ボラ!デボラ~恋にはいつでも本気~ 9話・10話 あらすじ・感想

ボラ!デボラ~恋にはいつでも本気~


2023年放送 全14話 ENA 로맨틱 코미디 

第9話視聴率0.173

第9話あらすじ

「キスの後に話すこと」

疲れ切った様子で家に帰ったヨン・ボラ(ユ・インナ)は、先ほどカラオケボックスで交わしたイ・スヒョク(ユン・ヒョンミン)との熱いキスを思い出し、頭を抱えた。同じく眠れない夜を過ごすスヒョク。

翌日、いつものように親友ユジョン(パク・ソジン)の夫ジヌ(イ・サンウン)の店でスヒョクを待つボラ。どこかそわそわするボラを見て、ユジョンはボラがまたしてもスヒョクの前で失態を犯したのだと気づく。そんななか、窓の外にスヒョクの姿が見えると、ボラは慌ててトイレに立った。

トイレに行っているボラの代わりに、スヒョクの昨夜の件を謝るユジョン。昨夜の件をミスと言われ、スヒョクは複雑な表情を浮かべた。つづいて席に戻ったボラに向かって、「昨日の件はただのミスだ。気にしないでくれ」とスヒョク。そんなスヒョクに、ボラは「もしかして私に気があるの?」と聞くも、スヒョクは「いいや」と否定。

素っ気ない態度のスヒョクにショックを受けたボラは、自信をつけようとバイトのジノ(ク・ジュネ)に自分のことをどう思っているか聞く。しかし、ジノは動揺するばかり。それもそのはず、ジノはボラの妹ボミ(キム・イェジ)と交際中なのだ。スヒョクだけでなくジノまで、誰も自分を好いてくれないという事実に落ち込むボラ。

その日から、ボラのキレイになる為の計画がスタートする。脱毛に美容皮膚科と、キレイになる為のありとあらゆる施術を済ませたボラは、その足でスヒョクに会いに行った。そして、ユジョンが通うジムにスヒョクを連れていき、一緒に登録。友人と一緒に登録すれば、料金が割引になるからだった。

こうして一緒にジムに通うことになった2人。スヒョクの運動を見守るボラを見て、なんだか変だと疑うユジョン。そんななか、ユジョンからスヒョクが自分のせいでどれだけストレスを受けているかと聞いたボラは、悔し紛れに「イ・スヒョクなんてその気になれば簡単に落とせる」と言ってしまう。

そんなボラの失言を聞いてしまったスヒョクは、怒ってその場を後に。必死に取り繕うとするボラだったが、スヒョクは耳を貸そうとしない。

一方、月に一度の夫婦の営みのために前日から張り切って予約を入れたユジョンだったが、当日急にドタキャンされてしまう。さらに久々に韓国に戻った友人と会うと言っていたのが嘘だとわかり、浮気を疑うユジョン。その日、遅くに帰って聞いたジヌに向かって、「正直に話せば許してあげる」と言うと、ジヌはボラの元恋人ジュワン(ファン・チャンソン)と会っていたと明かした。

翌日、運動を終えたボラはユジョンと共にジヌの店へ。するとそこには、一人で酒を飲むソ・スジン(ソン・ミンジ)の姿が。その日はスジンの結婚記念日であり、離婚記念日だという。

ちょうどジノに会いに来たボミを誘い、4人は夜の街へ消えていく。通りがかったナンパ居酒屋に入ろうとIDカードを取り出す4人だったが、なんと年齢制限が。30代は入店お断りだと言われ、そそくさとその場を離れる一行。

同じ頃、ハン・サンジン(チュ・サンウク)に誘われて飲みに出かけたスヒョクは、「とびっきりのレディーを連れてくる」というサンジンを2階のルームで待つ。1階に降りたサンジンが声をかけたのは、なんとボラだった。

結局、サンジンはボラとユジョン、ボミ、そしてスジンを2階へ連れて行く。その場に現れたボラを見て驚くスヒョク。一方のボラは、どこかまんざらでもないといった表情を浮かべ…。

第9話感想

恋人のジュワンと別れた日に、スヒョクとキスをしたボラ。そのまま新たなロマンスが始まるかと思いきや、思いがけずすれ違ってしまう2人の姿が描かれました。「誰からも愛されない自分」にショックを受けるボラが、なんとも切ない・・

そんななか、バーでサンジンが声をかけたのは、ボラ。サンジンに関しても、てっきり新人のウリと上手くいくのかな、と思ったのですが、どこかよそよそしい態度をとるサンジン。もしかするとサンジンにとって女性は「遊ぶ相手」であって、ウリのような真剣な感情にはむしろ拒否感を抱いてしまっているのかもしれません。

一方のウリは、サンジンのために作ったお弁当を見てショックを隠せず。しかし、このウリのサンジンに対する想いも、恋なのか憧れなのかはハッキリとしていません。さらにここに来て、サンジンの元妻スジンの存在も水面下に浮上。こちらも目が離せませんね。

登場人物たちのそれぞれの愛の形が面白おかしく描かれていて、見ていて興味津々です。とくにユジョンとジヌの若干倦怠期?を迎えた夫婦の在り方も、非常にリアル。ボラがつづる恋愛書ではなく、このドラマ自体が様々な恋愛を説明してくれているようで、面白いなと思いました。

視聴率こそイマイチ伸び悩んでしまいましたが、個人的には久々にヒットの予感。ラブコメ好きにはたまらない作品ではないでしょうか。

第10話視聴率0.185

第10話あらすじ

「ナマズが現れ イワシが動く」

気まずい雰囲気のなか、風に当たってくると言って部屋を後にするスヒョク。その後を追いかけたボラは、心から先日の失言について謝罪した。そして、「私はあなたの無心の配慮と本気のなぐさめに救われた。だから簡単には失いたくないと思ったの」とボラ。

そんななか、ジノからユジョンが別の男と一緒にいると聞いたジヌが、バーへ。ユジョンと親し気に話すサンジンを見た瞬間、思わずサンジンに殴りかかるジヌ。つづいてジヌは多くのギャラリーが見守るなか、ユジョンに対する愛を叫んだ。

スヒョクの車に乗ったボラは、キスをした日、どちらが先に動いたのかと聞く。すると、どちらかではなく、ほぼ同時だったと答えるスヒョク。これには思わず顔を赤らめるボラ。さらに車を降りる際、スヒョクは「キレイになるって言ったのは本当だったんだな。」と呟いて、またもやボラを驚かせた。

一方、サンジンの車に乗って帰ることになったスジンは、今もなおサンジンが自分たちの別れた理由を根本的に理解していないと知り、愕然とした。結局、スジンは途中で車を降りてしまう。

ベッドに横になったボラは、スヒョクにメッセージを送信。しかし、どういうわけか返事はなく。その頃、スヒョクは部屋に残された元カノ・ユリ(キム・ジアン)との思い出の品を1つ、また1つと整理していた。ゴミ袋を持って外に出るも、それらを捨てるのをためらってしまうスヒョク。

翌日、ジムで顔を合わせたスヒョクに向かって、ボラは代わりに届いたジュワンからのメッセージを見せる。「寝てる?」という短いメッセージには特に何の意味もないと話すスヒョクだったが、ボラはどうやらジュワンがスヒョクの存在を意識しているようだという。

そんななか、ボラが友人のウェディングフォトの撮影に顔を出すと聞き、自分も一緒に行くとスヒョク。その場にはジュワンも来る予定だというのだ。どうしてもボラを一人でその場に行かせられないと考えたスヒョクは、悩んだ末、一緒に行くことに。

暴言スキャンダルで活動を休止して以来、久しぶりにラジオ番組の関係者と顔を合わせたボラ。するとPDらは、ボラにぜひとも番組に復帰して欲しいと話す。その後、ユリから結婚式の招待状を受け取ったボラは、ユリが自分のアドバイスのおかげで結婚に踏み切ったと聞いて驚いた。

そんなボラの前に置かれた一冊の本を見て、それが自分の一番好きな本だと話すユリ。ボラと会った後、つづいてスヒョクを呼び出したユリは、同じく招待状を差し出す。そして、スヒョクに「私のことを愛していた?」と質問。スヒョクが答えを拒むと、ユリは黙ってその場を去って行く。

スヒョクの元カノがユリだと知ったボラは、ユリが単純にスヒョクとの関係ではなく、スヒョクと別の男性を天秤にかけていたことを思い出してムッとした。連絡のつかないスヒョクを心配するボラ。ウェディングフォトの撮影に参加する日、家の前で待つスヒョクを見てボラはほっと安堵する。

しかし、助手席に座ったボラがこぼれた飲み物を拭こうとダッシュボードを開けた際、そこに入ったままの指輪の箱を発見。つづいてスヒョクのもとにかかってきたのは、他でもないユリからの電話だった。

電話越しに「会いたい」と話すユリの言葉を聞き、思わず表情を暗くするボラ。さらにスヒョクから「悪いが一緒には行けない」と言われ、ボラはショックを隠せない。ひとまず車を降りるも、何かを決意したボラは慌てて走り出し…。

第10話感想

ボラが向かったのは、信号待ちで停車するスヒョクの車でした。ユリのもとへは行かせない!というボラの決意が感じられるエンディング。果たして、スヒョクはどちらを選ぶのでしょう。

それにしても、まさかのユリがこんな形でスヒョクの感情を刺激してくるとは。。せっかくボラといい感じだというのに、あんまりです。結婚まで決めたのなら、スヒョクのことは放っておけばいいのに。ここに来てボラにとられそうだと焦ったのでしょうか。それとも他の理由があるのか。どちらにしても、別れを決めたのはユリ自身ですし、他の男性と天秤にかけたのもユリです。それなのに今さら「やっぱり忘れられない」というのは都合が良すぎるのでは?正直、今回のユリの行動にはガッカリです。

そして、これまた突然ボラに意味深なメッセージを送ったジュワン。スヒョクは何の意味もないと言っていましたが、本当でしょうか。すがりつくボラに散々言いたい放題だったくせに、ここに来て新たな男の影にもったいないとでも思ったのか。なんにしろ、ジュワンといいユリといい、本当に都合が良すぎます。

やっとそれぞれの恋にけじめをつけて、ここから新たなスタートか!?と思いきや、なんだか雲行きが怪しくなってきましたね。スヒョクとボラのロマンスは、一体どんな結末を迎えるのでしょう。

第10話では、ボラの中でどれほどスヒョクという存在が特別なものかが描かれました。単なる男女の関係ではなく、それ以上に大事な存在だというボラ。2人の今後から目が離せません。




【ペントハウス シーズン2】

●テレビ愛知 2024/5/31日(金) 08:15~

ペントハウス シーズン2 全話あらすじと感想 キャスト・相関図  視聴率  

【ジャスティス2 -検法男女2-】

●BS松竹東急 全22話(2024/5/31から)月~金曜日10時から 字幕

ジャスティス2 -検法男女2- キャストと相関図 視聴率 全話あらすじと感想

【愛の群像】

●BS11 全51話(2024/5/31から)月~金曜日14:29から 字幕

愛の群像 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【ミッシング~彼らがいた~シーズン2】

● BS12 トゥエルビ 全16話(2024/6/1から)土曜日13時から2話連続放送

ミッシング~彼らがいた~シーズン2 あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【上流社会】

●BS松竹東急全20話(2024/6/1から)土曜日深夜23:30と25時から(1日2話) 字幕

上流社会 視聴率 あらすじ キャスト 感想

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP