ボラ!デボラ~恋にはいつでも本気~ 3話・4話 あらすじ・感想

ボラ!デボラ~恋にはいつでも本気~


2023年放送 全14話 ENA 로맨틱 코미디 

第3話視聴率0 282%

第3話あらすじ

「惨めな恋愛の終わり」

酔っ払った勢いで恋人に会いに来たヨン・ボラ(ユ・インナ)は、家の前に停まった車のなかで別の女性と激しくキスを交わすノ・ジュワン(チャンソン / 2PM)の姿を目撃。向かいの車のクラクションの音で正気に戻ったジュワンは、そこに立つボラを見てハッと息を飲んだ。慌てて車を降り、立ち去ろうとするボラを引き留めるジュワン。

そんな2人の前に、ジュワンの浮気相手ダミが現れる。よりによってそれはジュワンが“従兄妹”だと紹介し、ボラもよく知る女性だった。

思わず言葉を失うボラだったが、こんな場面でもボラよりもダミを気遣うジュワン。これにボラが腹を立てると、ジュワンは最初から自分の浮気を疑って目の色を変えて飛んで来たのかと騒ぎ立てる。

怒る気力も失い、黙ってその場を立ち去るボラ。しかし、最後の最後で大きく転倒してしまい、なんともバツの悪い結果に。この一部始終を目撃していたイ・スヒョク(ユン・ヒョンミン)は、声をかけるタイミングをすっかり逃してしまう。

しばらくして、ハン・サンジン(チュ・サンウク)からかかってきた電話によって、自分とスヒョクのスマホが入れ替わってしまったことを知るボラ。すぐさま自分のスマホに電話をかけると、スヒョクは今近くにいないとごまかした。しかし、すぐに車の影に隠れて通話するスヒョクに気付くボラ。

家に帰ったボラはさっきは泣くべきではなかった、あそこで一発殴るべきだった、と先ほどの一件を振り返り、激しく後悔した。

翌朝、一夜明けでもジュワンからの連絡はなく…。ショックを受けたボラは、スマホの電源をオフに。

出版社ジンリの代表サンジンは、パーテーションで覆われた事務所に違和感を感じる。思い切って朝礼でパーテーションの撤去を提案するが、ことごとく社員から反対されてしまう。それでも我慢できないサンジンは、昼休みの時間を使って勝手にパーテーションを撤去。偶然その場に居合わせたパン・ウリ(ホン・ファヨン)の協力のもと、すべてのパーテーションを取り払うことに成功する。

ウリの働きっぷりに感心したサンジンは、ウリに6か月の契約職として働かないかと提案。これには願ってもないチャンスだと喜ぶウリ。

その頃、連絡の取れないボラを心配したイ・ユジョン(ソジン / Girl’s Day)は、代わりに妹のボミ(キム・イェジ)に連絡。食事の席で、ボラから昨夜の出来事について聞かされたユジョンは、思わず耳を疑った。

つづいて酒を飲むことにした2人は、ユジョンの夫ジヌ(イ・サンウン)が経営するバーへ。しかし、そこには思いがけない先客が。なんとジュワンが昨夜の件を相談しようとジヌを訪ねていたのだ。

ちょうどよかったと言って迷わず中へ入るボラ。すると、店の奥で何やら話し込む2人の声が聞こえてくる。そこでジュワンが自分との関係にけじめをつけたいと考えていたことを知ったボラは、ショックを隠せず…。

ジュワンの本心を知ったボラの目からは、涙があふれだす。寝ても覚めても涙はとどまることを知らず、ボラは一日中目を腫らしていた。そんなボラを心配し、こっそりジュワンに連絡を入れるボミ。

ジュワンから「家の前にいる」とメールを受け取ったボラは、「話すことはない」と返信。しかし、外でじっと待つジュワンを見て、慌てて化粧をするボラ。しかし、涙で腫れた目をカバーすることはできず。仕方なく簡単に身だしなみを整えて外に出るボラ。だまって歩き出すボラを見て、ジュワンもそれに従う。

これといった会話もないまま、ただひたすら一人で酒をあおるボラ。3本目の瓶を空けた頃、ジュワンは「ごめん…」と呟いた。その後、窓ガラスに映る自分の情けない姿を見て、思わず店を飛び出すボラ。

後を追いかけたジュワンは、酔っ払ってふらつくボラを支え、家に帰ろうと告げる。しかし、どうしても怒りが収まらないボラ。2人の会話はだんだんとエスカレートしていき、興奮したボラは道端でリバースしてしまう。そんなボラを見かねて、背中をさすってやるジュワン…。

第3話感想

前回、恋人ジュワンの浮気現場を目の当たりにしてしまったボラ。クールなボラだけにさっさと関係を整理するかと思いきや、どうも上手くいかず…。本当はすがりたくなんてないはずなのに、納得のいかないボラは涙を流すことしかできません。

恋愛マスターとして知られるボラですが、いざ自分の恋愛となると本に書いたようには上手くいかないよう。そんなボラの姿に、なんだか好感が持てました。

それにしても、ジュワン役のチャンソンのダメ男っぷりが凄い!(笑)プライベートでは結婚して子供もいるチャンソンですが、こんなに演技上手だったかな?と思うほど、本当に自分勝手で情けない男を熱演しています。思わず「いるいる、こういう男!」と何度も頷きながら見てしまいました。没入度120%です。

次回予告では、なかなか失恋の悲しみから抜け出せないボラの姿が。さらに自暴自棄になるボラを抱きかかえ、会場を後にするスヒョク。これまた面白い展開になりそうです。

第4話視聴率0.39%

第4話あらすじ

「ジョーカーよりもクレイジー」

恋人ジュワンと最悪な別れを経た翌朝、布団から出られずにいるボラのもとへ、ユジョンから電話がかかってくる。その日はユジョンが働く雑誌社のイベントが開催される日だった。そしてボラは、恋愛コーチとして開会の挨拶を任されていたのだ。

同じ頃、出版社に出社したサンジンは、苦労して撤去したパーテーションがふたたび戻されているのを見て失望。さらにすぐにでも契約完了と思われたボラからの連絡もなく、サンジンは憤りを募らせる。

そんななか、ユジョンから届いたパーティーの招待状を見たサンジンは、スヒョクを誘う。それは他でもない、ボラがゲスト出演する“ゴールデンナイト”の招待状だった。

まったく乗り気になれないものの、ひとまずドレスアップして控え室で待つボラ。そんなボラのもとへ、ユジョンと共に編集長ソ・スジン(ソン・ミンジ)がやってくる。ボラの顔を見るなり、「結婚おめでとう」と花束を差し出すスジン。とっさのことにボラは別れたとも言えず、作り笑顔でその場をやり過ごすしかなかった。その後、控え室に一人残されたボラは、注がれたシャンパンに口をつけ…。

ついつい飲み過ぎてしまったボラは、スタッフに呼ばれる頃にはすっかり泥酔状態。千鳥足でステージに登場すると、用意された台本を放り投げるボラ。つづけて、マイクに向かって「左手の薬指に光る指輪、それは破産しても失業しても心配ないという証。ところが今もなおゴールドミスと呼ばれる私たちは、LOSER(敗者)よ!」と語り出した。

いい男たちは皆若い女の子に取られてしまい、結婚に行き遅れてしまった我々30〜40代の独身女性に希望などないとボラ。酒に酔ったボラの勢いはとどまることを知らず、ついには放送禁止用語まで飛び出す始末。

しまいにはステージの段差につまづいて、その場に倒れてしまうボラ!ステージの真ん中に横になったボラは、誰かが自分をここから救い出してくれることを願った。そんなボラの前に現れたのは、スヒョク。

スヒョクは着ていたスーツのジャケットをボラの足元にかけ、そのままボラを抱き上げた。ボラを抱えて会場から出ていくスヒョク。しばらくして自分で歩けると言って立ち上がったボラは、「ついて来ないで」と告げ、一人で歩いて行く。

翌日、パーティー会場での一件は思った以上に深刻な状態となっていた。開催主であるユジョンの会社には朝からクレームの電話が相次ぎ、公開された動画には次々と悪質なコメントが書き込まれていった。

同じくコメントを見たボラは、人々の自分に対する心ない言葉の数々を見て、心を痛める。そんななか、ジュワンはいち早くボラとのモデル契約を解除。今回の件とは一切関係がないという立場を表明するのだった。その日、ユジョンに言われるがまま謝罪文をSNSに投稿したボラだったが、事態は改善するどころかボラに対して批判的な意見が相次いだ。

一方、こちらも相変わらず、別れた元カノ・ユリ(キム・ジアン)を忘れられずにいるスヒョク。カカオトークのプロフィール写真を見ては、ユリに想いを馳せていた。そんなスヒョクにしびれを切らしたサンジンは、ユリにはすでに新しい恋人がいると一言。サンジンが言う通り、ユリのプロフィール写真には幸せが満ち溢れていた。

もちろんスヒョクは真っ向から否定したが、誤って通話ボタンを押してしまったサンジンの電話に出たのは、ユリではなく男性の声だった。現実を受け入れられないスヒョクは、その足でユリのアパートへ向かう。するとそこには、別の男性と一緒にいるユリの姿が。

次の日、ラジオでユリとの思い出の曲を聴きながら、涙を流すスヒョク。同じ頃、気晴らしに外へ出かけたボラもまた、バスの中でわんわんと声を出して泣いていた。ちょうど信号待ちで停まったスヒョクは、バスの窓から顔を出して泣きじゃくるボラを見てビックリ。そして、「バスの外にも人がいるって知らないのか?」と呟いた。

第4話感想

ジュワンとの別れのショックが癒えないまま、恋愛コーチとしての経歴にまで傷が入ってしまったボラ。みるみるうちに失墜していくボラを見て、サンジンが放った「有名税」という言葉がなんとも胸に刺さりました。

私もよく芸能人のゴシップなどを見ると、「まぁ、それでお金をもらってる人たちだから…」と考えることがありますが、芸能人だって人間なんですよね。たった一つの過ちでこれほどまで世間からのけ者になれてしまうボラを見て、なんとも切ない気持ちになりました。それにしても、書き込まれたコメントが本当に酷い。

バスから顔を突き出して泣くボラの姿は、なんだかキュートでした。どんな演技も見事に消化してしまうユ・インナが本当に凄いです。

さて、こうしてお互いフリーとなったボラとスヒョク。パーティー会場でボラを抱きかかえて出ていくスヒョクの姿に、思わずキュン。果たして、2人のロマンスはどうなっていくのでしょうか。楽しみです。



【女神降臨】

●BSJapanext 全26話(2024/7/17から)月~金曜日11時から字幕

女神降臨 キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ

【商道(サンド)】

●BS日テレ 全66話(2024/7/18から)月~金曜日13時から 字幕

商道(サンド) あらすじ 視聴率 キャスト 感想

【太陽の末裔 】

●BS Japanext 全16話(2024/7/22から)月~金曜日15時から 字幕

太陽の末裔  全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図

【魔女は生きている】

●BSフジ(BS182 - サブch) 全16話(2024/7/25から)月~金曜日8:55から 字幕

魔女は生きている あらすじと感想 相関図・キャスト 視聴率

【ブラインド】

●WOWOWプライム 全16話(2024/7/26から) 金曜日19時から2話連続放送  字幕

ブラインド(韓国ドラマ) あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【優雅な一族】

●WOWOWプライム 全16話(2024/7/29から)月~木曜日9:45から 字幕

優雅な一族 あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 ネタバレ

【馬医】

●BS日テレ 全50話(2024/7/29から)月~金曜日17時から2話連続放送 字幕

馬医 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 外部リンク

【スティーラー-七つの朝鮮通宝】

●WOWOWプライム 全12話(2024/7/31から)月~金曜日8:30から 字幕

スティーラー-七つの朝鮮通宝 あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【イ・サン】 

●BS松竹東急 全77話(2024/7/31から) 月~金曜日12時から 字幕

イ・サン あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図

【スノードロップ】

●BSJapanext 全32話(2024/7/31から)月~金曜日19時から 字幕 2024/7/20に第1話先行放送

スノードロップ(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト相関図

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

★★★★★★

ネットフリックス 6/15~ 土・日

Missナイト & Missデイ あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP