ボクスが帰ってきた 25話・26話と27話・28話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ボクスが帰ってきた  복수가 돌아왔다 全32回(全16話)

第25話視聴率 3.2% 第26話視聴率 4.7%

onwardさんより

第25話・26話 あらすじ

「採用に関する汚職は、私が証言するわ。」きっぱりと宣言するスジョン。それは、彼女の教師生命の終わりを意味していました。説得しようとするボクスに「先生になる夢は貴方が見つけてくれたのだから、また他の夢を探して。」

チェミンの母が試験問題を持っていたとしても、本人がその答えを暗記した証明にはならない。それを確認しようと、スジョンは賭けに出ます。期末試験の出題をわざと間違えるのです…

一方、秘書からリベートの金額リストを入手するセホ。取締役会で、母親が現理事解任を議題に上げると、リベートのリストを配り、美味しい話には是非自分も参加したいと提案。母は怒り心頭、しかし彼の解任を取り下げざるを得ません。経過を聞いて、どちらに付いた方が得策かと話し合う校長と副校長。

ギュンヒュンが設置した隠しカメラが、金庫内の試験問題を取り出す校長の姿をキャッチ。一方、試験問題を母から受け取ったチェミンは、見つかってしまうのではないかと母に訴えますが…

試験の準備に賢明な「野草クラス」は、学年1位から勉強を教わろうとスンウの周りに集まります。すっかり変わった生徒達を、愛情がこもった眼差しで眺めるスジョン。

試験当日、チェミンは、暗記した回答をせっせと記入し、学内1位に返り咲きます。しかし、発覚を恐れる彼は、針の筵に座らされた気分。そして…すぐにその日がやって来ます。問題が間違っていたのに、どうして満点?アイビークラス全員の視線がチェミンに…

試験が終わり、迎えたD-デイ。きちんと卒業する事を条件に、母から、復讐実行に許可をもらったボクス。ギュンヒュンとミンジは、終わったらボクスにお金を返すことで合意します。また、ボクスに会ったスジョンは、2人の間に隠し事が無いことを確認。ストリーミング・サイトで汚職の実態を公開したボクスの映像は、瞬く間に拡散。メディアもこの情報に飛びつきます。危機が迫る中、セホの母は、すぐに校長を呼び出し、大学学長のポジションと引き換えに、彼にすべての責任を負わせてしまいます。

個性的な「野草クラス」の面々はすっかりボクスのサポーター。一方、意を決して登校したチェミンを見て、蔭口を言い合うアイビークラスの生徒達。職員室の電話は鳴りっぱなし。職員室に呼び出されるボクス。混沌とする中、早々に記者会見が開かれ、キム校長が謝罪。校長と現理事の解任を発表するセホの母は、見事な涙の演技で会見を乗り切ります。唖然とした表情で事態を眺めるセホ。

壇上から降りてきた母は、またボクスに負けたセホを詰ります。「僕を引きずり下ろしたことがそんなに嬉しいのですか。実の息子なのに?」静かに尋ねるセホ。「あなたを愛したことは無いわ。あの家族がくれた手切れ金があなたとこの学校だったのよ!」自分が居なくなった後、学校がセホの手に渡ると思うと耐えられない。母は冷たく言うと出て行きます。会場のドアのところで、親子のやり取りを耳にするボクスとスジョン。

一方、チェミンは、彼を直接非難するクラスメートと喧嘩になり、教室を飛び出します。スジョンに呼び止められると、そのまま走って屋上へ!追いかけるボクス、スジョン、そしてセホ。「近寄るな、死んでやる!」9年前が蘇るボクスとスジョン… 塀の淵でふらつくチェミンに、セホが掛けた言葉は…「それなら今死ねよ。」

第25話・26話 感想

衝撃的なエンディング。セホの意図は何か。ショック療法?裏の裏をかいて、チェミンに、自身と戦えと言っている?チェミンの中に、昔の自分を見ているのは明らかですが、一歩間違えば9年前の再現ですよね。

今まで何度も見てきた、セホと母の言い合う場面。いつも平行線で、いつまでこの関係を続けるのだろうと思っていましたが、成程、セホは、母がいつか自分を息子として認めるだろうという希望を持ち続けていたのです。しかし、今回、それが叶わない事が明らかになりました。ボクスやスジョンがセホにとって障害物のように見えたのは、母がそう仕向けたから。母との関係を何とかしない限り、セホは変れません。今の彼には、どうしたらよいか分からないでしょうが、彼が子供の時から受け続けたダメージの度合いを目の当たりにしたボクスとスジョンなら、セホを助ける手段を思いつけるような気がします。

そして、当然気になるのが、ソルソンの行方。「あなたの願い」チームはよくやった。例え、結果が思い描いたものと違ったとしても、警鐘を鳴らしたことが重要です。後は、世間が、メディアが更に追及していくでしょう。セホの母を崩す手伝いを、セホはするでしょうか。ボクス達と手を組む用意はまだ出来ていなそうです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第27話視聴率 4.8% 第28話視聴率 6.4%

onwardさんより

第27話・28話 あらすじ

死ねばいい、と言うセホ。「一度選択を誤ったら、もう元に戻ることは出来ない。」セホの言葉に、塀の上で震えるチェミン…その彼に近づき「生きている限りいつでもやり直せる。」話しかけるボクスは、塀から降りるように手を差し伸べます。そして、そろそろと出されたチェミンの手を握って彼を自分の方へ引き寄せるボクス… 良かった!! その後、「僕もボクスに言われて分かったんだ、自分を解放出来るのは自分しかいないって。」気付いて欲しい、とチェミンに声を掛けるヨンミン。

校舎の屋上を眺めているセホに行き合ったボクスは、現実から逃げないで、機会がきたら今と違う生き方をしろ、とアドバイスします。ボクスを見送り、考え深げなセホ。

一方、キム校長を聞き取り調査する検察庁。しかし、回ってきたメモを読んだ検察官は、すぐに校長を自宅に帰し、やって来たボクスには辛い対応。当然裏で糸を引いている人が居る?

支持者を集め、礼を言うセホの母、イム会長。息子を追い払い、理事に返り咲いた彼女は、学校を元に戻すべく動き出します。呼び出されるスジョン。しかしスジョンは既に辞職する覚悟が出来ていました。次の手段に出るイム会長。翌日、ボクスの9年前の出来事がネット上に大々的に拡散!登校したボクスは、心配するギュンヒュンに「大丈夫だ」と言いますが、噂し合う学生達を見て、9年前を思い出します。心がくずおれそうになり、立ち止まるボクス… でも野草クラスの仲間達は彼の味方!教室に入ると、スジョンとのバレバレな関係は追及しても、誰も9年前の事は聞かない。だって、ボクスがどんな人か、彼らには分っているから。

ボクスを元気づけられるのはスジョンしかいない。「あなたの願い」のバンとクレジットカードを借り受けたスジョンは、ボクスと海へ向かいます。2人だけの修学旅行。夜、焚火の傍で、辞表を出したことを告白するスジョンは、「ボクス、初恋をやり直そう」と言うのでした…

一方、スーツ姿でソジョン閣に現れたパク教師。教師を辞めた彼には計画があるよう。

スジョンが帰宅すると、自宅前には辞表を返しに来たセホの姿が。ボクスとスジョンに酷いことをしたと認めるセホは、後日パク教師にも会い、教育委員会によるソルソンのヒアリングの前日、「あなたの願い」の事務所に現れます…

ヒアリング当日、進行役として現れたパク氏に、驚きを隠せないイム会長。チェミンの母、キム・ミュンホ、スジョンが順番に、事件の裏にはイム会長の指示があった、と証言する中、別の会場では、セホが記者会見を開いていました。ソルソンの元理事として、そしてカン・ボクス事件の被害者として会見する、というセホ… 他方、ヒアリング会場では、ボクスがソルソン大学建設の計画を暴露。建設総額は贈賄で受け取った額に等しい、という事は、イム会長は税金横領の疑いがあるのでは? 証人スタンドに立ったイム会長は、ボクスは息子を殺そうとした本人で、復讐の為だけに学校へ戻ってきたと言い募ります。「自分で飛び降りたと、被害者から直接聞きました!」怒って立ち上がるスジョン。イムは彼女を睨みつけ、学生のボクスと付き合っている貴女なんか信用できない、と言います。カメラのフラッシュ音以外、静まり返る会場… しかし、威圧を跳ね除け、スジョンははっきり答えるのです。「はい、私はカン・ボクスを愛しています。」

 

第27話・28話 感想

屋上のシーンが転機になりましたね。チェミンにもセホにも。ボクスは助言できるけれど、最終的に自分を解放出来るのは自分しかいない。それを実行に移し始めました、この2人。

チェミンとセホだけでなく、ドラマの初めは暗く、孤立していた「個」が、「共同体」を築き、繋がりを築き、人の「輪」がどんどん広がっています。そして一瞬心が揺らいだ時、ボクスを支えた野草クラスの6人!本当にいい奴ら!高校時代ならでは、の一体感ですよね。

それとパク先生がやっぱり帰ってきました。どうやってあの職に就けたのか疑問ですが、そんなことはさておき、ヒアリング会場に登場した彼は、なかなか印象的で、イム会長に効果的でした。そのパク氏に関連して、セホが彼と会った時には何が交わされたのでしょう。あのシーンのパク氏に対するセホの態度は、彼が理事だった時と全く違っていました。お辞儀の仕方と言い、そもそも前髪を降ろした姿は、高校時代の雰囲気。彼の心境の変化と、そして、今更被害者として記者会見する彼とが、どう繋がっているのか。

また、あんなに大胆な発言をして、スジョンは大丈夫?本当にそんな発言をする人がいるとは思えず、少し現実離れした性格の持ち主だと感じてしまいますが、これからはこんな女性が出てくるのかも知れません。残り2話(4話)で、学校を去った彼女が、この件にどう貢献するのか、見届けたいと思います。

 

ボクスが帰ってきた 29話・30話と31話・32話(最終回) あらすじと感想

 

ボクスが帰ってきた 視聴率 あらすじ キャスト 感想

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー