ブラインド(韓国ドラマ) 3話・4話 あらすじと感想

ブラインド



ブラインド 블라인드 2022年放送 tvN金土 全16話

neroさん

第3話視聴率2.460%

第3話あらすじ

「(あなた)神が捨てた子供たち」

休む暇もなく強制労働を強いられる希望福祉園の子供たち。すると少年の1人が、脱走を試みた“11番”と呼ばれる少年が昨夜、捕まったようだと仲間に報告する。ここでは皆、それぞれを名前ではなく番号で呼んでいた。その夜、仲間のもとへ復帰した少年11。心配そうに駆け寄る少年たちに向かって、少年11は脱走経路を確保したと話す。

病室のベッドで目を覚ましたリュ・ソンジュン(テギョン / 2PM)。無鉄砲なソンジュンに呆れた様子の母グクヒ(チョ・ギョンスク)は、これを機に警察なんて辞めてはどうかと話した。しばらくして、ソンジュンの病室に見舞いに現れたチョ・ウンギ(チョン・ウンジ / Apink)。ウンギはソンジュンに自分の名刺を渡すと、何かあればいつでも連絡するようにと言う。

一方、チョン・マンチュン(チョン・ジヌ)から話を聞いたペク・ムンガン(キム・ボムレ)は、警察署長のヨム・ギナム(チョン・インギ)を呼び出し、チョン・ユンジェの居場所を突きとめろと告げた。ムンガンの話から急に不安に駆られたギナムは、孫が通う幼稚園へ急ぐ。幸い孫のミンホは無傷だったが、ジョーカーのお面を被った男からもらったと言って、ビニール袋を差し出すミンホ。中に入っていたのは、かつてギナムが福祉園から脱走を図った少年に渡したバナナ牛乳と菓子パンだった。

そんななか、マンチュンの立てこもり事件以降、陪審員の1人ヨム・ヘジン(ペク・スンヒ)だけ未だに連絡がついていないことに気付くリュ・ソンフン(ハ・ソクジン)。ふたたびソンフンはヘジンに電話をかけるも、電源が入っていないという。同じく娘のヘジンがもう何日も音信不通だと知ったギナムは、携帯電話の位置情報を調べる。

しばらくして公園の一角で見つかったのは、すっかり変わり果てた姿となったヘジンの遺体だった。死亡推定時刻は15日の夜中12時から2時の間、死因は窒息死だという。さらに遺体の指先には、抵抗した際に剥がれたと思われるネイルアートがわずかに残っていた。

遺体の状況が非常によく似ていることから、ソンジュンは真っ先にマンチュンを疑った。しかし、死亡推定時刻にはすでにマンチュンはウンギの家にいたという。結局、アリバイが確かなマンチュンを除き、模倣犯としての捜索が進められることに。

死亡する直前までヘジンと一緒にいた8名の陪審員から、それぞれ話を聞くことにしたソンジュン。しかし、これといった手がかりはつかめず…。一方、同じくヘジンの死を知ったウンギは、あの日、ヘジンと一緒にタクシーで家に向かう途中、突然割り込んできたオートバイに向かって罵声を浴びせたチェ・スンギル(チェ・ジェソプ)のことを思い出した。最後にヘジンと一緒にいたのがスンギルだと聞いたソンジュンは、さっそく話を聞く為、スンギルの職場へ向かう。しかし、ここでもスンギルが犯人だという証拠は見つからなかった。

法廷でのマンチュンの発言が気にかかるソンフンは、ソンジュンが眠りについたのを見計らって、駐車場へ向かった。ソンジュンの車を捜索するなか、助手席の足元に落ちていた女性物のピアスを発見したソンフン。慌てて事務所へ戻ったソンフンは、資料の中から同じピアスの写真を見つけた。それは他でもない、被害者が身に着けていたピアスだったのだ。

その頃、ソンフンが何かを嗅ぎまわっていることに気付いたソンジュン。その手には、ネイルアートが施された血のついた爪が…。

第3話感想

やはり真犯人はソンジュンなのか・・

またしても、真犯人がソンジュンであるかのような展開となりました。ソンジュンの車の助手席に落ちていたのは、被害者の物と思われるピアス。それにしても、こうも次々とソンジュンが犯人であるような演出が続くと、誰かが裏でソンジュンに濡れ衣を着せようとしているのでは?とも思えてきました。果たして、真相は。。

そして、あらすじには登場していませんが、ドラマの後半でソンジュンの両親が意味深な発言をするシーンも。「あの子を連れてきたことが果たして良かったのかどうか…。」そう言って頭を抱えるソンジュンの母。“あの子”とはソンジュンのことを指すのか。それとも、兄ソンフンのことを指すのか。

また第3話の冒頭では、兄ソンフンと違ってトラブルメーカーのソンジュンに対して呆れた様子の両親の姿が登場しました。これだけを見るとやはりソンジュンが養子なのか?と思われますが、逆に血の繋がっていないからこそ、ソンフンに対してより愛情を注いでいるのかもしれないとも思いました。どちらにしても真相は謎のまま。

そして、少しずつ明らかになってきた希望福祉園での出来事。前回、福祉園から脱走しようとして警察のギナムに捕まってしまった少年11。さらにマンチュンが言っていたチョン・ユンジェの存在。福祉園の子供たちのその後が、ドラマを大きく左右することになりそうです。

第4話視聴率2.591%

第4話あらすじ

「とても古い未来」

会見の場に立ったギナムは、集まった記者の前で公園で見つかった変死体が自分の娘であると発表した。本格的に模倣犯として捜査を始める警察。現時点でアリバイが確認できていないのは2人、スンギルと建築所長のアン・テホ(チェ・ドンヒョン)だ。そんななか、スンギルとムンガンが同じ特殊部隊出身だということに気付いたソンジュン。さっそくムンガンの家へ向かったソンジュンは、ソンギルとの関係について尋ねた。2人は同じ部隊出身で、除隊後も同じ職場で働いていたという。

その頃、スンギルはというと、ソンジュンの兄ソンフンを訪ねていた。何やらソンフンに個別に話があるというスンギル。

一方、娘を失った悲しみに暮れるギナムのもとへ、1通のメールが届く。メールに添付されたURLを開くと、それは犯人が撮影したと思われるヘジンの最後の姿だった。怒りに震えるギナムは、ベンチでヘジンの息子に声をかけるソンジュンの姿を目にする。ふとソンジュンが身体をかがめた瞬間、首元にペンダントが光った。それは他でもない、福祉園でチョン・ユンジェが付けていたペンダントだった。

翌日、同僚の刑事に命じてソンジュンの身辺調査を行うギナムだが、ソンジュンが養子であるという事実はどこにも見当たらない。さらにペンダントについて調べると、それは死んだ姉にもらったものだとソンジュン。報告を受けたギナムは、幼いユンジェと一緒にいた姉ユンジョンの存在を思い出した。同じ頃、同じくユンジェの消息を追うムンガンは、療養福祉士として働くチョ・インスク(チョ・ヨニ)のもとへ。かつて看護師をしていたインスクにユンジェの行方を尋ねるも、インスクは知らないと首を振った。そんななか、ムンガンのもとへユンジェの正体がわかったと、ギナムから連絡が。

病院で治療を受けるマンチュンに呼び出されたソンジュンは、見張り役の巡査に席を外すよう告げ、屋上で2人きりになる。するとソンジュンの前で跪き、助けを求めるマンチュン。マンチュンには脳腫瘍を患うまだ幼い息子がいるという。息子の治療費を工面する為、突然かかってきた電話の相手に言われるがまま、ムンガンの娘ジウンを誘拐しようとしたというマンチュン。当時の取引内容が録音されたファイルの在りかを告げ、ソンジュンになんとしてでも息子を救ってくれとマンチュンは頼んだ。しばらくして病院へやってきたソンフンは、屋上から転落して命を落とすマンチュンの姿を目撃。慌てて屋上へ向かったソンフンは、そこで血を流して倒れる若い巡査を発見する。

幸い巡査の怪我は大したことはなかったものの、誰に襲われたかは定かでないという。マンチュンが飛び降りる直前にソンジュンと会っていたと知ったソンフンは、気が気ではない。その後、ソンジュンの携帯電話の位置情報をつかんでモーテルへ向かった警察は、そこでマンチュンの妻の傍らにしゃがみ込むソンジュンを発見。女性の腹部には、ナイフが突き刺さっていた。このままでは犯人にされかねないと考えたソンジュンは、慌てて逃走。しかし、車の後部座席に隠れていたムンガンの手下に捕まり、どこかへ連れて行かれる。

一方、ソンジュンが指名手配されたと知った両親は、慌ててソンフンのもとへ。ソンジュンの行き先に心当たりがないと話すソンフンの言葉に、両親は絶望した。その頃、目を覚ましたソンジュンの前に立っていたのは、かつて“狂った犬”と呼ばれたムンガンだった。

第4話感想

指名手配犯として警察に追われる身となってしまったソンジュン。。

これは困った展開となってしまいました。本当にマンチュンを屋上から突き落としたのは、ソンジュンなのでしょうか。状況から見ると、現時点で一番怪しいのはやはりソンジュン。その一方で、マンチュンの妻が倒れていた現場では、ソンジュンは何とかして妻を助けようとしていたようにも見えました。果たしてソンジュンは犯人なのか、それとも・・

そして、逃走途中に今度はムンガンらに捕まってしまったソンジュン。いくら指名手配中とはいえ警察のソンジュンを監禁・暴行するとは、本当に怖いものなしのようですね。ソンジュンが自分の娘を殺したユンジェだと考えるムンガン。

これまで登場した伏線はすべて、ソンジュンがユンジェであると示していました。しかし、それにしてはあまりにも序盤でユンジェの正体が明らかになってしまったような…。まだまだどんでん返しがあることに期待したいです。

さらに第4話では、ムンガンがウンギの母インスクを訪ねるシーンが登場。インスクもまた、希望福祉園と何やら関係があるようです。ヘジンといいウンギといい、選ばれた9名の陪審員にも何かそれぞれ事情がありそうですね。さらに陪審員の1人であるスンギルは、かつてムンガンと共に福祉園で子供たちを管理する立場の人間でした。希望福祉園と今回の事件、そして選ばれた9名の陪審員。。まだまだ謎は深まるばかりですが、続きが気になります。




【放送情報】



【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP