Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

マイ・プリンセス 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●衛星劇場(2019/8/3-31)木~日曜日12:15-金曜日12時-、土曜日は11:45-、8/18休止、全話無料放送 字幕

マイ・プリンセス  마이프린세스 全16話
2011年放送 MBC
平均視聴率 16.16% 시청률 最低視聴率第10回11.3% 最高視聴率第4回20.9%
マイ・プリンセス 完全版 DVD-SET1
あらすじ

ビンボーだけど明るく元気な女子大生ソルは、ある日バイト先で公務中の外交官へヨンと出会う。お互いの第一印象は最悪で、2人は会うたびにケンカばかり。そんな中、ヘヨンの祖父で財閥企業の会長トンジェは、皇室再建のために全財産を社会に還元すると表明。長年かけてソルを探し出した彼は、なんとソルが唯一の皇族継承者だと告げ大騒動に! ごく平凡な暮らしが一転し、“皇女”として宮廷入りを迫られるソル。さらにその教育係となったのはへヨンだった!ソルとヘヨンは次第に惹かれ合うが、彼女は国中の視線を集めるたった1人のプリンセス。その行く手には途方もない困難が待ち受けていて…!?

DATV マイ・プリンセス 相関図
キャスト

ソン・スンホン  パク・ヘヨン(31歳) テハングループ会長の孫、外交官
キム・テヒ  イ・ソル 皇女(25歳)、ソリム大学考古美術史学科学生

パク・イェジン  オ・ユンジュ(30歳) ヘヨン博物館館長、ヘヨンの婚約者
リュ・スヨン  ナム・ジョンウ(32歳) ソルの担当教授
イ・スンジェ  パク・ドンジェ(88歳) ヘヨンの祖父、テハングループ会長

イム・イエジン キム・ダボク(46歳)イ・ソル、イ・ダン姉妹の義母
メン・サンフン  オ・ギテク(58歳) ユンジュの父、テハングループ会長秘書室長

カン・イェソル イ・ダン(25歳)イ・ソルの姉

イ・ギグァン コニ (22歳) シェフ

スタッフ /演出:クォン・ソクジャン/カン・デソン、脚本:チャン・ヨンシル
コメントにて随時感想募集中です。

※2011年 MBC演技大賞男新人賞 イ・ギグァン


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
monamyu40さんの感想より

キム・テヒが貧乏な学生役イ・ソルで美術を専攻する大学生を演じていてかわいい初々しい元気な感じでポップな印象でした。

ソン・スンホンは日本でもとっても人気で優しい印象で好きでした。二人の性格が合っている気がしていつも見るのが楽しかったです。ザ・ロマンスという感じの恋愛もので分かりやすいストーリーで二人のお似合いな所も素敵でした。そして奔放な性格のイ・ソルのイメージにピッタリの感じのキム・テヒでテンポよく進むストーリーがリズムが良く最後まで楽しかったです。このマイプリンセスでキムテヒを初めて知ってファンになりました。

民族衣装を着たイ・ソルはモデルのバイトで大きな宮廷のようなところで撮影をしていました。外交官のパク・ヘヨン役のソン・スンホンと出会いますが、二人の出会いは最悪最低のもので、次にデパートでの再び会ってしまう。運命は面白いです。

出会いのシーンが印象的に仕上がっていて、イ・ソルの無茶な頼みにびっくりするパク・ヘヨンの顔が凛々しいです。探していたイ・ソルはあの女子大学生で商売のうまいソルに耐えるヘヨンが面白い。ヘヨンとソルは宮殿で一緒に過ごすことになりそこから怒涛のごとくお互いの気持ちに気が付き両想いになっていく。この時の幸せな恋愛の笑いだしそうに嬉しい気持ちが手に取るようにわかりました。

皇女としてのソルを守るヘヨン。2年たって外国にいたヘヨンが帰ってくる。この時のソルの気持ちが飛び上がるほど嬉しかったです。ソルはヘヨンの外国の赴任を断るがでも飛行機の機内の席にソルは座っていてめでたしめでたしです。

この撮影の中で見つめ合うシーンがあり、ソン・スンホンが心からキム・テヒを見てかわいいなと思っている目が印象的でした。マイ・プリンセスの主題歌はBEASTが歌っています。歌の題はノッテムニンゴル、君のせいだよです。素敵な曲です。

 

このマイ・プリンセス大好きな韓流のドラマでまた観たくなってきました。何度見ても大好きな恋愛でコメディーも少しありで楽しく見れます。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー