Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ボーイフレンド(韓国ドラマ) 13話・14話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ボーイフレンド  남자친구 全16話 2018年放送 tvN

13話 視聴率 7.927%

marikoさん

 

第13話あらすじ

突然やって来たスヒョンに驚くジニョクの家族。ジニョクの母は、ジニョクとスヒョンのカップルリングに気付いて微妙な表情を浮かべるのだった。

ウソクの母は、スヒョンを降ろしてウソクを単独代表にするように指示を出す。スヒョンは父に対して、ウソクの父の祭祀に行かなかったことを謝るが、父は「もう自分たちらしく生きよう」と言うのだった。

株が広報チームの課長の手に渡っていると知ったスヒョン。スヒョンは課長と会い、真実を明かすように言う。そしてキューバのホテルへ異動させると告げる。

夜遅く、スヒョンの家に来たジニョク。撮影に使った花嫁のブーケを渡しながら、「これからもずっと一緒に生きていこう」と言うのだった。しかし答えないスヒョン。

理事会が開かれることに。そこにスヒョンは広報チームの課長を呼び、広報チームの課長は、キューバホテルを危機に陥れたのは自分だと告白する。そして理事の指示だったことも明かす。そしてスヒョンと課長は共に部屋を後にするのだった。理事に失望したウソクもまた、部屋を出てしまう。

ジニョクの母は、手作りのミカン漬けをデチャンに渡し、秘書を通じてスヒョンに渡して欲しいと伝える。

ジニョクは、「どうしてずっと一緒に生きよう」と言ったことに返事をしないのかと聞く。スヒョンは「ジニョクの家に行ってから、自分もこの家で幸せになりたい」と願うようになったと言うスヒョン。そんな贅沢を夢見ている自分を責めているのだった。ジニョクは「過去は関係ない。チャ・スヒョンを愛しているから」と言う。スヒョンとジニョクは涙を浮かべながら、愛を誓うのだった。

スヒョンの秘書は、スヒョンにジニョクの母からのミカン漬けを渡す。中に入っていた手紙には、連絡をくださいと書いてあるのだった。そこで、ジニョクの母と会うスヒョン。ジニョクの母は、謝りながら「ジニョクと別れて欲しい」と言う。近所の人から、「代表と良い仲だから、入社したんだろう」と言われるようになったのだ。スヒョンはただ涙を流すしかなくて…。

第13話感想

 

人の噂っていうのは怖いですからね。ジニョクの噂が近所で話されているというのは、お母さんもなかなか許せないのではないかと思います。もっと平和な人と付き合って欲しいというのが本音でしょうね。ただ、スヒョンの立場から見ると、いつまでたってもスヒョンが幸せになれなさそうで可哀相です。

スヒョンの父が、何か現状を打破する動きをしてくれそうなので、期待大です。もともとお父さんの政治のためにテギョングループと繋がっているのだから、そこがどうにかなってくれれば良いです。でもホテルの経営権がウソクに渡ってしまいそうなのが心配ですね。

デチャンと秘書さんは、いい感じになってきています。この2人はくっつくのかな?この2人からも目が離せません!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第14話 視聴率 7.702%

marikoさん

 

第14話あらすじ

「ジニョクと別れて欲しい」と言うジニョクの母の言葉を思い出し、落ち込むスヒョン。ジニョクは運転手の連絡を通して、スヒョンの父と食事することに。ジニョクは「スヒョンさんは初めて愛を教えてくれた人です。その愛に責任を持ちたい」と言うのだった。父は「スヒョンをよろしく頼む」と答える。

落ち込むスヒョンは、飲み屋に秘書を呼び出し泣き出してしまう。秘書は「ジニョクは最後までスヒョンを見捨てないだろう」と言って、スヒョンを励ますのだった。

何も知らないジニョクは、母を食事に呼び出す。母は、ジニョクとスヒョンが心配だと言う。しかしジニョクは、スヒョンが良い人だ、母と同じように大切な人だということを伝える。

スヒョンはジニョクの先生に呼び出されて、お茶を飲みに行く。スヒョンは先生に悩みを打ち明けるのだった。スヒョンはジニョクの両親に気に入られるかどうか、一番怖かったと告白する。

その後、スヒョンの父の政治団体が、他の団体と合併することが発表される。ウソクの母は、「先にあんたが私を捨てるなんて…」と言って、怒りをあらわにするのだった。

ジニョクの弟は、飲み会の席で友達からジニョクのことを揶揄される。そして暴力をふるってしまうのだった。警察に連行された弟の元へ向かうジニョク。スヒョンはそんなジニョクを見て、自分のせいだと責めてしまうのだった。しかしジニョクは、スヒョンに電話で「大したことじゃなかった」と嘘をつく。

ウソクの元彼女は、スヒョンに会いに来る。しかしウソクとは何の関係もない、全部演技の関係だったと告げる。そしてスヒョンが美術館で観ていた自分の絵をプレゼントとして渡すのだった。ウソクはスヒョンに気を遣わせたくなくて、嘘をついていたのだ。ウソクは「自分なりに最善を考えたつもりだった」と言うが、スヒョンは「それで後ろ指をさされながら離婚した」と言う。そしてスヒョンは「ウソクさんのおかげで、どうやって別れるべきなのか分かった」と言って去るのだった。

翌日、街中の人々の視線を浴びてデートをするジニョクとスヒョン。幸せそうな2人。しかし、スヒョンは別れを決意していて…。

第14話感想

スヒョンの心労がハンパないですね。さすがに可哀相になってきました。ウソクもスヒョンのためにずっと嘘の関係を続けていたなんて、切なすぎです。でもそれも逆効果でした。なかなか上手くいかないですね。

ジニョクの弟も、母の心配どおり友達と喧嘩になってしまうし、街中でデートすれば人々がジロジロ見てくるし、本当に大変そうです。そっとしておいてくれないのでしょうか!?すごくウザいな~と思ってしまいます。

スヒョンのお父さんは娘のために重大な決意をしたようですが、スヒョンはすでに別れを決意しています。スヒョンは立派な地位についていて、頭も良くて顔も美人なのに、自分に自信がないのですよね。今まで親たちにコントロールされる人生だったので仕方ないのでしょうか。可哀相な人だと思います。いよいよ残り2話で最終回。2人がどうなるのか楽しみです。

 

ボーイフレンド(韓国ドラマ) 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

 

ボーイフレンド(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー