ラブリー・ホラーブリー 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●【日本初放送】KNTV(2019/1から)字幕
●韓国放送:2018年8月13日~(月・火) 22:00~

ラブリー・ホラブリー

ラブリー・ホラーブリー  러블리 호러블리 全32回(全16話)
2018年放送 
平均視聴率 3.7% 시청률  第1回4.8%
あらすじ

一つの運命分かち合う二人の男女が、トップスターとドラマ脚本家として出会って起こる、奇妙なハプニングを描いていくホラーロマンチック(ホラー+ロマンチック)コメディドラマ

 

キャスト

パク・シフ フィリップ役 最高の俳優として成功を収め、海外進出を控えている。完璧ではないが、思いがけず抜けている姿が愛らしい。

ソン・ジヒョ ウルスン役 “何をしてもダメな女”ドラマ脚本家。ダークな雰囲気とは違い、内面は明るくて温かい人物

イ・ギグァン(Highlight) ソンジュン役 新人プロデューサー

ハム・ウンジョン(T-ARA )シン・ユナ役  トップ女優でフィリップの恋人

チェ・ヨジン キ・ウンヨン役

 

スタッフ /脚本:パク・ミンジュ、演出:カン・ミンギョン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

quetalsurinoさんより

●以下 話数ごとのあらすじと感想

ラブリー・ホラーブリー 1話・2話と3話・4話 あらすじと感想 パク・シフ フィリップ役
ラブリー・ホラーブリー 5話・6話と7話・8話 あらすじと感想 ソン・ジヒョ ウルスン役
ラブリー・ホラーブリー 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想 イ・ギグァン ソンジュン役
ラブリー・ホラーブリー 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想 ハム・ウンジョン シン・ユナ役
ラブリー・ホラーブリー 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想 チェ・ヨジン キ・ウンヨン役
ラブリー・ホラーブリー 21話・22話と23話・24話 あらすじと感想
ラブリー・ホラーブリー 25話・26話と27話・28話 あらすじと感想
ラブリー・ホラーブリー 29話・30話と31話・32話 あらすじと感想

 

●以下 作品感想

quetalsurinoさんより

 

●時にラブリーに、時にホラーブリーに楽しませる、息をのむ展開が面白い!

新たなパク・シフの発見!

ドラマのタイトルに、ホラーブリー(Horribly)とあり、ホラードラマの印象を強く持ってしまっていました。前にラブリー(Lovely)とつけることで、新しい感覚の新語。一つの運命でつながっている主人公の運命と幽霊が登場することから、ドラマの前半は不気味な感じはありましたが、ストーリーの進行と共にロマンスが展開され、運命を乗り越えようとする主人公の姿勢が前向きで、タイトルのイメージとは違い、程よくラブリーで程よくホラーブリー(不気味)なイメージを受けました。

個人的にはタイトルがキャッチで、素敵だったので、若々しく可愛いロマンスを期待しましたが、正直、期待以上ではなかったのが残念です。韓国ドラマや文化などに慣れている方の方が、もしかするとドラマをより楽しめるような気がします。同じ時間、日、年に生まれた主人公二人の運命がつながっていて、どちらかしか生き残ることができない。陰と陽の関係のように、二人のうち一人だけが幸せになれ、もう一人は不幸になる不思議な運命共同体の二人の姿は、最終話までどのようなエンディングを迎えるのかハラハラしちゃいました。

主人公ユ・フィリップを演じるのはパク・シフ。2017年復帰作「黄金色の私の人生」は、韓国で大ヒットしましたが、私も熱狂したファンの一人でした。都会的な洗礼されたイメージのパク・シフですが、「ラブリーホラーブリー」では、幸運続きの大スターだけに、わがままでイメージを大事にする芸能人ぶりが、これまで持っていた都会的でカッコいいメージを一新させるコミカルな演技が最初見られたのは新鮮でした。

パク・シフ主演のドラマの中で、意外にもずっと記憶に残るのが、2016年、韓国で放送された「町の英雄」。ダンディなパク・シフは好きだけど、色んなパク・シフもみてみたいと思った時に楽しめる作品が「ラブリーホラーブリー」ではないでしょうか。もちろん、カッコいい姿も登場します!

予想以上にキャラクターとして好きだったのが、ヒロインのオ・ウルスン。初めは前髪で顔を隠し不気味さを出していたのが、ユ・フィリップとの恋に落ちると明るく変わり、最終話ではアッと驚くほどキレイな姿にまで。。。ソン・ジヒョは綺麗な女優でした。

24年前の出来事から、8年前の事故まで、知らず知らずにそれぞれの人生に関わっていた主人公たちの話がミステリアスに展開され、サスペンスドラマのように推理する楽しさもあり、キーワードとなる「運命」をどのように受け入れるのか、最終話まで楽しめる作品です!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿