ミス・リーは知っている キャスト・相関図 視聴率 全話あらすじと感想


放送予定

【日本放送】

●【日本初放送】KNTV(2020/12/19or26)(土)後8:00~10:30 ※2話連続放送

【韓国放送期間】2020年7月1日~7月16日 毎週水曜日、木曜日の夜9:30〜10:50  80分

ミス・リーは知っている

미쓰리는 알고 있다   She Knows Everything, Miss Lee Knows
2020年放送 MBC  全4話

視聴率

平均視聴率 2.88% 시청률 1回3.2%、2回4.2% 3回3.2%、4回2.9% 5回2.3%、6回2.4% 7回2.3% 8回2.5% 最低視聴率第5・7回2.3% 最高視聴率第2回4.2%

出典:MBC  미쓰리는 알고 있다

あらすじ

再建築アパートで繰り広げられるミステリー

2019年MBC脚本公募受賞作に台本の設定はもちろん、劇の没入度が卓越していると評価を受けた作品

建て替えを控えたクンマンションで一人の女性の遺体が発見される。現場の状況から自殺と見られていたが、刑事のホチョル(チョ・ハンソン)は他殺を疑い、マンションの住人たちの事情聴取を進める。マンションに住む不動産仲介人のミス・リーことグンボク(カン・ソンヨン)は住人を疑うホチョルを警戒し、対立する。住人たちとミス・リーは皆それぞれに秘密を抱えていて…。

出典:KNTV ミス・リーは知っている

相関図

出典:http://www.imbc.com/

キャスト

主要人物

カン・ソンヨン イ・クンボク役(女、40歳)ミス・リー。おせっかいで有名な再建築アパートのクン不動産仲介人。クンマンションの建て替えのために今日も走る! 9棟1004号入居者。17年前、クン不動産のミス・リーと名乗り、事業を始めた。手腕良く、頭良く、社交も好き。入居者の最初の住人で、ご近所の人々みなと友人と自負していた。

チョ・ハンソン イン・ホチョル役(男、42歳)カンナム署のエースであり、全国検挙率1位のベテラン刑事。利己的だが有能。明晰な頭脳、速い足とロボットのような握力でカンナム署の伝説となっている、20年目殺人課刑事。血気旺盛だった二十代前半、彼を警官に導いたのはただ一つ。きちんと月々に出る給料と死ぬまで支えられるという年金。

クンアパート

パク・シナ ヤン・スジン役 (24歳、女)9棟604号入居者。犠牲者。近くの高校の期間制音楽教師、ショッピングモールのモデル。2年前までピアニストを夢見ていた。母がひき逃げに遭い、全身麻痺になると、一瞬で人生が崩れる。ミスリーの紹介で近くの私立高校の音楽教師として就職した。

キム・ドワン ソ・テファ役(19歳、男)9棟1003号入居者。クン不動産社長の息子。母が病気だった時に、ミス・リーが友人だった。母の死後、ミス・リーが彼女のアパートを購入した。父が事業のため中国に渡った時、ミス・リーは彼の不動産事業を請け負った。

イ・ギヒョク イ・ミョンウォン役(36歳、男)9棟704号入居者。クンマンションの建て替え工事を狙っているビョンウン建設の婿。元検事。母が彼を産んで死に、児童養護施設で育った。頭は良く、成功のために走った人生に疲れ、孤独だった。そんな彼が初めて出会った愛、スジン。

ムン・チャンギ ポン・マンレ役 (75歳、男)9棟104号入居者。クンマンション建て替えの組合長。18年前の建設会社社長から引退したおかげで、住民の厚い信任を得て、再建推進委員会の委員長に上がり、現在は組合長にまでなった。

チョン・スギョン 婦人会長 (52歳、女)物言いも荒く、視線も荒く、異性にも冷たい。野生的なのは強さだと知っている、単純で無知な女性。

ウ・ジウォン 管理所長 (46歳、男)ハンサムな容貌のおかげで、一生妻のヒモとして生きていく男。10年以上も管理所長をし、種々の苦情に悩まされても、余裕満々だ。人は良いが、仕事は遅い。意外な魅力は隠しだてするような秘密がないこと。

キム・イェウォン 総務 (34歳、女)どこから転がり込んでてきたかわからない、猛獣女。クンアパートの所有者であるかのようにふるまうテナント。婦人会長と一緒に再建築のデモに出るが、下心がある。

キム・ギュソン ハン・ユラ役 (35歳、女)ミョンウォンの妻。建て替え施工を狙う、ビョンウン建設代表の娘。

パク・ヘジン ナム・ギスン役(70歳、女)ポン老人の妻。認知症重症患者。たまに夜にこっそり野良猫に餌をやる。その日も隠れて猫に餌をやっていて、スジンに会った。

シン・ウォンジェ キム・ソンギュ役 (19歳、男)管理所長と婦人会長の息子。甘やかされて育った。しつけもなく、常識もなく、将来の見込みもない青年。ハンサムで人気があり、テファにとっては目の上のたんこぶだ。

スジンの周辺人物

キム・グムスン ユン・ミョンファ役 スジンの母親。クンボクとは、実の姉のように親しい間柄である。不慮の事故により、寝たきりである。

ペ・ユンギョン イ・ヒョンジ役(24歳、女)ドレスルーム代表。スジンの中学校の同級生で、スジンを憧れて妬んでいた。

警察署

ヤン・ギウォン ク・デソン役(37歳、男)ホチョルのパートナー。ホチョルが刑事として成功するのを見て、そばで黙々と助けてきた長年のパートナー。ホチョルの2年前の秘密を知っている。

キム・デゴン キム・ミンソク役  ホチョルのチームの最年少。アメリカで刑事の夢を育てていた時にCIDのことを学んだ。最初は仕事中毒なホチョルを模範にしていた。

その他の人びと

キム・カンミン ぺ・ジヌ役(25歳、男)クンアパート宅配便運転手。ミス・リーが近くの共同住宅に住んでいた時から面倒を見ていた家庭の子供。

キム・ナユン ビョン・ギナム役  (40代、女)放送局の記者。かつてクンアパートの住民であった。

その他

シン・ジョンユン 

ハン・ジョンウォ

 

画像出典:http://www.imbc.com/

作成:え

●以下、感想ネタバレ有。ご注意ください。





話数ごとのあらすじと感想

話数ごとのあらすじと感想

えぱたさん

.

ミス・リーは知っている 1話・2話 あらすじと感想
ミス・リーは知っている 3話・4話 (最終回)  あらすじと感想

作品感想

あまりグロいシーンは登場せず、気軽に推理が楽しめて、リアルな人間模様に考えさせられる、2019年MBC脚本賞を取ったドラマ!

『ストーブリーグ』にちょい悪でチンピラと組んで、ナムグン・ミンを痛めつける打者役のチョ・ハンソンと、『十八の瞬間』でオン・ソンウの同級生で、クセのある数学の天才役キム・ドワンが出ているので、見ることにしました。

ポスターを見るだけで、主人公イン・ホチョル刑事役のチョ・ハンソンの顔力がすごいです。“よそ者”刑事らを排除しようと、女性ながらに立ちはだかる、“ミス・リー”こと、不動産ブローカーのイ・クンボク役カン・ソンヨンの姿からも、このアパート内にどういう人間関係があったのか、入ってみたい興味をそそられます。

最初のほうだけ、アパートの窓から落下した女性のご遺体が出てくるので、もちろん死んだフリですが、そこだけ立って諸用していれば、あとは残虐なシーンほか出てこないので、あまりストレスはなく、推理を楽しめます。

ソウルの江南区一等地に立つ古いアパートの買収、高級マンションへの建て替えにまつわる人間模様が描かれますが、お金持ちたちも、事情あって年代物の建物に住む人々ということで、親近感がわきます。視聴者を含め、刑事たち外部の者には想像できない、入りくんだ人間関係が少しずつ明らかにされていく過程で、ドラマに没入できます。

4話と内容が短く、ムダなく1つの事件発生から解決へ話が流れていくので、話が進むごとに良く作られたドラマだと思わされ、サスペンス&ミステリーが苦手な方にもおすすめです。






来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー