メンタルコーチ チェガル・ギル 1話・2話 あらすじと感想

メンタルコーチ チェガル・ギル



メンタルコーチ チェガル・ギル 멘탈코치 제갈길 Mental Coach Jegal 2022年放送 tvN 月火 全16話

daisySSさん

第1話視聴率1.530%

第1話あらすじ

ギャンブル好きの父ジェガル・ハンリャン(ユン・ジュサン)のアドバイスを聞くことなく、毎日、努力を続けて実力をつけることに一生懸命に努力した選手のチェガル・ギル(チョンウ)。

先輩選手だったク・テマン(クォン・ユル)からいじめ、暴力を受けていたある日、試合を控えていることから暴力は受けないと犯行したチェガル・ギル。

選手のチャ・ムテ(キム・ドユン)が野球バットを振り回すク・テマンのせいで怪我をすると、我慢の限界、、、先輩のク・テマンに一撃を加えます。しかし、その後、ク・テマンが振り回していたバットに当たり、足を怪我することになります。

足を怪我した状態で試合に出場し、対戦相手ク・テマン(クォン・ユル)をノックアウトしますが、誤判で試合に負け、、、13年後、本が大ヒットしたチェガル・ギル(チョンウ)は、公演で過去の自分の試合の事を例に挙げると、、、「努力がむくわれないのは、自分のせいではない」と語ります。

13年前のク・テマンとの試合、審判の誤審と相手選手の反則で試合に負けたチェガル・ギルは、誤審も試合の一部で受け入れるべきとの言葉に、怒りが爆発。怪我をした足で無理に試合に出たため、足はひどい状態。。。

金メダルを奪われたチェガル・ギルは、選手村を訪ねるとガラスを割るなど暴れたことで、代表選手から永久除名処分を受けることになります。また父が事件を起こし3億ウォンの借金と3年を求刑される不運まで重なり、有望だった選手からどん底に落される。

13年後の現在、ク・テマンの振り回したバッドにあたり、肩を怪我したことから選手を引退したチャ・ムテ(キム・ドユン)が、チェガル・ギルを訪ねると、金メダルリストの妹の力になって欲しいとお願いされます。

妹チャ・ガウル(イ・ユミ)は、ショートトラックの金メダルリスト。しかし、4年前実業チームに移ってからは、実績が出せずスランプ状態と説明。

チャ・ガウルが所属するチームのメンバーたちは、彼女をひどく警戒しチームに打ち解けられないだけではなく、成績が悪いことから監督やコーチのケアもない状態。競技に勝つためにはチームワークが重要だと語ると、わざとチャ・ガウルを失脚させる監督。。。

彼女の状態を確認するためにアイスリンクを訪ねたチェガル・ギルは、自分を責めるチャ・ガウルに、「自分ではなく自分以外の人に感情をぶつけろ」とアドバイス。メンタルコーチとして彼女をサポートすることに、チャ・ガウルは冷たい反応を見せます。チェガル・ギルは「僕は精神科医ではないので、治療ではなくヒーリング」をすると彼女を説得します。

第1話感想

チョンウとイ・ユミが主演を演じる!

異色のキャスティングと韓国ドラマとしては初の「コーチイング」を題材にしたスポーツドドラマとして、放送前から話題になったドラマです。

第1話を視聴した感想は、ショートトラックに関しては、国際競技で常にメダルを獲得する得意種目ですが、近年、チーム内でのいじめや様々な問題が話題になったこともあり、個人的には今後の展開が気になる内容でした。

インチキすることなく努力に努力を重ねて、正々堂々と試合に挑んだ主人公のチェガル・ギルが、挫折後に、「コーチング」という新たな分野で頭角を現し、選手たちのメンタルをコーチングすることになる展開。

13年前の試合は、初めから金メダルが相手選手のク・テマンに渡ることが決まっていた試合のようで、結局選手を引退することになったということは分かりました。感情をストレートに表現する主人公、、、チェガル・ギルを演じるのがチョンウということで、コミカルあり、感動ありのドラマとなるようです。

チョンウは、「応答せよ1994」で主人公を演じた演技派俳優。「BAD LOVE~愛に溺れて~」、「最高のイ・スンシン」や、「シンデレラマン」にも出演しています。2022年はウェブドラマ「このエリアのクレイジーX」やNetflixの「模範家族」に出演しています。

「選手にとってスランプは自分で乗り越えるものだ」とタフに語るチャ・ガウルを演じるイ・ユミは、Netflixで放送され世界的に大ヒットした「イカゲーム」に出演し注目を浴びた後、「今、私たちの学校は・・・」に出演し話題になった女優!2022年9月、「エミー賞」の女優ゲスト賞を受賞し、再び注目を浴びました。

ドラマの放送前の受賞だったので、話題になりました。

TvNで放送されるドラマはこれまで登場しなかった職業をもつ主人公たちのストーリーを描く作品が増えて、差別化を図っているようにも見えます。2022年に放送された「朝鮮精神科医ユ・セプン」もTvNで放送された時代劇ですが、主人公は朝鮮時代を生きる精神科医という設定で、新鮮で面白かったです。

チェガル・ギルの名前も独特、、、「我が道」という意味となります。

第2話視聴率2.366%

第2話あらすじ

メンタル面のケアをお願いされたチェガル・ギル(チョンウ)は、チャ・ガウル(イ・ユミ)を説得しようとしますが、チェ・ガウルはスポーツ選手なら一人で耐えるべきとのストイックな姿勢。

4年間、試合で結果を出せないチャ・ガウルは所属する実業チームとの再契約を前に、国家代表選手に選ばれないといけない、、、選手選抜のための試合が始まり、試合途中、選手と衝突してケガまでします。ドーピングを気にして、麻酔なしに処置を受けるチャ・ガウル。

チャ・ガウルが試合中にケガをしたことを知ったチェガル・ギルは彼女のことが心配になり、彼女を尋ね、、、絶対にファイナルに残る為にケガをした状態で試合を続けると語る言葉を聞くと、「自分を大事にしなさい」とアドバイス。

過去、ケガが原因で選手生活を引退しただけではなく、その後も片足が不自由な自分の状況を話すと、次のチャンスに抱えるよう説得する。しかし、チャ・ガウルの意志は強く曲げる気配がないと、彼女を連れて「ノーメダル・クラブ」と呼ばれる場所を訪れます。

その場は過去、国の代表選手たちで、共通点は大きなケガが原因で、メダル獲得ができず引退をした選手たちの集まりでした。

「ノーメダル・クラブ」で居心地の良さを感じるチャ・ガウルと、再び話し合いを続けるチェガル・ギル。これまで自分の事を話すことのなかったチャ・ガウルが初めてスケートを始めた時からの厳しい練習、常にケガがつきものだった事、、、金メダルを取った夜、自分の体が傷だらけだと初めて気づいたと語ります。

ケガをすることへのPTSDが心配されるチェガル・ギル。チャ・ガウルはケガをすることは全く怖くないと強気だと語ると、感情を爆発させます。「怒りがあるなら表現しなさい」と語ると、彼女が感情的になったことに逆に安堵する。

国家代表に選ばれるため、諦めず試合を続けると強い意志を見せることから、チェガル・ギルは、彼女の意志を受け入れる代わりに、健康チェックをする。

シーズン中実績を残せず0ポイントしかない状況で、彼女が代表選手に選ばれるためには、2位を獲得しないといけない状況。監督は体育大学出身の選手を代表に選ばれるようにするため、コーチに指示を出す監督。

ケガをした状態で彼女が試合に出ることにも反対的だった監督ですが、チャ・ガウルはコーチに必ず試合に出ると強気。

試合が始まり、コーチからの指示通りに動くことなく、、、外側からではなく、攻めの姿勢で内側のレーンを選択し、2位でゴールイン。ファイナルへの進出が決まり、代表に選ばれるチャンスを手に入れるも、監督は彼女のせいで自分の選手たちが失格したことに、チャ・ガウルに怒りをぶつける。

監督からの暴力に黙って耐えるチャ・ガウルを目撃したチェガル・ギルは、声をあげると、、、持っていた杖を投げ、、、テコンドー選手の時のように監督に向けて飛び蹴り。

第2話感想

インパクトのある今話のエンディング!

選手であれば誰しもが経験すると、自分自身の力で克服するべきだと、誰にも頼ろうとしないチャ・ガウルの心が、チェガル・ギルのコーチングでメンタル面を克服する内容で、、、チェガル・ギルは、選手としてケガをすることの怖さを彼女に伝えようとする姿が描かれました。

大きなケガをすると、結局、選手を引退せざるを得ない状況になること、、、チャ・ガウルもそのことを知りながらも、選手としては今のチャンスを逃すと、再びチャンスが訪れない可能性があるとの恐れから、試合に挑むということ。

今話、監督による八百長が描かれました。監督はチャ・ガウルではなく別の選手を国の代表選手にするため指示を出していたにも、チャ・ガウルは従わず自分の考えた戦略で滑り、結果、2位でゴールに入ることができました。

しかし、このことで監督を怒らせてしまい、、暴力や暴言を耐える姿、、、一流選手になることがどれほど難しいのかを考えると厳しいコーチの存在も大事ですが、このドラマに登場する監督は自分の利益や派閥のために動く監督というイメージ。

プロのバスケット選手オ・ヨンジ選手が自殺、、、球団側は悪質な書き込み(コメント)に悩まされていたと発表。チーム内でいじめがあったとの噂があるにも拘わらず、韓国総合体育会の理事で人権センター長のク・テマン(クォン・ユル)は、オ・ヨンジ選手の自殺の理由を調べようとしない態度。

13年前、チェ・ガルキルから金メダルを横取りしたク・テマンは、現在、大学の教授兼韓国総合体育会の理事に、人権センター長まで、、、しかし、結果重視のスポーツの世界の典型的な人物のようで、選手たちのメンタル面のケアには全く興味がない様子で、今後、チェ・ガルキルとの対立が予想されます。

【豆知識】主題歌Part1は「Band Nah」が歌う「Go Straight」です。スポーツドラマのイメージにあう、テンポのよいバンド曲。




【放送情報】


【青い鳥の輪舞】

● BS日テレ 全50話(2022/10/6から)月~金曜日16時から 字幕

青い鳥の輪舞(ロンド) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図


【大丈夫じゃない大人たち~オフィス・サバイバル~】

●BS-TBS 全22話(2022/10/7から)月~金曜日7時から 字幕

大丈夫じゃない大人たち~オフィス・サバイバル~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ホテルデルーナ】

●BSJapanext 全16話(2022/10/7から)月~金曜日19時から

ホテルデルーナ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS12 トゥエルビ 全24話(2022/10/7から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム(2022/10/10-31) 字幕 月~金曜日8:30から

One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【100日の郎君様】

●BS-TBS 全20話(2022/10/10から)月~木曜日12:59から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 視聴率と相関図  (外部リンク・姉妹サイト)


【恋はオン・エアー中!】

●フジテレビ 全11話(2022/10/10から)月曜日深夜27:40頃から

恋はオン・エアー中! 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【皇后の品格】

●サンテレビ 全26話 (2022/10/18~)(火)毎週 月-金曜日 11:00~

皇后の品格 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP