ラブリー・ホラーブリー 1話・2話と3話・4話 あらすじと感想 パク・シフ フィリップ役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ラブリー・ホラーブリー  러블리 호러블리 全32回(全16話)

第1回視聴率4.8% 第2回視聴率5.0% (第1話)

quetalsurinoさんより

第1回第2回 あらすじ

巫女のキム・オキ(チャン・オクナム)は、目の前にいるオ・ウルスンの四柱(生まれた年、月、日、時間などをもとに運命を推察する)を確認すると驚きを隠せません。病弱で悪運が続く不完全な運命を持って生まれた息子と全く同じ四柱を持つ1985年8月8日生まれのオ・ウルスン。

光と影のように一つの運命を共有する息子と目の前にいる少女が持つ生命力(運命)を盗まない限り、幼い息子はいずれ死を迎えることを知った母キム・オキは、息子の運命を変えるため、神に祈りを捧げます。

運命のことなど知らない幼いキム・オキの息子と幼いオ・ウルスンは、偶然一緒にいた事から仲良くなります。病弱だったウルスンのために父が贈ったリンゴの木でつくられたネックレスを付けて以来元気になったウルスン。何があっても外さないよう言われたにも拘わらず、ネックレスは何故かキム・オキの息子の手に渡ります。

リンゴの木のネックレスを手にして以来、少年とウルスンの運命は入れ替わり、強運を手に入れた少年は、トップスターのユ・フィリップ(ユン・シフ)に成長し、ネックレスを手放してからのオ・ウルスン(ソン・ジヒョ)の人生はどん底に。

数十年が過ぎ、二人の誕生日前日の2018年8月7日。。。

8年間ドラマ作家として頑張ってきたオ・ウルスン(ソン・ジヒョ)は、落選続き、付き合っていた彼から、不幸が続くのはウルスンと付き合っているからだと、別れを告げられます。一方、最優秀賞男優賞まで手に入れトップ俳優まで上り詰めたユ・フィリップ(ユン・シフ)が海外から帰国。彼の後ろ姿を不思議そうに見る一人の男性は、将来が有望な新人のドラマプロデューサーのイ・ソンジュン(イ・ギグァン)。

人気脚本家キ・ウニョン(チェ・ヨジン)の新作ドラマの主人公に抜擢されたフィリップ。台本を確認することなく、折りのあわないキ・ウニョンの作品に出演することを拒否します。打ち合わせの場所から一人飛び出したフィリップは、駐車場で後を追う靴音に気づき、一人で車を運転してその場を出た後、道に迷います。車を止めてマネージャーを待っていると、車の外に男女が現れ、男性がナイフで女性を脅していることに気づいたフィリップ。外に出るか否かを迷っていると、二人の様子がおかしいと気づいたオ・ウルスン(ソン・ジヒョ)が現れます。脅されていた女性を助けたものの、犯人と一人残されたウルスンは止めてあったフィリップの車のドアを偶然開け、中にいたフィリップのまで巻き込むことになります。結局、犯人の持っていたナイフに刺され、血を見たフィリップは気絶してしまいます。

襲われていた女性はキ・ウニョン作家のアシスタントのイ・スジョン。作業室に着いたスジョンは新しいドラマ「幽霊の恋」の脚本に関してメッセージを送った直後、彼女の後を追って現れた男に捕まってしまいます。何も知らないキ・ウニョンは作業室に戻り、訪れた白い帽子の女性を迎え入れます。

気絶したフィリップは無傷、後ろにいたウルスンがナイフを手で受け止めたことで、傷ついたのはウルスンでした。その際、フィリップの手首からリンゴの木でつくられたネックレスが落ち、ウルスンが発見することになります。

イ・ソンジュン(イ・ギグァン)から「幽霊の恋」を担当することになったと知らされたウルスンは、キ・ウニョンに騙されたことに気づきます。共同作家としてデビューを約束したため、台本を渡したウルスン。騙されたことを知ったウルスンは、絶望的になり作家を辞める決意をします。

その頃、出演する番組のロケ地に向かっていたフィリップとマネージャー。途中、道に迷ってしまったフィリップは一人の占い師と出会い、誕生日の8月8日に死ぬ運命だと教えますが、信じる様子のないフィリップ。激しく降り出した雨で、山崩れが起きてロケ地に向かっていたフィリップの車が巻き込まれます。

占い師の予言通りの状況に置かれたフィリップ。作家になることを諦めていたウルスンは、書けずにいたドラマ「幽霊の恋」の第2話のエンディングのイメージが浮かび上がり、突如未完成だった脚本を書き始めます。

ウルスンの台本には山崩れの描写と共に、フィリップが置かれた状況と全く同じ内容が・・・!

第1回第2回 感想

ホラードラマのようで、コミカルな展開が面白い!二人合わせて一人の運命で、果たして今後共存することができるのか、興味津々です。主人公を演じるのはパク・シフとソン・ジヒョで、不幸に不幸が続く不気味な作家役のソン・ジヒョには予想以上にひきつけられました。大ヒットした前作「黄金色の私の人生」で見せたパク・シフとは全く違い、新たなパク・シフの姿に驚きます。

恋が始まる時と、恐怖を感じる時の感情には共通するのもがある、ドキドキ感!そのドキドキ感がベースにいて、ロマンス+ホラーを意味するタイトルから分かる通り、夏にピッタリなドラマが始まりました。ラブリー(Lovely)ホラーブリー(Horribly)のタイトルから予想するに、ホラーな始まりだけど、ラブリーなロマンスで終わる?怖そうだけど愉快なテンポでミステリアスな展開になりそうだけど、恐怖感ばかりのホラードラマではなさそうです。

運命が変わった二人と、何度も登場する8年前の事件が、どのようにかかわってくるのか気になります。オ・ウンソルの描く作品の主人公になってしまったユ・フィリップですが、問題は作家がどのように描くかによって、フィリップの人生や運命が変わってしまう大ピンチを迎えたこと。果たしてどちらか一人しか生き残れない運命の二人。

フィリップの彼女のシン・ユナは8年前の秘密を知りっているようで、行方が分からないキ・ウニョンに何があったのでしょう。また、ウニョンを襲った謎の男性の存在も気になり、かなりミステリアスな展開が続くことが予想されます。

これまでとは違うユン・シフがみられるのが魅力!

【豆知識】特別出演:ハハ

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第3回視聴率3.9% 第4回視聴率4.5% (第2話)

quetalsurinoさんより

第3回第4回 あらすじ

8月8日の深夜、死ぬ運命と聞かされたユ・フィリップ(ユン・シフ)は、山崩れに巻き込まれ、車の中に閉じ込められ、恐怖と不安を感じる中、生きようとする強い意志を持ち始めます。同じ時刻、オ・ウルスン(ソン・ジヒョ)は母の墓参りの帰り、車のナビゲーションの表示経路が変更され、山崩れに巻き込まれたフィリップ(ユン・シフ)を助けることになります。

占い師の予言通り、現れた女性によって命が助かったことに驚くフィリップ。白いワンピースを着た女性、ラヨンのあとを追う夢を見たフィリップは、病院で目を覚まし生きていることを実感します。

ドラマ「幽霊の恋」はウルスン(ソン・ジヒョ)が書いた作品と知ったイ・ソンジュン(イ・ギグァン)は、人気作家のキ・ウニョン(チェ・ヨジン)に連絡を取りますが、キ作家とは連絡が取れず留守電メッセージを残します。しかし、キ作家の携帯電話を持っていたのは、アシスタント作家イ・スジョンを脅していた男性。メッセージを確認した男性は、原作者が別に存在することを知り、驚きます。

手に入れた桃の木で作られたネックレスの裏を確認したウルスンは、幼い頃彼女が失くしたネックレスだと確認し、喜びます。ユ・フィリップが山崩れに巻きもまれ、彼を助けた女性を捜していることを知ったウルスン。

病院に入院中のフィリップは、悪運が続きます。契約中の広告から外され、肌がかぶれたことから撮影が予定されていた化粧品のCMまで撮影できない状況。運が尽きてしまったのかと心配するフィリップは、「幽霊の恋」の台本を読むことになり、8年前の事件が詳細に描かれていたことから驚きを隠せず、キ作家とのミーディングを要求します。

ウルスンが気になるイ・ソンジュンの働きかけで、連絡の取れないキ作家の代わりに台本を書くことになります。主演を務めるフィリップとのミーディングとは知らず現れたウルスンを見たフィリップは、彼を助けた女性がウルスンと気づきます。第2話の台本に山崩れが登場することを知ったフィリップは、第1話に登場する女性が男性を拉致して無理心中を図った設定がストーリーに含まれた理由を追及します。

フィリップに刺激された第2話の台本を書き直すことになったウルスンは、どこからか聞こえてくる歌に、ひらめいたように台本を書き始めます。第1話の内容が気になるフィリップは、台本の続きを読み始めます。しかし、突然吹いた風に台本を落とし、椅子の間に挟まって動けなくなります。誰にも助けを求められず困ったフィリップの前に、現れたのは書き直した台本を持ったウルスン。

第2話のエンディングを山崩れではなく、人気作家の死に変更したウルスン。その時、ニュースが流れ人気作家キ・ウニョンの死を伝え。。。

第3回第4回 感想

ソ・ジソプ主演の「主君の太陽」やパク・ボヨン主演の「ああ、幽霊様」は、ドラマが始まってすぐから登場する幽霊がリアルで怖かった記憶がありますが、「ラブリーホラブリー」は予想して以上に怖くなかったです。

演出や効果音はホラー物を連想させますが、実際の内容は適度な緊張感のあるホラーロマンスでした。2006年の「宮~Love in Palace」に出演したソン・ジヒョとは全く違う、暗くて不気味なオ・ウルスンが面白いです。手を怪我した時に一緒にいた男性がフィリップ(顔をビニール袋で隠した状態)だとは気づかないものの、山崩れで助けた男性がフィリップだと知りながらも、強引なフィリップの要求に応じて台本を書き直すことになりました。ギクシャクしながらも何度もフィリップの命を助けることになり、最後は連絡の取れないキ作家が遺体に発見されました。

白いワンピースを着た女性が幽霊なのか人間なのかは不明のまま、謎が深まります。幽霊が見えるイ・ソンジュン(イ・ギグァン)が空港で目撃したフィリップの側に居た黒い影は、やはり幽霊のようで、その後も彼の家の周辺で目撃されました。このままフィリップに不幸が続くことになるのでしょうか。

ウルスンが書くドラマの内容が、現実に起きること、ドラマの主演をフィリップが演じることで、今後起きる事件の中心にフィリップが置かれることが予想され、怖くないホラーロマンスドラマとして展開されそうです。

ユン・シフの変身ぶりやコミカルな演技が新鮮で、これまで見たことのない新たなユン・シフが見られそう!運命をシェアすることになるフィリップとウルスンですが、24年ぶりの再会後、どのように運命が逆転していくのでしょうか。

【豆知識】特別出演:皮膚科医役で特別出演:ホン・ソクチョン

パク・シフ 박시후 フィリップ役
出典:http://www.kbs.co.kr/
生年月日1978年4月3日俳優。身長182cm、体重70kg、血液型B型。漢陽大学校演劇映画科。
主な出演作
家門の栄光 (2009年、SBS)イ・ガンソク役
検事プリンセス (2010年、SBS)ソ・イヌ役
逆転の女王 (2010年、MBC)ク・ヨンシク役
清潭洞アリス(2012年、SBS)チャ・スンジョ役
名もなき英雄<ヒーロー> 동네의 영웅(2016年、OCN) ペク・シユン役
黄金色の私の人生(2017年、KBS)チェ・ドギョン役
主な受賞歴
2007年 SBS演技大賞 新人演技賞
2009年 SBS演技大賞 男性演技賞
2010年 MBC演技大賞 優秀演技賞
2011年 KBS演技大賞 ベストカップル賞
2011年 KBS演技大賞 人気賞
2011年 KBS演技大賞 最優秀演技賞

 

ラブリー・ホラーブリー 5話・6話と7話・8話 あらすじと感想 ソン・ジヒョ ウルスン役

 

ラブリー・ホラーブリー 視聴率 あらすじ キャスト 感想

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿