ボクスが帰ってきた 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●韓国放送 2018年12月10日(月)~(月・火)22:00から

ボクスが帰ってきた  복수가 돌아왔다 全32回(全16話)
2018年放送 SBS
平均視聴率 5.32% 시청률 第1話4.3% 最高視聴率第14回8.1% 最低視聴率第25回3.2%
SBS ボクスが帰ってきた  복수가 돌아왔다
あらすじ

校内暴力の加害者と疑われて退学させられたせいで人生がめちゃくちゃになったカン・ボクスが、大人になって復讐するために学校へまた戻るが、復讐どころか予想もできなかった事件に巻き込まれるようになる、愉快な癒し系学園ロマンス

キャスト

ユ・スンホ カン・ボクス役 好感度の高いルックス、楽天的な性格

チョ・ボア ソン・スジョン役 綺麗で、優しく、しっかり者の学級委員長で、カン・ボクスの初恋の相手

クァク・ドンヨン オセホ役 理事長 劣等感と愛憎の王子様

 

キム・ドンヨン イ・ギョンヒョン役 カン・ボクスの高校の同級生

パク・アイン ヤン・ミンジ役 愛しか知らない複数のストーカー

 

ユ・ソンホ ユ・シオン役 ビジュアルは整っているがタフな男

 

チョン・ホジン パク先生 カン・ボクスの担任の先生

スタッフ /脚本:キム・ユンヨン、演出:ハム・ジュンホ
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
onwardさんより

●以下話数ごとのあらすじと感想

ボクスが帰ってきた 1話・2話と3話・4話 あらすじと感想 ユ・スンホ カン・ボクス役
ボクスが帰ってきた 5話・6話と7話・8話 あらすじと感想 チョ・ボア ソン・スジョン役
ボクスが帰ってきた 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想 クァク・ドンヨン オセホ役
ボクスが帰ってきた 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想 キム・ドンヨン イ・ギョンヒョン役
ボクスが帰ってきた 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想 パク・アイン ヤン・ミンジ役
ボクスが帰ってきた 21話・22話と23話・24話 あらすじと感想
ボクスが帰ってきた 25話・26話と27話・28話 あらすじと感想
ボクスが帰ってきた 29話・30話と31話・32話(最終回) あらすじと感想

 

onwardさんより

●以下作品感想

イケメン制服姿のユ・スンホがチョ・ボア、クァク・ドンヨンと繰り広げる愉快な癒し系学園ロマンス!クァク・ドンヨンが初の悪役!ボクスの復讐計画の行方はいかに!?

 

「退学させられ、大人になってから学校へ戻って復讐を企てる」なんていうと、暗く重いストーリーを想像してしまいますが、このドラマは愉快、爽快、痛快。テンションアップあり、胸キュンあり、感動ありで、スカッとすること間違いなしです!

前半、9年前と現在を行ったり来たりしながら、どうしてボクスが復讐を考えるようになったかを描いていくそのスピード感に、知らず知らずのうち惹き付けられ、また、セホとボクスが対峙するシリアス・シーンがある一方で、スジョンと9年ぶりに和解した後の2人のキス・シーンや、いつ見つかるかと、視聴者をハラハラさせる2人の校内こっそりデート・シーン(実は全部学生達にバレバレだった!)など、甘さと辛さが上手く混ざって、視聴者を全く飽きさせません。

このドラマは、実際にあった私学の不正問題をベースにしているとの事。中盤以降は、その不正の指摘に向けて動き出すボクス達の姿や、学校を私物化し、資金を横領するイム・セギョンの姿が描かれ、緊張感が増して、その展開への関心で話に引き込まれます。

ボクスジョン・カップルのビジュアルの良さ、セホ演ずるクァク・ドンヨンの体当たり初悪役演技、ボクスをサポートするギュンヒュンとミンジの、笑いを誘う個性的な魅力、純粋で一途な学生時代を思い出させるソルソン高校生達、パク先生とボクスの年齢差ブロマンス… このドラマの良い点を並べだしたらきりがないぐらい。

そして、癒しと共に重要なのが、ラブコメである一方で、学園ロマンスの皮を被った、社会問題提起ドラマという点でしょう。学校は「金儲けの場」ではありませんが、運営人の給与を払う為にはプロフィットが必要。そして、高学歴至上主義は、「大学合格者大量生産株式会社」みたいな学校を生み出します。描かれている問題は日本にも通じるものがありそうですね。

「ロボットじゃない」に続き、ラブコメ挑戦第2弾のユ・スンホ。演技が更に軽く(?)なって、今後活躍の場が広がりそう。他の若手俳優達の熱演も「弾けんばかり」で、早く日本放映決定になることを期待します。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー