フォレスト(韓国ドラマ ) 7話・8話 あらすじと感想


フォレスト 포레스트 Forest 2020年放送 KBS 全16話32回 【韓国放送期間】2020年1月29日から3月19日まで

第7話視聴率5.5% 6.2%

neroさん

第7話あらすじ

昨夜のキスなどなかったかのように、平然とした顔で出勤するサンヒョク。一方のヨンジェは、仕事どころではない様子。その日、サンヒョクの所属する航空救助隊では、特別講義が行われることに。講師として現れたのは、伝説の山岳救助隊員と呼ばれるヨンジェの父(パク・ジイル)でした。

過酷な山岳救助隊員をつづける理由を聞かれ、以前遭遇したとある一家の救出劇について語るヨンジェの父。絶望と思われたその救助現場で、奇跡的に息を吹き返した少女のことが、今でも忘れられないのだと話します。

そんななか、ボイラーの故障を理由に、ヨンジェの部屋のシャワーを借りることになったサンヒョク。上機嫌でシャワーを浴びるサンヒョクでしたが、そこへヨンジェの父が!着替えを取ろうとリビングへやってきたサンヒョクと、それを見て驚くヨンジェの父。ちょうど帰宅したヨンジェは、全裸姿のサンヒョクを見て、思わず悲鳴をあげます。

持参したおかずを食べながら、どこか嬉しそうなヨンジェの父。無意識に口元を隠そうとするヨンジェに、「キスでもしたのか?」と一言。これにはさすがに、動揺を隠せないサンヒョクとヨンジェでした。

一方、予定通りミリョン森の買収計画を進めるサンヒョク。しかし、計画は難航。サンヒョクはその背景に、同じくミリョン森を狙うテソングループがいると突き止めます。

そんななか、自分の名前が入ったセキュリティーカードを手に入れたサンヒョクは、早速本部の資料倉庫へ。先輩隊員の話では、救助隊の位置に問題があるとか…。どうやら、ミリョン森上空は気流が乱れやすく、航空救助隊にとっては致命的だというのです。

一方、サンヒョクの指示で次々に村の住民の家族から、移転許可を取り付ける部下ヒョンス(イ・シフン)。残すは村最大の権力者、チェ・ジョンモク(イ・ドギョン)のみという状況に。

意を決してジョンモクに交渉を図るヒョンスでしたが、当然一筋縄ではいかず。「困ったことに、金には一切興味がなくてな」とジョンモクはいいます。

再び森に向かったサンヒョクは、かつて山火事があった地帯へと足を運びます。そこで、一本の大木に描かれた絵を目にするサンヒョク。絵の下には、サンヒョクの祖母“チョン・スンエ”の文字が…。それを見た瞬間、またもやサンヒョクの右手に激痛が走り…!

同じ頃、サンヒョクが持っていた紙に書かれた絵に見覚えがあるヨンジェもまた、森のなかへ。そこで痛みに苦しむサンヒョクを発見したヨンジェは、持っていた鎮痛剤を投与しようとします。しかしその手を払い、「耐えなきゃいけないんだ…!」とサンヒョク。

苦痛にあえぐサンヒョクを抱きしめると、「あなたは一人じゃない、私がいる。だからお願い、痛みを選ばないで」とヨンジェ…。

第7話感想

一歩、また一歩と自らの過去に迫るサンヒョク。そんなサンヒョクに寄り添い、支えようとするヨンジェですが、彼女にもまた悲しい過去が…。二人の過去に一体なにがあったのか、ますます気になる展開となってきました!

前回、熱いキスを交わしたサンヒョクとヨンジェ。しかし今話では、特にこれといった進展もなく。ちょっと残念なような、これはこれで面白いような。。

自転車が壊れて困っているヨンジェの前に、仕事を終えたサンヒョクが現れます。ヨンジェの自転車を修理してあげるサンヒョク。こういった仕事が出来るエリートって、仕事以外はてんでダメっていうパターンが多いなか、サンヒョクは料理も雑用も何でもこなしちゃいます。幼い頃に祖母と暮らしていたせいか、意外と生活力があるところがまた魅力的。

そして、ヨンジェの髪がほどけてしまうと、すかさず結び直してあげるサンヒョク。「太陽の末裔」を彷彿とさせるシーンに、思わず胸キュンでした!

また、地味~に展開するボミとチャンのラブラインもかわいい。常に暴走しがちなボミのキャラクターはちょっと苦手ですが、チャンを前にすると乙女になるのがツボです。こそこそ知恵袋で質問してるあたりも、キュートですよね。

トラウマや過去の傷など、シリアスなシーンも多い反面、ちょっとした恋愛ネタに癒されます。




第8話視聴率4.1% 4.1%

neroさん

第8話あらすじ

痛み止めの注射を打とうとするヨンジェを制し、「痛みの原因を突き止めたいんだ…」と必死に耐えるサンヒョク。

翌朝、食事を終えたヨンジェは、サンヒョクをサイクリングに誘います。見せたいものがあるというヨンジェに、黙ってついていくサンヒョク。そんなサンヒョクに、ヨンジェは森の匂いを嗅がせます。

酔っぱらいの登山客による出動要請を終え、本部に戻ったサンヒョクは、再び資料倉庫で調査を進めます。そんななか、サンヒョクの机の上に置きっぱなしの書類を取ろうとして、上着を落としてしまうチャン。ポケットに入れられた名刺ケースには、“ナソン開発 パク・ヒョンス”と書かれた大量の名刺が…。

隊員らとの飲み会を終え、帰宅したサンヒョク。ふと異変を感じ室内を調べると、火災報知機のなかに、一台の小型カメラが!テソングループの仕業だと察したサンヒョクは、ヨンジェの部屋へ行き、同じく部屋を調べます。適当な理由をつけて、ヨンジェを自分の部屋へ誘導するサンヒョク。

二人きりになると、ヨンジェは自分の患者の話をサンヒョクにして聞かせます。再び二人の距離が近づいたと思った瞬間、ヨンジェのノートパソコンに自分の診療記録を発見するサンヒョク!ヨンジェが自分を、“患者”として接していると勘違いしたサンヒョクは、ヨンジェを冷たく突き放します。

翌日、以前から膝の痛みを訴え、病院へ通うお婆さんのもとへ向かったヨンジェ。薬を飲んでも症状が一向に回復しないというお婆さんの言葉に、ヨンジェは首を傾げます。お婆さんの症状は、先日「急性白血病」で運ばれた患者の症状によく似ていました。そんななか、村の人々が日常的に地下水を利用していると知ったヨンジェは、その足でミリョン森へ。

一方、森の中で不審な登山客を発見したボミ。一緒にいたチャンと共に男らを追うも、車に乗って走り去ってしまいます。すると男らがいた場所から、火の手が上がり…。

事務所で一人になったサンヒョクは、周囲に誰もいないことを確認し、チーム長のパソコンに近づきます。パソコンのなかには、テソングループのロゴが入った、推薦状が。すると館内に、緊急出動要請のサイレンが鳴り響きます。救助者がヨンジェだと知り、慌てて立ち上がるサンヒョク!

燃え盛る炎に囲まれ、身動きが取れないヨンジェ。そこへ、サンヒョクらが乗った救助隊のヘリが到着します。現場に降り立ったサンヒョクは、ヨンジェを抱きしめ「もう大丈夫だ」と声を掛けると、彼女の身体に救助ロープを装着。しかし次の瞬間、炎で昔の記憶がフラッシュバックするサンヒョク。そこには、家族写真に火をつける幼い少年の姿が。

「俺が…村に火を…」と呟き、その場に動けなくなるサンヒョク。

第8話感想

第1話の冒頭に流れたシーンが、再び登場。山火事に巻き込まれたヨンジェを救出に向かったサンヒョク。しかし燃え盛る炎を目にしたサンヒョクは、過去のトラウマが蘇り、その場で動けなくなってしまいます。

サンヒョクが言う通り、本当に彼のせいで山火事が起きたのでしょうか。何か原因があったのでは?と疑わずにいられません。恐らく、この時の衝撃で、腕に痛みが生じるようになったのは間違いないと思いますが。

一方、山火事の現場にうろつく不審な登山客を目にしたボミ。これもやはり、テソングループの仕業でしょうか。チャンの父親も含め、何か裏に巨大な力が動いているようです。テソングループがミリョン森を狙うのは、森に人に知られたくない秘密があるからにも思えます。なんだか嫌な予感がしますね。

そして、サンヒョクの正体に疑問を抱き始めるチャン。サンヒョクが持っていた名刺が、先日父親の事務所にあったことを思い出し、不信感を強めていましたね。サンヒョクが持っていたのは、部下ヒョンスの名刺。もしもの時に備えて、サンヒョクはヒョンスの名刺を所持していたのです。

サンヒョクが救助隊に志願した本当の理由を知った時、チーム員がどんな反応をするか…。想像しただけでも悲しい展開になりそうで、胸が痛いです。

フォレスト(韓国ドラマ ) 9話・10話 あらすじと感想

フォレスト(韓国ドラマ ) 全話あらすじと感想 キャスト 相関図 視聴率

 






来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー