プリースト キャスト・相関図 感想 あらすじ 視聴率


【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

放送予定

●【日本放送】KNTV (2019/4/14 ) 毎週(日)後8:50~11:15 ※2話連続放送

【韓国放送期間】2018年 11月24日から2019年 1月20日

プリースト

프리스트

2018年放送 OCN 全16話

視聴率

平均視聴率 1.91% 시청률 最低視聴率第11回1.362% 最高視聴率第2回2.487%

OCN 프리스트

あらすじ

幼い頃、悪魔に取り憑かれた母親が命を落とす現場を目撃したスミン(ヨン・ウジン)は、神父のギソン(パク・ヨンウ)に師事し、非公認で悪魔祓いをするエクソシストの秘密結社「634レジア」の一員となった。 ある日、腹部に重傷を負った男児が南部カトリック病院に運びこまれ、救命救急センターの医師ウンホ(チョン・ユミ)が緊急手術を行なうも、命を落とす。ところが、突然の停電後、男児は息を吹き返し、その後、たびたび奇行を繰り返すように。これが悪魔によるものだと確信したギソンは、スミンらとともに儀式を行ない、悪魔祓いに成功。非科学的なものは信じないウンホは儀式を目にしても半信半疑だったが、突如、レジデントのミソ(パク・ジョンウォン)が豹変し、ウンホに襲いかかってくる……。

相関図


画像:あらすじ出典:https://knda.tv/kntv/program/kn190402/

キャスト

主要人物

ヨン・ウジン  オ・スミン  秘密結社634レジアの若きエクソシスト。正義感が強い。

チョン・ユミ  ハム・ウンホ  南部カトリック病院救命救急の優秀な医師。8年前の一部の記憶がない。

パク・ヨンウ  ムン・ギソン  神父、スミンの師匠、634レジアの創立メンバーの一人

634レジア

イ・ヨンソク  クァク・ギヨン  634レジアの管理職、ローマ教皇庁との連絡係

ムン・スク  イ・ヘミン  634レジアの創立者、修道女 ギソンの師

ソン・ジョンハク  ク・ドギュン 定年間近の刑事 悪魔によって愛娘を亡くした過去を持つ

オ・ヨナ  シン・ミヨン  634レジアの本部があるギャラリーの代表 悪魔祓いの品物を調達する係

ユ・ビ  チョン・ヨンピル  634レジアのメンバー 救急車の運転とデーター管理、情報取集が得意。

画像出典:http://program.tving.com/

スタッフ /

●以下感想ネタバレ有。

【広告】
格安で韓ドラ見るならdTV バラエティも配信中♪ 韓流ページを覗いてみよう!



【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ハル_HARU_さんの感想より

悪魔の前で人はどこまで愛を貫けるのか!

●エクソシズム×メディカルドラマとして話題となった今作。

悪魔祓いをテーマにしたホラーサスペンスの色合いを見せる一方で、主人公とヒロインを巡る愛の行方も目が離せないテーマとなっています。

悪魔に母親を奪わられた過去を持つ主人公の青年スミンと、救命救急センターで日夜働く医師ウンホの秘められた関係性が切なくも見所でした。
終盤の展開を含めても二人の純愛にたいし、次々と襲い掛かる悪魔の策略は見ていて辛かったです。何より最終回でのスミンの選択は、涙無くして見ることができません。最終回の結末が、よくある展開にならなかったことが、韓国では評価されて続編を望む声も数多くあります。

そしてもう一つテーマであるホラーサスペンス。これが、予想以上に力が入っていてかなり怖いです。悪魔に憑りつかれた人を付魔者と呼ぶのですが、この付魔者を演じるベテラン役者さんたちの熱演が凄かったです。特に、恐ろしくもリアリティのある特殊メイクをした役者さんの鬼気迫る演技は一見の価値があります。

本編では人々を悪魔から守るために、秘密裏に悪魔祓いを執り行っている「634レジア」という秘密結社が登場します。このチームを中心として悪魔を追い詰めていくのですが、やはり一筋縄ではいきません。物語の途中チーム内に、付魔者が現れてしまい誰を信じていいのか、チームが疑心暗鬼になっていく様子は緊迫感があり、思わず怪しい人物がいないか一緒に推理しながら観てしまいました。

今作『プリースト』では「634レジア」のメンバーを演じた役者の方々を中心に良いチームワークで撮影が進んでいきました。その中でも一番のケミストリーを見せていたのが、スミン役のヨン・ウジンさんとウンホ役のチョン・ユミさん。 プライベートでも交流があるという二人は、以前チョン・ユミさんがパーソナリティを務めるラジオに出演した際に、「ヨン・ウジンさんには見栄っ張りな一面があり友人たちの間ではヨンホセ(韓国でナルシストに近い意味)と愛称で呼ばれている」と暴露されていました。そんな普段から仲が良い二人が演じたこともあり、今回の息の合った掛け合いや自然な感情の表現につながったようです。

韓国で悪魔や悪霊といった超常現象を取り扱う作品が増える中、メディカルエクソシズムドラマという新境地を開拓した「プリースト」。恋愛要素とホラー要素を巧みに融合させていて、両ジャンルのファンも満足できる作品となっています。

なんだかなぁさん

韓国ドラマ「プリースト」は、悪霊に挑むメディカルエクソシズムドラマになっていて、始めの感想としては「ちょっと怖そう」と感じていました。しかし、観ていると怖さもありすが、大どんでん返しな結末が待っていたりと、ハラハラドキドキの展開で時間も忘れて観いってしまいました。

自分は好きだったのですが、韓国ドラマでの視聴率はあまり良くなかったようで、平均視聴率が「1.9%」、最高視聴率が第2回放送で「2.5%」でした。数字だけ見ると低いですが、プリーストに出演している俳優陣の演技が輝いていたという世間の反応もあったそうなので、みんなが観るという視聴率よりは「好きな人は観るドラマ」という感じなのかもしれません。

プリーストに出演している俳優陣は、オ・スミン役を演じた「ヨン・ウジン」やハム・ウンホ役を演じた「チュン・ユミ」、ムン・ギソン役を演じた「パク・ヨンウ」など豪華な俳優陣が出演しています。その中でも自分の中で1番輝いてみえた俳優は、「パク・ヨンウ」です。パク・ヨンウは、ドラマというよりは、どちらかというと映画の出演が多い俳優で、ベテラン俳優として、このプリーストでもとてもいい味を出していました。

もう一人輝いてみえた俳優としては、「オ・ヨナ」です。プリーストでは、シン・ミヨン役を演じているのですが、自分の中では初めて普通の格好でドラマに出演しているのを観たような気がします。時代劇や妖怪の役まで幅広く役柄をこなしているので、普通の格好でドラマに出ているのが、とても新鮮に感じ、改めて「演技が上手な女優だな」と感じました。

プリーストは、近年OCNが推しているジャンルの「エクソシズム系」なので、観ても損はないと思います。面白いストーリーになっていますし、豪華な俳優陣の演技を観ているだけでも、韓国ドラマ好きには満足できると思います。ちなみに、少しグロい部分もあったりするので、嫌いな人はあまりおすすめできません。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


【広告】
U-NEXT独占先行配信

バベル〜愛と運命の螺旋(らせん) 2020/4/3〜(主演・パク・シフ)

★U-NEXT独占配信
『左利きの妻』(2019)/『アイテム〜運命に導かれし2人〜』(2019)(チン・セヨン)/『ダーリンは危機一髪!』(2019)(シウォン)/『チェックメイト!〜正義の番人〜』(2019)(キム・ドンウク)

韓流観るなら<U-NEXT>


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー