ホテルデルーナ 1話・2話 あらすじと感想 IU(アイユー)チャン・マンウォル役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ホテルデルーナ  호텔델루나 全16話 tvN ●韓国放送 2019年 7月13日~

第1話視聴率 7.327%

marikoさん

第1話あらすじ

剣士として多くの人々を殺してきたマンウォルは、死者たちの魂を鎮める場所を探していた。旅の道中、ある店の主人から怪しい言葉をかけられるマンウォル。「黙って死者の魂が集まる場所を教えろ」と言うマンウォルだが、店の主人は消え、代わりに1本の木から建物が出来上がる。店の主人は、「魂の休憩所の新しい主人が来た」と言って、消えてしまうのだった。

時は1998年。マンウォルは様々な時代をホテルデルーナの主人として過ごしてきた。その日は満月の夜。満月の夜は特に死者たちが集まりやすい日だ。ある無職の男は、生活のためにお金を盗み、階段を転げ落ちた。警察から逃げるため走っている道中に、ホテルデルーナにたどり着く男。男は、まだ死んでいないのに間違えてホテルデルーナに来てしまったのだ。それを見た総支配人は、「社長に見つかったら殺される」と呟く。男は、庭に咲く木の花を、息子チャンソンのために取ろうとする。しかし、マンウォルに見つかってしまう。マンウォルは木が花をつけたことに驚くのだった。そしてマンウォルは、男の命を許す代わりに、「息子が育ったら、自分によこせ」と言うのだった。男は、20年後に息子を捧げる約束をしてしまう。

マンウォルは、とある死者の願いで、政治の黒幕を魔法の銃で撃つ。しかし他の人々には、マンウォルは見えていないのだ。代金として、大量な宝石を受け取るマンウォル。そんなマンウォルに、総支配人は「支払いが多いので、手元にはそんなに残らない」と言う。チャンソンを買った証として、父親に代金を支払ったのだ。

2019年、チャンソンは立派なホテルマンになっていた。無事20年が経つまでは、韓国にいないようにしていたチャンソン。しかし、新しい職場に誕生日祝いの花がホテルデルーナから届いてしまう。さらに、地下鉄の中でマンウォルに出会ってしまうチャンソン。チャンソンは、父親から聞いて、マンウォルがどんな人物か分かっていた。マンウォルはチャンソンを連れて行かず、チャンソンに息をかけて地下鉄を降ろす。吹きかけられた息のせいで、チャンソンは死者が見えるようになってしまう。

死者から逃げていて追い詰められたチャンソンは、マンウォルに助けられる。その後、マンウォルとチャンソンは一緒に店で食事すると、マンウォルに銃で撃たれた元政治家が道を通りかかる。男はホームレスとして生活していた。男はマンウォルに恨みを抱き、マンウォルの胸に金属を刺す。チャンソンに、「逃げたければ逃げろ」というマンウォル。しかしチャンソンはマンウォルを助けようとするのだった。自分で金属を抜いたマンウォルは、ホームレスの男に打ち返し、その場を去ろうとしたチャンソンに、「もう逃げる機会は失われた」と言って…。

第1話感想

とても面白かったです!第1話から面白いドラマは珍しいんじゃないかなと思います。次回からも期待できます。あの世とこの世の間を表現する、怪しい雰囲気のホテルデルーナとマンウォルの描写がすごく美しいです。マンウォルは、韓国語で満月の意味です。

IUは歌もうまいし、演技の実力もどんどん伸ばしていてすごいですね。人間でも幽霊でもないマンウォルをうまく体現していると思います。すごく怪しい役で、善人でも悪人でもない不死身のマンウォル。演技するのも大変なんじゃないかなと思うのですが、IUの美貌が役をさらに引き立てています。

もう1人の主役であるチャンソンを演じるヨ・ジングさんは、どこかで見たことあるなと思ったら、子役出身の俳優さんでした。これからマンウォルと恋愛関係になったりするのか気になりますね。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話視聴率 7.633%

marikoさん

第2話あらすじ

チャンソンに「逃げたら殺す」と言うマンウォル。チャンソンはホームレスの男を探しに行こうとするが、砂のように消えた男はその場にはいないのだった。ホームレスの男は幽霊だった。その後、死者の回収人が来て、粉塵になった男を回収する。

ホテルデルーナの仕事は、普通の人間たちが時間が終われば同じところへ行くのに、行けない者たちを受け入れる場所だという。

とある幼い少女は、母親と一緒に子猫に餌を与えている間、何かに気付き1人で歩いて行ってしまう。そこには大きな虎がいるのだった。しかし、母親には見えていない模様…。その虎は、ホテルデルーナの前を通り過ぎて行くのだった。

翌朝、チャンソンはホテルデルーナを訪れる。社長を待つ間、総支配人は「これまで私がやってきたことを、チャンソンさんがやることになるでしょう」と言うのだった。ホテルデルーナは、死者がやりたくて出来なかったことを、やらせてくれる場所だ。チャンソンは1人でホテルを出ようとするが、幽霊が怖くて出られないのであった。その後、マンウォルとチャンソンは虎を探しに行くことに。

ホテルデルーナでは、しばし滞在した後、良いことをしたものはリムジンで、普通の人はバスであの世に行くことになっていた。

ホテルデルーナでは働けないと主張するチャンソン。マンウォルと一緒にレストランに行って、マンウォルから「無事コーヒーを受け取って来れたら働かなくて良い」と言われる。チャンソンは幽霊に怯えながらもコーヒーをもって来るが、マンウォルは、「コーヒー1杯をようやく運べるレベルの人間を、新しい職場は雇いたいと思うかしら?」と言うのだった。

一方、人間である総支配人は病気のため、しばらく休まなければならなかった。「いつ頃チャンソンは来ますか?」と聞くが、「マンウォルは、長くは耐えられずに来るだろう」と言うのだった。

チャンソンは、新しい職場でも幽霊が見えて困っていた。そして会長は虎につきまとわれていた。体調が悪いのもそのせいだ。チャンソンは、マンウォルから虎を追い払う代わりに代価を受け取れと言われる。虎は、絵の中に入って行く。そうして言葉通り、虎はこの世から去るのだった。

総支配人は、チャンソンに会いに来る。総支配人は30年以上デルーナにいたという。「一生いる価値があるから、いただけだ」と言う総支配人。そして「勇気を出せば、あなたもホテルデルーナに価値を見出すはず」と言う。そして亡くなった総支配人は、客としてホテルデルーナに入る。マンウォルに「あなたは私の妹、娘、孫でした。後継者もできて、安心して行けます」と言う総支配人。

ホテルのロビーに飾られた騎士像に目をつけられたチャンソン。逃げるチャンソンを、騎士像は刀を振り回して追うのだった。そこに現れたのはマンウォル。チャンソンを救うのだった。気絶したチャンソンは、ホテルデルーナに運ばれる。夜に目覚めたチャンソンは、楽しそうなお客さんでたくさんの、本当のデルーナの姿を見て…。

第2話感想

ホテルデルーナで、生きている時にできなかったことを出来る…というのは羨ましいなと思いました。その人が一番心残りなことをさせてくれるのですね。私だったら何をするかな~?と考えてしまいました。この一生を思い切り過ごして、すぐに天国に行くのが一番良いのかも知れませんが(笑)

チャンソンは、だんだんとホテルデルーナに心が開かれて行っているようです。心残りがある幽霊を成仏させてあげるところなので、意味がある場所ですよね。チャンソンはきっとホテルデルーナで働くことになるのでしょうが、どういった経緯でそこまで行きつくのか気になります。

そして今回は、虎を成仏させるという仕事もありました。虎が見えた幼児は、そういう才能があるのでしょうか?ホテルデルーナの仕事の範囲は広範囲で、とっても楽しそうです。

 

【豆情報】 「イ・ジュンギが『ホテルデルーナ』第3話に特別出演する。今回の特別出演はIUとの縁で実現した。イ・ジュンギとIUは、2016年下半期に放送されたSBS月火ドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」にそれぞれ4皇子のワンソ、ヘス役で出演し共演。

 

IU(アイユー)아이유 チャン・マンウォル役
出典:http://program.tving.com/
生年月日1993年5月16日 身長161.8cm 体重44kg 血液型A型。歌手、女優。
『Good Day』2011年韓国年間総合音楽チャートで1位。2011年『ドリームハイ』にキム・ピルスク 役で出演し、挿入歌『Someday』も歌う。2009年『ストライク・ラブ』と『善徳女王』のサウンドトラックに参加している。
アメリカの有名映画サイト「最も美しい顔100人」で2012年から3年連続ランクイン
受賞歴 音楽では多数受賞している。
出演
私のおじさん (2018/tvN)イ・ジアン 建設会社契約社員
麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~ (2016/SBS) ヘ・ス(コ・ハジン) 高麗の少女、現代では化粧品会社社員
プロデューサー  (2015/KBS)シンディ 歌手
キレイな男(2013-2014/KBS) キム・ボトン 普通の女、マテのファン
最高です!スンシンちゃん(2013/KBS) イ・スンシン イ家の末っ子
他、多数
受賞歴
2016 麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~ (2016/SBS) ベストカップル賞
2016 最高です!スンシンちゃん(2013/KBS)  女性新人賞/ベストカップル賞

 

ホテルデルーナ 3話・4話 あらすじと感想 ヨ・ジング ク・チャンソン役

 

ホテルデルーナ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー