マザー(韓国ドラマ) 11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

マザー Mother  마더 tvN 全16話 

 

amijkさん

第11話あらすじ

ヘナを連れ去った車を追ったスジンは途中で事故を起こしてしまいます。ヘナを連れ去ったソラクはヘナがヨンシンにもらったネックレスを見て、ヨンシンの家での様子を聞き、ヘナを人質にお金を要求することを思いつきます。他人の子のために大金を払うはずがないと言うジャヨンに、「あの人たちはそういう人たちなんだ」と主張するソラク。養子縁組の解消を考え直したヨンシンは、要求された5億ウォンを払うことを決意します。ソラクはヘナを連れてスジンの育った施設にやって来ます。

スジンはヘナが生きている証拠が欲しいと要求し、ヘナの好きだった本の暗誦を通じてヘナが自分の居場所を伝えようとしたことに気づきます。ヘナがいる場所が施設であることに気づいたスジンはジノンと向かいます。その頃、思い悩んだイジンは警察に通報。ジノンが、自身の亡くなった母親の携帯でスジンと連絡を取り合っていることを掴んでいた刑事たちは二人の位置情報を追跡します。

ヘナに、自分の母親についての話をするソラク。ソラクが幼い頃、夫に離婚を切り出されていた母親はソラクに対し泣くことを禁じ、夜に一人にして出かけ、帰ってきては汚いと言って怒りを爆発させていました。母親が息絶えた姿を発見したときの話を聞いて、おじさんの気持ちが分かるというヘナ。ソラクはヘナに袋を被せ、部屋に油をまき始めます。

第11話感想

とんでもない展開になってきました。「実の親が子どもを人質にして誘拐犯を脅迫しているのか?」と警察もビックリしていました。ヨンシンがヘナにプレゼントしたネックレスがきっかけになってしまいました。身代金を要求するほうもするほうですが、払うというヨンシンもすごい。「もしユンボクに何かあったら、その後のスジンが心配」という母心…。

スジンの育った施設でのソラクとヘナの会話するシーンが長く、内容もハードだったので見ているのが辛かったです。ソラクは自分が小さい頃、母親にされていたのと同じことを子どもたちにしていたということですね。ヘナが気丈にも、暗誦していた本の一節に居場所に関するヒントを忍ばせたのがすごいと思いました。ヘナは姿は子どもなのに、大人なんじゃないかと思うようなことがたびたびあります。

母親の息絶えた姿を発見してしまったときのソラクの気持ちを「わかる。自分がいなかったらママが死なずにすんだのにという気持ち」と言ってヘナが涙を見せ、ソラクも泣くシーンが印象的でした。

【豆情報】スジンとヘナが暗誦していた本 「ぼくにげちゃうよ (邦題)」マーガレット・ワイズ・ブラウン著

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

amijkさん

第12話あらすじ

ソラクは施設に現れたスジンの首を絞めようとしますが、事前に打ち合わせた通りジノンが助けに来て、スジンとヘナは逃げ出すことができます。時を同じくして刑事たちも到着します。後輩刑事に襲い掛かったソラクに発砲したチャングン刑事は、スジンたちが乗った車を追います。負傷したソラクは「俺を置いて行くなと言ったじゃないか…」と言いながら油に火をつけます。

刑事はジノンの車を捉えますが車内にスジンとヘナはいませんでした。二人は山道を歩いてある寺に向かっていました。女性は泊められないという和尚でしたが、スジンが20年前に頼ってきた高校生だと知り、助けてくれます。翌朝早く、刑事も寺に駆けつけスジンたちが泊まった気配を察知しますが、和尚はしらを切り通します。

緊急逮捕されたジャヨンは、マスコミに向かって「誘拐犯は女優チャ・ヨンシンの娘」だと叫びます。ヒョンジンは事件の真相を明らかにする記事の準備を進めていました。

ナミソムに向かう船に乗るスジンとヘナ。しかし船に警察官がやって来ます。

第12話感想

またしてもすごい展開になってしまいました。これまでキーパーソンの一人だったソラクは死んでしまいます。「俺には二人の母がいた」と言うのでソラクも?と思ったら、「いいお母さん」と「悪いお母さん」という意味でした。朝ごはんを用意して、自殺してしまった母親…。ソラクが殺した二人の幼い子の母親は、子どもが死んでそのときは泣いていたけど、ほっとして泣いていたんだというソラクの解釈は、ある意味事実かもしれないと思いました。大変な思いをして子どもを育てていたんだ、お前は子どもを育てる大変さを知らないだろう、というスジンへの言葉も印象的でした。

刑事はスジンの足取りを追っていますが、あと一歩のところで追いつけません。ソラクを置いてスジンたちの車を追跡したのは、刑事として正しい判断だったのかな?と疑問に思いました。
スジンの逃亡ではさまざまな人たちが協力してくれますが、今回出てきた和尚さんもスジンが誘拐犯と知りながら協力してくれました。スジンは昔、「二人の母を捨てたい」と言って出家しようと寺にやって来たとのこと。そのスジンが母親になっていたことが感慨深かったようです。

船に乗ったスジンとヘナですが、警察官が現れて船の上ではどうにも逃げられませんよね。今度こそ捕まってしまうのでしょうか。

マザー(韓国ドラマ) 13話・14話 あらすじと感想

 

マザー(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー