に埋めたようだとゲフンに伝えると、なんとしても自分が2人を見つけてみせるとジョンホは言います。そんなジョンホと一緒に山へ向かうヨンファン。実はヨンファンは、今回の事件の後すぐに辞表を提出していました。

ゲヨンの捜索活動を行いながら、無事にレストランのオープン日を迎えたゲフン。ゲフンの心配をよそに、店は初日から大盛況となります。そんななか、ゲフンのもとへ1本の連絡が。

ゲヨンとチョルホと思われる白骨遺体が見つかったと聞き、慌てて現場へ向かうゲフン。ついに家族との再会を果たしたゲフンは、「ごめん、遅くなって」と大粒の涙を流します。納骨堂を出て車に乗り込んだ母ミスクは、娘が失踪してからというもの、平常心でいられなかった自らの心情を語ります。そして、ゲフンに向かって「ごめんね、お母さんが悪かった」とミスク。

日常を取り戻したチファ洞。初めてボクヒがチファ洞へ来た時から想いを寄せていたジョンホは、結局想いを伝えることのないまま、18年前の犯行を自首。一連の事件を通して、伝えたい言葉をすぐその場で伝える必要性を学んだゲフンとダヒョンは、お互いへの愛を告白し合います。

第16話(最終回)感想

最後は文句なしのハッピーエンド!!

前回、ヨンフンによって腹部を刺されてしまったダヒョンでしたが、幸い命に別状はなく、すぐに回復しました。一方、同じくヨンフンの犠牲になってしまったかと思われたジョンホも生きており、一安心。

事件の後、何度もダヒョンとの関係について考えたというゲフン。そんなゲフンが行きついた答えとは、「ダヒョンなしでは生きられない」というものでした。ゲフンのストレートな告白が素敵。リンク現象から始まった2人の恋、、こうして無事に結ばれることとなって、本当によかったです。

そんななか、相変わらずゲヨンの失踪に関して口を閉ざすイ・ヨンフン。これにはちょっとガッカリしました。あれほどまでの罪を犯しておいて、容疑を否認だなんて。。まったく反省の色が見られませんね。結局、ジョンホの想いが通じたのか、最後に遺体を埋めた場所のヒントを口にしたヨンフン。そこには、ゲヨンと父チョルホの遺体が埋められていました。

正直、ゲヨンの死はわかりますが、チョルホがなぜ殺されたのかは納得できません。恐らくヨンフンが犯人だと気付いたか何かだと思いますが、その辺りのエピソードも欲しかったかなと言うのが本音。。

それでも結果的にはゲフンも長年探し続けた家族と再会し、運命の相手と結ばれることになったので、この結末には満足です。なんと言っても主演のヨ・ジングの感情演技が光った本作。サスペンス要素も満載で、面白かったです。




【放送情報】



【善徳女王】

●BS松竹東急 全62話(2022/11/28から)月~金曜日12時から 字幕

善徳女王 視聴率 感想  キャスト・相関図 あらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP