ボーイフレンド(韓国ドラマ) 11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ボーイフレンド  남자친구 全16話 2018年放送 tvN

11話 視聴率 7.513%

marikoさん

 

第11話あらすじ

広報チームに再配属されたジニョク。ウソクは、スヒョンを陥れようとした理事に、盗撮した動画を送る。ウソクは理事に取引をもちかける。

ジニョクの父は、ホテルまでジニョクに会いに来る。そして心配して、スヒョンのことを聞くのだった。「行けるところまで彼女と行く」と言うジニョク。父は仕方なしにジニョクの意思を尊重するのだった。

ウソクはスヒョンへプレゼントを用意して「会いたい」とメッセージを送るが、スヒョンはジニョクと一緒にいるので気付かない。スヒョンはジニョクと一緒にいて、すごく幸せだと言うのだった。全部夢のようだと言うスヒョン。そして「以前の友達たちのように、居なくなってしまうようで怖い」のだと言う。

その晩、スヒョンの家まで来ていたウソクは、ジニョクと一緒のスヒョンを見てしまう。翌日、ジニョクは勤務中に偶然スヒョンの父に会う。その姿を遠くから見ているウソク。ウソクは共同代表になる道を理事に指示するのだった。

ジニョクとスヒョンは、デートをしていた。ジニョクが自分のポケットにスヒョンの手を入れると、そこにはフィルムケースが。それを振ってみろと言うジニョク。その中には、カップルリングが入っていた。

母親の誕生日に家族をホテルに招待したジニョク。両親は偶然ホテルのエレベーターでスヒョンに会ってしまう。ジニョクの母は、釣り合わない2人を心配している。そして父は、スヒョンに会いに代表室まで行く。

その頃、ウソクはジニョクに会いに家の前まで来ていた。「何の用ですか?」と言うジニョクに、ウソクは「一目ぼれした女性、そして今も愛し続けている女性のため」と言って…。

第11話感想

ウソクが悲しくて切ないです。正攻法でスヒョンに近づいても相手にされないし、ホテルの代表になったらスヒョンが戻って来ると思っているのでしょうか?ジニョクがスヒョンを家まで送ったり、スヒョンの父親と会話を交わしたりしているのを見て、一層焦ってしまったようです。

今回はスヒョンへの電話で歌うジニョクが放送されましたが、パク・ボゴムファンにはたまらないシーンだったのではないでしょうか?カップルリングを渡した並木道も、冬ソナに出てくる並木道のようでしたね。

スヒョンとジニョクはただ純粋に愛し合っているだけなのに、周りからの反対に苦しみそうです。ジニョクの父は、スヒョンに何を言うつもりなのでしょうか?スヒョンの父は2人の仲に反対っていうわけじゃなさそうなので、応援してくれたら良いのですが…。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第12話 視聴率 7.623%

marikoさん

 

第12話あらすじ

「俺の女」という言葉は言い過ぎだと言うジニョク。しかしウソクは、ジニョクとスヒョンは釣り合わないと告げる。「君のやる気がどんなことを引き起こすのか、一緒に見て行こう」と言うウソク。

ジニョクの父は、ジニョクとスヒョン2人の関係を心配していることをスヒョンに伝える。スヒョンは「見守って欲しい」とお願いするのだった。

スヒョンとジニョクは夕飯を一緒に食べる。そこで、「誰かと出会っても、安全な関係だ」と言うジニョク。ジニョクはさらに、「俺のどこが好き?」と聞く。「キム・ジニョクだから好き。世界にたった一人のキム・ジニョクだから」と答えるスヒョン。スヒョンはジニョクの様子がおかしいことを気にするのだった。ジニョクはスヒョンの家に行き、スヒョンを寝かしつける。「こんな日が毎日になればいい」と言うジニョクに、スヒョンは何も答えない。そして時間をおいて、「すごく幸せで」と言うのだった。

ウソクは、ホテルの共同代表になる。ジニョクは自分のせいでこうなったと、スヒョンに謝る。しかしスヒョンはジニョクのおかげで怖さを知った、と答えるのだった。抱き合う2人。スヒョンはジニョクに愛していると言うのだった。

ウソクの母は、「スヒョンをうちの家に迎えることはない」とウソクに言い切る。そしてウソクの父の忌日にスヒョンを呼ぶと言い出すのだった。

ジニョクは先生と父の後押しで、家での食事会にスヒョンを呼ぶ。しかしその日程が、ウソクの父の忌日だった。それを偶然に知ったジニョク。気を遣って、「家族の食事会はなくなった」とスヒョンに伝える。しかしスヒョンはその後、秘書からジニョクの家の食事会は予定通りだと知らされる。スヒョンはウソクの父の忌日を無視して、ジニョクの家に行くのだった。

第12話感想

スヒョンの勇気ある行動に拍手!ウソクの母は、もはや嫌がらせですよね…。記者たちも、「来てもビッグニュースだし、来なくても話題になる」と言っていたので、スヒョンの決断の大きさを思います。

そしてヘインがジニョクを好きだということが、ジニョクの弟にバレていたことが分かりました。ジニョクとスヒョンを応援するまではいかなくても、ジニョクを思う優しいヘインがいじらしいです。ウソクもそうですが、恋のライバルたちがそこまで悪役でないのも、切なくて良いです。

OSTは第7弾まで発表されました。今回はペク・アヨンさん(백아연 (Baek A Yeon)) – の그대여야만 해요 (Always Be With You)です。人気のあるドラマはOSTが次々と出てくるので、このドラマも第7弾まで来たということは、人気があるのでしょうね。

 

ボーイフレンド(韓国ドラマ) 13話・14話 あらすじと感想

 

ボーイフレンド(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー