ファースト・レスポンダーズ 緊急出動チーム 7話・8話 あらすじと感想

ファースト・レスポンダーズ 緊急出動チーム


ファースト・レスポンダーズ 緊急出動チーム 消防署の隣の警察署 소방서 옆 경찰서 2022年放送 SBS新金土 全12話

neroさん

第7話視聴率8.4%

第7話あらすじ

犯人と思われる男を連れて、警察へ出頭したチン・ホゲ(キム・レウォン)。しかし、男の毛髪からは何の反応も見られず…。反対にホゲの毛髪から反応が見られると、改めてホゲを放火殺人及び脱走の罪で逮捕しようとする検察。

そこへ現れた法医官のユン・ホン(ソン・ジユン)は、現場から発見されたホゲの血痕からEDTA成分が検出されたと明かした。EDTAとは血液検査をする際などに、血液が固まらないように使われる薬物だという。つまり現場で見つかったホゲの血液は、被害者と争った時に落ちたものではなく、血液検査で採られたものだというのだ。

さらにホゲの机の横に大量の革靴が置かれていたことを指摘し、犯行現場にあった足跡だけではホゲの犯行を裏付けることはできないとコンミョン・ピル(カン・ギドゥン)。検察側の証拠が次々と覆されると、ホゲは無事釈放された。その日、オフィステルに戻ったホゲに豆腐を差し出すソン・ソル(コン・スンヨン)。そんなソルに、ホゲは自分の傍にいると苦労するだけだと伝えた。

本格的に真犯人の追跡を行うホゲ。そんななか、ホンは現場から見つかった2つのロープの残骸を見せ、その違いについて説明した。1つは被害者パン・ピルグの首元から見つかり、もう1つは火災現場の床に落ちていたものだという。被害者の身体から見つかったロープは主に自動車のシートなどに使用され、耐火性に優れているとホン。一方、もう片方のロープはそれと対照的に、燃えやすい素材で作られたものだというのだ。その真相を明かす為、ホゲはドジンのいる消防署へ向かう。

ちょうどその頃、ドジンは窓ガラスに映っていた発火元と思われる炎の正体を調べようと実験を行っていた。そんななか、現場にまったく正反対の2種類のロープが残されていた理由を解き明かしたホゲ!被害者のパン・ピルグは燃えない方のロープを首に巻き付け、一方のよく燃えるロープを天井にくくりつけたというのだ。つまりは一連の放火殺人は、パン・ピルグの自作自演だったということ。

その事実に気付いたホゲは、パン・ピルグとマ・テファ(イ・ドヨプ)の接点について調べる。同じ時期に同じ拘置所に収容されていたという2人。さらにピルグの娘が海外へ留学中だと知ったホゲは、娘の留学を条件に今回の犯行に加担したのだろうと考える。

テファを殺人の容疑で捕まえる為、そのアリバイを立証したチェ・ソクドゥ(チョン・ウクジン)を探そうとするホゲ。てんかんの発作を抱えるソクドゥが薬がなくては日常生活は不可能だろうと知ったホゲは、薬局を中心にその動向を探ることに。しばらくして滞在先のモーテルを突きとめたホゲは、そこで泡を吹いて倒れるソクドゥを発見する。なんとか一命をとりとめたソクドゥは、警察の聴取に対してテファ側に言われるがままアリバイ工作に加担したことを明かした。

これを受けてすぐさまテファの会社へ向かったホゲだったが、すでにテファは弁護士のヤン・チヨン(チョ・ヒボン)と共に屋上に逃げた後だった。2人がヘリで逃走を図ろうとしていることを知ったホゲは、近くにあった消火ホースを使ってそれを食い止める。手錠をかけようとした瞬間、テファはふたたび開いたホゲの傷口を攻撃。激しいもみ合いの末、ホゲはホースで首を絞められてしまう。

しばらくして屋上に到着した警察は、そこで倒れるホゲとその先に手錠で繋がって宙ぶらりんになっているテファの姿を発見。すぐさま病院へ運ばれたホゲだったが、意識は戻らないまま…。

第7話感想

テファによって、生死の境をさまようこととなってしまったホゲ。果たしてホゲは、無事に目を覚ますことができるのでしょうか。意識の戻らないままベッドに横たわるホゲのそばには、ソルが。ホゲの無事を祈るソルの姿が、なんとも切なかったです。。

それにしてもまったく悪びれる様子もなく、次々と犯罪に手を染めていくテファの姿に唖然としてしまいました。これまで一体、いくつの罪を犯してきたのでしょうか。ホゲが追っていたソクドゥは、テファのアリバイ工作に加担した人物でした。殺人事件の容疑者としてホゲに捕まったテファでしたが、なんとか罪を逃れようと彼が考えたのは、麻薬の売買という別の罪状だったのです。これによって犯行時刻に別の場所にいたというアリバイを作り上げたテファは、結局殺人の容疑から逃れることに成功。

ホゲがソクドゥの行方を追っていると知ったテファは、ソクドゥまでも処理しようと考えます。なんとか一命をとりとめたソクドゥは映像に映っていたのは自分だと自供しますが、取調べに応じるテファは、一貫して犯行を否認。これにはパートナーのホゲの安否を心配するピルも憤りを隠せず…。ホゲがいないなかでも、必死に証拠を集めようと奮闘するピルの姿が印象的でした。

次回予告では、自ら捜査に挑むホゲの姿が登場。ホゲが復活してくれて本当によかったです。後半戦ではどんな展開が待っているのか、楽しみ!

第8話視聴率8.2%

第8話あらすじ

テファとソクドゥの歩く姿を捉えたCCTV映像を片っ端から回収した警察だったが、これといった収穫はなく。令状なしの緊急逮捕に許される拘束時間の8時間が過ぎようとしていた。そんななか、奇跡的に意識を取り戻したホゲ!すぐさま起き上がったホゲは、上手く動かない身体を引きずるようにして署へ向かう。

ホゲの医療保護者として同行したソルは、CCTVに映るテファとソクドゥの姿を見てなにかに気付く。それは微妙に違う2人の歩き方のくせだった。すぐさま法医官のホンに連絡を入れたホゲは、令状を持ってテファを再逮捕する。その後、テファに特殊な全身スーツを着せたホンは、その歩き方を測定した。これは歩き方によってその人物を特定する、別名“下半身モンタージュ”と呼ばれる技術だった。

つづいてソクドゥにも同じく全身スーツを着せ、その場を歩かせる。これによって体型や背格好がよく似た2人にも、歩き方に差が出ることがわかった。さらに麻薬取引の現場で撮影された映像がソクドゥだと判明すると、テファは思わず言葉を失う。

無茶がたたったのか、ふたたび痛みを訴え始めるホゲ。するとソルは、ホゲの手を握って「手の感触からくる心理的な安定感は鎮痛効果を与えてくれます」という。つづいてホゲの腕に抗生剤を注射するソル。おかげで痛みが和らいだホゲは、テファの聴取へ。ホゲの目の前で父で国会議員のマ・ジュンド(チョン・グクファン)に連絡を入れようとするテファだったが、繋がらないどころか番号が変えられていた。

弁護士のチヨンにまで見限られ、後がなくなってしまったテファ。そんなテファの心情につけ込み、ホゲは自白を引き出すのに成功する。さらにチヨンから渡されたハードディスクには、犯行の一部始終が録画されていた。事件当日、家中に監視カメラが仕掛けられていたことに気付いた相手の女性が激怒し、すべてをバラすと宣言。部屋を出ていこうとする女性に掴みかかると、テファはテーブルの上に置いてあったアイスピックで女性の首元を突き刺したのだ。

引き続き捜査をつづけたホゲは、ソクドゥを殺そうとした犯人が科学捜査班のボン・アンナ(ジウ)の殺害を主導した男の弟だと知る。さっそく男が乗っていたバイクを追跡したホゲだったが、無駄足に終わってしまう。このままではらちが明かないと考えたホゲは、おとり捜査で犯人を捕まえようと計画。まんまと罠にハマって現場に現れた男を拘束すると、つづいてホゲは大元である組織の代表を逮捕した。

その後、父チョルジュン(チョ・スンヨン)のもとへ向かったホゲは、アリバイ工作に加担したとテファ本人から告発があったと告げる。しかし、すでに手を打ってあったチョルジュンは、先ほど自らがアリバイ工作に加担したと自白するヨム・サング(ソ・ジェギュ)の姿が映るニュース画面を見せた。それがトカゲのしっぽ切りだと知るホゲは憤りを隠せないが、黙ってその場を後にする。

オフィステルを出ることに決めたホゲは、廊下でソルの帰りを待つ。そして、支払いの際に病院で受け取ったソルの献血カードを差し出す。実はホゲが病院に運ばれた際、優先的に輸血を受けられるようソルが医師に渡していたのだ。

一連の事件が解決したことを祝って、飲み会に出かけるテウォン署の面々。するとそこには、すでに隣の消防署のメンバーが集まっていた。なんとソルが夢だったハートセイバーのバッジを受け取ることになったというのだ。ソルの心肺蘇生の相手が他でもない自分だと知ったホゲは、複雑な表情を浮かべる。「俺によくするな。言っただろ?借りを作るのは嫌だって」そう言ってソルを遠ざけるホゲ。

そんななか、ホゲの顔を見た店の主人が突然怒鳴り声を上げる。「うちのヒョンソを殺した奴がなんでここにいるんだ!?」一方的にホゲを責め立てる女性に、何も言い返すことができないホゲ。外に出たホゲは、かつて自分に笑顔で卵をくれたヒョンソの姿を思い出した。

第8話感想

ホゲの過去に、一体何が・・?

第8話のラストでは、ヒョンソという少女との間に消せない過去を持つホゲの姿が登場しました。店で顔を合わせた女性は、ヒョンソの祖母のようです。そういえば前回、ヒョンソを殺したのがホゲで間違いないと警察に訴える女性の姿が一瞬登場しました。女性はなぜ、孫娘を殺した犯人がホゲだと考えたのでしょうか。

さらにホゲ自身も、ヒョンソの死になにやら罪悪感を抱いているようです。なにがそこまでホゲを追い込んでいるのか。さらに自分を救ってくれたソルに対しても、どこか突き放すような態度を見せるホゲ。。

ホゲとソルの間になにやら特別な感情が生まれそうだっただけに、ソルを突き放すホゲの姿がなんとも切なかったです。ホゲの心の傷は、一体何が原因なのでしょうか。

一方、未だに謎に包まれたままの父チョルジュンとの確執も気になります。最終話に向けて、そこら辺のエピソードが出てくることに期待。シーズン2の放送も決定しているということで、シーズン1でどこまで真実が明らかになるのか、注目です。

ファースト・レスポンダーズ 緊急出動チーム 9話・10話 あらすじと感想

ファースト・レスポンダーズ 1&2 緊急出動チーム あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP