フンナムジョンウム 13話・14話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

フンナムジョンウム  (薫男正音)훈남정음 全32回(16話)

第25回視聴率2.4% 第26回視聴率3.0%(第13話)

13話 あらすじ

フンナムはジョンウムとは真剣に交際しているとウンニムに話し、ウンニムはフンナムにジョンウムの親に挨拶するようにと言う。ジョンウムとフンナムが互いに心をよせていることに気づいていたスンリョルは、挨拶に来たフンナムに交際を認めるかどうかは時間をかけて考えると言う。

https://knda.tv/kntv/

 

bluepepperさん

13話 感想

いい感じに盛り上がってるフンナムとジョンウム。ついにフンナムがジョンウム父に「ご挨拶」に行くことになりました。

交際相手の親に、正式に挨拶に行く、というのは、どこの国でも緊張するものなのでしょうか。このシーン、フンナムの準備がハンパないです。

スーツから別のスーツに着替え、ユクリョン相手に入念なリハーサル。さらに韓服に着替え、挨拶のパターンも、かわいいパターン、明るいノリノリパターン、軍隊チックな敬礼パターン、などなど・・・いったいどれだけ準備するのやら。このシーン、「3点セット」どころか、10点セットぐらいになっていましたね。色々な服装、色々な表情・口調のナム・グンミンを見ることができて、とても贅沢なシーンでした。

そして、いざ、ジョンウムの家へ。2人は正面から堂々と乗り込もうとしたのに、ジョンウム父がいきなり後ろから声をかけてきて、最初から調子が狂います。

ぎこちなく3人で食事を始めますが、食事中、テレビで流れたジョンド議員(フンナム父)のスキャンダルに、ジョンウム父が急に怒り出します。悪態がどんどん口から飛び出して、止まらないジョンウム父です。

韓国ドラマでは、この「悪態をつく」シーンが、とても多いですね。放送できない用語もたくさんあるのか「ピー」音が多用されます。日本語で「悪態」というと、どうも、あんまりバリエーションが思い浮かばないのですが、韓国ドラマでは、実に豊富なバリエーションがあるようです。今回のようにオジサンが言うのもいいのですが、これが若い女性だったりすると、それはもう笑えるし、ものすごく勢いがあって、聞いてて気分がスッキリします。

数話前から、名前だけ出て来て、気になってしょうがなかった「ナ・ガヨン」さんもついに再登場しました。ようやくお見合いして、しかも成功です。「ナ・ガヨ~ン」のフレーズが耳について離れません。今後、この役者さんがどのドラマに出て来ても「ナ・ガヨ~ン」だと思って見てしまいそうです。インパクトがあって、面白く、魅力的な「ナ・ガヨン」さんでした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第27回視聴率2.8% 第28回視聴率3.1%(第14話)

14話 あらすじ

スンリョルの家を訪れたジョンドはスンリョルと取っ組み合いになり、その場に居合わせたジョンウムとフンナムは、交際を認めてもらうために父親たちに土下座をする。ジョンウムの彼氏としてスンリョルに認めてもらいたいフンナムは、ネットの掲示板に匿名で相談を乗せ、それを見たチャーリーやジュンスはいろんなアドバイスを書き込む。

https://knda.tv/kntv/

 

bluepepperさん

14話 感想

ジョンウムの上司、結婚相談所のポンチーム長のファッションが、回を重ねるごとに、どんどん激しくなってきました。

最初のころに、成り行きで買うことになったショッキングピンクのヒョウ柄ジャケットは、毎回必ず着ているのですが、その下に着ているものがすごい。

前半では、単に「ジャケットと合わない服」だったのに、ここ数回はどんどんエスカレート。緑のおばさんだったり、今回は漁師のようなつなぎのゴム服です。すごすぎる! 次はいったいどんな服で出てくるのか、だんだん楽しみになってきました。

結婚を認めて欲しいフンナムは、ジョンウム父の「秘書」になって、あれこれ尽くします。その中で、フンナムがジョンウム父と一緒に、野菜を干すシーンがありました。

干し芋は日本でも作りますよね。でも、その横に並べて干していたのは、なんとズッキーニ! ズッキーニを干すのは、生まれて初めて見ました。

ちょっと検索してみたら、レシピサイトには「干しズッキーニ」のレシピがたくさん載っています。意外と日本でも食べられているんですね。干すと歯ごたえが良くなって、味も凝縮して濃い味になるため、美味しいのだそうです。ナムル、炒め物、お味噌汁、どれも美味しそうでした。

今回はもう一人のゼロ会員、いつも「流血」しているスタントマンのカンさんが出てきました。この方、いろんなドラマでよく見る方ですが、あんなに腕が太くてマッチョだとは知りませんでした。

ただ、役が、わき毛を見せびらかす変な人、という設定なので、気持ち悪く見えてしまって残念です。アクションシーンは、本当に素敵なんですが。「ナ・ガヨ~ン」さんがとても楽しく好印象だったので、つい比較してしまいます。

ラストはジョンウムの元カレとばったり、のシーンで終わり。また一波乱起きそうな予感を残して「次回へ」です。

 

フンナムジョンウム 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

フンナムジョンウム 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー