ブラームスが好きですか? 9話・10話 あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

ブラームスが好きですか? 브람스를 좋아하세요?

【韓国放送期間】2020年8月31日から 10月20日まで 2020年放送 SBS

第9話視聴率3.6% 5.5%

えぱたさん

第9話あらすじ

ジュニョンとソンアがミンソンに会い、ソンアは2人を紹介する。ソンアはヨンギンに、「ジュニョンと付き合うことになった」と話す。

ヒョノは中華料理屋で高校時代の友人らと食事し、チョンギョンとの噂話になると、「別れた」と言うが、場は気まずいになる。

伴奏の楽譜についてカフェで話す、チョンギョンとジュニョン。「ソンアと付き合っている。ヒョノに言った嘘について、本当のことを話してほしい」とジュニョンは言う。

オーケストラの件でヒョノに電話するソンアに、ヒョノは「ジュニョンと付き合っているのか?」と尋ねると、ソンアは「はい」と答える。

ソンアに会うミンソンは、「お見合いデートをセットアップすると言われたんだけど」と言うと、ソンアは「行ったら? 良い人と会ってほしいから」とデートを勧める。

ユン教授からレッスンを受けるジュニョンは、「オーストラリアでのコンクールに落ちたから、オレのところに来たのか?」と嫌味を言われる。恋愛関係についても色々言われ、精神的に不安定になるジュニョンは、精神安定剤を飲んで気分を落ち着ける。

友人の誕生日パーティーで呑むソンアと仲間たち。来ないはずのドンユンも来る。皆がいなくなり、ソンアとドンユンは話す。「ジュニョンと付き合ってる。すごく好き。ずっど長い間、あなたが好きだった」それを聞いたドンユンは、「答えか?オレの告白への」びっくりしたミンソンとジュニョンがそばに立っていて…。

 

第9話感想

友人の誕生会に付き合って、出張で来るはずのなかったドンユンが顔を出し、居心地悪そうな表情をしたソンア。当然隙を見て逃げるだろうと予測しましたが、なんと最後まで残っていた! 呆れました。いつまでも残っている必要なかったのに。こういう面が貧乏くじを引く性格なのですが、本人は懲りていない様子。

いったい今更、ドンユンと話す、どんな話があるかと思ったら、以前の話。もし新しい愛を失いたくないのなら、昔の相手からは逃げる一手でしょう。それとも、新しい愛を失う恐れがあって、昔の愛に帰る道も確保しておこうというなら、別ですが。

しかし、展開は最悪のパターンで、よりによって、タイミング良く (!) ジュニョンとドンユンの元カノでソンアの親友ミンソンが登場するという。本命と親友と両方一気に失いそうなエンディング!

ジュニョンとソンアの、初々しい恋愛の姿は素敵なのですが、ジュニョンの性格があまりにも良すぎで、音楽をやる人は多かれ少なかれプライドがすごいのですが、ましてショパン国際ピアノコンクール入賞者という実績のある人。そこがやや現実味に欠けるかなという気はします。

とはいえ、ジュニョン役キム・ミンジェ、キャラクターがハマっています。キム・ヒョンジュンに雰囲気が似ている感じで、熱い思いを内に秘める陰のありそうな印象。音楽家らしい、太くて低い、ハリのある声。それに、筋肉。笑 電話する時の腕の筋肉がすごいのが、カメラ映えします。

 



第10話視聴率3.6% 5.5%

えぱたさん

第10話あらすじ

ミンソンは走り去り、ソンアは追いかける。「ドンユンのこと、好きだったなんて、知らなかった。それは友達じゃない」とミンソンは言う。しきりに「ごめんね」と言うソンア。ジュニョンがコンビニ前で水をあげ、ソンアにもらったハンカチを出して、慰める。

ジュニョンの韓国でのプロモーション代表になったパク・ソンジェは、ジュニョンの家族についてTV番組で話すように言うが、ジュニョンは納得しない。「まだクリスとはっきり話し合いはついていない」とジュニョンは言う。

ソンアの担当教授のイ・スジョンが持つオーケストラの公演会のチケットを、団員がそれぞれ売ることになり、「負担が大きい」とソンアは教授に言うが、聞き入れられず。ヘナに言うと、不平タラタラで「その分のお金を送金する」と。

チョンギョンの担当のソン教授は、チョンギョンに洋服をプレゼントしてあげ、野外コンサートで会う、スジョンとの間に気まずい雰囲気。

ジュニョンに会うソンアは、「あの部屋、ジュニョンさんのじゃないでしょ?」と言い、チョンギョンが出てくるのを見たとは言えず。「部屋に行っていい?」と言う。お茶を出そうと用意するジュニョンはカップを割ってしまい、ウエットティッシュが「引き出しにある」と言うので、ソンアが開けると、チョンギョンがくれたハンカチが。ソンアが帰った後で、引き出しにそれを見て、ジュニョンはスーツケースにしまう。昔のスマホの写真にヒョノとチョンギョンの写真。

チョンギョンの伴奏をしてあげるジュニョンは、レッスン室が使えず、ソリョン大学の一室を使うことになるが、ジュニョンはそれを避けていた。ソンアの手前、チョンギョンと一緒の噂話を避けるためだった。しかし、演奏を始めると、レッスン室の外に野次馬が集まる。ソンアも騒ぎを聞きつけて、2人の姿を遠くから見る。

 

第10話感想

音楽大学の生活は大変そうで、ため息が出ます。私は音楽畑ではないのですが、なぜかこういう世界に縁があるのは、高校が合唱部で私の友人が音大で時々遊びに行っていたり、大学の先輩が普通大学ですが、他大学と合同でピアノコンサートをやっていて、見に行ったりしていました。お金を払って一般の合唱団に入って、第九を歌ったり。上野のホールによくリサイタルを聴きに行きました。無料で聴ける方法があって、よく並んだな〜。笑

才能の世界ですが、経済的余裕がなければ、バイトに時間を取られて練習はできないから、どんどん遅れていくし、衣装代やら、色々出費は出るしで、才能だけではやっていけない世界。ジュニョンの厳しい環境にため息が出ます。まぁ、ドラマなので、衣装は次から次へと登場するので、それを楽しんでいます。笑

ジュニョンはチャイコフスキーコンクールに出場する準備をしていて、チョンギョンの伴奏の相手をしている場合ではないのです。ソンアとの恋愛は、こういう厳しい状況で、恋愛でもしていないと精神がおかしくなりそうなので、ひたすら持ちこたえてくれと応援します。

ギョンフ財団のスタッフだったパク・ソンジェ。財団を辞めて、独立して、ジュニョンの韓国でのプロモーションを担当するようになったらしいが、ジュニョンの家族のことや恋愛のことをネタにメディア露出させようという計画。余計なことをしてくれそうです。パク代表役のチェ・デフンは、『おしえて! イルスン』でユン・ギュンサンと共演した、うまく立ち回り危ない橋を渡る検事の役が印象に残っています。

 

ブラームスは好きですか? 11話・12話 あらすじと感想

ブラームスは好きですか? キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想





10月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー