ラブリー・ホラーブリー 29話・30話と31話・32話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ラブリー・ホラーブリー  러블리 호러블리 全32回(全16話)

第29回視聴率2.7% 第30回視聴率2.8% (第15話)

quetalsurinoさんより

第29回第30回 あらすじ

車を移動させていたイ・ソンジョン(イ・ギグァン)は、黒い影(霊)に包まれたトラックが坂道を勢いよく下ってくるのを目撃します。フィリップ(パク・シフ)はトラックに向かって走りますが、ウルスン(ソン・ジヒョ)が乗ったトラックと衝突してとめたのは 、イ・ソンジョン。フィリップはウルスンを、ドラマのスタッフはイ・ソンジュンをそれぞれ病院に運びます。軽傷の二人。。。

ウルスンかフィリップか生き残る運命は一つと信じている二人に、ソンジュンは黒い影の存在を話します。キ・ウニョン作家のマンション、撮影現場、ホテル、トラックでも黒い影を目撃したことと、その影がなくなったキム・ラヨンの霊だと伝えます。

マネージャーのヨンマンが、ユナが燃やした台本を持ち去ったことを電話で伝えていると、後ろからそっと現れたユナによって気絶させられ、8年前、マネージメントの社長がフィリップとラヨンを別れさせるため、ユナを利用したことを知り、急いでユナに連絡を取るフィリップ。しかし、ユナはウルスンの命を狙うため彼女の自宅に向かいます。

自宅に戻ったウルスンは、ライターを手にしたユナと争うことに。ユナに押され気絶してしまいます。ウルスンの体を借りてユナの前に姿を現したのは、亡くなったラヨン。その時、フィリップが現れます。ラヨンの霊はフィリップを見ると、怒りに彼の命を奪おうとします。しかし、キム・オキ(チャン・オクナム)の霊になぐさめられ。。。

ドラマ「帰、シンの恋」の打ち上げバーディーで、突然倒れたソンジュン。病院に運ばれてソンジュンが、交通事故の後遺症で苦しんでいながらも、ドラマの撮影を終えるまで秘密にしていたことを、ウルスンは知ります。ウルスンは周りの人を巻き込んでまでもフィリップと一緒にいることを諦め、フィリップに別れを告げます。

一か月後、ウルスンとの別れを克服できないフィリップは、何もできないほど無気力な時間を過ごします。ヨンマンに頼まれ、コヒーを買いに向かう途中、足を滑らせて転んでしまったフィリップの前に、赤い靴を履いた女性が現れ。。。

第29回第30回 感想

前話ではフィリップが怪我をするイメージが描かれましたが、実際にトラックをとめたのはイ・ソンジュンでした。怪我をしたのもフィリップではなく、ウルスンとソンジュン。その後、夢でキム・オキの言葉を聞いたウルスンは、8年前、ウルスンとフィリップの両方を助けるため犠牲になったのが母、オキだったことに気づきました。

二人が共存するためには、誰の犠牲が必要だと気づいたウルスン。そして、今度の8年目はソンジュンが犠牲になることに気づき、フィリップとの別れを告げることに。状況からウルスンを引きとめることができないフィリップの姿がかわいそうでした。

ソンジュンの気持ちを受け入れたように見えたウルスンは、再びソンジュンと新しい作品を準備するようになるみたいです。フィリップの方は怪我でドラマを降板することになり、今後二人に何が起きるのか心配になっていた時、再会したウルスンとフィリップ。最後のシーンで赤い靴を履いた女性はウルスンでした!ウルスンが綺麗になって登場です。

8年前の火災事件を起こしたユナは、ウルスンの命を狙いますが失敗に終わり、警察に逮捕されました。そして、犠牲になったラヨンの魂をなだめたのは母、キム・オキでした。巫女のオキにはウルスンとフィリップの未来がどのように見えていたんでしょうね。

再会したウルスンとフィリップはどのようなエンディングを迎えることになるのでしょう。運命共同体として二人の恋はハッピーエンドを迎えるのか、それぞれの人生を生きていくことになるのか、残すところ最終話のみ。楽しみです。

【豆知識】挿入歌、OST Part5.はLee Changsub(BtoB)が歌う「In your light」

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第31回視聴率2.9% 第32回視聴率3.3% (第16話)

quetalsurinoさんより

第31回第32回(最終回 ) あらすじ

イ・ソンジョン(イ・ギグァン)と一緒にいたウルスン(ソン・ジヒョ)は少しの間一人で公園を散歩。滑って転んだフィリップ(パク・シフ)の前に現れた赤いハイヒールのウルスンは、落としたサングラス―を拾ってフィリップに声をかけます。元気なのか問うウルスンに、ヒステリックにウルスンと別れた後、すべてを失ったと語ります。戻ってきたソンジョンを気遣うウルスンの態度にイライラするフィリップ。

亡くなったアシスタントのイ・スジョンの死を弔う薦度際の招待状と共に送られてきたドンチョルの手紙。約束した取り分を支払うよう要求する手紙を読んだ作家のキ・ウニョンは銀行に向かい。。。ドンチョルはウニョンの電話を盗聴します。

薦度際に出席したフィリップとウルスンは、ドンチョルを目撃して彼の後を追います。ドンチョルからのメールを受け取ったフィリップとウルスンは、指定する銀行に向かいます。銀行から出てきたキ・ウニョンを待っていたのは事件を捜査していた刑事たち。刑事と共に姿を現したドンチョルを目撃したキ作家は動揺を隠せず、警察に逮捕されます。キ作家が逮捕されるところを確認したフィリップとウルスンは帰り道、車が突然止まり。。。真逆の運命の二人が一緒にいることで悪いことが起きるようだと話す二人。

ソンジョンと共に新しどらマ制作に取り掛かる予定のウルスン。エレベーターに乗ったソンジョンとウルスンを見たフィリップは、自転車を飛ばしてウルスンの家の前に向かいます。ソンジョンの車を見たフィリップは、ガッカリする気持ちを隠せず。ウルスンが玄関を開けて出て来ることを願い朝まで待ち続けます。しかし、ドアが開くことはなく諦めてウルスンの家を後にします。

一歩、ウルスンは枯れたリンゴの木が気になり、助けようと一生懸命。24年前、リンゴの木を燃やすよう助言した占い師の存在が気になるウルスンは、ウィアンの占い師(キム・ウンス)の家を訪ねます。その頃、母の墓参りにきた帰りのフィリップもウィアンの占い師(キム・ウンス)の家を訪れ、ウルスンと再会します。

キム・オキ(チャン・オクナム)が24年前、クッ(巫女のムダンが行う祭祀・儀礼)を行うことを拒否したことを知ります。すべては運命だと感じるウルスンを説得することなく、二人の愛を諦めるフィリップ。ウルスンは離れ離れになっているリンゴの木の二つを同じ場所に植え替えることを決めます。

元気のないウルスンが気になるソンジョンは、二つのリンゴの木が移されたことをフィリップに知らせます。訪れたフィリップの目に留まったのは、立て札。「始まりは最悪だったけど、やり直すことはできる?」と書かれた立て札のメッセージに、ウルスンに電話をするフィリップ。

電話に出たウルスンはフィリップのすぐ後ろに。何があっても一緒にいることを覚悟した二人は、笑顔でお互いを見つめ、キスします。

第31回第32回(最終回) 感想

運命共同体で、真逆の運命を生きるはずのウルスンとフィリップは、すべてを乗り越え一緒になることを決意。ハッピーエンドを迎えました。でも、二人のキスの後、雷が鳴って雨が降り出した時には思わず笑いが!

母キム・オキが見た二人の未来は、幸せなフィリップと不幸の連続のウルスンの姿だったんですね。これまで24年前の夜、キム・オキがどんな選択をしたか明らかではありませんでしたが、息子の幸せを諦めウルスンの幸せを願う祭祀を途中諦めていました。不幸になるウルスンの未来を見たオキは、彼女を可哀そうに思い側に残り、成人するまで一緒にいた。

キ・ウニョンの計画がすべて明らかになり、ドンチョルと共に逮捕されることになりました。亡くなったイ・スジョンの優しい笑顔を思い出したドンチョルが、すべてを自供することを決心し、ウニョンまで罪を償うことになりました。当たり前のことですが、悪事を働いたものが罰されるべきですね。

ちょっとドキッとする怖いドラマを期待していたので、ホラードラマではなかったのがちょっと残念でした。運命に逆らうことなく受け入れようとしたウルスンでしたら、フィリップが気になる様子は最終話で、何度も登場し、このまま別れてしまう結末になるのかと、ガッカリしかけました。二人が一緒にいることで幸せなれる運命共同体って、素敵。2カ月以上も応援してきた二人の恋だけに、幸せな気分になりました。

 

ラブリー・ホラーブリー 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー