マンホール 韓国ドラマ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●アジアドラマチックTV(2019/4/26から)月~金曜日朝6時から 字幕
●アジアドラマチックTV(2019/3/30から)土・日曜日8:30から3話連続放送(日曜日は2話連続)3/30は11:30から1話字幕
●BSフジ 全21話(2019/1/31から)月~金曜日14:59から 字幕
●韓国放送2017年8月9日22時~ (水、木ドラマ )

マンホール 不思議な国のピル 맨홀 全16話
2017年放送
平均視聴率 2.1% 시청률
 2017y08m08d_230620851
맨홀 공식사이트 マンホール 不思議の国のピル
あらすじ

一週間後に予告されている結婚を防ぐためにランダムタイムスリップを通じて過去と現在を行き来する過程を興味深く描いた作品。

公務員浪人3年目のボン・ピル(ジェジュン)は、28年間も片思いしてきたカン・スジン(ユイ)が電撃結婚すると知って落ち込んでいた。1週間後に迫った結婚式をあの手この手で阻止しようとするが、空回りばかりして周囲を呆れさせてしまう。ついにスジンから結婚式の招待状を渡されて絶望したピルは、なぜか道端のマンホールに吸い込まれて高校時代にタイムスリップ! 当時、スジンに迫っていた男とのケンカに完敗したことを思い出し、リベンジ・マッチを挑んで見事勝利を果たす。ところが<2017年>の現在に戻ると、ピルは警察にマークされる前科持ちのチンピラに変わっていた。タイムスリップ先での行動によって<2017年>の状況が変わることに気づいたピルは、現在と過去を行き来しながら「スジンと結婚する」という未来を目指して奔走するが…

DATV マンホール あらすじ
ponycanyon マンホール 不思議な国のピル 相関図
 2017y08m08d_232953883
キャスト

ポン・ピル役 キム・ジェジュン(JYJ )
カン・スジン役 ユイ
ユン・ジンスク役 チョン・ヘソン
チョ・ソクテ役 パロ

オ・ダルス役 イ・サンイ
ヤン・グギル役 カン・ホンソク
ホン・ジョンエ役 キム・ミンジ
ポン・ダル役 チュ・ジンモ
ユン・クッスン役 キム・ヘオク
ソクテの父役 ウ・ヒョン
スジンの父役 ソ・ヒョンチョル
スジンの母役 イ・ヨンギョン
パク・ジェヒョン役 チャン・ミグァン
ミジャ役 ソヨン
ユンミ役 ソン・ジアン

スタッフ /脚本:イ・ジェゴン 演出:パク・マニョン、ユ・ヨンウン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

.以下、話数あらすじと感想

marikoさん

.作品感想は一番下に記載

マンホール~不思議な国のピル~ 1話・2話 あらすじと感想 ジェジュン ポン・ピル役
マンホール~不思議な国のピル~ 3話・4話 あらすじと感想 ユイ カン・スジン役
マンホール~不思議な国のピル~ 5話・6話 あらすじと感想 チョン・ヘソン ユン・ジンスク役
マンホール~不思議な国のピル~ 7話・8話 あらすじと感想 パロ チョ・ソクテ役
マンホール~不思議な国のピル~ 9話・10話 あらすじと感想
マンホール~不思議な国のピル~ 11話・12話 あらすじと感想
マンホール~不思議な国のピル~ 13話・14話 あらすじと感想
マンホール~不思議な国のピル~ 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

marikoさん

JYJのジェジュン、アフタースクールのユイが出演ということで、楽しみに観ました。ジェジュンといえばあの美しいイケメン顔なので、今まではクールな2枚目役のイメージでしたが、今回は無職だし自信がなくて告白もできないような情けない男役でした。

ユイもわりと過去に傷がある役が多かった気がしますが、今回は平凡で幸せな家庭に育った1人っ子。友達思いの平凡な役。

韓国ドラマというと、財閥出身や出生の秘密…なんていうのが定番ですが、最近若者向けに作られるドラマは、「なかなか就職できない」「自分に自信がない」「特にこれといった個性もない」といった若者像が描かれることが多い気がします。このドラマが伝えたいことも、「自信がないと行動できないけど、自分の気持ちに素直になって行動してごらん!」ということを言いたかったのかな?と思います。

B1A4のバロもぽっちゃりした姿で登場し、アイドルらしい役ではなかったので、また俳優としての幅を広げたと思います。もともと演技者としての評価も高いですが、今回の役でも、彼がアイドルのイメージを破ることに積極的なんだなということが感じられました。

ドラマのストーリーとしては、恋愛の心の動きというよりも、タイムスリップをしたりしてハラハラドキドキするような面が強調されていると思います。次がどうなるのか読めない展開ではありながら、シリアスに描きすぎていないので、気軽に楽しめるドラマでした!ドラマ最終回でも、まだストーリーが続くような終わり方だったので、良い余韻を残してくれました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー