恋のトリセツ~フンナムとジョンウムの恋愛日誌 3話・4話 あらすじと感想 ファン・ジョンウム  ユ・ジョンウム役 | 韓ドラの鬼

恋のトリセツ~フンナムとジョンウムの恋愛日誌 3話・4話 あらすじと感想 ファン・ジョンウム  ユ・ジョンウム役

韓国ドラマ時代劇「恋慕」10/11からKBS2 (韓国)で放送。Netflixでも配信中

恋慕 (韓国ドラマ)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 (外部リンク・時代劇サイト)

NEW! 投票開始!


【第1回継続中】ロウン(SF9) ドラマランキング


【第2回継続中】チャ・ウヌ ドラマランキング


「広告」


恋のトリセツ~フンナムとジョンウムの恋愛日誌 (薫男正音)훈남정음 全32回(16話)

第5回視聴率3.7% 第6回視聴率4.5%(第3話)

3話 あらすじ

フンナムの継母であるコ・ウンニムは離婚するために、夫ジョンドの浮気現場を捉えた防犯カメラの映像をフンナムに要求する。恋愛経験ゼロの会員たちを3か月以内に片づけるよう命じられたジョンウムは、恋愛コラムの「訓男正音」の本当の作者であるフンナムに助けを求める。フンナムのギャラリーに飲みに行って追い出されたユクリョンとチャーリーは、バス停でフンナムが救ってきた男たちについて語り合う。

https://knda.tv/kntv/

bluepepperさん

3話 感想

相変わらずスタイリッシュなフンナムです。クラッシック音楽をバックにコーヒーをハンドドリップする姿がなんとも素敵!

しかも、本当に「恋愛の神」だったんですね。軍隊時代の、三角関係を一瞬にして一対一のカップル関係に変えた手腕は、拍手喝采したくなるような見事さでした。

ちなみに兵役中、失恋に落ち込んだ兵士が隠れて爆食いしていたのは、かの有名な韓国のお菓子『情』でした。『情』は、日本のチョコパイと味は似ていますが、食感が日本のものより、少しドライです。飲み物無しで、あんなに食べたら喉に詰まっちゃうのに・・・と見ていて心配になりました。余計なお世話ですね。

ジョンウムは、どのシーンも笑えますが、今回は階段で倒れそうになって持ちこたえたシーンが、最高でした。両腕を振り回して、目を見開いて、なんともパワフルな笑いを提供してくれるジョンウム。毎回、必ず期待以上の演技で笑わせてくれるところが、さすがです。



そして、笑わせてくれるのはジョンウムのみではありません。今回はジョンウムの上司のチーム長にも大笑いしました。VIP顧客の結婚式に、見栄を張ってブランド品のジャケットを着て行って、それを返品しようとするところから、返品しきれずに別の品に「交換」してしまうシーン(しかも、ショッキングピンクのヒョウ柄!)、笑いすぎて涙が出ました。

翌日、そのショッキングピンクのヒョウ柄ジャケットを羽織ったチーム長が、ジョンウムのコーヒーをさらっと横取りする細かい演技にも、またじわじわと笑いがこみあげます。

このドラマ、日曜の夜の放映を見ています。日曜の夜、といえば、また憂うつな一週間が始まる直前、ですが、このドラマを見ている間は、そんな憂うつな想いはすっかり忘れて、のんきな気分で見ていられます。

第7回視聴率3.9% 第8回視聴率4.1%(第4話)

4話 あらすじ

ジョンウムはフンナムの甥っ子をケガから守ろうとして、フンナムのギャラリーに陳列してあるオモチャを壊してしまう。フンナムはジョンウムにカップルマネージャーになった理由を聞き、ウンニムは離婚したらやりたいことをメモする。フンナムは相貌失認の問題を抱えているジョンウムの女性会員のアン・インジョンに、心を寄せているカン・ジソンの存在に気づき、フンナムはジョンウムに課題を出す。

https://knda.tv/kntv/

bluepepperさん

4話 感想

白紙の委任状を書かせたフンナム、一瞬、サイコパスのナム・ギュマンみたいに見えてドキッとしませんでしたか?

でも、その直後にコーヒーを渡して、シートベルトをしめてあげる完璧なマナー。これこそが「ツンデレ」ですね。まさに、絵に描いたような完璧なツンデレ。こんなことされたら、絶対、恋に落ちてしまいます。

そしてフンナムは、ゼロ会員一人目、「相貌失認」のショコラティエの女性の件を見事に解決。自信を持たせてあげて、片思いの男性とうまくいくようにお膳立てしてあげて。なんとも幸せな解決方法でした。こんな恋のキューピッドがいてくれたら、人生バラ色になりそうです。

それにしても、ジョンウムのドレス姿は、なんて素敵なんでしょう。背が高くて手足が細く長くて、モデルさんみたいです。昔から体型、全然崩れていないですね。スカートがスズランの花のようにふんわり広がったミニドレスが、とてもキュートでした。

そしてさらに驚いたのが、飛び込みコーチのドレス姿。この方、ドラマの最初からジャージ、眼鏡姿ばかり見てきたので、きっちりメイクしたロングドレス姿は鮮烈でした。しかも、ジョンウムより、さらに背が高くてスタイル抜群! これは確かにグラスを落とすのも無理ないと思います。

最後のシーンはいきなりキス。しかも、急に激しい感じになっちゃって、驚きです。その前、夜の庭園が、あまりに美しくて、キラキラしていて、「これはもしかして?」と思ったのですが、急に、来ましたね。

しかも幼馴染のジュンスが見てるし!

ここからどう展開するのでしょうか? 期待でにやにや笑いが止まりません。

ファン・ジョンウム 황정음 ユ・ジョンウム役

出典:http://programs.sbs.co.kr/

生 年月日1985年1月25日身長 167 cm 血液型 O型 韓国の女優・歌手。元Sugar (韓国の音楽グループ)メンバー。
主な出演作品
ジャイアント (2010年、SBS) – イ・ミジュ役
私の心が聞こえる?(2011年、MBC) – ポン・ウリ役
フルハウスTAKE2(2012年、TBS) – チャン・マノク(ミシェル)役
ゴールデンタイム (2012年、MBC) – カン・ジェイン役
お金の化身(2013年、SBS) – ポク・ジェイン役
秘密 (2013年、KBS) – カン・ユジョン役
キルミー・ヒールミー(2015年、MBC) – オ・リジン役
彼女はキレイだった 2015年MBC  キム・ヘジン役
運勢ロマンス 2016年 シム・ボニ役
主な受賞歴
ソウルドラマアワード 2015 韓流ドラマ女優演技賞(2015年)

恋のトリセツ~フンナムとジョンウムの恋愛日誌 5話・6話 あらすじと感想 チェ・テジュン チェ・ジュンス役

恋のトリセツ~フンナムとジョンウムの恋愛日誌 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

「広告」


【放送情報】


【僕たちの復讐ノート】

●BS日テレ (2021/10/21~)(木)スタート!毎週木曜 23:00~23:30放送

僕たちの復讐ノート あらすじ キャスト


【ユ・ビョルナ!ムンシェフ】

●BS-TBS 全22話(2021/10/22から)月~金曜日7時から 字幕

ユ・ビョルナ!ムンシェフ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【刑務所のルールブック】

●BS朝日(2021/10/22から)月~金曜日8:30から

刑務所のルールブック(賢い監房生活) 全話あらすじと感想 キャストと視聴率


【平日午後3時の恋人】

●BSフジ 全20話(2021/10/25から)月~金曜日8時から 字幕

平日午後3時の恋人(韓国ドラマ) キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【王になった男】

●BSテレ東 全24話(2021/10/26から)月~金曜日10:55から 吹替[二] +字幕

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 (外部リンク・時代劇サイト)


【ノクドゥ伝 花に降る月明かり】

●テレビ東京 全20話(2021/10/27から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

ノクドゥ伝 花に降る月明かり 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 (外部リンク・時代劇サイト)


【潜入弁護人】

●BS12 トゥエルビ 全20話(2021/10/30から)土曜日14時から2話連続放送 字幕

潜入弁護人~Class of Lies~ (ミスター期間制)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【王女ピョンガン 月が浮かぶ川】

●【日本初放送】NHK BSプレミアム 全20話(2021/10/31から)日曜日21時から 吹替[二]

王女ピョンガン 月が浮かぶ川 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率(外部リンク・時代劇サイト)


2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー