プレーヤー(韓国ドラマ)感想 キャスト・相関図 あらすじ 視聴率

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

放送予定

●【日本放送】
●KNTV 全14話(2019/11/15から)金・土曜日早朝5:45から 字幕

【韓国放送期間】2018年9月29日から11月11日まで

プレーヤー

플레이어 Player

2018年放送 OCN 全14話

視聴率

平均視聴率4.488% 시청률 最低視聴率第5回3.720% 最高視聴率第14回5.803%

OCN 플레이어

あらすじ

天才詐欺師のハリ(ソン・スンホン)、ハッカーのビョンミン(イ・シオン)、ファイターのジヌン(テ・ウォンソク)は、優れた運転技術をもつドライバーのアリョン(クリスタル(f(x))をメンバーにスカウトし、あらゆる才能が集結した詐欺グループ“プレーヤー”を結成する。彼らが狙うのは、違法に集められた汚いカネ。高利貸し、財閥二世など次々とターゲットを騙し、悪行を暴く。そんな“プレーヤー”たちに検事であるインギュ(キム・ウォネ)が目をつける。インギュは彼らの危険な作戦に目をつぶる代わりに、検察に協力するようもちかける。だがハリの作戦には金だけではない、ある事情があった。

相関図

KNTV プレーヤー あらすじ 相関図

キャスト

プレーヤー

ソン・スンホン  カン・ハリ  天才詐欺師 端正なルックスに天才的頭脳巧妙な話術で完璧な詐欺師。プレーヤーの中で中心的存在。

クリスタル  チャ・アリョン 美しい容姿からは想像できないほどのかけ離れた運転技術を持つドライバー。スリだったが、ハリと出会い、チームに参加。

イ・シオン  イム・ビョンミン  天才ハッカー 世界ハッキング大会を席巻、国家情報院にスカウトされたこともある。

テ・ウォンソク  ト・ジヌン 最強ファイター。総合格闘技でのチャンピオンを夢見るもとある事件でリングをおりチームに加わる。

 

検察庁

キム・ウォネ  チャン・インギュ ソウン中央地検特捜部検事 正義感が強く情熱にありふれている。プレーヤーたちとやむえず協力する。

アン・セホ  メン係長  熱血検察捜査官 インギュの部下、

 

イ・ファンウィ  ユ・ギフン  ソウン中央地検次長検事

 

ターゲット

キム・ジョンテ  ク・サラム  政治コンサルタント

クァク・ジャヒョン  チャン・ドンソプ  違法な貸金融業者 ハリ達に巨額の金を狙われる。

ハ・スホ  ムン・シンナム  ク・サラムの右腕

画像出典:http://program.tving.com/

スタッフ /脚本:シン・ジェヒョン 演出:コ・ジェヒョン

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ハル_HARU_さん

●正義の味方は詐欺師!?スペシャルチームが巨悪を倒す爽快ドラマ!

政治・権力とは切っても切れない関係性の汚職や腐敗。そこから生まれた汚い裏金を颯爽と奪っていく今作では、主人公のソン・スンホンが率いる特殊詐欺チームが最高にカッコイイです。

詐欺師・ハッカー・ファイター・レーサーからなる四人が、腐りきった役人やヤクザ、政府の要人たちを翻弄して、騙し取っていく様は胸がすく思いがします。ストーリーは、主人公であるカンハリがそもそもなぜ詐欺師となったのか。そして、検察に協力してまで追い詰めたい相手は一体誰なのかと、彼を中心として進んでいきます。

次々と現れる悪人たちと、仲間たちの過去が重なり合い、各話で様々なことが明かされていくので、一度見始めると止まらなくなるのが魅力です。特に、話が進むうちに、強力な絆で結ばれていくプレーヤーの4人と、検察での協力者であるチャン・インギュとの関係性は、コミカルなシーンから涙なくしては見れないシーンまで数多くあり、今作がこんなにも多彩な面白さと切なさを見せることができた要因のひとつだと思います。

ドラマ「プレーヤー」の魅力を最大限に引き出してくれたメインキャストの方々にも、注目です。

まず一人目は、主人公で完璧なルックスと最高の頭脳を併せ持った詐欺師のカンハリを演じたソン・スンホン。シットコムの「ノンストップ」でデビューし、「秋の童話」によって知名度を確かなものとした大人気俳優。前作「ブラック」から一年振りの復帰作となり、再び同監督とダッグを組んだ今作では、明るさと影を感じさせる大人な男を見事に演じ分けています。韓国国内でも、「復帰はかけがえのない成功であった」と評された彼の演技は一見の価値ありです。

二人目は、どんな情報も抜き出すことができる天才ハッカーのイム・ビョンミンを演じたイ・シオン。バラエティの「シングル男のハッピーライフ」で、誰にでも愛される親しみ易さを見せてくれる彼が、今作でもチームのメンバーと抜群の掛け合いをみせて、作品の面白さを二倍三倍にもしています。

三人目は、相手を叩きのめす最強ファイターのト・ジヌンを演じたテ・ウォンソク。今作に出るまでは、脇役が多かったと語る彼ですが、「太陽の末柄」やレーサー役のクリスタルが出演していた「賢い監房生活」などにも出演しています。しかし、どこに出演していたか首を傾げる方も多いかもしれません。なぜなら、彼のトレードーマークとなる大柄な肉体。

あれは、「プレーヤー」の出演をきっかけに鍛え上げた肉体だったのです。そのため、韓国国内でも「プレーヤー」の放送後、話題となった彼が色々な作品に出演していて驚いた人が多かったようです。

四人目は、優れた運転テクニックと抜群の美貌を誇るレーサーのチャ・アリョンを演じたクリスタル。韓国の大人気グループf(x)に所属する彼女ですが、最近では「ハベクの新婦」や「賢い監房生活」といったヒットドラマに次々と呼ばれています。ストーリーの中では、チームの個性豊かなお兄さん三人と軽快なやり取りをみせ、なんとも憎めない妹のポジションを好演する様子が魅力的です。撮影時のエピソードとして、共演者たちとの歳の差を感じずに楽しく撮影ができたことを明かしていて、「おやじギャグ以外は大丈夫」といった冗談が飛び出すくらい信頼関係が構築された良い現場だったようです。

豪華で個性豊かな素敵なキャストが集まり、スタイリッシュなアクションと爽快なストーリーで話題の「プレーヤー」は、年齢や男女問わず楽しめる作品となっています。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー