ミス・ハンムラビ 3話・4話のあらすじと感想 イム・パルン役 エル(キム・ミョンス)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ミス・ハンムラビ  미스 함무라비 全16話

第3話 あらすじ

セクハラで解雇された大企業の部長が、解雇の無効を求めて裁判を起こした。セクハラの被害者に同情的なチャオルムはセサンやバルンと衝突。認識の違いにいらだつチャオルムはバルンとボワンを連れ出してセクハラを体験させる。一方、裁判では会社側の証人たちがなぜか一斉に部長を擁護し、セクハラの被害者が責められる展開に。違和感を抱いたチャオルムたちは次第に団結する。果たして3人は事件を公正に裁くことができるのか。

https://knda.tv/datv/program/DT001389/

第3話感想

quetalsurinoさんより

チャオルム、バルンと二人を指導するソウル地検部長判事ハン・セハン(ソン・ドンイル)の三人が共に担当することになった事件は、女子インターン社員へのセクハラが暴露され会社から解雇された人物が解雇を無効にするための裁判。

韓国で「Metoo運動」が拡散したことを考えると、このドラマでも取り扱われることになるとは予想していましが、裁判で勝利し解雇を無効にすることになるとセクハラはなかったことになるとは。。。判決を下す前の判事3人のそれぞれの意見から、判事の仕事では多面的なものの見方が必要なのかと、思いました。

過去のセクハラされた記憶から、夜一人でエレベーターに乗ることに恐怖を感じるチャオルムが、地下鉄で痴漢する男を捕まることができた理由が気になるバルン。最後のシーンは、チャオルムの答えとは違い、女性が危険を感じた時、誰かに助けられるよりも自ら危険から逃れるための努力をすることの方が多いこと。弱者として存在する場合が多い女性の立場を代弁しているように思えました。

イ・ドヨン(イ・イエリヤ)やチョン・ボワン(リュ・ドクファン)判事などの助演も個性的。特に「サム・マイウェイ」ではアナウンサー役を演じたイ・イエリヤが、このドラマでは仕事のできる魅力的な速記官を演じています。

明るいエピソードではなかったけど、意外な展開もあり面白かったです。今後は法廷エピソードだけではなく、裁判所内部のさまざまなエピソードが登場するようで、次の話への関心も高まります。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第4話 あらすじ

出世欲に取りつかれたソン部長の下で残業を重ね週末まで働くホン判事。彼女が妊娠初期だと知っているチャオルムは精神的にも肉体的にも追い詰められた様子のホン判事が心配でたまらない。ソン部長がバルンの意見を盗んだことを知ったチャオルムは上層部に問題提議しようとするが、バルンに止められてしまう。折しもホン判事は流産し、怒ったチャオルムは上司セサンの制止を振り切りソン部長の処分を求めて行動に出るのだが…

https://knda.tv/datv/program/DT001389/

第4話感想

quetalsurinoさんより

チャオルムの影響からか、バルンが動きだしました!

裁判所の組織内部に存在する上下関係や、成功するためには手段を選ばないソン・ゴンチュン部長判事の不当な行為に異議申し立てることになったチャオルム。裁判官は感情的になる人物は不適用だと思っていましたが、主人公チャオルムは人間味溢れる熱血検事であることを考えると、考える前に行動する人物であることは間違いないようです。

ソン・ゴンチュン部長判事の懲戒を求める意見書を提出するチャオルムを強く反対したのは、ハン・セハン部長判事でした。現実主義の部長判事としての行動だったのか、特別な理由があるのかはまだ分からず。。。

どうするべきか悩んでいたバルンが、チャオルムと共に動きだすことになりました。もちろんやり方は、裁判所だけに法律に基づいて異議を申し立てることになります。バルンらしいやり方ですが、果たして二人は先輩の部長判事たちと正面対決することができるのでしょうか。

組織内に存在する差別や不公平に関する話は、次の話で本格的に描かれるようです!

エル (本名:キム・ミョンス)  イ・ソン役
出典:http://www.imbc.com/
生年月日1992年3月13日生まれ 身長:180cm 血液型:O型 INFINITE(インフィニット、朝: 인피니트)は、韓国出身の6人組男性アイドルグループ。大慶(テギョン)大学実用音楽科 (2013年卒業) 湖西(ホソ)大学実用音楽科 編入
エル インスタグラム
仮面の王 イ・ソン イ・ソン役(2017年)賎民、世子イ・ソンの影武者

君を守りたい~ONE MORE TIME~(2016/KBS) ユ・タン 無名バンドのリーダー、ボーカル兼ギター担当
君を愛した時間(2015/SBS) キ・ソンジェ ハナの職場のインターン
僕には愛しすぎる彼女(2014/SBS) シウ(ヨンボク) AnA所属歌手、「無限動力」の元メンバー
ずる賢いバツイチの恋(2014/MBC) キル・ヨハン ジョンウの運転手、秘書
主君の太陽(2013/SBS) ジュンウォンの少年時代
お母さんが何だって(2012/MBC) キム・ミョンス ヨンソクの弟、大学生
サンショウウオ導師と恋まじない(2012/SBS) L ミニョクの昔の仲間、名画窃盗犯
美男<イケメン>バンド(2012/tvN) イ・ヒョンス 「眼球浄化」ギター

 

ミス・ハンムラビ 5話・6話のあらすじと感想 ハン・セサン役 ソン・ドンイル

 

ミス・ハンムラビ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿