ピョン・ヒョクの恋 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●DATV(2018/10/29から)月~金曜日13:45から 字幕
●Mnet(2018/6/15-26)月~金曜日朝6:15から2話連続放送 字幕
●韓国放送 2017年 10月14日から2017年 12月3日まで tvN土日ドラマ 毎週土・日曜日の21時 (70分)

ピョン・ヒョクの恋  변혁의 사랑 全16話
2017年放送 tvN
平均視聴率 2.91% 시청률最低視聴率 第15回2.42% 最高視聴率 第4回 3.80%
tvN 변혁의 사랑 ピョン・ヒョクの恋
あらすじ

ガンス財閥の末息子ピョン・ヒョク(シウォン(SUPER JUNIOR))は事あるごとに問題を起こす、世間でも有名なドラ息子。
今回は客室乗務員へのセクハラ騒動で、父親から勘当を言い渡されてしまう。
一方、尽くしても結局は社員を切り捨てる会社には頼らない!と、正社員にはならずに自力で生計を立てるペク・ジュン(カン・ソラ)。
ある日、ホテルでの接客態度を上司に咎められるが、納得がいかないジュンは猛反発。それを見かけたヒョクは、ジュンを気に入り助け船を出す。
ところが、ヒョクがたまたま従業員の制服を着ていたことで、2人はまとめてホテルから追い出されてしまう。
行く当ても金もないヒョクを哀れに思ったジュンは、ヒョクが御曹司だとはつゆ知らず、あれこれと世話を焼き、ついには家に連れてきてしまう。
ジュンの家の大家でヒョクのお目付役でもあるクォン・ジェフン(コンミョン(5urprise))は、行方不明だったヒョクが突然目の前に現れ驚愕。ヒョクに頼まれ彼の身分を隠し通すジェフンだが、件の客室乗務員でジュンの友人でもあるヨニに、ヒョクが問題の御曹司であることをバラされてしまう。
Mnet ピョン・ヒョクの恋
tvN ピョン・ヒョクの恋  변혁의 사랑 相関図
キャスト

カン・ソラ ペク・ジュン フリーター
コンミョン(5urprise) クォン・ジェフン ヒョクの幼なじみ ガンスグループ秘書チーム課長
イ・ジェユン ピョン・ウソン ヒョクの兄、ガンスグループ経営支援室長

チェ・ジェソン ピョン・ガンス ヒョクの父、ガンスグループ会長
キョン・ミリ チョン・ヨジン ヒョクの母
チョン・チャンビ ピョン・セナ ヒョクの妹
チョン・ペス ペク・スンギ ジュンの父
ファン・ヨンヒ イ・ヨンウン ジュンの母
イ・ハヌィ クォン・チュンソプ ジェフンの父、ガンスの運転手

スタッフ /演出:ソン・ヒョヌク 脚本:チュ・ヒョン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
sumomo777さんの感想より

●コンミョン(5urprise)の新しい魅力が炸裂!

韓国ドラマ「ハベクの新婦」では天真爛漫且つ自由奔放なキャラを演じたコンミョン(5urprise)さん。

今回のドラマのクォン・ジェフン役では真反対と言えるぐらい気難しくてちょっと暗め。でも印象とは違い、その心には温かい面が垣間見れてとても魅力です。ヒョクの幼馴染で、ヒョクが起こした問題の後処理をさばくお目付け役っぽいけど、心の底では上流階級に憧れていて、幼いころからそのコンプレックスをずっとためていた繊細な雰囲気を見事にだしていたと思います。実際、コンミョン曰く、このドラマを演じていて一番苦労して悩んだところだとあげています。

コンミョンさん演じるジェフンは性格上もどかしい部分が多くあって、我慢をするときはひたすら我慢。そして話もあまりしないほう。これらを表現するにとても苦労したと言っています。演じていて忍耐や辛抱強さを魅力として出すのは本当に俳優として力の見せどころだと思います。

反対に静かなシーンでもNGシーンになると笑いを堪えられなくなったそうです。それは、本作自体明るいシーンが多くて、ピョン・ヒョクも浮かれキャラなのでその雰囲気の中、一緒に演じていると笑いをこらえきれず何度もNGをだしてしまったようです。コンミョンさんは本当に現場の雰囲気は良かった、楽しかったと言っていますが、出演を決めたきっかけは監督や共演する先輩たちが素敵だからだったと言っています。見ていてもコンミョン「シウォン兄さん大好き!大尊敬!」オーラが漂っていたようにも感じます。

また、小まめ撮影秘話ですが、カン・ソラさんはおいしい食べものが大好きだそうで、撮影の合間に共演者と一緒に食べる機会がたくさんあり、みんなでおいしいものを何度も食べにいったそうです。ちなみに、私も大好きなカン・ソラさん。食べてあのスタイルと美貌を保ち続けるのは尊敬に値しますね。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿