Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ボクスが帰ってきた 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想 パク・アイン ヤン・ミンジ役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ボクスが帰ってきた  복수가 돌아왔다 全32回(全16話)

第17話視聴率 4.9% 第18話視聴率 5.4%

onwardさんより

第17話・18話 あらすじ

お前らが幸せになることはない、と狂気じみた笑みを浮かべるセホに対し「今度はお前が苦しむ番だ」と言い捨て、出て行くボクス… 一方、セホやミョンホの脅しの言葉を思い出して悩むスジョン…

セホは、ミョンホに、賄賂で正規採用になった教師のリストアップを依頼し、「野草クラス」の生徒を他校へ転校させるよう、校長・副校長に指示するなど、過激な行動を開始。

今まで、ミンジの気持ちを知っていながら無視していたボクスは、ギュンヒュンとミンジを呼びだして、自分の気持ちを明らかに。同じ高校へ通っていた4人。ボクスの幸せを願いながらも泣き出したミンジを外へ連れ出すギュンヒュン。優しくされ、ミンジの気持ちは急に彼に傾く!?2人で飲んだ帰り道、酔って地面に寝転がり、眠ってしまったボクスの額にキスするスジョン…と、ちょうどその時ボクスの母が通りかかります!結局、ボクスの家に泊まることになったスジョン。ソジュンの部屋で、ボクスの母の言葉を反芻し、そういう大人、教師にはならない、と心に誓うのでした。翌朝、カン家と朝食を取るスジョンは楽しそう。

校内討論会の為「野草クラス」の代表に選出されるヨンミン、スンウとボクス。やる気満々のヨンミンに対し、気力ゼロに見える後の2人。授業中、ボクスのスジョンに対する態度があまりにも明らかで、スジョンは隠すのに必死。イノは2人をみて思わずニヤニヤ。

一方「計画」を実行に移した「あなたの願い」チーム。ミンジとギュンヒュンは、ソルソン高校で、それぞれ事務員と清掃員として働き始めます。

職員室のゴミ箱から拾った書類を元に、高校と大学入試顧問機関との関係を突き止めるギュンヒュン達。チェミンの自習ブースからプロが作成した討論原案を見つけたボクスは、やって来たスンウと情報を共有することに。

討論会当日、自信たっぷりに話し始めたヨンミンは、優等生代表たちの嫌味なコメントにやり込められます。そして、プリントされた模範解答を読み上げるアイビークラス。しかし、ボクス、そしてスンウが順番に持論を展開し、副校長の予想に反して「野草クラス」が勝つことに! その夜、スジョンを事務所へ連れて行ったボクスは、今までの調査で分かったことを知らせるのでした。

一方、討論会の結果を気に入らず、結果をひっくり返すセホ。パク先生のせいでこうなったと副校長から詰られるパク教師。その彼変わって、担任としてセホの所へ直訴に行ったスジョンは、君の反応をみると益々ボクスを消したくなるというセホに、「どちらの方が狂ているか証明するわ!」

その晩、遅くまで相談室に残っていたスジョンの所へやって来るボクス。セホに立ち向かえない、と嘆くスジョンを抱き、髪を撫でます。どのぐらいの時間そうしていたか。校内にまだ残っていた誰かが、相談室に向かう靴音… 相談室のドアが開き… やっと気が付き、恐怖の眼差しでドアを見つめるボクスとスジョン…!!

第17話・18話 感想

折り返し地点にきて、色々な事が起こってきました。ヨンミンは今や、すっかり「野草クラス」の一員で、スンウも仲間ですね。

それはさておき、ボクスの態度はちょっとやりすぎ。スジョンが文句を言うのも分かります。27歳の設定にしては、大人げないのですが、なんだか可愛い!? それに比べて、成長しているのがスジョン。自分本位の考え方から、今や生徒達の事を重視する先生に変わってきました。

その一方でのセホ。過去の状況では気の毒と思えた彼も、今やすっかり諸悪の根源に変わり果ててしまい、病んでいる彼が救われるのか、潰されるのか。次回の予告では、母親と対峙する姿が描かれていましたが、自分の地位だけで対応出来るのでしょうか。

それに比べたカン家の人々。あのような母親に育てられたからこそのボクスなんですよね。しかし、このドラマで不思議だと思うのが「父親の不在」です。前から気になっていたのですが、カン家、スジョン、セホ、いずれの家庭にも父親の姿がありません。監督は、韓国社会の現象を表しているのでしょうか。次回は、とりあえず、最後の足音の主が大いに気になるところ。でも、予告編で何も取り上げられていないところを見ると、誰か「仲間」なのか?それより、ボクス達の味方のパク教師が辞めさせられるようで、そちらの方が心配です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第19話視聴率 4.3% 第20話視聴率 5.4%

onwardさんより

第19話・20話 あらすじ

相談室のドアが開き、中を覗いたのは…携帯を探しに来たユン・スンウ!!「大胆だな」と呟きながら慌てて立ち去るスンウを追うボクス!おろおろするスジョンに「任せて」と言って彼が取った行動とは…スンウに本当の事を言う事、そしてお菓子で買収して、黙っていてくれと頼む事。そんなボクスに、ニヤッとして「あ~喋りたくなってきた」!

パク教師が下した討論会の評価に抗議して、授業をボイコットするアイビークラス。その後廊下でチェミンに喧嘩を売られ、取っ組み合いになったヨンミンは、報告書を書く羽目に。一方のパク教師も、討論会の評価に関して始末書を書かされることに。

しかし、いつも携帯でビデオをとっていたデュヒョンのおかげで、誰が先に殴ったかの証拠がつかめた「野草クラス」は、その映像を学校中に放送します。そして、チェミン達が討論会の内容を外注したことを白状したため、表彰状は「野草クラス」に返却されます。誇らしげな「野草クラス」の生徒達。

一方、職員室で教頭のパソコンに不信な書類を見つけ、内容を全てUSBにコピーするミンジ。

パク教師にお礼のメモを渡すスジョン。「先生のような教師になりたいです。」長年の教員生活で、生徒からもらった沢山のメモを保存している教師のノートの一部には、セホ関連のメモも。事故の後、ボクスがやったと思えない、とセホの母に強調した彼は、理事長に、息子が嘘を言っているとでも?と言われ、返す言葉がありませんでした…

スンウの代わりに一人で教室を掃除するボクス。様子を見に来たスジョンと甘いひと時… 映画デートのあと、病院へスジョンの祖母を訪ねる2人。ボクスは祖母の眼鏡にかなった!?

臨時で「野草クラス」へやって来たパク教師は、生徒達を称賛します。「君たちはアイビークラスよりもよほど大人だ。でも勉強しないと。」

その晩、ミンジがコピーしたファイルを見る「あなたの願い」チーム。それはアイビークラスの生徒向けに作成された、まだ実施前のコンテストの表彰状。ちょうど事務所に現れたパク教師は、チームが持っている、高校の数々の汚職の証拠に大ショック。すぐ、ソウル教育委員会に告発状を送るのでした。

翌日、学校へ委員会が調査に現れるも、元理事であるセホの母の一言でもみ消しに。一人では何もできない、とセホを責める母。理事長のネームプレートをデスクから叩き落とされ、9年前を思い出すセホ… ボクスと生徒会長の地位を争うことになった彼は、会長の座を射止めます。しかし、家に帰ってみると、それは母が裏で手を回したからでした…母はどうしてありのままの自分を愛してくれないのか… その晩、ソジョン閣へ行って、幸せそうなボクスと家族を見たセホは、やり切れない気持ちをボクスへ向けます。お前さえ居なければ! 事故の後、母の冷たい表情に耐え切れず、ボクスに押されたことを認めたセホ…

翌日、セホの命令で「野草クラス」の生徒達に転向するよう指示する校長。また、セホは、パク教師に退職願を突きつけ、解雇を言い渡します。「ボクスにとっては良い先生だったかもしれないが、私にはそうじゃなかった。」パク教師が退職願を取り上げた時、職員室に乗り込むボクス。「オ・セホ理事長、この学校はあんたのものじゃない」…

 

第19話・20話 感想

前回の終わりがあまりにもドキドキだったので、入って来たのがスンウで良かった!スンウは「野草クラス」にいるけれど、多分頭は悪くないし、ボクスの盟友になれる人物。この1-2回で、「野草クラス」の人間関係はとても変わりましたね。元アイビークラスのヨンミンとスンウが今や同士の雰囲気ですから。

しかし、学内でセホに物言える人物が、元担任のパク教師と、スジョンしかいないのは問題です。他の教師達は、結局賄賂で就職していて、解雇されるのが怖いのでしょうか?こうなったら、善悪をわきまえる「野草クラス」がもう少し勉強に力を入れて、存在に値する生徒だという事を証明するしかないように見えます。そのような予告編でしたが、結果はどうなるのか…

今回で、セホの心理が更に分かってきました。高校生だったセホが母に対抗できないのはよく解ります。それに、持って行き所がない感情を、目の前の対象にぶつけるのも、その時代ならあり得ます。彼は、母が自分の努力を認めることが無かったし、いつも介入されていたから、自身も自分が何に成功し、何に失敗したのか、よく解っていなかったと思います。故に、失敗しても笑っていられるボクスはバカみたいに見えた。母と戦っても勝ち目が無いので、その気持ちが友人に向かってしまったのです。ボクスと「野草クラス」とパク先生にとって厳しい現実が続きそうです。

 

パク・アイン ヤン・ミンジ役
出典:https://programs.sbs.co.kr/
生年月日: 1985年2月12日
マンホール~不思議な国のピル~(2017/KBS)パク・ヨンジュ パク・ジェヒョンの元恋人
グッドワイフ(2016/tvN) イ・ヨンジュ 不動産会社側弁護士
ベビーシッター(2016/KBS) ホ・シニョン 精神病院の入院患者
太陽の末裔(2016/KBS) キム・ウンジ 胸部外科専門医

 

ボクスが帰ってきた 21話・22話と23話・24話 あらすじと感想

 

ボクスが帰ってきた 視聴率 あらすじ キャスト 感想

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー