ラジオロマンス ~愛のリクエスト~ 相関図とキャスト 視聴率 あらすじ 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

【日本放送】
●アジアドラマチックTV2019/10/27から)土曜日18時から2話連続、日曜日16時から3話連続放送(週5話)10/27は18時から2話連続 字幕
●アジアドラマチックTV(2019/9/17から)月~金曜日13:30から 字幕
●BS11 全22話(2019/6/29から)土・日曜日8時から 字幕

【韓国放送期間】  2018年 1月29日~ 3月20日

ラジオロマンス  라디오 로맨스 全16話
2018年放送 KBS
平均視聴率 4.05% 시청률 最高視聴率2話5.8% 最低視聴率15話2.6%
ラジオロマンス~愛のリクエスト~ DVD-BOX1
あらすじ

文章を書くこと以外はなんでも上手にこなすラジオ局入社4年目のグリム(キム・ソヒョン)は、生放送をドタキャンしたアイドルDJを探しに訪れたパーティー会場でトップスター俳優スホ(ユン・ドゥジュン〈Highlight〉)と最悪の出会いを果たす。一方、ラジオ局の破天荒なラジオPDガン(ユン・バク)は新番組のメイン作家にグリムを、DJにスホをキャスティングすると言い始め…。

 KBS WORLD ラジオロマンス
KBS WORLD ラジオロマンス 相関図
キャスト

ユン・ドゥジュン(Highlight) チ・スホ (28歳)トップスター俳優 16歳でカンヌ映画祭で最年少主演男優賞。


キム・ソヒョン  ソン・グリム (26歳)ラジオ局入社4年目の作家


ユン・パク イ・ガン(34歳) 2ラジオ局の伝説の破天荒なプロデューサー


ユラ(Girl’s Day)チン・テリ(28歳) 子役出身 芸歴20年目の女優

 

チ・スホの家族や周辺人物

ソン・ハジュン キム・ジュヌ (33歳)JHエンターテインメントの企画理事 兼 スホのマネージャー


クァク・ドンヨン ジェイソン(28歳) スホの高校の時の友達で、精神科の主治医。


オ・ヒョンギョン ナム・ジュハ(51歳) スホの母、JHエンターテインメントの代表。実業家

キム・ビョンセ  チ・ユンソク (55歳)スホの父、JHエンタ共同代表 35年目のベテラン俳優。

ソ・イェスル  チョン・ダスル(23歳) ユンソクの愛人、女優

 

グリムの家族

キム・イェリョン  チョ・エラン(53歳) グリムの母、視覚障害者 カウンセラー

 

ラジオ局スタッフ

キム・ヘウン  ラ・ラヒ (41歳)ラジオ局作家 10年以上ラジオ局作家

イム・ジギュ  イ・スンス(44歳) ラジオ局PD

チョ・ビョンギュ  コ・フンジョン(30歳) ラジオ局AD 「申し訳ありません」が口癖

イ・ウォンジョン  カン・ヒソク (55歳)ラジオ局局長 ラジオ番組モニター鬼

ユン・ジュサン  ムン・ソンウ (57歳)30年目のラジオDJ

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

スタッフ /演出:ムン・ジュナ、ファン・スンギ 脚本:チョン・ユリ
コメントにて随時感想募集中です。

 

第1話 5.50%
第2話 5.80%
第3話 5.20%
第4話 5.60%
第5話 5.10%
第6話 4.20%
第7話 3.90%
第8話 3.40%
第9話 3.70%
第10話 3.40%
第11話 4.00%
第12話 3.50%
第13話 2.90%
第14話 2.90%
第15話 2.60%
第16話 3.10%

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさん

●超気難しい性格の二つの顔を持つトップスターと、ラジオへの熱い情熱を持つ放送作家がラジオ番組を通じてロマンスの花を咲かせる青春恋愛ドラマ!

名子役として有名なキム・ソヒョンが主演を務め、女優として成長ぶりに驚いた作品でした。以前の作品、「君主-仮面の主人」や「戦おう、幽霊よ」もありましたが、成人して初出演となった作品が「ラジオロマンス」。タイトル通り、ラジオ局を中心に描かれるラブロマンスドラマ。ヒョンビンが主演した「彼らが生きる世界」などを通じて、ドラマ撮影の現場や、放送局を舞台にした恋愛ドラマは他にもありましたが、ラジオってあまり聞く機会がない分、新鮮でした。

キム・ソヒョンの相手役を務めたのは、アイドルグループBeast出身のユン・ドゥジュン。彼が出演した「ごはんに行こうよ」が大好きだったので、始まる前からこのドラマへの期待が高かったです。「ラジオロマンス」では子役出身で演技力まで認められたイケメン俳優を演じています。俳優としての自分を引き立たせるために、すべてが完璧に準備されていないといけないチ・スホ(ユン・ドゥジュン)の前に現れたのは、ポジティブで諦めを知らないアシスタントラジオ放送作家のソン・グリム(キム・ソヒョン)。初めはあまりに似合わない主人公たちかもと、半信半疑しましたが、ドラマの進行と共に、その心配もなくなりました。予想外にお似合いのキム・ソヒョンとユン・ドゥジュンでした。

大スター俳優とアシスタント放送作家とのロマンスが明るく爽やかで、ロマンチックなエンディングまで、文句なしのラブロマンスドラマでした。ただ、止まらないほどのドキドキが少し足りなかったのが残念でした。ラジオの世界を知らせたいと、思わせるような色が強く純粋に大スターと作家5年目のアシスト放送作家の恋にもう少し重点を置いていたら、もっとドキドキするロマンスドラマになったのでしゃないでしょうかね。

数えきれないほど多くの作品で、大物女優の子役を演じてきたキム・ソヒョンですが、個人的には「太陽を抱く月」と「匂いを見る少女」が大好きでした。子役だけど、すごく存在感があって、可愛いうえに演技も上手と思った女優の一人。その中でも特別出演した「トッケビ(鬼)」で見せた切ない演技が最高!

「ラジオロマンス」では今を生きる若者を、若手作家を上手に演じ、全く違う性格を持つ男女の恋を若々しく、今風に表現できたと思います。20代、30代の方に是非おすすめしたい作品です!恋愛や仕事、共感できる部分が多くあるのではないでしょう。。。

 

くりーむぱん。さんの感想より

●明るい雰囲気のあるラブコメディ

ラジオロマンスという題名にまず惹かれました。ラジオ作家とラジオDJによるラブコメディなのですが、もしかしたら芸能人たちには現実でもこんな恋愛があったりして…など考えてしまいました。

非日常的な感じもありますがそこがキュンっとなるポイントなのかもしれません!

ラジオ作家ソン・グリムとラジオDJチ・スホ、この2人によってドラマが中心にうごいて行くのですがスホのツンツン感がなんとも可愛いんです。過去にグリムを好きになってからの長年の片思いなんて女子からすれば憧れ、一途な男の子にキュンキュンしまくりです。グリムはその片思いに気づかずにスホの素直になれない気持ちを観ているだけでそわそわしてしまいます。

そしてキャストが豪華だと思いました。ラジオ作家ソン・グリム役にキム・ソヒョンソヒョンちゃんと言えば2012年に放送された韓国ドラマ【会いたい】で子役としてでいて活躍していましたが、今やヒロインを務める程の女優さんになったのかと思うと成長が感じられます。

そしてラジオDJチ・スホ役にユン・ドュジュンドュジュンくんはK-POPアイドルとして有名なグループHighlightのメンバーとして活躍していて歌もダンスも上手なのですが、2014年に放送された韓国ドラマ【ごはん行こうよ】で主役を務め、2018年に【ごはん行こうよ3】が放送される予定らしく楽しみで仕方ありません!アイドルとしても俳優としても活躍しているなんてファンからしたら嬉しい限りです…。

そして韓国ドラマにはかかせないOSTラジオロマンスのOSTは可愛らしいOSTが多いのでほんわかしていて幸せな気持ちになります。オススメはNCTUの『RadioRomance』です!題名のそのままの曲名なので覚えやすいです。そして、撮影中は笑顔が耐えない現場だったらしくキャスト同士の仲の良さがドラマに出ているんだと思います。悲しい過去や葛藤もありながらも笑いのあるラブコメディドラマでした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー