フンナムジョンウム 5話・6話 あらすじと感想 チェ・テジュン チェ・ジュンス役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

フンナムジョンウム  (薫男正音)훈남정음 全32回(16話)

第9回視聴率3.2% 第10回視聴率3.9%(第5話)

5話 あらすじ

フンナムとキスをしたジョンウムは思ったほどでもなかったと言い、フンナムはキスに心を込めてなかったと言いながら5年前に見たジョンウムの失恋の話をする。フンナムが開いた展覧会でユクリョンと再会したソニはユクリョンに1か月だけの交際を申し込み、ユクリョンの心をつかむために若作りを始める。そんな中、オ・ドゥリは気になっていたお見合い相手に会うのだが…。

https://knda.tv/kntv/

 

bluepepperさん

5話 感想

前回、ライトアップされた夜の庭園で熱烈なキスをかわしてしまったジョンウムとフンナムでしたが、ジュンスはキスそのものは見ていなかったようです。典型的なラブコメあるある。楽しくて思わず頬がゆるみます。

ジュンスはいい役ですね。実にいいタイミングで現れて、行き届いたエスコートをしてくれる。しかも自然体。こんな幼馴染がいたら、どんなにいいでしょうか。テジュン君の爽やかさが際立ちます。

今回「恋愛の神」フンナムの助けを得て救済する会員は、大金持ち、太目だけどいつもおしゃれでカラコンが綺麗なオ・ドゥリ(チョン・ヨンジュ)さんです。この方、これまで世話焼きのおばさん役ばっかり見てきましたが、今回の役は本当にお綺麗です。お金持ちの常でわがままを繰り返す様子も、とてもキュートで、愛らしく見えます。こんなに可愛らしい、綺麗な方だったんですね。

お相手は、「帰農詩人」のキム・ソウル(キム・グァンギュ)。自宅脇の畑でトマトをもいだり、薪を割ったり、火を起こしたり・・・グァンギュさんは、『三食ごはん』で、まさに同じようなことしてらしたのを思い出しました。

そして食後にはなんと「牛車」でスタバならぬ、「ソバックコーヒー」へ。マークの色合いも緑でスタバっぽいのですが、真ん中に牛(ソ)が描かれているというしゃれっ気です。細かいところまで笑わせてくれますね。

そして、フンナム・ジョンウムの2人は、さあ、帰ろう、という時に車のキーをなくしたことに気づくという、またしても典型的なラブコメあるある!

早く次を見なきゃ、という気持ちになります。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第11回視聴率4.1% 第12回視聴率4.4%(第6話)

6話 あらすじ

山の中に暮らすキム・ソウルの家を訪れたジョンウムとフンナムは車のキーをなくしてしまい、しかたなくキム・ソウルの家に戻るのだが、家には食べ物もなくキム・ソウルもいない。キム・ソウルを傷つけたドゥリはひどく落ち込み、食欲がないと言いながら甘いコーヒーを何杯も飲む。スンリョルは外泊したジョンウムに激怒し、ジョンウムをかばったジュンスはジョンウムと一緒に家を追い出されてしまう。

https://knda.tv/kntv/

 

bluepepperさん

6話 感想

外の縁台で、じゃがいもを食べるフンナムとジョンウム、ほたるが降り注ぐ星のように現れて、縁台ごと浮き上がって宇宙を漂います。いかに何でもCGが安っぽいぞ、と思ったら「こういうの、好きな男性と一緒に見たかったなー」とジョンウムがつぶやいた瞬間に落下。こういう笑い、好きです。

グァンギュさんは、ごく自然に作務衣を着こなしていましたが、フンナムには似合いませんね。チムジルバンで貸してくれるおそろいの服のように見えてしまいます。それだけでもう笑えるのに、フンナムはさらに、気取った表情でポケットチーフを作務衣のポケットに飾っていました。

この回はナム・グンミンさんが大活躍です。自転車に乗れないフンナムが自転車に乗る練習をする河原沿いの道は、砂利道でいかにも自転車乗りにくそうな道だったし、自転車で倒れる演技は本当に痛そう! まさに体当たりの演技ですね。

そしてあのコンビニで地団駄踏むシーン!天下のイケメン、「恋愛の神」を演じているナム・グンミンさんが、チムジルバンの服を着て、コンビニでスナックが欲しくて地団駄踏むんですよ!これはもう、永久保存版にしておきたいシーンでした。

そして「ソバックコーヒー」がまた出てきました。オ・ドゥリさんが帰農詩人キム・ソウルさんに振られて、でも彼が忘れられなくてソウルに戻っても「ソバックコーヒー」で何十杯もコーヒーを飲み続ける・・・というシーンです。ここは傷心でやつれている、という設定なので化粧はいつもより薄目でしたが、それでも、やっぱりファッショナブルで、お綺麗なオ・ドゥリさんでした。帰農詩人さんと、うまくいくといいですね。

このドラマ、本当に見ていて癒されます。全力で笑わせてくれる主役陣に、おしゃれで個性的な脇役たち、爽やかなテジュン君、かわいらしい2匹の子犬まで、疲れた時、疲れた人にこそ、見せてあげたいドラマです。

チェ・テジュン 최태준 チェ・ジュンス役
出典:http://programs.sbs.co.kr/
生年月日1991年7月7日 身長 183cm 体重 68kg 10才の時に2001年放送の「ピアノ」にチョ・インソンの子役でデビュー。
2017「ミッシングナイン」 チェ・テホ役
2016 MBCドラマ「獄中花(オクチュンファ) 」ソン・ジホン役
2015 SBSドラマ「匂いを見る少女」ヨ・サンギル役
2015 KBS2ドラマ「お願い、お母さん」イ・ヒョンスン役

 

フンナムジョンウム 7話・8話 あらすじと感想

 

フンナムジョンウム 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー