Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミスター期間制 1話・2話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ミスター期間制  미스터 기간제  全16話 ●韓国放送2019年 7月17日~

第1話視聴率 1.814%

onwardさんより

 

第1話あらすじ

腹に刺さった包丁…血を流して倒れている高校生のチョン・スアを、震えながら見つめる同じ高校に通うキム・ハンス…

キ・ムヒョクは弁が立ち、成功の為には手段を選ばない弁護士。綿密に戦略を立て、巧に弁護を展開して、裁判を成功に導く切れ者です。ある日、所属する法律事務所の代表イ・ドジンは、キ・ムヒョクに「キム・ハンス事件」の弁護を命令します。名門私立チョンミョン高校の学生が同じ高校の生徒に刺されて重体となった事件。イメージダウンを懸念した学校側が依頼したのです。検察側と量刑合意があるから、その通りに進めてくれ、と言うイ・ドジン。しかし知り合いの検事チャ・ヒョンジョンを訪ねると、話は違っていました。事件を再調査し、被害者の挙動に不審な点を見出すムヒョク。開廷すると、ムヒョクはキム・ハンスが無罪ではないかと主張しますが、キム・ハンスは自分が刺したと、ムヒョクに飛びかかり、法廷で暴れ出します。

拘置所に帰り、ハンスに怒りをぶちまけるムヒョク。「チョン・スアについて知っていることを何故、私に黙っていた!!」ハンスも叫びます。「あの娘は可哀そうなんだ!アンタのような苦労知らずに俺の何が分る!」緊張が走り、2人を注視する監視官。ムヒョクは、自分も児童養護施設育ちで、納得できない事に直面するのが嫌で弁護士になった、と告げて、接見室を出て行きかけます。足を止めさせたのはハンスの「彼女は逃げたいと言っていました。」という言葉。2人は、スアの状態を確認して、翌日再度会う約束をするのですが… その晩、仮病を装って拘置所を抜け出し、病院の屋上から飛び降りて昏睡状態に陥るハンス。

被疑者を自殺未遂に追い込んだ「悪徳弁護士」の世論を理由に、代表イ・ドジンはキ・ムヒョクを職務停止処分にします。あくまでも依頼人に有利な弁護をすべきで、ハンスが無実かどうかは関係ないと言う代表。ムヒョクは、代表の息子がチョン・スアと同じ学校に在籍していること等、更に不審な点を発見しますが、重体だったチョン・スアが死亡してしまい、真実は闇の中へ。

慰問に訪れるキ・ムヒョク。すれ違った4人の学生の会話が耳に入り…!?

 

第1話感想

学園スリラーの始まり。OCNは面白いキャラクタ―とストーリー展開が「売り」で、この作品も期待できそうです。まだ1話が終わったばかりですが、スピード感たっぷり。成功の道をひた進んでいたキ・ムヒョクが、一気に職を剥奪されどん底に。裁判のシーンや、拘置所接見室のシーンは緊張感満点で、とてもインパクトがありましたが、笑える場面もあって、スリラーとしてバランスが取れていると思います。

ユン・ギュンサンのファンにとっては、ちょっとハチャメチャだった前作(「とにかく熱く掃除せよ」)よりスマートで頭脳明晰な彼が見られて、良いのではないでしょうか。毎度異なるジャンルに挑戦する彼が、今度はどんなキャラクターを描き出すのか、楽しみです。

この回で印象深かったのが、キム・ハンスを演じたチャン・ドンジュ。話のなかでは昏睡状態になってしまい、今後どのぐらい出番があるのかなと思いますが、爆発するだけではなく、繊細な感情表現が上手だと思いました。彼は、2018年末から2019年にかけて放送された「ボクスが帰ってきた」でも、精神的に追い詰められる学生を演じていましたよね。こういうジャンルが得意なのでしょう。これから更に伸びて行って欲しいです。

最後に、チョン・スアが死んで嬉しいだろう、という謎の言葉を吐く学生達が描かれました。この学校で何が起こっているのやら、期待させるものが多く、今のハイ・ペースな展開をキープして欲しいと思っています。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第2話視聴率 2.413%

 

onwardさんより

第2話あらすじ

チョン・スアの葬儀の場で、チョンミョン高校トップクラスの4人の、異様な会話を耳にするキ・ムヒョク。学内ネットコミュニティー、キム・ハンスが秘密を知っている、イ氏がチョン・スアの味方??イ氏って?膨らむ疑問。しかし… ムヒョクの事務所内に捜査が入り、書類がすべて押収されます。‟君の”VIP顧客から苦情が来ている、と言うイ・ドジン。紹介したのは代表自身だと反発するムヒョクに、急に手のひらを反す代表は、ムヒョクに提供していた家と車を取り上げ、彼を解雇してしまいます。

2か月後。ムヒョクは、弁護士時代からの“裏の片腕”パク・ウォンスクの協力を得て、チョンミョン高校の期間制教師に変身!「キ・カンジェ先生」として潜入捜査を開始します。初日の出勤途中、未成年の喫煙を注意して相手を投げ飛ばした女性を助けるムヒョク。その相手とは…(勿論)チョンミョン高校の体育教師ハ・ソヒョン。

流石は弁護士。相手によって、取るべき態度と言うべき事をわきまえたムヒョクは、ハ・ソヒョンだけではなく、職員室でも、行政室長室でも好印象。その晩の「キ・カンジェ先生の歓迎会」では、陰湿なジュン・ヨンヒェ教頭のターゲットになってしまったソヒョンとシン・ヘスを救い出します。それらが起こっている頃…

アン・ビュンホは「運び人」と呼ばれ、他の生徒達から虐めを受けていました。タバコ、菓子、弁当など様々な品物を無料で提供するよう強要され、コンビニのバイトをさせられます。賞味期限切れの弁当を集めたり、果ては万引きまで。キ・ムヒョクが“赴任”してきた日は、ネット・コミュニティー・メンバー間で着々と「対戦放送」の準備が進められていたのです。

「飲み会」を1次会で終わらせたムヒョクは、チョン・スア事件の手掛かりを探しに、深夜の学校へ戻ります。目を付けていた写真部の暗室に入ると、そこには大量のチョン・スアやナ・イェリ達の写真!更に、ガラス越しに見える屋上は、まるでパーティー会場の様。そして、真ん中のリングで、なんとアン・ビュンホがソン・ジュンジェに殴られているではありませんか!見ていられない…外に出ようとするムヒョクの前に現れるユ・ボムジン。「今出て行ったら、アイツは死にますよ。」

 

第2話感想

優秀で冷ややかなユ・ボムジンが放った一言!冒頭の、トップ4人の異様な会話内容も含め、明らかになった校内暴力やネット・コミュニティーを通じた賭博、その他、ここには何が隠されているのか。チョンミョン高校の生徒は皆優秀なだけに、やることが巧妙で手が込んでいそう。ユ・ボムジンに、暗室の中を見られたことと、大っぴらな校内暴力を目撃したことが知れて、ムヒョクは捜査しにくくなる気がします。今後は、アン・ビュンホの虐めが発覚し、担任として対応を迫られるハ・ソヒョンと協力していく展開でしょうかね。気になったのが、行政室長室に飾ってあったイ・テソクとイ・ドジンのツーショット。代表の息子は学内トップ4人の一人、イ・キフンですから、いずれ、ムヒョクの潜入捜査がバレてしまう可能性があります。教師免許が偽だと分かったら、またややこしい…

さて、緊張が高まる場面が満載な中で、とても楽しめたのが「キ・カンジェ」が理事や教師達と交わるシーンです。流石、論理を組み立てて話すのが仕事ですから、お口が滑らか!話す事全てが理にかなっていて、反対出来ませんよね。特に、陰湿な教務部長を相手に、おべっかを言いながら酔い潰してしまうところは、見ていて爽快でした!

ラインやTikTok、ミックスチャンネル等、今やこの様な校内ネット・コミュニティーは簡単に作ることが出来て、このドラマは警鐘を鳴らす意味合いが大きそう。今後に注目したいと思います。

 

ミスター期間制 3話・4話 あらすじと感想

 

ミスター期間制 あらすじと感想 視聴率・キャスト 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー