ラブリー・ホラーブリー 25話・26話と27話・28話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ラブリー・ホラーブリー  러블리 호러블리 全32回(全16話)

第25回視聴率1.0% 第26回視聴率2.2% (第13話)

quetalsurinoさんより

第25回第26回 あらすじ

酔ったキ・ウニョン作家の連絡を受けたイ・ソンジュン(イ・ギグァン)プロデューサーは、彼女の作業部屋に急いで向かいます。その頃、フィリップ(パク・シフ)のマネージャーヨンマンは、マンソンから出てくるユナを目撃し、マンションに到着したイ・ソンジュン。。。彼の目にラヨンの幽霊が見え。

キ・ウニョンの様子がおかしいことに気づいたソンジュンの連絡で、慌ててウニョンの部屋に向かったウルスン(ソン・ジヒョ)達に発見されてウニョンは一命を取り止めます。急性アルコール中毒で自殺を図った可能性があると聞かされたソンジュンは、疑問を抱きます。 

14話の台本を持ち去ったユナは、その内容が8年前の事件を描いたことを確認し、台本を燃やします。しかし、炎の中からラヨンの姿を見たユナは驚き、怯えます。ユナの後ろにはラヨンの姿が。。。

亡くなったラヨンが伝えようとするメッセージが気になるフィリップは、ラヨンの納骨堂を訪れ、偶然ユナと再会します。フィリップからウルスンへの気持ちを聞いたユナは嫉妬に微妙な表情を見せます。 

34歳に何が起きるのか、ウルスンはフィリップとその真実を探り始めます。

ウルスンかフィリップか、どちらかした生き残ることができないのなら、ウルスンを守ろうとするフィリップ。24年前巫女だった母に捨てられて以来、母を憎んできたことをウルスンに正直に話します。

8年前の火災事件を思い出すウルスンとフィリップ。誰かに助けられたことを記憶するフィリップの話に、ウルスンは自分がフィリップを助けたことや残された母キム・オキ(チャン・オクナム)を助けるため、再び建物に入ったことを思い浮かべます。母オキを死なせたことの罪悪感に再び苦しむウルスン。ウルスンが母を助け出すため、建物に戻ったことを知ったキ・ウニョン。

しかし、ウルスンの台本が欲しかったウニョンは、ウルスンが建物の中にいることを秘密にし、ウルスンが死ぬのを願います。ウルスンを憎んだキ・ウニョンによって、母、キム・オキまで命を落としてしまったことを知って苦しむウルスン。

ウルスンの耳に再び歌が聞こえ始めると、フィリップはウルスンが住んでいた建物を取り壊すことで、彼女を守ろうとします。 

第25回第26回 感想

最後に予想外の逆転がありました。

亡くなったラヨンに妹がいた事が明らかになりました。しかし、妹ではなく、弟でした!その弟は意外にも、フィリップのマネージャーのヨンマンでした。ずっとフィリップの側にいて、第1話から登場していたマネージャーが、まさかのラヨンの弟だったとは、驚きです。彼がキ・ウニョンの部屋から出てくるユナを目撃した理由は、ユナを尾行し、8年前の真実を明かそうとしたからなのでしょうか。

8年前の真相が明らかになる中、キ・ウニョンがウルスンの死を願って彼女が火災現場に取り残されていることを沈黙したこと、ユナが目撃していました。キ・ウニョンが描いた第14話の台本は、ラヨンの魂が書かせた物だったようです。これで何とか、8年前の事件と登場する人物の関連がつながりました。

いつもウルスンに優しかったイ・ソンジュンですが、今話ではイ・ギグァンが演じる年下の男子のキュートな姿にドキドキさせられます。かなり前に出演した「マイ・プリンス」の時に持っていたウイウリしいイメージが再びよみがえったようで、ウルスンを守るために母が住んでいた古い建物まで取り壊すことにしたフィリップもカッコよくて、迷っちゃいます。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第27回視聴率2.0% 第28回視聴率3.2% (第14話)

quetalsurinoさんより

第27回第28回 あらすじ

建物を取り壊すことを知ったウルスン(ソン・ジヒョ)は、慌てて作業を中止させます。34歳に、どちらかが死ぬ運命であれば、ウルスンを守りたいと思うフィリップ(パク・シフ)。亡くなった母とウルスンのつながりをきろうとするフィリップに、優しかった母、キム・オキ(チャン・オクナム)のメッセージを聞きたいと伝えます。隠されていた8年前の火災事件の真実をフィリップに語るウルスン。8年前、ウルスンの住むレジデンスを訪ねたオキは、隣の部屋に入るフィリップを目撃していました。火災が起きた時、フィリップを助けたのは母オキ。残されたラヨンを助けるために建物に残ったオキが亡くなったと、別れていた長い時間の間フィリプを心配していた母オキの気持ちを伝えます。

しかし、ウルスンなのか、フィリップなのか、生き残るのが誰なのかは分からずのまま。。。

キ・ウニョンから奪った「帰、シンの恋(キ、シンの恋)」の台本、第14話の内容を確認し、燃やしたユナ。ユナを尾行していたマネージャーのヨンマンは、台本の一部を手に入れ、8年前の火災事件の真相をキ・ウニョンが知っていたことに気づきます。

一方、フィリップがドラマへの出演を決め契約する前、キ・ウニョンが既に多額の投資を受けていたことを知ります。キ・ウニョンが海外旅行を契約していたことから、ドラマ「帰、シンの恋(キ、シンの恋)」を最初から制作する意思がなかったことに気づきます。

5カ月前、

ウルスンが書いた台本を確認したキ・ウニョンは、第1話で主人公のシンが死ぬ設定になっていることを知ります。その後、サ・ドンチョルを利用してフィリップを殺害する計画だったキ・ウニョン。アシスタントのイ・スジョンがそのことに気づき、フィリプに知らせようとしたところ、殺害されてしまった。。。

ウルスンと一緒にいたイ・ソンジョン(イ・ギグァン)は、ウルスンの側にある怪しい影を発見。これからは恐れることなく、彼女に語り掛ける存在に耳を向けると伝え。ソンジョンはウルスンへの気持ちを伝えます。一方、マネージャーを辞めることを告げたヨンマンは、フィリプにラヨンの弟であることを伝え、再び歌が聞こえてきたウルスンは、苦しみます。

8年前、フィリップを助けたのがユナじゃないことを話すフィリップに、ユナは本当の事は話せず。その時、坂の上にとめてあったウルスンのトラックが動きだします。ウルスンが何とかトラックをとめようとしますが、ブレーキはきかず、どちらか一人の命だけが助かるのであればと、トラックをとめるため飛び込んだのはフィリップでした。

第27回第28回 感想

本当にウルスンか、フィリップのどちらかした生き延びることができないでしょうか!!ウルスンが歌と共に見たイメージの通り、フィリップが死んでしまうのか、それとも二人で幸せなハッピーエンドを迎えるのか、予想が難しくなりました。

キ・ウニョンがフィリップの殺害を計画していたとは、驚きの展開でした。ウルスンの書いた台本では第1話で主人公が既に死ぬ設定で、5ヶ月前は主演がフィリップと決まっていたわけではないので、フィリップとウルスンの出会いは偶然だったのか、本当に8年ごとに訪れる運命的な二人だったのか、逆転が待っていることを期待します。途中から、明確じゃなくなったラヨンのメッセージや、母、キム・オキが何を伝えようとしたのか、ちょっと分からなくなりました。フィリップとユナが8年前のことで話し合っている近くに、ウルスンのトラックが突っ込んでくる設定が雑過ぎると感じてしまったのも残念でした。

ラヨンが復讐のために現れたのだとすれば?まだその復讐が終わっていないとすればと思うと、ゾッとさせられる展開が残っていそうで、最終話を迎えるまで気を抜けない状況が続きます。

【豆知識】挿入歌、OST Part4.はEUNHAが歌う「So in Love」

 

ラブリー・ホラーブリー 29話・30話と31話・32話 あらすじと感想

 

ラブリー・ホラーブリー 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿