マッド・ドッグ(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●ホームドラマチャンネル(2018/11/14から)水・木曜日13:15から 字幕
●BS12 トゥエルビ 全20話(2018/10/20から)土・日曜日17時から 字幕
●KNTV(2018/6/25から)月~金曜日16時から 字幕
●韓国放送2017年10月11日~

マッド・ドッグ  매드독 全16話
2017年放送 
平均視聴率 6.62% 시청률 最高視聴率9.7% 最低視聴率4.8%
 
매드독 홈페이지 マッド・マック 公式サイト
あらすじ

大手保険会社の敏腕調査員だったガンウ(ユ・ジテ)は、2年前に妻と息子を飛 行機事故で亡くし、今は私設の保険調査チーム「マッド・ドッグ」を率いて保険金 詐欺を摘発している。

ある日、崩壊したビルの所有者でもある建築家が多額の保 険金を請求した。手抜き工事と直感したガンウは調査をはじめるが、それを否定 する建築事務所社員のミンジュン(ウ・ドファン)が賭けをもちかけてくる。ガンウ は証拠をつかむものの、ミンジュンに出し抜かれてしまう。さらに彼は飛行機事故 を起こしたキム副機長の弟だと名乗り、ガンウを挑発する。はたして彼は何のた めにガンウの前に現れたのか? やがて2年前の飛行機事故には重大な秘密が 隠されていたことがわかる。

 KNTV マッド・ドッグ 相関図
キャスト

ユ・ジテ チェ・ガンウ マッド・ドッグのリーダー、元刑事
ウ・ドファン キム・ミンジュン 建築事務所職員 キム・ボムジュンの弟
ファヨン チャン・ハリ マッド・ドッグのメンバー 身体能力が高い
チョ・ジェユン パク・スンジョン(チーター) マッド・ドッグのメンバー、元ヤクザ、看護師の資格
キム・ヘソン オン・ヌリ(ペンティアム) マッド・ドッグのメンバー、ハッカー
ホン・スヒョン チャ・ホンジュ 太陽生命専務 チャ会長の1人娘
チョン・ボソク チャ・ジュンギュ ホンジュの父、太陽生命会長
チャン・ヒョクジン パク・ムシン 太陽生命保険調査チーム長
チェ・ウォニョン チュ・ヒョンギ JHグループ副社長
イ・ジュニョク チョ・ハヌ ガンウの友人、刑事
パク・イナン ピョン・グクチン マッド・ドッグの協力者、元法医学教授

スタッフ /演出:ファン・ウィギョン 脚本:キム・スジン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんの感想より

●映画オーシャンズ11を連想させるケイパーもの韓国ドラマ!

保険詐欺の被害者を助ける保険詐欺犯罪調査ドラマで、マッド・ドッグ(Mad dog)は、調査チーム名。しかし、合法的ではない調査方法を通じて真相を明らかにしていき、弱者を守るダークヒーロー的な存在。その中心にいるのが主人公チェ・ガンウ(ユ・ジテ)、キム・ミンジュン(ウ・ドファン)、チャン・ハリ(リュ・ファヨン)とパク・スンジョン(チョ・ジェユン)等々、個性あふれるキャラクターたちが集まってつくられたチームが、一度つかんだものは逃さない姿勢で、保険詐欺を暴いていく姿が大胆で韓国ドラマであまり観たことのないケイパーもの。ちょっとあり得ないと思いながらも、新鮮で面白かったです。

キム・ミンジュンとチェ・ガンウのブロマンスもなかなかよかったです。2016年に放送された「グッドワイフ」で見せたスマートな検事役とは違い、ワイルドで鋭い観察力で保険詐欺を暴いていくチェ・ガンウの役がこれまでのイメージでピッタリ、ドラマ「ジャクラス」ではチェ・ガンウ役で特別出演するなど、俳優としてのユ・ジテの存在感の大きさを感じた作品。「太陽の末裔」に出演して以来、他に類を見ないほど個性のあるチョ・ジェユンの演技もよかったです。

凄いカリスマのユ・ジテに負けずの存在感を披露したのがウ・ドファン。どこかで見た俳優と思っていたら、「ウチに住むオトコ」や「君を守りたい~SAVE ME~(原題:「助けて」)」に出演していましたね。最初は誰なのか思い出せなかったけど、ドラマが終わった頃には名前まで覚えるほどにまで。2018年は、新作「偉大な誘惑者」にも出演していて、とても気になる俳優です。

保険金を狙った様々な方法が描かれ、米国ドラマを観ているような感じ。アクションもあり、知能型スリラードラマとして、強い印象を残したのではないでしょうか。韓国映画ではケイパーものがありますが、ドラマではあまりみることのないジャンルで、登場する人物の多様性もあり、新しいジャンルのドラマとして、マクチャンドラマやラブロマンスなどに飽きた方に、おすすめしたい作品です。

【豆知識】
チョンア公園で撮影されてシーンがありますが、こちらは実は納骨堂。多くの映画・ドラマなどが撮影された場所で、「アイムソーリー カン・ナムグ~逆転人生~」でも登場した場所。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー