ラブリー・ホラーブリー 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想 イ・ギグァン ソンジュン役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ラブリー・ホラーブリー  러블리 호러블리 全32回(全16話)

第9回視聴率5.4% 第10回視聴率6.2% (第5話)

quetalsurinoさんより

第9回第10回 あらすじ

シン・ユナが結婚発表をした後、フィリップ(パク・シフ)が銃を持った男に殺害される映像を見たウルスン(ソン・ジヒョ)は、とっさにフィリップとの結婚を発表し、フィリップを狙っていた男は、そのまま立ち去ります。

ウルスンは話題の人物となり、ウルソンから説明を聞いたフィリップはその理由が納得いかず、フィリップとの電撃結婚発表を狙っていたシン・ユナはチャンスを逃したことを悔しがります。ウルスンの身元調査を依頼していた探偵からの報告を受けたユナ、8年前のウルスンの居住地がコリーナレジデンスだと知ります。ユナからかかってきた電話で、8年前の火災事件があった日、隣の部屋に住んでいた女性がウルスンだと知ったフィリップ。戸惑いを隠せず、ウルスンはフィリップが落とした桃の木のブレスレットを落とし、そのブレスレットをウルスンが拾います。

ウルスンを訪ねたイ・ソンジュン(イ・ギグァン)は、彼女の自宅に潜む何かに気づき。ウルスンは第4話のエンディング「戻ってきた人気作家」を読み返していた時、何かに気づきます。フィリップが襲われたキョングァンホテル。。。

フィリップはキョングァンホテルの監視カメラの映像が復元されたとの連絡をもらいホテルに向かいます。フィリップの命を狙う謎の男の存在が気になり始め、映像を確認します。その時、同じく監視カメラの映像が気になり現れたウルスン。二人は映像を確認し始め、映像に映る白い女性の姿に驚きます。ウルスンはファッションショーがあった日、ホテルでキ・ウニョンを目撃したのかを質問し、度々登場するウルスンと絡むことになる状況への説明を求め、8年前コリーナレジデンスにウルスンが住んでいたことを隠した理由の説明を求めます。しかし、過去の話をすることを拒否するウルスン。

ウルスンは撮影が始まったドラマ「幽霊の恋(帰、シンの恋)」の第5話を書き進めます。どこからか聞こえてくる音楽に身を任せていたウルスンは、夢中になって台本を書き始めます。友達・・・友達・・・と声が聞こえ、書き終えた第5話の台本をプロデューサーのイ・ソンジュン(イ・ギグァン)に送ります。

ウルスン(ソン・ジヒョ)と別れて戻ったフィリップは、ホテルの監視カメラに映った映像が操作されたものか否かの確認をイ・ソンジュン(イ・ギグァン)にお願いするため、放送局を訪れます。そこで、第5話の台本を確認したフィリップ。第5話は、シンを殺害しようとする黒いマスクの謎の男性が、幼馴染のゴンだと書かれ。。。

台本を読んだフィリップはウルスンを訪ね、徹夜で台本を書き上げたウルスンは眠りに陥ってしまい、フィリップの命が再び危険にさらされる夢を見ます。フィリップに気を付けるよう忠告するウルスンは、キ作家の失踪事件の参考人として警察署に向かうことになります。

誰もいないウルスンの家に姿を現したイ・ソンジョンは、家に潜みウルスンに台本を書かせている幽霊の存在に気づきます。

姿を現した幽霊は・・・!

第9回第10回 感想

幽霊が見えるイ・ソンジュンが、気になっていた幽霊の存在を明かしました。「サークル~つながる二つの世界」と同じく真面目なキャラクターイ・ソンジュンを演じるイ・ギガン。初恋の相手ウルスンを守るたくましい守護神役を果たすか、楽しみです。

ドラマの最後に登場した幽霊はフィリップの初恋のキム・ラヨンではなく、母のキム・ヨンオクでした!驚きましたが、それほど怖くはなかったです。これまで登場していたピンクの光がフィリップの母の霊でした。だとすると、白いワンピースを着た女性は誰で、フィリップの命を狙う男性は誰なのか、ますます気になります。

キ・ウニョンが失踪した夜、近くのコンビニで目的された手に傷を負った女性は、ウルスン。しかし、その傷はアシスタント作家を男性から助けようとした時の傷。一緒に居たのはフィリップですが、身元がばれないよう黒いビニール袋で顔を隠していたため、ウルスンがキ・ウニョンの失踪事件と無関係であることを証明する方法はなく、このままウルスンが事件の犯人として逮捕されてしまうことになるのでしょうか。

ウルスンが語ることを拒否した8年前の事件との関連や、フィリップの命を助けるために台本を書き直してまで、彼を助けようとするウルスン。台本と同じことが起きることを説明できないウルスンですが、フィリップは彼女から告げられた忠告をどのように受け取るか、今後のドラマの展開の流れが変わりそうで、興味深くなってきました。

テンポもよく、何が起きるのかハラハラさせながらも、笑えるシーンも多くバランスの取れた展開が続きます。イライラしたり、恐怖に震えたり、時にはカッコよくない姿を見せる時もあるフィリップでしたが、時々見せるパク・シフにドキドキ!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第11回視聴率4.0% 第12回視聴率4.4% (第6話)

quetalsurinoさんより

第11回第12回 あらすじ

キ・ウニョン作家が失踪した事件の犯人と疑われたウルスン(ソン・ジヒョ)。ウルスンが気になったフィリップ(パク・シフ)は、警察署を訪れ事件当夜のウルスンのアリバイを証明します。その後、フィリップを狙う友人として、元アイドルグループのメンバーJJとミンジュンをウルスンに紹介します。しかし、フィリップを殺害するほどの憎しみを持つメンバーはいないことが分かります。

桃の木で作られたネックレス(ブレスレットからネックレスに)はフィリップに渡り、以降再び幸運が続きます。しかし、ウルスンから「家に帰らないで!」と言われて以来、その言葉が気になるフィリップは自宅に戻ることができず、友人宅で泊まることに。

ウルスンがフィリップの命を何度も助けたことを知ったイ・ソンジュン(イ・ギグァン)は、フィリップとウルスンの関係に不愉快な気持ちを隠せず。ウルスンを心配したイ・ソンジュンは、彼女をドラマ「幽霊の恋(帰、シンの恋)」からおろします。そのことを知りガッカリしたウルスンが撮影現場を去ろうとした時、上から降ってきた赤いペンキを全身に浴びます。

ウルスンが心配になったフィリップは、彼女の自宅を訪れウルスンのために浴槽にお湯を張り、桃の木のネックレスを渡します。その後、突然頭に浮かぶフィリップに関する映像。リビングの時計が12時を指した時、女性の悲鳴が聞こえ、銃を持った男がフィリップの前に現れる映像のことをフィリップに伝えます。撮影が続き、自宅に戻ることのない状況からフィリップの不安は消えますが、気が付くとウルスンに教えられたように、時計は12時で女性の悲鳴が聞こえ、演じるドラマのシンのリビングに一人残されたフィリップ。そして、銃を向ける男性サ・ドンチョル(チ・スンヒョン)に気づきます。

フィリップが銃に撃たれ病院に運ばれたことを知ったウルスンは、彼女の台本(頭に浮かんだ映像)通りに、事件が起きたことに気づきます。再び台本を書くことになったウルスン。

血を流すキ・ウニョンが発見され。。。

第11回第12回 感想

フィリップの命を狙っていた謎の男性の正体が明らかになりました。フィリップがメンバーとして活動していたアイドルグループ、ジャンプファイブの元メンバーのサ・ドンチョル。ゴンと呼ばれていたサ・ドンドンチョル。しかし、彼がフィリップの命を狙う理由はいまだ明らかにならず、シン・ユナ(ハム・ウンジョン)との関係も謎のまま終わりました。

銃に撃たれ病院に運ばれたフィリップに何が起きたのかも分からず、失踪中だったキ・ウニョンも発見され、新たな展開が始まることが予想されます。

しかし、これまでの展開と今後の展開へのストーリーへの関連性が、いまいちキャッチできないのが少し残念でした。桃の木で作られたネックレスがフィリップとウルスンのどちらに渡るかによって、変わる二人の運命。ネックレスをウルスンに渡してから、命を狙われたフィリップ。彼とは違い、ウルスンの悪運は終わり、幸運が続きそう。

フィリップの母、キム・オキ(チャン・オクナム)の悲しむ声と共に、彼が育てていたリンゴの木から血が流れだしました。不吉なことがフィリップに起きそうで心配になります。

手術を受けたフィリップの元気になった姿を、次の話でみられるのでしょうか。

 

イ・ギグァン 이기광 ソンジュン役
出典:http://program.kbs.co.kr/
生年月日1990年3月30日 歌手、俳優。身長170cm、体重58kg、血液型A型。HIGHLIGHTのメンバー。リードボーカル、メインダンサー
主な出演作品
「明日に向かってハイキック」(2009年 – 2010年)
「マイ・プリンセス」(2011年)
「私も花!」(2011年)
「私の友人はまだ生きている」(2013年)
「二十歳」(2014年)
「ミセス・コップ」(2015年)

 

ラブリー・ホラーブリー 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想 ハム・ウンジョン シン・ユナ役

 

ラブリー・ホラーブリー 視聴率 あらすじ キャスト 感想

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー