フンナムジョンウム 15話・16話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

フンナムジョンウム  (薫男正音)훈남정음 全32回(16話)

第29回視聴率2.1% 第30回視聴率2.1%(第15話)

15話 あらすじ

ジョンウムの元恋人だったコ・フビンは、フンナムが5年前にジョンウムの携帯を拾ったことを思い出す。5年前、空港でフビンを引き止める時の一部始終をフンナムに見られていたことを知ったジョンウムはショックを受け、ジュンスはそんなジョンウムを慰める。飛込大会に向かう生徒たちを乗せた車が途中で故障し、ピンチに置かれたソニの前にユクリョンが現れ、ソニはユクリョンの手を借りることになる。

https://knda.tv/kntv/

 

bluepepperさん

15話 感想

前回の最後のシーン、元カレの「ケソリ?」の意味がようやくわかりました。

5年前の空港で、ジョンウムの携帯の着信音が「ワンワン」だったんですね。

韓国語では「ケ(犬)」を、侮辱的な意味で使うことが多いですよね。「ケソリ」も、「でたらめ」とか「ありえないこと」「くだらないこと」の意味で使われたりします。ジョンウムが父の電話の着信を「ケソリ」にしてたのは、笑えます。「お父さん、小言ばっかりでうるさい」と設定してたのかな、でもそんな設定にしてもお互い笑って話せるほど、親子仲が良かったんだろうな、と想像できますね。

今回のお見合いターゲットは、わき毛ボウボウのアクション俳優さんです。「おしゃれ専門家」チャーリーにスタイリングしてもらうシーンは傑作です。どちらも個性が強烈で、2人並んでいるだけで笑いがこみ上げてきます。

結局「毛を剃ると怪我をしたり悪いことが起きる」というジンクスを大切にするため、ボウボウの毛も大事に保存することに。

でも、スタイリング「後」は格段に爽やかに、素敵になりましたよね。

そして暗闇の中でのブラインドデート! あれって、本当にああいうお店があるんでしょうか? 見るからにドキドキしますね。新しいです。これまでのドラマの中でもあんなお店見たことありません。このドラマで初めて見ました。

わき毛のアクション俳優と栄養士さん、ユクリョンとコーチ、そしてフンナムとジョンウム、みんなうまくいっちゃって、これでもう最終回?と思いましたが、まだ1回残っています。次は結婚?に向けてもう一波乱起きそうです。

少しごたごたするけど、でも、きっと最後は、全員、ラブラブで終わってくれるんじゃないかな、と期待しています。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第31回視聴率2.6% 第32回視聴率2.8%(第16話)

16話(最終回)あらすじ

ユクリョンとソニはジョンウムと生徒たちの協力でよりを戻すことになり、ドゥリとソウルは結婚式の準備を始める。見栄を張って購入した高価な冬物のジャケットを四六時中着ているソンファを見かねたドゥリは、ソンファに夏物のスーツを贈り、ソウルは自分の結婚式の付添人を手配してほしいとジョンウムとフンナムに相談する。

https://knda.tv/kntv/

 

bluepepperさん

16話(最終回 )感想

最終回はオ・ドゥリ(オードリー)さんの結婚準備のシーンから始まります。ラブラブ~!なはずが、一転、破談に?!

なんとプロポーズされて受け取った指輪が小さすぎて入らなかったんですね。泣きじゃくるオ・ドゥリさんの相変わらずお綺麗なこと。そして足元には幅1メートル以上のティッシュの山・・・ここら辺、ベタなんですけど、ついついまた笑ってしまいます。

そして、妊娠がわかったとたんに「俺が悪かったーー!」と急展開で仲直り。ラブラブ→破談?!→またラブラブ、と、テンポがよくて、本当に気持ち良いです。

この回、誰もが新しい一歩を踏み出しましたが、中でも素敵だったのは、フンナム母です。なんと、自分の母から譲り受けた思い出の食卓だけを持って家を出てしまいました。小さな食卓ではありません。6人とか8人が座れそうな巨大なテーブルですよ。それだけ持って行くなんて、しかも椅子は置いて行くなんて・・・斬新です。

そして一人暮らしを始めてから、言うことがまた、かっこいい。「三食ラーメンでもいいし、一日中庭の手入れしてもいいし・・・誰かの妻でも、誰かの母でもない、自分の時間を過ごしているの。とてもしあわせだわ」

いいですねー! こんな女性にぜひ、なりたい、と思わせるシーンでした。

ジョンウムがようやく見つけたブリキの木こりの心臓を渡すと、フンナムは「僕の心臓も奪っただろ、それも早く返して!」

いかにも「恋愛の神」らしいセリフですが、ジョンウムも負けていません。「それは無理~。かわりに私の心臓をあげる~!」と笑って指ハート♪

あー残念。終わってしまいました。

最後まで本当に楽しく、明るく、癒されるドラマでした。

 

フンナムジョンウム 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー