メロホリック 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KBS World(2018/5/2-4)毎日14:50から4話連続放送5/2は16時から2話連続 字幕

メロホリック  멜로홀릭 全10話
2017年放送 
平均視聴率 % 시청률
【Amazon.co.jp限定】メロホリック コンプリートエディション (オリジナルブロマイド3枚セット付(L判)) [DVD]
あらすじ

雨の降る夜。大学生のウノ(ユンホ<東方神起>)は“誰か”にレンガで頭を殴られる。その瞬間、ウノは雷に打たれて…。病院で目が覚めたウノは“右手で触れれば女性の本音が知れる能力”を手に入れたことに気が付く。時は経ち3年後、除隊し大学に復学したウノはその能力を利用し世の中の女性が憧れる理想の男になった。

しかし、その超能力のせいで女性たちの「本音」を知りすぎてしまい、皮肉なことにむしろ恋愛が出来なくなってしまう。そんな折、イェリ(キョン・スジン)の「本音」を知ることとなるのだが、猫かぶりもないし、上辺でもない。ふてぶてしいけど、憎めない。つかみどころのない性格の彼女がしきりに気になりはじめるのだが、彼女は180度違うタイプの人格『ジュリ』を持つ二重人格者で…。

キャスト

ユ・ウノ役:ユンホ(東方神起)ウンハ大学 心理学科のモテるのに恋愛しない男と呼ばれる伝説の復学生。
ハン・イェリ役:キョン・スジン 二重人格のせいで恋愛ができず、苦悩している恋愛できない女。
ハン・ジュリ役:キョン・スジンイェリの恋愛を妨害するもう一つの人格。イェリとは違いセクシーな女性。
キム・ジュスン役:チェ・デチョル ウノの義兄弟。見た目は好青年だが、浮気性の心理学科の教授。
ユ・ビョンチョル役:キム・ミンギュウンハ大学 心理学科 2年生。イェリに好意を抱いていて、何度も告白している。
キム・ミンジョン役:ソルビン(LABOUM)ジュスンの妹。WEB小説オタクの明るい高校3年生。
本屋の男役:ハン・ジュワン ウノの家の前にある本屋を運営している小説家。
イ・ユシク役:ハン・ジェソ クウンハ大学 心理学科 2年生。心理学科の情報通。
チュ・ヨジン役:コ・ミンシ ‘ジュリ’の存在を知っているお節介なイェリの友達。
キム巡査役:イ・ユジュン ウンハ大学の付近で起きた‘浴槽連続殺人事件’を捜査中。

スタッフ /演出:ソン・ヒョヌク 脚本:パク・ソヨン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
Y_roさんの感想より

●特殊な男女の恋物語

人の心が読み取れるウンホと二重人格のジュリ兼イェリの恋模様は、どんな展開で進んでいくのか毎回楽しみでした。

この二人の特徴だけでも十分面白かったのですが、二人を脅かす存在であるソンホもこのドラマを面白くしていた大事な人物の一人だと思いました。初めてジュリがウンホの前に現れたときは、これで二人の関係が終わってしまわないかと、ハラハラドキドキさせられました。二重人格でも許してくれるウンホの優しさにはきゅんとしました。

最終回に近づくにつれて重大になってくるソンホの存在がただの恋物語以上の物にこのドラマを形作っていったと思います。イェリの元カレであり、ただの優しい本屋のお兄さんだと思っていたソンホが連続殺人鬼だと分かったときはゾッとしました。また、自分の理想の小説を完成させるために数々の出来事を起こしイェリとウンホを出会わせていたソンホはかなり狂気じみているなと思いましたが、緻密にお話が描かれているなと思い感心しました。

最終回ではウンホがイェリを救うために海に飛び込みますが、結果的に記憶喪失になってしまいとても悲しかったです。しかしそのおかげで、イェリは自分のウンホへの気持ちに気づくことができ愛の告白をします。また、ウンホとイェリの真の愛に気づいたジュリはもう二重人格として姿を現さなくなります。ここに二重人格であったジュリの意味が隠されているのではないかと思いました。真の愛を見つけたらいなくなったジュリはイェリのことを守っていたようにも思えました。真の愛が見つかって本当に良かったです。ウンホが記憶喪失のまま終わったらどうしようと心配でしたが、最後は教室でイェリを彼女として紹介する場面が描かれ、二人が幸せになって終わるハッピーエンドでよかったです。

このドラマはウェブ漫画が原作になっており、最近ではチーズイントラップも含め、ウェブ漫画が原作のドラマが増えている気がします。日本でも漫画原作のドラマが多く、原作のファンからは良くも悪くも批評がありますが、このドラマに関しては原作よりもラブストーリー的要素が多く盛り込まれていると言われています。主人公のウンホを演じたユンホは日本でも東方神起として人気があり、日本人のファンの方にもとてもおすすめです。地味なウンホがどんどん回を重ねるにつれてかっこよくなっていく姿は見物です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー