Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ラブリー・スター・ラブリー(ラブリー・ホラーブリー)視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

【日本放送】

● LaLa TV(2019/10/12から)土曜日12:45から4話連続放送 字幕
●LaLa TV(2019/7/17から)月~水曜日13:30から 字幕
●KNTV(2019/4/29)10:15から全16話連続放送 字幕

【韓国放送期間】:2018年8月13日~10月2日(月・火) 22:00~

原題:ラブリー・ホラーブリー

ラブリー・スター・ラブリー 러블리 호러블리 全32回(全16話)
2018年放送 
平均視聴率 3.7% 시청률  第1回4.8% 最低視聴率第25回1.0% 最高視聴率第10回6.2%
あらすじ

一つの運命分かち合う二人の男女が、トップスターとドラマ脚本家として出会って起こる、奇妙なハプニングを描いていくホラーロマンチック(ホラー+ロマンチック)コメディドラマ

巫女のオクヒ(ジャン・ヨンナム)は、10歳の息子フィリップが病弱で不運な星の元に生まれたことに思い悩む。

ある日、祈祷にやってきた家族の娘ウルスンがフィリップと同じ生年月日であり、2人の間には不思議な関係があることに気付く。オクヒは息子のためにある決断をする。そして、その日を境に、裕福だったウルスンの家は没落し、不運続きの生活を送るようになる一方、フィリップはあらゆる物事が好転し始める。

時は流れ、34歳になったフィリップ(パク・シフ)は最高の幸運に恵まれトップスターとなっていた。ハリウッドデビューも目前に控え人生絶好調。

一方、悪運続きのウルスン(ソン・ジヒョ)はドラマ脚本家を目指すも、脚本家仲間に裏切られ芽が出ずにいた。そんなある日、フィリップは事故に巻き込まれ、占い師から幸運は尽き余命わずかだと知らされる。自らの運勢を変えるため、運命の鍵を握る女性だと言われたウルスンが手がけるドラマに出演することに。

一方、ウルスンの幼馴染で密かに彼女に想いを寄せるドラマPDのソンジュン(イ・ギグァン/Highlight)も同じドラマの制作に参加することに。ドラマの制作現場を舞台に、フィリップとウルスン、そしてソンジュンの、予測不能なラブストーリーが始まった!

KNTV ラブリー・ホラーブリー あらすじ・相関図
キャスト

パク・シフ フィリップ役(34歳)最高の俳優として成功を収め、海外進出を控えている。完璧ではないが、思いがけず抜けている姿が愛らしい。

ソン・ジヒョ ウルスン役(34歳) “何をしてもダメな女”ドラマ脚本家。ダークな雰囲気とは違い、内面は明るくて温かい人物

イ・ギグァン(Highlight) ソンジュン役(30歳) 新人ドラマプロデューサー

ハム・ウンジョン(T-ARA )シン・ユナ役(30歳)トップ女優でフィリップの恋人

チェ・ヨジン キ・ウンヨン役(34歳)視聴率製造機 ドラマ作家

フィリップの周辺人物

チャン・ヒョクジン :カンテシク役(50歳)-フィリップの所属事務所代表 最も恐れているのは、幽霊であり、最も頼るのは占い師。


アン・ドゥホ :キム・ヨンマン役(28歳)-フィリップのマネージャー 8年前からフィリップと一緒にしたマネージャー。


ファン・ソニ :キム・ラヨン役-フィリップの初恋の人 高校卒業後、ソウルに上がってきて美容師になった。


チャン・ヨンナム :キム・オクヒ役-(特別出演)フィリップの母、シャーマン

チョン・スンウォン  チュンヨル(29歳) 製パン所運営、元ジャンプファイブメンバー

イ・ギュボク  ギスン (29歳)エアロビインストラクター、元ジャンプファイブメンバー

チ・スンヒョン  サ・ドンチョル(34歳) 元ジャンプファイブメンバー

ウルスンの周辺人物

ムン・スビン  パク・スミン(25歳)ウルスンの親しい近所の妹分

チョン・ペス   ウルスンの父

チョン・ジェウン   ウルスンの母

その他の人物

キム・ヨンウン  イ刑事 (30歳)ドンチ警察署捜査課刑事

リュ・テホ  チョ局長(50歳) KBC放送局局長

キム・ウンス  (60代) 占い師 フィリップの運命についてお話ししてくれる謎の占い師

キム・ジウン  イ・スジョン(20代) ウニョンの補助作家

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

スタッフ /脚本:パク・ミンジュ、演出:カン・ミンギョン
コメントにて随時感想募集中です。

高視聴率王子パク・シフがラブコメディに帰ってきた!
●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんより

●以下 話数ごとのあらすじと感想

ラブリー・ホラーブリー 1話・2話と3話・4話 あらすじと感想 パク・シフ フィリップ役
ラブリー・ホラーブリー 5話・6話と7話・8話 あらすじと感想 ソン・ジヒョ ウルスン役
ラブリー・ホラーブリー 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想 イ・ギグァン ソンジュン役
ラブリー・ホラーブリー 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想 ハム・ウンジョン シン・ユナ役
ラブリー・ホラーブリー 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想 チェ・ヨジン キ・ウンヨン役
ラブリー・ホラーブリー 21話・22話と23話・24話 あらすじと感想
ラブリー・ホラーブリー 25話・26話と27話・28話 あらすじと感想
ラブリー・ホラーブリー 29話・30話と31話・32話 あらすじと感想

 

●以下 作品感想

quetalsurinoさんより

 

●時にラブリーに、時にホラーブリーに楽しませる、息をのむ展開が面白い!

新たなパク・シフの発見!

ドラマのタイトルに、ホラーブリー(Horribly)とあり、ホラードラマの印象を強く持ってしまっていました。前にラブリー(Lovely)とつけることで、新しい感覚の新語。一つの運命でつながっている主人公の運命と幽霊が登場することから、ドラマの前半は不気味な感じはありましたが、ストーリーの進行と共にロマンスが展開され、運命を乗り越えようとする主人公の姿勢が前向きで、タイトルのイメージとは違い、程よくラブリーで程よくホラーブリー(不気味)なイメージを受けました。

個人的にはタイトルがキャッチで、素敵だったので、若々しく可愛いロマンスを期待しましたが、正直、期待以上ではなかったのが残念です。韓国ドラマや文化などに慣れている方の方が、もしかするとドラマをより楽しめるような気がします。同じ時間、日、年に生まれた主人公二人の運命がつながっていて、どちらかしか生き残ることができない。陰と陽の関係のように、二人のうち一人だけが幸せになれ、もう一人は不幸になる不思議な運命共同体の二人の姿は、最終話までどのようなエンディングを迎えるのかハラハラしちゃいました。

主人公ユ・フィリップを演じるのはパク・シフ。2017年復帰作「黄金色の私の人生」は、韓国で大ヒットしましたが、私も熱狂したファンの一人でした。都会的な洗礼されたイメージのパク・シフですが、「ラブリーホラーブリー」では、幸運続きの大スターだけに、わがままでイメージを大事にする芸能人ぶりが、これまで持っていた都会的でカッコいいメージを一新させるコミカルな演技が最初見られたのは新鮮でした。

パク・シフ主演のドラマの中で、意外にもずっと記憶に残るのが、2016年、韓国で放送された「町の英雄」。ダンディなパク・シフは好きだけど、色んなパク・シフもみてみたいと思った時に楽しめる作品が「ラブリーホラーブリー」ではないでしょうか。もちろん、カッコいい姿も登場します!

予想以上にキャラクターとして好きだったのが、ヒロインのオ・ウルスン。初めは前髪で顔を隠し不気味さを出していたのが、ユ・フィリップとの恋に落ちると明るく変わり、最終話ではアッと驚くほどキレイな姿にまで。。。ソン・ジヒョは綺麗な女優でした。

24年前の出来事から、8年前の事故まで、知らず知らずにそれぞれの人生に関わっていた主人公たちの話がミステリアスに展開され、サスペンスドラマのように推理する楽しさもあり、キーワードとなる「運命」をどのように受け入れるのか、最終話まで楽しめる作品です!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー