ペントハウス (韓国ドラマ)19話・20話・21話(最終回) あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

ペントハウス (韓国ドラマ)19話・20話・21話(最終回) あらすじと感想

NEW! 投票開始!


韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)

 

ジュノ (2PM) ドラマランキング



「広告」


ペントハウス 펜트하우스 The Penthouse 2020年放送 SBS月火  全21話【韓国放送期間】2020年10月26日から12月26日

第19話視聴率21.3% 23.5%

第19話あらすじ

準備中

daisySSさん

第19話感想

チュ・ダンテ(オム・ギジュン)とチョン・ソジン(キム・ソヨン)への復讐が始まる。。。

娘を殺害されたシム・スリョン(イ・ジア)の復讐が、他の復讐を呼び、また別の復讐を呼ぶ、、、展開へとなるのでしょうか。ミン・ソラをいじめた子供たちの悪事、ミン・ソラを監禁したヘラパレスの住民たちが事件に関係した供述を受けたシム・スリョン。シム・スリョンはミン・ソラが実の娘であることを明かしました。

シム・スリョン(イ・ジア)を避けていたオ・ユニ(ユジン)。。。スリョンはオ・ユニを訪れ、衝撃的な事実を伝えます。ミン・ソラが自分の娘であることを告白した夜のオ・ユニの行動が気になったシム・スリョンは、ユニのマンションでミン・ソラが持っていたリンゴのペンダントを彼女の家で発見し、自分の娘を突き落とした真犯人がオ・ユニだと既に気づき、「あなたが私の娘を殺したのね」と語ります。オ・ユニを信頼していたシム・スリョン、、、しかし、ユニが自分を裏切ったことに気づきます。

チュ・ダンテと手を結んだオ・ユニは、シム・スリョンが自宅にいることを知らせ、彼女の行方を探っていたチュ・ダンテは、妻を拉致し監禁します。このドラマではミン・ソラをはじめ、拉致及び監禁するシーンが何度も登場し、こんなにも簡単に人を監禁してよいの?と考えました。シム・スリョンが危険な状況に置かれましたが、彼女を助けに現れたのはローガン・リでした。



ローガン・リとシム・スリョンの関係に気づいたオ・ユニ(ユジン)は、二人の関係を理由にローガン・リを脅迫します。しかし、ローガン・リは既にオ・ユニとチュ・ダンがキスする場面を撮影していました。ローガン・リを脅迫しようとして逆に脅迫されたオ・ユニ。すべてを解決した後にとシム・スリョンを連れてアメリカに出国すると、お互いのために協力し合おうと提案するローガン・り。

ローガン・リもミン・ソラを殺したのがオ・ユニだと知り、シム・スリョン(イ・ジア)は予定していた通りの計画を進めるよう伝えます。ローガン・リのチョン・ソジンとチュ・ダンテへの復讐を始める。明洞カジノ事業と手を結んだローガン・リが契約書を破棄、資金を横領したとチュ・ダンテを訴えます。

望んでいた理事長に就任したチョン・ソジン(キム・ソヨン)は、就任直後、娘の不正入学を理由に警察に逮捕されます。ローガン・リの復讐のスタートが好調、、、果たしてどのような最終話を迎えることになるのでしょうか。

第20話視聴率20.4% 23.8%

第20話あらすじ

準備中

daisySSさん

第20話感想

まさかの殺人事件?殺害されたのはシム・スリョン(イ・ジア)でした。シム・スリョンが殺害されることになるとは、全く予想外の展開。

ミン・ソラの事件は自殺として処理され、ヘラパレスの住民たちの裏の顔がニュース化され、チョン・ソジン(キム・ソヨン)とチュ・ダンテ(オム・ギジュン)が浮気していたことまでニュースで流れます。そんな中ヘラパレスの住民は既に話し合った通りの供述を繰り広げ、すべてはシム・スリョンの妄想だと事件とは無関係だと主張します。

今話、シム・スリョンが殺害される事件の裏に家政婦のヤン・ミオク(キム・ローザ)が何か企んだような、不気味な表情を浮かべ、、、何か隠していることがありそうです。ミン・ソラを殺したことを自白するようオ・ユニを説得するシム・スリョン。しかし、チュ・ダンテと密かな関係を続けるオ・ユニは、シム・スリョンの圧迫で不安を見せます。

ハ・ウンビョル(チェ・イェビン)は母が逮捕されたことを知ると、自殺を図ります。一命は取り止めたものの娘が心配になったチョン・ソジンは、シム・スリョンに娘を助けて欲しいと伝え。。。シム・スリョンが出した条件はチョン・ソジンが理事長を辞任することでしたが、長年の夢だった理事長の座を捨てることができず悩むチョン・ソジンの姿が描かれ、シーズン2でもチョン・ソジンの悪女ぶりを見ることになりそうです。

娘の復讐のために準備してきたシム・スリョンが殺害され、駆け付けた警察によってオ・ユニが逮捕されます。そして、一時的に理性を失ったように見えたオ・ユナが殺人を認める驚きの展開を迎えました。今話、チュ・ダンテとの関係をチョン・ソジンに伝えるオ・ユナ。嫉妬するチョン・ソジンの顔が本当に怖くて、彼女を冷たく見つめるオ・ユニもただものではなさそうな雰囲気を醸し出しました。

シーズン2及び3へとストーリーがどのように繋がるのか予想できず楽しみです。双子のチュ・ソクフン(キム・ヨンデ)とチュ・ソッキョン(ハン・ジヒョン)の実の母の写真が、ローガン・リの手に渡りました。写真はチュ・ダンテの金庫に保管されていたもので、これまで彼がこの写真を金庫に保管していた特別な理由がありそうで、シーズン2では双子の実の母が登場するか、シム・スリョンと結婚する前のストーリーが登場することになるのでしょうか。

シム・スリョンを殺したのが本当にオ・ユニなのか、それともオ・ユニがはめられたのか、最終話で明らかになるのでしょうか。すごい勢いで展開されていたため、20話まであっという間に過ぎた気がします。シーズン2の放送を前に、シーズン1の最終話がどのように描かれるのか、注目!

第21話視聴率23.6% 28.8%

第21話(最終回)あらすじ

準備中

daisySSさん

第21話(最終回)感想

自分が犯した罪を隠すため、シム・スリョン(イ・ジア)の死を望んでいたオ・ユニ(ユジン)。。。チュ・ダンテ(オム・ギジュン)はオ・ユニがシム・スリョンの死を望んでいた理由が気になり、秘書に彼女を尾行させます。凶器を手にしたものの、結局、シム・スリョンを殺害することなく、凶器を捨てたユニ。しかし、彼女を尾行していたチュ・ダンテの秘書がその凶器を回収。。。

シム・スリョンを殺したのはチュ・ダンテでした!チュ・ダンテはオ・ユニを利用していただけで、ローガン・リの計画で資金調達が難しくなると、チョン・ソジン(キム・ソヨン)が資金を調達し、復帰のためのワイロを準備します。ローガン・リの復讐計画は失敗し、彼が所有していた明洞の土地はチュ・ダンテに奪われ、アメリカにいる家族まで被害が及ぶ結果となりました。

一方、最後まで財団の理事長の座を手放すことのなかったチョン・ソジンは、夫ハ・ユンチョル(ユン・ジョンフン)を病院長から追い出し、医師免許まで停止させます。これで数年間は医師として働くことができないハ・ユンチョルがアメリカに渡ることになるのでしょうか。チョン・ソジンの娘ハ・ウンビョルは正気を失い、、、母が祖父を死に追いやった場面を目撃していたハ・ウンビョル。

最終話でもチュ・ダンテとチョン・ソジンが計画していたことが成功したことを祝い、二人が結婚する展開を迎えました。チュ・ソクフン(キム・ヨンデ)とチュ・ソッキョン(ハン・ジヒョン)は、殺された母シム・スリョンの死を悲しみ。父チュ・ダンテと家政婦のヤン・ミオク(キム・ローザ)によって殺人事件が起きたことに気づきます。

ドラマの流れからすると、双子もアメリカへと向かい、シーズン2で再び登場することになるようです。驚きの展開が続きましたが、シム・スリョンの死の復讐をするために数年後、双子が韓国に戻ってくるストーリー展開になりそうで、シーズン2とシーズン3への繋がり、、、気になります。

シム・スリョンを殺害した罪で無期懲役が求刑されたオ・ユニ、無実を訴えます。しかし、彼女の無実は認められず、チュ・ダンテとチョン・ソジンの計画通りに事件は終わるはず。。。移送されていたオ・ユニが現れたローガン・リによってさらわれ、、、死んだシム・スリョンとミン・ソラの復讐を果たそうとするローガン・リ。そんな彼に「私を殺すとスリョンを殺した犯人は永遠に捕まらない・・・」との言葉に、ローガン・リが戸惑います。

シーズン2でも、シム・スリョンが登場することになるようですが、殺された彼女がどのようにして復活することになるのでしょう。韓国では毎話高い視聴率を記録し話題になった作品だけに、シーズン2への期待が高い作品です。

 

ペントハウス (韓国ドラマ) キャスト・相関図 視聴率 あらすじ

「広告」


2021年版 投票中!


韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


韓国 人気イケメン俳優ランキング(現代) 2021


韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


韓国ドラマ 人気ランキング (現代) 2021



韓国俳優・女優別 出演ドラマランキング



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版






【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


U-NEXT【韓流】ページ



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー