メロが体質 13話・14話 あらすじと感想

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

メロが体質  멜로가 체질 全16話 2019年放送 JTBC

えぱたさん

第13話視聴率1.270%

 

第13話あらすじ

「大変な事故が起こってしまった〜」ボムスと話した内容を逐一、同居人たちに報告しているジンジュ。「私のだーい好きな〇〇〜」と、買って来た食材をオフィスの冷蔵庫に入れながら、調子に乗って放屁したところ、既に来て隠れていたボムスに見つかってしまったのでした。AI接続の空調が遅れて、ブーんと起動し…。

「人間の正常な作用だ」とあれこれ言い取り繕ってくれるボムスでしたが、ジンジュは許せない様子。色々と議論して、結局、ジンジュがボムスの頭をマッサージのようにトントンとやって、「あー、オナラのこと忘れた」とやって、終了させたのでした。

母がオフィスに来て、「ボムスと交際してる」と言うと、「オナラするな」という話になり…。「私は一度もお父さんの前でオナラしたことないよ」と母。「へー、やってみてよ」とジンジュ。

局長とヒェジョン作家は屋台で呑んでいて、飼い犬2匹に餌をやらねばと、局長は先に代金を払い去ります。そこへソミンの事務所代表が通りかかり、ヒェジョン作家と呑み始めます。まだ去っていなかった局長が陰で見ていて、2人がいい雰囲気になると、再び割って入ります。ヒェジョンがまた自分をウサギと思い込んで酔っ払って歩く3人でした。

ウンジョンがソミンのドキュメンタリーの編集作業をしていると、後ろからホンデが囁きかけます。「なぜオレが信用できない?」と言う言葉に、ハッとして、ウンジョンが恐る恐る後ろを振り向くと、そこには誰もおらず…。

ボムスのドラマのキャスト予定の女優チョン・イソルが、「監督と脚本家とミーティングがしたい」と連絡があります。ボムスとジンジュ、ハンジュとジェフンが行って、話し合いが持たれます。女優は「キャラクターの痛みを共有できないんじゃないか」と不安と言います。カメラマンたちに仕事を持ちかけますが、「予算いくら?」という話になり…。キャストのディレクターも当てにならず。

ジンジュの書いた脚本が完成して、ボムス、ハンジュとジェフンが読んでみると、とても良い台本だと元気が出てきたのでした。「頭痛去った」とボムス。

ジンジュの実家に挨拶に行く、ボムスとジンジュ。美味しそうな料理が食卓に並べられます。ボムスに「(交際を)考え直したほうがいい」と父親。ボムスが父親と囲碁対決する間に、母に「(オナラ)頑張ってみた」話を聞きます。「何度もやってみたけど、リアクションなし。ある夜呑んで帰って来て、知り合いの奥さんが臭いオナラし出して、ガンだったそうで、私の人間ドックの予約して来た。ジンジュが結婚したら、田舎に引っ越しと言ってて、先立ってほしくないって」と。

ボムスのドラマにキャストされたソミンがハンジュの制作会社に来て、ミーティング。そこへジンジュが入って行くと、ウンジョンとハンジュも居て、「久しぶり」と挨拶。同じ大学に通った4人の再会なのでした。

 

第13話感想

今回は「オナラ」をテーマに、共同生活では重要なアイテムが、面白く感動的に語られていました。包容力のある男性、素敵ですね。生涯一度も夫の前でオナラをしたことが無いという、ジンジュの母が頑張ってみたところ、夫は5回何事も無かったようにやり過ごし、酔って帰って来て、人間ドックの申し込みをして来たと告げた場面は、笑えてジーンときました。家族だから、心配するわけです。

最後は「オナラ」がテーマの歌まで出来て、そこまですれば、事故でも美しく許されますね。ヒョボンが第1話で歌っているシーン、あまりに上手いので、口パクじゃないかなと疑っていましたが、ギターが上手いので、本当に歌も上手いのかなと思いました。

ジンジュが、ボムスとのビデオチャット中に、キャスト候補の女優と自分を比べて、「私より綺麗?」と聞く場面で、ボムスは答えず、缶ジュースを飲むマネをし、ジンジュに「中身入ってないよ」と見抜かれ、それでも「ねぇ、私より綺麗?」と何度も聞かれて、飲むマネをするのが、可愛く、笑えました。

アン・ジェホンとチョン・ウヒが歌ったOSTのNo.7が、今日YouTube上にUPされてました❤️ Stone Music Entertainment のチャンネルで10時間前にアップロードされ、2万7千回視聴されています。ラブラブっぽい、いい雰囲気です。音程がしっかりしていて、2人の声質の相性もいい感じです。

 

【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第14話視聴率1.651%

えぱたさん

第14話あらすじ

ハンジュとイングクは暖かい日差しの中、寝坊。ジェフンの顎に傷があり、ハユンは気づかず。ハンジュが「どうしたの?」と聞いて、「ヒゲ剃りで」と言います。人事に駆け回ってお疲れのハンジュに、ジェフンはジンセンの箱に、メッセージをつけて差し入れ。

ウンジョンがソファで休憩していると、ホンデの声がして、よく見ると、誰もおらず。カウンセリングに行き、先生より、「今度、彼氏が怒って出てきたら、叫びなさい。喧嘩したことないの?」と言われます。ウンジョンはヒョボンのスタジオを訪ね、一緒にフォーを食べに行きます。

ソミンはミンジュンとジョギング。カメラマンもそれを追います。ソミンは久しぶりに会った大学時代の友人たちを「自分より綺麗だと思った」と言います。

ボムスはファンドンの様子を伺い、行ったり来たり。腕相撲を申し込み、対決。ボムスもファンドンも腕に包帯を巻いていて…。

ヒェジョン作家のオフィスに局長が来ていて、「なぜここに?」との言葉に「自分はドラマCPだ。チーフプロデューサー。作家を守る義務がある」と。ソミンの事務所ソ代表が来て、ヒェジョン作家の隣に座り、差し入れだと。局長は「どっちが醜い?」と言い、ヒェジョン作家は「え?47年間知らなかったの?」と。出て行った局長はシワ伸ばしの方法を模索。

ミーティング中に、ジンジュが「疲れた」と言い、場の雰囲気をフォローしようと、冗談を言うつもりが結局、真正直にしか言葉が出ず、「ジェフンの顔見てたら、ハンサムだなぁと。ソーリー」とハンジュ。嬉しそうにニコニコのジェフン。「お疲れでしょう。これ飲んで」と飲み物をジンジュに差し出す手を、ボムスが制し、「要らない」と。ジェフンは自分で飲みます。「遊びに行こう。遠くに」というジンジュの提案。

ウンジョンがバス停を降り、かつて寄付をした山の中の保育院を訪問。食堂でひとり食事する男を見つけ、ビックリ。街中で暴漢をボコボコにしたあの男。逃げようとすると、案内していた人は「いい人ですよ。キム会長と呼んでます。ほぼここに住んでるようなもので」と言います。

ジンジュとボムス、ハンジュとジェフンはウォルミドへ取材旅行に。ゲームをやって、負けたら奢ることに。ジェフンが圧倒的に強く、ボムスがサンマを奢ります。

ウンジョンとキム氏は皿洗いや洗濯をしながら、話します。休んでいる時、「ハグしてあげましょうか? 大変そうだから」と言うので、ビックリするウンジョン。キム氏が子供に合図すると、無言で走って来た子はキム氏の首に食らいついて、ハグ。「降りろ」と言われても、ぶら下がったまま。他の子も飛びかかってきます。

ボムスとジンジュが2人、話しながら歩いていて、「旅行に行こうとした時に求めていたことを、そろそろ見つけないといけない時間ですね」とボムスが言います。ジンジュは「もう見つけた。この背中」とボムスの背中にハグ。

ジェフンを車で送りながら、ハンジュは「腹を立てないことに決めたら」とアドバイス。ジェフンが帰宅すると、ベッドに座って「ずっと待ってた」と言うハユンをジェフンはハグ。

 

第14話感想

あと2回でこのドラマが終わってしまうので、何か寂しい気持ちがし始めてきていて、それを察してくれて、このエピソードは少し減速して、これまでの時間を振り返る時にしてくれてるのかなぁという気がしました。

ジンジュたち4人がウォルミドという観光地に行って、食べたり、遊んだりする様子は大サービスでした。一方、ひとりウンジョンは全財産を寄付した保育院を訪問して、あの通り魔から助けてくれた男性とまさかの再会があり…。ほっこりした時を過ごしていたのでした。亡くなった彼氏のことも、遺してくれた携帯のアプリを発見して、ストレスの中でウンジョンが感じていた怒りっぽい彼氏のイメージでなく、優しい人だったなと思い出すこともできました。

最近、問題を起こした芸能人が地方の被災地でボランティアする姿が報道されていて、イメージ回復で良い傾向だなぁと思います。大変な一時期を過ぎると被災地も忘れられて行くのも早いですから、カメラを引きつける力を持つ人たちが、話題を提供して、忘れないようにしてくれるのは、効果アリと思います。救済が必要な人を救済して、自分も救済してもらうって、いい考えです。

韓国のドラマは、弁護士とか、判事とか、医師とか、刑事とか、いわゆる極限職業の方々が、表向きのイメージと違って、実は生身の人間で、色々な悩みや問題を抱えているんだという描き方をされるストーリーが多い気がします。別世界の人かなと思ってしまいますけど。同じ人間なんだなって、親近感が湧きます。芸能界周辺で働く人々も。

 

メロが体質 15話・16話(最終回)あらすじと感想

 

メロが体質 あらすじと感想 視聴率・キャスト 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー