ホテルデルーナ 9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ホテルデルーナ  호텔델루나 全16話 tvN ●韓国放送 2019年 7月13日~

第9話視聴率 8.349%

marikoさん

第9話あらすじ

空になったデルーナで呆然とするチャンソン。街の人たちも、ホテルデルーナに気付くようになるのだった。デルーナを出た人々は、あの世に行ったり、この世で新しい家を求めたりしていた。キム・ユナは、ヒョンジュンと引越をする。

チャンソンは、デルーナの人々を探そうとするが、薬局の女から幽霊が見えなくなる薬をもらう。チャンソンは、「探したいのは好きな人だから…」と言うのだった。

マンウォルたちは、新しいホテルデルーナをつくる。そこには例の大木もあるのだった。花売りの老婆は来て、「大木の花をつかせるのも、あなた次第なのに」と言う。

デルーナにいたチャンソンだが、不動産屋がやってくる。しかしチャンソンは「ここには問題がある」、と言って邪魔をするのだった。不動産屋はマンウォルと電話するが、通話相手が突然チャンソンに代わり、驚くマンウォル。そしてマンウォルは、チャンソンがちゃんとしたホテルで働くことを願うのだった。

その地で有名なマッコリを飲んで、酔うマンウォル。不思議な井戸と、青い髪の男が見える。

チャンソンの部屋に、亡くなった会長が来る。チャンソンの家にある絵を見に来たという。そして一緒にホテルデルーナに行くことになる。マンウォルは、突然現れたチャンソンに驚くのだった。

チャンソンは、ホテルデルーナに青い髪の青年を導きいれる。青い髪の青年とすれ違ったチャンソンは、びしょ濡れになってしまう。ホテルデルーナがびしょ濡れになった後、マンウォルは異変に気付く。入ってはいけないものが入ったというのだ。水の霊であるその青年がホテルデルーナに来たせいで、マッコリ工場では水が出なくなってしまう。

青い髪の青年は、チャンソンを呼びつける。水の霊は、井戸の中にいる。その井戸は、忘れられて乾いていく井戸だった。チャンソンは助けて欲しいと言われ、チャンソンの悩み・苦しみを見せろと言われる。しかしそこにマンウォルがやってきて、大事には至らないのだった。

キム・ユナとヒョンジュンは、山の中で埋まっていた6名の死者を連れてホテルデルーナに帰る。

水底で何を見たのか?と聞かれるチャンソン。マンウォルが塵となってしまう夢を見たのだった。そして花売りの老婆からもらった薬を捨て、もう「僕には安全な場所はない」と言う。マンウォルが「それを手に入れるのはすごく大変だったのに」と言うが、チャンソンは「マンウォルがいるから構わない」と言うのだった。

第9話感想

チャンソンの中に、マンウォルへの気持ちが微かに変わってきたようです。今回は幽霊だけじゃなく、水の霊も出てきて驚きました。そしてその水の霊のイケメンなこと!水だけに、爽やかで美しい青年でした~。

マンウォルは、チャンソンを守ろうとしていますが、チョンミョンの影を見ているのでしょうか?そして今回は刑事がチャンソンの知り合いだということも分かりましたが、どういった関係なのでしょうか?サンチェスの表情を見ている限り、良い仲ではなさそうです。最悪なことが起こらないように願うばかりです。

キム・ユナが連れて来た死者たちの事件も気になるし、いろいろ気になることが多いです。ヒョンジュンとユナの2人も、幸せになって欲しいなぁ。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第10話視聴率 10.009%

marikoさん

第10話あらすじ

チャンソンは、幽霊が見えなくなる薬を捨ててしまう。「これからどんどん危険になる、あなたは私を守れ」と言うチャンソン。しかし水の霊が、水の中から拾ってきてしまう。マンウォルは飲めと言うが、チャンソンは「マンウォルと会えなくなってしまう、あなたを守れなくなってしまうから」と飲むのを拒否するのだった。

会長の妻と孫娘が、ホテルデルーナに会いに来る。会長は孫娘の相手にチャンソンはどうかと言い出す。

ある事件が起こる。何も知らない男性が自分の車を開けると、妻の死体が入っていたのだ。すぐに逮捕される夫。

過去、ソ・ジウォンは、サンチェスのせいで学生が自殺したという噂を流していた。

会長が孫娘の夢に出て、チャンソンとずっと一緒にいろと言われ、チャンソンを意識するようになった孫娘。一緒に会長が建てた図書館を見に行ったりする。母は「チャンソンさんって良い人ね」と言うが、孫娘は「好きな人がいるんだって」と答えるのだった。

キム・ユナは、逮捕された男が犯人ではないと言い出す。

若者2人が、図書館で本棚から抜けない本があると言うので、録画しに行くが、本を抑えている幽霊を見て倒れてしまう。

ある刑事は花売りの老婆の姉妹から、恋愛成就の手芸をもらう。それをきっかけに、ミラと出会うのだった。

マンウォルは、「父親がお前を売ったのは、お前を1人にしたくなかったからだ」と言う。チャンソンは「分かっています」と答えるのだった。

図書館の不思議な本を見に行くチャンソン。幽霊と出会うのだった。本の中に写真が入っているのを見つけるチャンソン。チャンソンは、写真を見て、自分の母なのか?と疑う。しかし女の幽霊は、「これを家族に見つかってはいけない」と言うのだった。チャンソンは、初めて母に会えたのに喜べない状況に苦しむのだった。

ミラが出会った刑事は、チャンソンから見ると昔マンウォルの部下だったヨヌだった。チャンソンは、「お前のせいでこの人が死んだのに…」と呟くのだった。ホテルデルーナに帰ったチャンソンは、ヨヌに会ったとマンウォルに話す。マンウォルは、遠くからヨヌの姿を見て、涙を流すのだったそして刑事もまた、マンウォルの顔を見て、ハッとするのだった。

殺人犯は、トラックに詰めた荷物に問題があると言って電話をかけるが、荷物はチャンソンのものだと知る。チャンソンを知るその男は…。

マンウォルは、チャンソンを慰めるため、図書館の霊をホテルデルーナに招待するのだった。チャンソンは、写真は自分が持っていると言い、母を見送るのだった。

マンウォルは「逃げるチャンスをあげるたびに戻って来ると思っていたが、それはお前の意思だった」とチャンソンに言うマンウォル。ヨヌやミラを連れて来たチャンソンは、“あいつ”のことも連れて来るだろうと言うのだった。そして「私が消える時まで、一緒に居て欲しい」と言うマンウォル。しかしチャンソンは、「いえ、あなたは消えません」と答え、抱き合うマンウォルとチャンソン…。大木にはたくさんの花が咲き誇るのだった。

第10話感想

チャンソンがお母さんと出会えて良かったです。自分の母親がどんな人だろうって、そりゃ気になりますよ。自分の存在を隠していたというのは悲しいですが、チャンソンは大人なんで、そんな母親のことも理解したようです。チャンソンを支えようとするマンウォル、そしてマンウォルを守ろうとするチャンソン、両方の気持ちがジーンときます。

気になるのは、キム・ユナが見つけた複数人の死者が一体どんな経緯で殺されたか、です。犯人は分かっていると思うのですが、サイコっぽくて怖いです。

今話は、元f(x)のメンバー・ソルリが特別出演していました。会長の孫役を良く演じていました。ソルリが演じるのを見るのは久しぶりだったので、嬉しかったです。

 

ホテルデルーナ 11話・12話 あらすじと感想

 

ホテルデルーナ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー