ボクスが帰ってきた 5話・6話と7話・8話 あらすじと感想 チョ・ボア ソン・スジョン役




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

ボクスが帰ってきた  복수가 돌아왔다 全32回(全16話)

第5話視聴率 4.5% 第6話視聴率 5.9%

onwardさんより

第5話・6話 あらすじ

昔の制服に身を包み、登校するボクス。校庭を歩いてくる彼を眺める生徒達の中には、ボクスの甥っ子カン・イノも含まれていました。「時の人」ボクスの噂で持ち切りの教室内。その日、新理事のオ・セホは学校で記者会見を予定しており、大勢の記者に囲まれるボクス。セホと向かい合い、殴りそうな勢いのボクス…ですが、気を静めて握手。ボクスのような人を復学させ、学校を改革する、と挨拶するセホと、自分の意思で戻ってきた、と壇上で喋るボクスを、パク教師とソジュン以外の教師たちは驚異の眼差しで眺めるのでした…

ソジュンは正規採用となり、新設の「野草クラス」の担任に任命されますが、このクラスは、勉強をしない、問題を抱えた生徒ばかりで、イノとカン・ボクスも含まれていました。正規担任の地位を金で買ったと白状させる、というボクスに、先生と生徒なのだから、馴れ馴れしく話さないで、と釘を刺すスジョン。

クラスの前で自己紹介するボクスを見た生徒達は、自分のクラスにあのボクスが来たことに興奮状態。そこにやって来たセホは、自分が転校した時の事を思い出します。2009年、挨拶をするセホに、校内案内役をかってでたボクス。そうして2人は親しくなり、セホはスジョンの事が好きになったのでした…

ボクスが席に着くと、ソジュンは、級長の立候補を募りますが、手を挙げる人無し。インホを指名すると、クラス中が笑い出します。彼は笑い者で、いじめの対象だったのです。そこで初めてインホに気付き、飛び上がるボクス!甥っ子がバカにされるのは許せない。彼は仕方なく級長に立候補。そして放課後、訝しがるガキ大将達を尻目に、甥を校庭につまみ出しますが、インホは母に内緒にしてくれと言うばかり。休憩時間、甥を救う為、代理でおやつまで買いに行くボクス。これでは復讐どころではない!

復学のお祝いだ、とボクスを飲みにつれ出すパク教師。そこに参加したヒュンギュンとミンジですが、ミンジは滅茶苦茶酔っ払い、ボクスの担任がスジョンと聞いて益々ショックを受けます。

翌日の授業中、事あるごとに5000万ウォンに言及するボクスにイライラするスジョン。彼を教室の外へ呼び出すと、ボクスはスジョンに先立って屋上へ上りだします。蘇る9年前の記憶…スジョンを巡り、屋上で喧嘩になったセホとボクス。人生は辛すぎる、と塀の上から飛び降りようとするセホのネクタイを、ボクスは何とか掴みますが、セホはその手を解いて落下… 茫然と下を見下ろすボクスは、背後にスジョンの泣き声を聞くのでした…

現在に戻り、屋上に出た2人。迎えたのは、際で景色を眺めるセホの姿でした…

第5話・6話 感想

主役3人の過去がもう少し明らかになりました。高校時代のセホは、頭が良くて、今よりずっと恥ずかしがり屋だったようです。ティザー広告にもあった、サイコみたいな彼とは(屋上での数分間以外)程遠い。クァク・ドンヨンは見事に演じ分けていますね。

今まで「被害者」として描かれてきたボクスですが、9年前の喧嘩のシーンから、セホとスジョンにも言い分がありそうに見えてきました。ボクスに殴られた時のセホは、とても打ちひしがれていました。ボクスに助けを求めていました。彼はボクスに、被害者で可哀そうな奴だと見て欲しかったか、或いは、スジョンばかりではなく、自分の事を見て欲しかった。でも、屋上で、ボクスは最後まで振り向きませんでしたから、裏切られたと感じた?

スジョンは、ボクスがもっと正直だったら、「そんなこと」はしなかったはず、と言いました。あそこまで彼女を怒らせているのは何なのか。何を誤解しているのか。

そして、新たに登場した、甥っ子イノと、彼を虐めるガキ大将達!あの、ボクスがおやつを買いに走るシーンは、本当に笑えました!「ロボットじゃない」を通り越し、ユ・スンホの新たな面を見た気がします。

明と暗、現在と過去の行き来にスピード感があり、7話、屋上の3人は何を話すのか、行方が気になります。



第7話視聴率 4.8% 第8話視聴率 6.3%

onwardさんより

第7話・8話 あらすじ

屋上で対峙するスジョン、ボクスとセホ。あの時どうして死にたかったのかと思った、とセホに言ったボクスは、次にスジョンに向かい、なぜ俺の事を信用してくれなかったんだ、と問いただします。「信じられるわけがないでしょ」… 時は2009年… いつも成績1番のスジョンの悪口を言う女生徒達。放課後、家まで送っていくというボクスを断ろうとするスジョン。女生徒達が言っていた「金持ちの娘」のイメージを壊したくなかったのです。しかし、彼女が何処に住んでいようと気にしないボクスは、早朝、門を修理し、ピンク色に塗ってあげるのでした。ところが、学校に着くと、スジョンが生活保護を受けていることをクラス全員が知っており、彼女を虐めだします。やってきたセホは、ボクスが喋ったと言わんばかり…

現在に戻り、貴方のおかげで人が信用できなくなった、と言うスジョン。ボクスは2人に、復学させたことを後悔させてやる、と誓うのでした。

その後、祖母の容態が悪くなったと知って、病院に急ぐスジョン。何としても5000万ウォンを取り返さなくては!他方、どう復讐したらよいか分らず悩むボクスに、情報収集をアドバイスするギュンヒュン。セホと学校の弱点を掴もうと、ボクスは総務課に忍び込みますが、後から5000万ウォンの「鍵」を探しにやってきたスジョンと鉢合わせ。更に他の先生たちもやって来て、慌ててスジョンを机の下に引っ張り込むボクス…!

パク教師と待ち合わせたボクスの母は、2度目のチャンスを与えられたボクスを今度こそ守る、という先生の言葉を聞いてお礼を言い、封筒を指し出します。金銭かと思って開けてみると、出てきたのはカン家が経営する食堂のクーポン!

学校に戻ったヨンミンは、チェミンや他の生徒達から虐めを受けていました。成績が下がり、下のクラスへ異動するよう言われるヨンミン。怒ったヨンミンは自分用自習室(優等生用の)に飛び込んで鍵をかけ「僕の席だ!」と叫びます。PTAを校内案内していたセホ達にも当然騒ぎは丸聞こえ。説得しようとするセホを抑え、椅子を持ってきたボクスは、ドアをたたき壊してしまいます。自分で殻からでなければ駄目だ、と諭すボクス。

ボクスを退学させるべきだと騒ぐPTA。しかし、事件のせいで彼はクラスの人気者に。

家に帰り、母の手伝いをするボクスは、退学させられた後の事を思い出します。どこの学校にも受け入れられなかった彼… 母は息子が高校の卒業証書を手にすることだけを望んでいました。

ボクスの担任として意見を求められ、彼を罰する必要があると主張するセホの母に、渋々同意するスジョン。他方、パク教師は、教育委員会メンバーから外されてしまいます。

翌日、教育委員会の前で釈明を求められたボクスの所に保護者として現れた、彼の姉!ボクスはドアを破ったこと自体は謝りますが、ヨンミンに対する行動は正しかったと主張。その彼を遮った教頭は、スジョンに意見を求めます。何を考えたらよいか分からないようなスジョン…しかし彼女は立ち上がると、「カン・ボクスは学内で最も危険な生徒です。」…

 

第7話・8話 感想

やはりセホだった… でも、成績が最下位でも皆に愛されていたボクスが、変な噂を立てたり、門を修理したことを喋る訳がないと、スジョンはなぜ思えなかったのでしょう。高校時代の再現シーンを見て、まずそう思いました。それに、なんでセホがこれらの事を知っていたの? 現在のセホは知的で自信に溢れていますが、高校時代の彼はナイーブな感じでした。スジョンを好きになった彼は、仲が良いボクスとスジョンに嫉妬したと考えられますし、成績でスジョンを越せなくて、彼女に勝ちたかったかも知れません。或いは、成績が悪くても、自分と違っていつも人気者のボクスに勝ちたかったのかも知れない。その方法が、ボクスを悪者にしてソジュンから引き離すことだったのでしょう。

スジョンとセホに共通しているのは、彼らには学業しかなかった点です。学業という鎧を着て、自分を守っていました。ドアを破られる前のヨンミンと同じ。2人とも、鎧から出て真実を見つめる必要がありそうです。

昔も今も同じような生徒がいるこの高校の存在を考えると、ボクスにとっての真の復讐は、セホ、スジョン、ヨンミンのような人間を生産しているソルソン高校を変える事のような気がします。次回、セホはスジョンの意見に賛成するのか、それとも「母とは違う」ことを証明する為、とりあえずボクス側に立つのか。来週は剣道対決が見られそうで楽しみです。

チョ・ボア 조보아 ソン・スジョン役
出典:https://programs.sbs.co.kr/
生年月日1991年8月22日 女優 身長165cm
2011年 清潭洞(チョンダムドン)に住んでいます – ボア役 JTBC
2012年 美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート – イム・スア役 Mnet
2012年 恋するメゾン。〜Rainbow Rose〜 - ボア役  テレビ東京
2013年 馬医 – ソ・ウンソ役 MBC
2014年 インヨ姫 – キム・ハニ(人魚姫エイリン)役(主演) tvN
2015年 失踪ノワールM – チン・ソジュン役 OCN
2015年 お願い、ママ – チャン・チェリョン役 KBS
2016年 モンスター – ト・シニョン役 MBC2017年愛の温度 チ・ホンア役 SBS
受賞歴
2015年 2015グリメ賞 新人賞(お願い、ママ)

 

ボクスが帰ってきた 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想 クァク・ドンヨン オセホ役

 

ボクスが帰ってきた 視聴率 あらすじ キャスト 感想

 






9月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】
★dTVなら月額500円(税抜)で大人気韓流・華流作品が見放題★
「ドラマステージ<tvN>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公募で選ばれた脚本を実力派監督×人気俳優がドラマ化!10編のオムニバスシリーズ
「ドラマスペシャル<KBS>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「雲が描いた月明り」のジニョン出演「僕らが季節なら」他、8作品をオムニバスでお届け
★韓国ドラマ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー